521889 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

温泉ランニング

PR

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

温泉ランニング 海の景色編

2019.05.14
XML
5/10に安曇野のクラインガルテンに向かう途中に上諏訪温泉のホテル紅やに立ち寄りました。
上諏訪温泉で日帰り可能な旅館を探していきました。

<ホテル紅や 玄関>




<ロビー>




<14階の展望風呂入口>




<浴室内部>




<諏訪湖を一望するインフィニテイー風呂>





<登録番号> 317

<取材日> 2019/5/10

<温泉名>  上諏訪温泉 ホテル紅や

<所在地> 長野県

<交通(ランニングなしの場合)>
JR中央東線上諏訪駅から無料の送迎バスまたは徒歩10分(約1km)。

<ランニングコース>
今回は車で来たので走っていないが、走るならJR上諏訪駅からわざと諏訪湖岸(約16km)を走って現地に行くと諏訪湖を楽しめる。駅から直接行くと近すぎる。

<温泉の特徴>
14階の展望風呂が名物。内湯だけだが大きな窓で湯船に淵のないインフィニテイー風呂である。
諏訪湖が一望できる。

<泉質> 単純温泉

<露天風呂> 
日帰りでは利用できないがある。

<入浴料> 1000円

<ロッカー、システム>
フロントで料金を払うだけ。
脱衣ロッカー、貴重品ロッカーあり

<体重計>
あり。


ホテル紅や

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2019.12.18 09:08:54
コメント(0) | コメントを書く


2019.02.05
「りんくうの湯」の割引券をもらったのと、関空島と関空連絡橋を望む景色に期待して取材を決行しました。

<樽井サザンビーチ 遠方に関空連絡橋>




<りんくうタウンに向かうランニングコース>




<途中の海岸 遠方に関空連絡橋>




<りんくうタウンは間近>




<りんくうタウン公園到着>




<りんくうタウン公園からの海>




<りんくうタウンのアウトレット>




<りんくうの湯 玄関>




<りんくうの湯 お風呂への入口>




<基本料金で利用できるコミック図書>






<登録番号> 313

<取材日> 2019/2/5

<温泉名>  りんくうの湯

<所在地> 大阪府

<交通(ランニングなしの場合)>
南海、JRのりんくうタウン駅を下車し、りんくうタウンを南下しすぐ。

<ランニングコース>
りんくうタウン駅からすぐのところにあるので走る必要はないが、自分の走力と相談して南に南下した駅で降りた。今回はりんくうタウンから8km南の「鳥取ノ荘駅」で降りて走った。
下車後しばらくは歩道のない狭い道を海岸沿いに北上するが、県道63号の高架、及び南海電鉄の踏切の手前で左折し、県道63号に沿ってさらに北上。海沿いの絶景の道で関空および連絡橋を眺めながら走れる。県道63号を走っているとまもなくりんくうタウンに到着し、その中に「りんくうの湯」がある。




<温泉の特徴>
温泉そのものは人工の含硫黄-ナトリウム-塩化物泉であるが、施設の多様性が特徴である。料金体形は別であるが、テレビ付きリラクゼーションシートや岩盤浴など様々なサービスがある。
残念なのは露天風呂の目隠しのため、関空や連絡橋が見えないことである。りんくうタウンのビルの一角にあるので、構造的にもビルのイメージがあるのも残念である。

<泉質> 人工の含硫黄ーナトリウム-塩化物泉

<露天風呂> 
関空島や連絡橋を眺められる位置にあるが、目隠しを重視するあまり全く見えないのが残念である。岩風呂と展望風呂?は人工ではあるが含硫黄ーナトリウムー塩化物泉である。

<入浴料> 大人620円 

<ロッカー、システム>
靴ロッカー(無料)に靴を入れ、フロントで料金を払うとバーコード付きのバンドをもらえる。ロッカーキーとは関係ありません。館内の支払いはバンドで行い、帰りに清算する。

<体重計>
あり。



にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2019.02.06 10:23:56
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.19
広島旅行のときに宿泊したグランドプリンスホテル広島に温泉大浴場があったので紹介します。

<グランドプリンスホテル広島 前景>




<ロビー>




<温泉入口(3階)>




<ホテル23階レストランからの瀬戸内海の景色>





<登録番号> 311

<取材日> 2018/12/14

<温泉名>  グランドプリンスホテル広島 広島温泉 瀬戸の湯

<所在地> 広島県

<交通(ランニングなしの場合)>
JR広島駅北口からシャトルバスで約30分

<ランニングコース>
今回は旅行なので走っていないが走るなら
広島駅南口から駅前大橋を渡り南詰で左折し、一路南下し海に出たら海岸通りを右折、その後
元宇品口を左折して宇品島に入り南端まで走ればホテルがある。約8km。
八丁堀や原爆ドームなどの名所を経由して元安川沿いに南下するのもおすすめ。
これでも10kmほど。

<温泉の特徴>
高層の大型シティホテルには珍しい温泉の大浴場である。格式のあるホテルには珍しく部屋着で温泉まで行ける。

<泉質> ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

<露天風呂> 
瀬戸内海を見渡す絶景の露天風呂あり。柵があるので湯船に入ると海が見えないのは残念。

<入浴料> 日帰り入浴なし 
      宿泊者で温泉付きでない場合は2100円で入浴できる。

<ロッカー、システム>


<体重計>
あり。


グランドプリンスホテル広島


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2018.12.22 07:44:03
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.04
以前から行ってみたかったあつみ温泉を訪れました。今回は高見屋別邸 久遠です。

<玄関>


<ロビー>


<風呂入り口>





<登録番号> 274

<取材日> 2016/8/30

<温泉名> あつみ温泉 高見屋別邸 久遠

<所在地> 山形県

<交通(ランニングなしの場合)>
JRあつみ温泉駅から徒歩20分

<ランニングコース>
今回は走っていないが、あつみ温泉駅から2kmほどなので海岸も自分に適した距離走って
高見屋に向かうといい。

<温泉の特徴>
こじんまりしているが、全館に趣がある。泉質は山形の温泉に多い
ナトリウム・カルシウムー塩化物硫酸塩泉で良質の温泉である。

<泉質> ナトリウム・カルシウムー塩化物硫酸塩泉

<露天風呂> 
外の景色が額縁のように見える半露天と様々な温度のつぼ風呂の2種類がある。

<入浴料> 日帰り不可

<ロッカー、システム>
日帰り不可

<体重計>
あり


庄内あつみ温泉 高見屋別邸久遠<タカミヤホテルグループ>

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2016.09.30 09:15:06
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.23
先日12月17日オープンした神戸みなと温泉 蓮までランニングしました。久々の20km越えです。

「神戸みなと温泉 蓮」は神戸ウォーターフロント開発の一貫としてラ・スイート神戸が第1突堤に建設したラグジュアリー路線のホテルと日帰り温泉です。

また医療費控除が受けられる温泉利用型健康増進施設の認定を目指しているそうです。

<建物に向かう道沿いにも厳かな壁と案内看板>
DSC_2683.jpg

<ホテルと日帰り温泉共通の門構え>
DSC_2695.jpg

<ホテルと日帰り温泉全体の建物外観>
DSC_2748.jpg

<建物の横はすぐに第1突堤で、実際に船が着岸します。>
DSC_2690.jpg

<日帰り温泉に向かうアプローチ。枯山水の石庭があり雰囲気を盛り上げます。>
DSC_2752.jpg


<日帰り温泉部分の外観と玄関」>
DSC_2743.jpg

<ロビー。海越しにメリケン波止場やオリエンタルホテルが見えます。>
DSC_2740.jpg

<館内着に着かえるロッカー。まるでゴルフ場の様。>
DSC_2703.jpg

<浴室への入口。ここにも脱衣場があり2段階方式です。>
DSC_2704.jpg

<露天風呂に向かう足湯回廊>
DSC_2707.jpg

<露天風呂の寝湯と棚湯>
DSC_2711.jpg

<レストラン「水蓮」。こちらも港の風景を見ながらの食事です。夜景も素敵です。>
DSC_2725.jpg

<登録番号> 251

<取材日> 2015/12/18

<温泉名> 神戸みなと温泉 蓮

<所在地> 兵庫県

<交通(ランニングなしの場合)>
三宮駅(ラウンドワン神戸前)から無料送迎バス(30分毎に運行。所要時間約10分

<ランニングコース>
逆瀬川から宝塚ゴルフ倶楽部を横切って仁川を渡り、関西学院大学の横から夙川学院前に出て夙川を阪急夙川駅まで下る。夙川から国道2号線に出て、ひたすら神戸の京橋まで走る。京橋を左折して400m程で現地。約23km。

<温泉の特徴>
高級路線(ラグジュアリー路線)の日帰り温泉である。料金も2300円と高額の滞在型日帰り温泉。子供料金の設定はなく。中学生未満お断りで大人の雰囲気を作り出している。全体の造りは白を基調にしたデザイナーズ温泉といったところで静かにくつろげる。ロビーやレストランからメリケン波止場などの風景が楽しめるのもオシャレ。

<泉質> ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

<露天風呂> 
内風呂には暦風呂と炭酸泉がある。暦風呂は月変わりのテーマ風呂。露天風呂はまず足湯回廊でアプローチ。そして温度の違う棚湯、寝湯、壺湯、源泉掛け流し湯がある。


<入浴料> 平日2300円

<ロッカー、システム>
靴鍵を渡すとICチップ付き腕輪をもらえる。ロッカーはICチップで開閉。館内のチャージもICチップ。
下駄箱は100円返却もなし。

<体重計>
あり。

人気サイトランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2016.03.01 07:47:39
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.23
本日は、兵庫県の温泉のなかで、長きにわたって対象外にしていた温泉に行きました。

リゾ鳴尾浜です。鄙びた温泉の雰囲気ではなく、まるで大型リゾートのような施設は

好きではなかったので、避けていました。

しかし、仕事で水着着用の温泉の記事を書かなくてはいけなくなり、訪れました。

<前景>
DSC_1170.jpg

<ロビー>
DSC_1171.jpg

<温水プール>
DSC_1173.jpg

<水着で入る露天風呂>
DSC_1175.jpg

<野外プールからの景色>
DSC_1177.jpg


<登録番号> 244

<取材日> 2015/5/23

<温泉名> リゾ鳴尾浜

<所在地> 兵庫県

<交通(ランニングなしの場合)>
阪神甲子園駅より送迎バス。40分毎。

<ランニングコース>
逆瀬川より武庫川河川敷をひたすら南に走り、阪神武庫川駅をくぐったころから
スマホの誘導で現地。約16km。

<温泉の特徴>
単純温泉ではあるが、天然温泉。水着なしで入る風呂と、水着ではいる温水プールがある。
そして野外プールエリアに水着で入れる天然温泉の露天風呂がある。水着なしではいる露天風呂は
こじんまりしているが、野外プール横の露天風呂は広い。野外プールエリアから見る神戸方面の
景色はなかなかいい。

<泉質> 単純温泉

<露天風呂> 
水着なしではいる風呂の露天風呂と水着着用のエリアの露天風呂がある。

<入浴料> 大人 1750円 

<ロッカー、システム>
靴箱に靴を入れ、自動販売機で入浴券を買って靴鍵と一緒にフロントに渡すと
バーコードロッカーキーをもらえる。
館内利用はこのバーコードロッカーキーで処理する。
貴重品ロッカーはフロントの前、脱衣場の前などにある。


<体重計>
あり。

人気サイトランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2015.05.23 21:59:53
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.13
4/10はツーリンググループと一緒に伊勢志摩ロイヤルホテルに行きました。

ここは温泉があります。(新美里温泉)

<前景>
DSC_0865.jpg

<ロビー>
DSC_0860.jpg

<温泉入口>
DSC_0856.jpg


<部屋から見える景色 パールロードの赤い橋とスペイン村が見えます。>
DSC_0866.jpg


<登録番号> 241

<取材日> 2015/4/10

<温泉名> 伊勢志摩ロイヤルホテル   

<所在地> 三重県

<交通(ランニングなしの場合)>
近鉄 志摩磯部駅から送迎バス10分

<ランニングコース>
近鉄鵜方駅からパールロード経由で6.5km。
以前に浜島から鵜方経由で志摩スペイン村のひまわりの湯まで走ったことがあるが今回は走っていない。

<温泉の特徴>
アルカリ性が強いので長湯はしないほうがいい。

<泉質> アルカリ性単純温泉

<露天風呂> 
結構広い岩風呂がある。

<入浴料> 日帰り利用なし。

<ロッカー、システム>
日帰り利用なし。


<体重計>
あり。

人気サイトランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2015.04.13 17:58:29
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.30
白浜の崎の湯は日本最古の湯と言われ、かつ野趣あふれる波打ち際の露天風呂で有名です。

2001年に行ったことがありますが、その時の記録がないので再度立ち寄りました。

以前は簡単な脱衣棚があるだけでしたが、建物ができて有料になってしまいました。

<入口。券売機があって門ができています。私は人工物がない方がいいです。>
DSC_0888.jpg

<門>
DSC_0886.jpg

<崎の湯の石碑>
DSC_0885.jpg

<海側(海中展望塔)から見た崎の湯。目隠しの塀があります。>
DSC_0882.jpg

<登録番号> 234

<取材日> 2014/10/28

<温泉名> 白浜温泉 崎の湯
     

<所在地> 和歌山県

<交通(ランニングなしの場合)>
JR紀勢線 白浜駅からタクシー10分 路線バス20分(バス停 湯崎から徒歩1分)

<ランニングコース>
今回は車で訪れましたが、電車できた場合は、
白浜駅の前の道路を駅を背に走り、藤島交差点で左折し、ひたすら海沿い(半島巡り)に走る。
途中右手にめがね岩こと円月島を見て白良浜が見えたら
まもなく右手にホテルシーモアがあるがホテルの方に登らず、
その手前を海岸の方へ向かうとすぐ。約9km。

<温泉の特徴>
日本最古の湯と言われる温泉である。
かつては風呂の周りに簡単な脱衣棚があるだけの
文字通りの無料の野天風呂であったが、
建物ができて有料になってしまった。

<泉質> ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
     
<露天風呂> 
波打ち際の野天風呂である。

<入浴料> 420円

<ロッカー、システム>
自動販売機でチケットを買って、係りに渡して入る。
貴重品ロッカーあり。

<体重計>


人気サイトランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2014.10.30 19:05:19
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.28
昨日は、以前から憧れていた梅樽温泉で有名な白浜温泉のホテルシーモアを訪れました。

<ホテル全景。
DSC_0866.jpg

<ホテル ロビー>
DSC_0863.jpg

<風呂へのエントランス>
DSC_0857.jpg

<梅樽の露天風呂>
DSC_0851.jpg

<梅樽から望む海>
DSC_0852.jpg


<登録番号> 233

<取材日> 2014/10/27

<温泉名> 白浜温泉 ホテルシーモア
     

<所在地> 和歌山県

<交通(ランニングなしの場合)>
JR紀勢線 白浜駅からタクシー10分 路線バス20分(バス停 新湯崎から徒歩1分)

<ランニングコース>
今回は車で訪れましたが、電車できた場合は、
白浜駅の前の道路を駅を背に走り、藤島交差点で左折し、ひたすら海沿い(半島巡り)に走る。途中右手にめがね岩こと円月島を
見て白良浜が見えたらまもなく右手にホテルシーモアがある。約9km。
ホテルに到着してから夕食前や、早朝に走るとしたら円月島往復(約6km)か逆方向の三段壁往復(約2km)がよい。


<温泉の特徴>
梅樽の露天風呂で有名である。
梅樽は全てで6個あり、最も上にある2つが海の景色もよく最高である。
内風呂は広々した湯船をもつ大浴場と海に面したところに湯船のある中浴場がある。
溶存成分は5000mgを超える濃厚な温泉である。

<泉質> ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
     
<露天風呂> 
あり。
梅樽の露天風呂である。
梅樽に浸かって見る海の景色は最高である。

<入浴料> 日帰り入浴なし。

<ロッカー、システム>
日帰り入浴なし。

<体重計>
あり。(アナログ)

人気サイトランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






最終更新日  2014.10.29 05:30:09
コメント(0) | コメントを書く
2014.05.16
一昨日は、直営保養施設の熱海ゆとりうむを訪れました。

なかなか金のかかった施設です。

<全景>
DSC_0318.jpg


<風呂へのエントランス>
DSC_0310.jpg

<内風呂>
DSC_0312.jpg

<露天風呂>
DSC_0314.jpg

<登録番号> 223

<取材日> 2014/5/15

<温泉名> 熱海ゆとりうむ

<所在地> 静岡県

<交通(ランニングなしの場合)>
JR熱海駅から路線バス20分。

<ランニングコース>
熱海駅から6kmであるが強烈な坂のため走るのは難しい。

<温泉の特徴>
会社の保養施設にしては豪華である。
内風呂から露天は開口部でつながっており、
露店ぶろの庭園はツツジがきれい。

<泉質> ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉

<露天風呂> 
あり。
庭園がいい。

<入浴料> 日帰り利用はできない。

<ロッカー、システム>
日帰り利用はできない。

<体重計>
あり。


人気サイトランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村







最終更新日  2014.05.17 05:11:30
コメント(0) | コメントを書く

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.