521973 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

温泉ランニング

PR

全1096件 (1096件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020.11.21
XML
カテゴリ:旅行
渋温泉の金具屋に行く前に戸隠の鏡池を訪れました。

もちろん紅葉を期待していきました。

鏡池はその名の通り、一目五山といわれる戸隠の山々を池に写すことで有名です。

アクセスするには長野方面から向かって戸隠中社の手前から入って、鏡池を通って中社の先に出るようになっているが、中社の先から入った方が道幅が広くて運転しやすい。


<鏡池 かろうじて山が写っている。早朝の波のないときがきれいに写るらしい>








にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2020.11.22 09:13:45
コメント(0) | コメントを書く


2020.11.20
以前から憧れていた渋温泉の金具屋を訪れました。日帰り入浴できるのであれば、気軽には入れたのですが、日帰り入浴できないので足が遠のいていました。いよいよ宿泊しました。

金具屋は250年前の江戸時代創業の歴史ある温泉宿。今の建物は昭和11年に建てられた木造4階で現在の建築基準法では禁止されているめずらしい存在のため国の国登録有形文化財になっています。

建物は遊び心満載で、外観では各階の部屋の上にある虫窓の形状が違っていたり、内部は街の路地をイメージし、各部屋は一戸の家と見立てて、屋根や窓が付き、玄関も一軒の家の玄関のようになっています。しかも各部屋は違う設計になっています。

壁や、階段の手すりなどには取り壊した水車の廃材が使われていたり階段の裏はそれぞれ違う模様の網代が組み込んであるなど手が込んでいます。

<金具屋の全景 ライトアップ時 3階のコーナーの部屋が泊まった部屋>




<金具屋の玄関>




<靴を脱いで上がるロビー、フロント>




<ロビー横の休憩所>




<階段には国登録有形文化財の銘板が>




<休憩所横には横丁の路地をイメージした廊下が>




<部屋の玄関。一軒の家の玄関をイメージしてます。>




<昭和の家の小上がりの玄関を思わせる入口>




<室内には大胆な造りの床の間が>







<和洋折衷で窓側は洋風の椅子がある。外からは一番目立つコーナー部屋です。>




<コーナー窓から見た隣の部屋>




<お風呂はまず目玉の浪漫風呂。洗い場は貧素です。>



<源頼朝が入ったともいわれる鎌倉風呂>




<露天風呂>




<貸切風呂 美妙の湯 まるでカップル風呂である>




<貸切風呂 斎月の湯 富士山の壁が印象的>




<外湯に入るための鍵>




<見学ツアーで見た大広間の天井 格子天井の大きな板が調達できず、小さな板をつなぐのに井を組む工夫がされています。>




<階段の下の網代と、富士山に見立てた窓>




<夕食。量がたっぷり。鍋のだしが美味しかった。>








<登録番号> 341

<取材日> 2020/11/16

<温泉名>  歴史の宿 金具屋 

<所在地> 長野県

<交通(ランニングなしの場合)>
長野電鉄 湯田中駅より長電バスで約10分、バス停「渋温泉」または「和合橋」下車より徒歩2分

<ランニングコース>
日帰り入浴はないので、ランニングで行くということはないが、走るとしたら湯田中駅から約2kmで金具屋、さらに約3kmで猿の温泉・地獄谷があるので、そこまで走れば満足が得られる。

<温泉の特徴>
250年前の江戸時代創業の歴史ある温泉宿。今の建物は昭和11年に建てられた木造4階で現在ではめずらしい存在のため国登録有形文化財になっている。今流行りの露天風呂より、歴史ある浪漫風呂や鎌倉風呂を楽しむ。

<泉質> ナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩温泉(浪漫風呂、鎌倉風呂)
     含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩温泉(貸切風呂)

<露天風呂> 
金具屋では目玉風呂ではないようだ。3階にある岩風呂であるが普通である。

<入浴料> 日帰り入浴なし。

<ロッカー、システム>
日帰り入浴なし。脱衣場はかごだけで、貴重品ロッカーもない。
部屋の金庫の鍵は首からかけられるタイプではないので、鍵はフロントに預けるか、
湯船に持ってはいるのがベター。

<体重計>
あり


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2020.11.20 10:25:37
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.19
安曇野のクラインガルテンへ向かうにあたり、距離と高速代を節約するためには中津川ICで降りて、国道19号(木曽路)を走るほうがいいのはわかっているのですが、木曽路は山に囲まれて視界がせまいため、いつも中央アルプスと南アルプスを眺望できる伊那地方を走ります。

しかし、今回は久しぶりに木曽路を走り、蕎麦屋と温泉を探しました。まず蕎麦屋は木曽福島の国道19線沿いにある「くるまや国道店」です。

なかなか雰囲気のある店で満員でした。

<くるまや国道店 前景>




<玄関>




<玄関内部>




<店内>




蕎麦だけでは物足りないのでミニかつ丼と蕎麦のセットのそば弁当にしました。
かき揚げ丼や天丼もあるそうで限定メニューのようです。日によって違うかも。
蕎麦屋の料理はおいしいと言われているが本当でした。

蕎麦は太めでした。最近名店と言われるところで太い蕎麦に出会うことが多いです。
蕎麦は細い方がいいというのは多数派でもないようです。

<そば弁当>




にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2020.11.19 08:28:37
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.25
カテゴリ:旅行
1985年にランニングを始めた万博記念公園を訪れました。

最初は周回道路を10分ほど、そのうちに1周5kmを走るようになり、
その後、温泉ランニングとなりました。

訪れたのは、遠見の丘、花の丘です。

<さまざまな色のコスモス>








<赤に統一されたコスモス>




<白に統一されたコスモス>




このほかに、菜の花と間違うような黄色のコスモス畑もありました。

これらの花を眺めながら芝生で弁当をいただきました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2020.10.25 21:18:48
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.23
今年の北海道滞在は終わり、安曇野のクラインガルテンで蕎麦刈りです。

<初冠雪する前日の雪のない北アルプス。久しぶりに見る。>




<この地方独特の秋に咲くさくら>




<蕎麦刈り 今年は鹿の被害で実は昨年の半分か。15人の参加で実施。>




<刈った蕎麦を約4時間天日干し、手で実を落とす。>




<唐箕でごみを飛ばす。実質収穫はやはり昨年の半分の6.5kg。>





にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2020.10.23 11:17:25
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.21
10/6は「なつみの里」をあとにして、小樽で昼食をとり土産を買って新日本海フェリーに乗りました。

今回の昼食は小樽駅前にある三角市場の「海鮮かわしま」を訪れました。

<この日のなつみの里の風景>




<小樽駅>




<三角食堂の入口>





<市場の一角に海鮮かわしまがあります。>





<この時の海鮮かわしまの目玉は数日前にテレビで紹介していた1500円の海鮮丼です。
メニューにはなく、「テレビに出ていたもの」といえば出してくれます。
いつまで出してくれるかわかりません。>




<その後 堺町本通りで買い物>




にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2020.10.23 11:05:50
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.18
10/4は、なつみの里でゆっくりし、草刈りなどにいそしみました。

10/5は昼食に蕎麦産地幌加内の蕎麦を食べようと、以前に友人に紹介してもらった霧立亭を調べましたが月曜日で休みでした。

そこで幌加内から少し外れますが、江丹別の「そぼの里」を訪れました。
なんと前回行った幌加内の雪月花と同じような風味、歯ごたえでした。
この辺は太くて固い蕎麦を好む人が多いようです。

<そばの里 江丹別>





その後、なつみの里と旭川を往復する際に気になっていた「神居古潭」を訪れました。

石狩川が細くなり急流になる場所でアイヌ人が神に安全を祈ったところとしてこの名が付きました。かつて函館本線の駅があったところでもあり、再現された旧駅舎やSLも展示され観光地になっています。

<神居古潭>





<石狩川にかかる橋>




<旧函館本線の駅>








<D51など蒸気機関車が展示されている>




にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2020.10.23 11:05:14
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.17
カテゴリ:旅行
10/3は十勝岳温泉から秩父別のなつみの里に戻ります。まっすぐ帰れば3時間ほどの距離でしたので
いろいろ寄りました。

まず富良野の南東(十勝岳からは南に下る。)にある麓郷展望台を訪れました。上富良野の日の出公園と同じように穴場ですが、絶景の場所です。日の出公園とおなじように途中から細い道になり一方通行で周回して入口に戻ってきます。

<麓郷展望台>









麓郷展望台の麓には、さまざまな施設があります。

麓郷展望台の入口には「ジャム工房」と「アンパンマンショップ」があります。
「ジャム工房」にはあらゆる種類のジャム、「アンパンマンショップ」にはあらゆる種類の
アンパンマングッズがあります。

<ジャム工房>





<アンパンマンショップ>





そして麓郷展望台から富良野方面に少し走ると道沿いにドラマ「北の国から」のかつてのロケセットが点在しています。3か所ありますが、いずれも中を見学するのは有料です。ケチって「五郎の石の家」と「最初の家」だけ見学しました。「

拾って来た家」は敷地の外からのぞきました。
もう一つの「丸太小屋」と「3番目の家」がある麓郷の森はスキップしました。
それぞれに入場料は500円ですが、3か所の料金は1200円と割安です。

<石の家>





<最初の家>




<拾って来た家 外からのぞき見>




その後、映画「糸」のロケ地の深山峠に寄りました。
<深山峠>





そして昼食は、以前に訪れて定休日(月曜)だったため断念した美瑛のレストラン「フェルム ラ・テール美瑛」です。セブンスターの木、ケンとメリーの木などがある美瑛の名所の近くで
レストランからは北海道らしい牧場の景色が見渡せます。

人気なのか混んでいました。観光バスも来ていました。ただメニューは少なく、価格の高さに見合ったものではない気がしました。ハードウエア(建物など)に力を入れ過ぎた感じがします。

<フェルム ラ・テール美瑛の外観>





<フェルム ラ・テール美瑛の前からの景色>





にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2020.10.23 11:04:59
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.15
カテゴリ:旅行
10/2は旭岳温泉から帯広方面に向かいました。六花亭の六花の森と幸福の駅を目指しましたが、何と4時間もかかり、この日の宿泊の十勝岳温泉に17時前に戻るには、ゆっくりもできないとわかりました。

そのため帯広名物の豚丼ではなく、六花の森のレストランでカレーを食べて、森の見学もせず、折り返し、幸福駅に向かいました。

<幸福駅 かつては本当の駅だったようですが今は一大観光地です。>













その後一路十勝岳温泉に戻りました。

寄る予定だった、ぽっぽやの駅「幾寅駅」もスルー。

十勝岳温泉 凌雲閣

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2020.10.23 11:04:25
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.14
カテゴリ:旅行
10/1はいよいよ旭岳ロープウェイで旭岳五合目まで登って紅葉散策です。その後、麓の旭岳温泉 湧駒荘に泊まります。

<旭岳ロープウェイ山麓駅の手前にあるビジターセンター>




旭岳ロープウェイ山麓駅の前の駐車場は有料(500円)ですが、わずか100m手前のビジターセンターの駐車場は無料で、しかもビジターセンター利用者に限りますなどの注意書きのない公営駐車場です。当然ほとんどの人がここに駐車しており、ほぼ満車でした。

<旭岳ロープウェイ>




<姿見駅(山頂駅)からの散策路は左から回る方がいい。しばらくして見える夫婦池の1つ>




<姿見の池の手前の噴気孔。100m程手前まで行ける。>




<旭岳が池に移る姿見の池。肉眼より写真によく映る>




<散策後 宿泊した 旭岳温泉 湧駒荘>




湧駒荘は日本秘湯を守る会会員の宿です。

旭岳温泉 湧駒荘

<湧駒荘の夕食 アワビの塩焼きがおいしかった。>












にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2020.10.23 11:04:03
コメント(0) | コメントを書く

全1096件 (1096件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.