521960 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

温泉ランニング

PR

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

温泉ランニング コース絶景編

2013.01.08
XML
本日は、駅舎の中に温泉があるので有名な、長良川鉄道の美並子宝の湯を紹介する。長良川の風景を楽しみながらのランニングコースである。

<登録番号> 32

<取材日> 2003/1/19

<温泉名> 美並子宝の湯

<交通(ランニングなしの場合)>
名古屋より岐阜経由高山線で美濃太田で降り、長良川鉄道に乗り換えて、みなみ子宝温泉で下車、駅が温泉です。 
私は鶴舞発です。鶴舞-新鵜沼 750円 鵜沼ー美濃太田 200円 美濃太田ー美濃市 550円 子宝の湯ー美濃太田 910円

<ランニングコース>
長良川鉄道で手前の美濃市駅で降りて、和紙とうだつで有名な美濃市街を抜けて国道156号を長良川沿いに北上する12km。長良川の眺めがよい。トンネルの歩道がすこし狭いのと、併行して走る旧道があるときは国道の歩道がないときがあるがおおむね歩道あり。

<温泉の特徴>
新しく、内湯から外がガラスごしに見えて明るい。.露天風呂からは山並みが見え、また檜風呂と開放感のある岩風呂があり広々しているのがよい。結構混んでいる。500円と安いのがいい。列車は1時間に1本なので、壁の信号で30分前、15分前、5分前を知らせてくれる


<露天風呂>
あり。山々の眺望あり。洗練された露天風呂である。

<入浴料> 500円

<ロッカー、システム>
最近はやりのフロントでキーをくれるのではなく、脱衣場で100円返却で借りる。

<体重計>
あり






最終更新日  2013.01.08 07:28:54
コメント(1) | コメントを書く


2012.12.26
本日は、紀州の熊野古道近辺を走り熊野の著名温泉に向かうコースを紹介する。

<登録番号> 14

<取材日> 2001/11/11

<温泉名> わたらせ温泉

<交通(ランニングなしの場合)>
紀伊田辺からバス2時間または新宮からバス1時間 ただし前者は1日に3本しかなく、後者も数本なので気をつける必要ある。

<ランニングコース>
熊野古道の中辺路コース途中の近露の民宿から16km.小広峠までは走ったが、時間の都合でここからはバスに乗った。小広峠からは国道の下りのみで快調のはず。ちなみに前の日に滝尻王子から近露までの有名な熊野古道コースも走りに挑んだが、ほとんど走ることは不可能で5時間かかった。(3分の2が急傾斜で岩場である。)

<温泉の特徴>
いわゆる有名な大型の日帰り温泉で、ホテルささゆりとはすこしはなれている。大型であるが比較的情緒もある。サービスもよい。 温度などで5種類の大きな露天風呂あり。


<露天風呂>
あり 庭園の風情あり。


<入浴料> 700円

<ロッカー、システム>
4種類ある  
1.暗証番号式貴重品ロッカー  
2.100円貴重品ロッカー    
3.100円荷物ロッカー    
4.鍵のない無料ロッカー

<体重計>
あり


わたらせ温泉 ホテルひめゆり






最終更新日  2012.12.26 08:08:57
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.21
現在利用している松本市の農地付貸別荘(緑ヶ丘クラインガルテン)の近くの安曇野に2年前に走りに行ったときのコースを紹介する。ここで走ったあたりが今の生活圏になっている。一部は自転車で走っている。

自転車で走って感動した風景
DVC00220.JPG

ランニングで行った大王わさび農場
DVC00224.JPG

長峰荘玄関
DSC_0462.JPG

長峰荘から長峰山山頂に登って見える絶景。(安曇野から北アルプスを望む)
川端康成と井上靖と東山魁夷が訪れて絶賛した景色だ。
DSC_1386.JPG

<登録番号> 129

<取材日> 2010/8/29

<温泉名> 安曇野 長峰荘

<交通(ランニングなしの場合)>
JR篠ノ井線明科駅からタクシーで約10分

<ランニングコース>
安曇野ランニングコースである。
私は安曇野名物の自転車と組み合わせた。あまり時間がなかったので穂高駅ひつじ屋で電動自転車をかり、地図をもらって、アートミュージアムをまず往復した。この間でも結構登りがあり、電動でないときつかった。しかし景色は抜群であった。大糸線から眺めているだけでは味わえない雰囲気がある。1時間で穂高駅にもどり、自転車を返し、ランニングで東へすすみ、まず穂高神社。さらに東にすすみ下駄で有名な東光寺。さらに東に進み、有名な大王わさび農場に入り散策。その後、大きく迂回して犀川を渡り、19号線を約2KM南下して長峰荘。(ただしこの日は熱中症になりそうなので長峰荘を断念し、19号線を北上し明科駅に向かった。(約8KM) 2011/9/4 明科から走ってリベンジ。
ちなみに2010/8/29に炎天下の中渡った犀川橋を私は熱中症橋と呼んでいる。

<温泉の特徴>
2010/8/29は実際には行けなかったが、HPによると北アルプスを望む露天風呂が名物。ただし写真で見る限り、塀のために、湯船にはいると、景色が見えないはずである。是非リベンジし、実際に確かめたい。2011/9/4 に明科から走って訪れた。安曇野市営の施設らしく、派手さはなく、国民宿舎のような感じである。名物の露天風呂は予想通り、立てば、晴れておれば、安曇野の風景越しに北アルプスが見える絶景である。ただ湯船に入ると塀が邪魔になって見えない。この塀を取るには外からの視線を避けるため2階に湯船が必要で、やはりコスト的に難しいであろう。


<露天風呂>
あり。山並みの景色がよい。

<入浴料> 400円

<ロッカー、システム>
フロントで料金を払うだけ。脱衣場には鍵付きロッカーと脱衣籠がある。

<体重計>
あり






最終更新日  2012.12.22 06:43:02
コメント(1) | コメントを書く
2012.11.20
本日は、小江戸 川越を走るコースを紹介する。

川越の蔵の風景
DVC00020.JPG

エントランス
DVC00025.JPG

<登録番号> 112

<取材日> 2009/7/4

<温泉名> 川越 小江戸 はつかり温泉

<交通(ランニングなしの場合)>
東武東上線 ふじみ野 よりシャトルバスあり。

<ランニングコース>
西部新宿線 本川越から、有名な川越の商店街クレアモールを通り。蔵つくりの町並を通ると右手に有名な時の鐘が見える。その先の札の辻交差点を右折し、しばらく行くと本丸御殿があり(休館中)そこを見て、喜多院まで戻り、その後国道254号に出る。この道路は歩道がないので、その東側を併行して走る県道113号を走る。約6kmで温泉の看板があるので右折して約700mで現地。7km

<温泉の特徴>
外見は和風であるが、中は和風を徹底しているわけではない。少し茶色がかった湯であり、湯の花があるが、お湯はきれいである。内湯、露天風呂とも源泉とぬるめの湯がある。食堂は食券を買って、カウンターでオーダーする方式なので待たされることはない。東武東上線 ふじみ野 と 埼京線 南古谷駅まで無料シャトルバスがでているのがよい。

<露天風呂>
あり。庭園

<入浴料> 850円

<ロッカー、システム>
靴鍵を持ち込み、ロッカーキーも自由。

<体重計>
あり






最終更新日  2012.11.20 12:33:30
コメント(1) | コメントを書く
2012.10.04
本日は、箱根を一周したケースを紹介する。小涌園をスタートして小涌園に戻ってくるコースである。利用した温泉は箱根小涌園 ユネッサン 森の湯。
宿泊は箱根小涌園B&Bパンシオン箱根である。

<登録番号> 64

<取材日>  2005/6/17

<温泉名>  箱根小涌園 ユネッサン 森の湯

<交通(ランニングなしの場合)>
JR小田原からバス(箱根町行き)に乗り 小涌園下車

<ランニングコース>
まず小涌園交差点から国道1号を元箱根方面に走る。芦の湯を過ぎた 国道1号最高地点874mまで約5km登り、その後元箱根まで下り、元箱根で右折し、芦の湖に沿って走り、箱根園の手前までは平坦。ここで右に登り県道75号に合流し左折し、湖尻を目指す。湖尻まで半分が登り、半分が下り、湖尻の手前の三差路で、右折し、大涌谷方面を目指す。ここからまた 大涌谷入り口までが登り、そこからは 再び早雲山、強羅を経由し小涌園までが下り。全工程約22kmであるが、きつい登りがあるので、一度で走るのはつらい。景色を優先すれば 元箱根までバスで行き、そこから走るのがよい。


<温泉の特徴>
箱根はやはり、品のいい、高級な物しか作れない雰囲気があるのか、森の湯は立派である。内湯からは大きな窓をはさんで、外の露天風呂が見えており開放感がある。露天風呂も遠くの景色はなくてもきれいな庭園の中に檜風呂、たる風呂、岩風呂と多彩。雰囲気がよい。珍しいのはシステム。靴は袋に入れてロッカーまで持ち込む。もらったロッカーキーは なんとICチップで ロッカーの扉に触れるだけで開閉する。しかしなんのメリットがあるのかよくわからない。靴持込の為、ロッカーキーを無断で持ち帰る人がいるかもしれないが、すぐに内容を変更して、再利用できないようにし、もし盗んだ人が現れたらキャッチできるのかもしれない。食堂はいただけない。軽食といっても、やきそば、たこ焼きなど、スナック的なものばかりで、食堂も窓もなく、暗い。ユネッサンのレストランを利用してもらうために、あえて落としているのであろう。


<露天風呂>
あり

<入浴料> 
1600円 タオル、バスタオル付き、洗顔用石鹸あり。

<ロッカー、システム>
ICチップによるキーで無料。

<体重計>
あり。


箱根小涌園B&Bパンシオン箱根






最終更新日  2012.10.04 07:47:03
コメント(2) | コメントを書く
2012.10.03
本日は、温泉というよりも、奥入瀬渓流と十和田湖畔を走りたかったためにゴールとして十和田湖畔温泉を選んだというケースを紹介する。止むを得ず宿泊したため安い宿を選んだ。このホテルは今、検索しても出てこない。

<登録番号> 36

<取材日>  2003/5/1

<温泉名>  十和田湖畔温泉 (ホテルニュー十和田)

<交通(ランニングなしの場合)>
JR東北新幹線八戸駅よりJR東北バスで十和田湖バス停まで約2時間(2600円)

<ランニングコース>
八戸駅から十和田湖行きJR東北バスの途中の焼山で下車し奥入瀬渓流の遊歩道を子の口まで(14km)走る。遊歩道はもちろん歩行者優先であるため、混んでいれば無理して走らない。さらに子の口より十和田湖畔(休屋)まで国道103号線を12km走る。後半は半分湖畔沿いであるが最後は峠越えできつい。全工程26kmで到着するとホットする。

<温泉の特徴>
ホテルニュー十和田の温泉であるが、露天風呂がないのは残念。

<露天風呂>
なし

<入浴料> 
立ち寄り湯ではない。

<ロッカー、システム>

<体重計>
あり。


星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル






最終更新日  2012.10.03 14:37:30
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.30
本日はコース絶景編から三保の松原から富士山を見ながら走るコースを紹介する。

<登録番号> 72

<取材日>  2005/11/19

<温泉名>  静岡市草薙 草薙の湯

<交通(ランニングなしの場合)>
JR東海道線 草薙駅下車 北東へ徒歩5分

<ランニングコース>
ゴールが草薙の湯と言っても、清水の町の景勝地をランニングするのが目的である。起点はJR清水駅。駅前の広い道路を三保方面の南へ走る。有名な清水すしミュージアムのあるエスパルスドリームプラザを横目にきれいな整備された歩道を走る。この歩道はどうやら 以前に鉄道が走っていたところのようで三保まで続いている。従ってこの歩道沿いに旧三保駅まで走る(ここまで7km)ここから太平洋に向けて 羽衣の松方面に走る。羽衣の松(海岸)に出たら遊歩道&太平洋岸自転車道を富士山を正面にみながら 清水の灯台まで 一度北上する(絶景である。)清水の灯台で折り返し、逆に南下し、羽衣の松を越えて 太平洋岸自転車道をひたすら南下する。(途中 羽衣の松の先は松林の地道で分かりにくいが海岸沿いを目指せば出れる) 国道150号が併走しだしたら150号に乗換えしばらく走ると 久能山東照宮下である。ここまで約21km。あとは久能山東照宮に上り、ロープウエーで日本平に出て、バス(1時間に1本)で東静岡、JRで草薙である。 

<温泉の特徴>
ランニングコースはすばらしいが、温泉はごく一般的な日帰り温泉施設。全体的に銭湯の延長のような感じである。方式は名古屋の喜多の湯方式。内風呂は銭湯の延長のようであるが、露天は、まあまあである。しかも中伊豆温泉から毎日8トンの源泉を運んでいる。いわゆる美人の湯の弱アルカリ性単純泉である。内湯は喜多の湯と同じ人工温泉かもしれない。

<露天風呂>
あり。

<入浴料> 650円

<ロッカー、システム>
靴の鍵を持って、ロッカーまで行く形式(喜多の湯式)。ロッカーは100円返却式

<体重計>
あり。


日本平ホテル






最終更新日  2012.09.30 11:40:32
コメント(1) | コメントを書く
2012.09.03
本日は久しぶりにコース絶景編から水晶の湯を紹介する。木曽川、長良川、揖斐川を望む木曽三川公園を経由して行くコースである。

<登録番号> 60

<取材日>  2004/11/7

<温泉名>  南濃温泉 水晶の湯

<交通(ランニングなしの場合)>
JR大垣またはJR、近鉄の桑名から近鉄養老線に乗り、駒野で降り 徒歩15分(やや上り)

<ランニングコース>
名鉄尾西線の佐屋駅で降り駅前の道路をひたすら西へ走る。多度、立田大橋方面と看板に出ているので、その方向に走る。木曽川、長良川を渡り、木曽三川公園を通る絶景のコースである。最後に揖斐川を渡る油島大橋を渡ると、柚井交差点(大桑病院前)に出るので、右折し、国道258をひたすら10km北上すると水晶の湯左折の看板がある。柚井交差点が中間地点の約20km。なかなかごきげんなコースである。

<温泉の特徴>
最近の中部地方の日帰り温泉のランキング1位であったので気になって行ってみた。まず濃尾平野を見渡す眺望には感動した。ただ脱衣場が狭く窓もなく、満員で、着替えるのにロッカーの前で待ったり、人と触れてしまう芋の子状態は人気の証か。確かに露天風呂からの眺望はいいのだが、せっかくの眺望が欄干のガラスで生の眺望が見れなくなっている。赤沢日帰り温泉や、明石大橋の松帆の郷は 風呂から眺望が見えるところにはなにも作らず、その外側に1mほど下げてベランダを作り、そこに欄干を付けている。これなら露天風呂の端に視界をさえぎる欄干がなくても転落の危険はない。入浴後の食事は眺望をみながらベランダでできる。メニューは簡単なスナックであった。

<露天風呂>
あり。濃尾平野の眺望あり。

<入浴料> 500円

<ロッカー、システム>
靴ロッカー(無料)を預け脱衣場のキーをもらう方式

<体重計>
あり。






最終更新日  2012.09.03 14:19:54
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.08
本日は、久しぶりのコース絶景編から 馬籠宿、妻籠宿を走ってたどり着く
南木曽温泉を紹介する。

<登録番号> 24

<取材日> 2002/7/13

<温泉名> 南木曾そば道場 木曽路館

<交通(ランニングなしの場合)>
JR中央線南木曾(なぎそ)駅よりシャトルバス

<ランニングコース>
JR中津川駅前大通り2本目プラザホテル角の信号を左折すると中仙道に入る。  あとは中仙道の案内版に従って馬籠まで走る。途中急坂や、落合の石畳という史跡では走りにくいが、おおむね走れる。冬は2000M級の恵那山などが雪でおおわれて信州の様な雰囲気である。特に与坂の小高い丘からの恵那山の風景は最高である。馬籠から妻籠までは遊歩道があるので、それに沿って走る。ところどころ険しいところがあり、走りにくいところもある。
妻籠まで行って国道256号に折り返し、256号を少し上って23km.妻籠までが20km。馬籠から妻籠の間で途中一般の道路へ出てまた遊歩道へ入るところがあるが、その入り口を見落とすと道に迷うので要注意。

<温泉の特徴>
いわゆる大型の日帰り温泉で、箕面スパーガーデン、有馬旧ヘルスセンター、金太郎温泉に似ているが、少し品がある。露天風呂からの山の眺望はよい。近くに豪華なホテル木曽路があるが日帰り入浴は食事付きのみと思われる。

<露天風呂>
あり 木曾の山並みの眺望がよい。

<入浴料> 1200円

<ロッカー、システム>
ロッカーは100円で返却


<体重計>
あり


南木曽温泉 ホテル木曽路






最終更新日  2012.08.08 15:00:24
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.18
本日は、走った距離として最高であり、かつランニングコースの景色がよかったコースを紹介する。信州茅野近くの原村から富士見高原、八ヶ岳道路を経由して
清里まで走るコースである。今回も無理やりゴールに温泉を見つけた感はある。

<登録番号> 26

<取材日> 2002/8/15

<温泉名> 清里 丘の公園 アクアリゾート清里(天女の湯)

<交通(ランニングなしの場合)>
JR小海線 清里駅より 徒歩30分

<ランニングコース>
富士見 原村のペンションのミートウイズに宿泊し、そこから富士見高原道路下り八ヶ岳公園道路に出たら北上して清里まで30km。八ヶ岳公園道路までは下りで快適だがその後は上り下りで消耗する。

<温泉の特徴>
最近日帰り温泉の作りはほぼ標準化されてきた。ここもその一つで水着で入る温泉プールも併設されている。靴を靴ロッカーに入れ、自動販売機で入浴券を買って、靴の鍵と一緒に渡すとゴムバンド付のロッカーキーをくれる。その番号のロッカーで着替えて、ロッカーキーを腕にまいて入浴。これが最近の標準。

<露天風呂>
あり 眺望ではないが外も見えて、こじんまりした露天ぶろ。

<入浴料> 風呂のみ750円(タオル別) プール&風呂1500円


<ロッカー、システム>
温泉の特徴に記述の通りである。
ロッカーは無料

<体重計>
あり


ペンション ミートウィズ










最終更新日  2012.07.18 09:49:25
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.