134399 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

a pastor on the way

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

フリーページ

お気に入りブログ

ナオミウェルカム ナオミ1988さん
ユースセル~青年会… ユースセルさん
おはな… momomimikikiさん

コメント新着

noripi@ Re:クロスマップに無断掲載されているようです。(12/12) クトゥファンさん ありがとうございま…
クトゥファン@ クロスマップに無断掲載されているようです。 貴ブログはクロスマップに宣伝のために(?…
nori@ ありがとうございました。 ありがとうございました。 どのように対…
クトゥファン@ クロスマップ=クリスチャントゥデイ=統一協会 貴ブログはクロスマップに掲載されていま…
nori@ Re:はじめまして(*^▽^*)ノ(07/08) candy♪1026さん ご覧下さりありがとうご…

ニューストピックス

pastorsroom 東広島市


私は、東広島市にあるキリスト教会の牧師です。
よかったら教会のホームページもごらんください。
また、ユースセルのプログもごらんください。


また、たいへん申し訳ないのですが、
コメントにお答えできないことも多々あると思います。
どうぞお許し下さい。


2017.05.20
XML
日本バプテスト連盟 緑の牧場キリスト教会
主日礼拝メッセージ

 「福音としての復活」      1コリント15章 1-13節   
おはようございます。
今、私たちはバイブル・ペンテコステに沿ってコリント人への手紙を読んでいます。
今日もそこから聖書を読み、神様に礼拝をお献げしたいと願っています。
今日のテーマは、復活です。
三つのことをごいっしょに考えたいと願っています。
一つ目は、福音としての復活
二つ目は、キリストの復活と私たちの復活
三つ目は、復活の体、です。

三つのことを考える前にご想像してみたいと思います。・・・もしもイエス様が復活されなかったとしたら、今のあなたはどのようになっていたでしょうか?

もしもイエス様が復活されなかったとしたら、イエス様のご生涯は十字架刑と共に終わってしまっていたことになります。
そのイエス様を主とあがめ、信じる人は誰一人いなかったことでしょうね。
イエスさまは生前、愛し合うことや神の国のことなど語られました。でも、十字架の死でご生涯を終えてしまったとしたら、そのメッセージは無力です。
復活がなければ人々は、「結局、この世に正義も救いも希望も無い」と感じることでしょう。
また、「死んだらおしまい/この世界は罪・死・滅亡によって飲み込まれてしまう世界である/将来は無いのだから、今がよければそれでいいじゃないか/何をしても空しい/する意味が無い。」と感じることでしょう。

しかしイエスさまは復活してくださったのです!
それは私たちの初穂としての復活です。つまり、私たちもイエス様のように復活するということです。
これで人生はまったく変わります。
白黒だった世界がカラーになります。
下を向いて歩いていたのに、胸を張って生きる事ができますね。

■福音としての復活
それでは一つ目のこと「福音としての復活」をご一緒に考えたいと思います。
11弟子を始めとして、イエス様の復活を見た人たちがたくさんいました。
彼らはイエス様の復活の証人です。
彼らの次の世代からは、復活のことは福音として伝え聞くものとなりました。
2節でパウロはこう言いました。「私の宣べ伝えたこの福音のことばをしっかりと保っていれば、この福音によって救われるのです。
その福音の言葉とは、3節から7節にこう書かれています。
「キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書に従って三日目によみがえられたこと、また、ケパ(ペテロのこと)に現われ、それから十二弟子に現われたことです。その後、キリストは五百人以上の兄弟たちに同時に現われました。その中の大多数の者は今なお生き残っていますが、すでに眠った者もいくらかいます。その後、キリストはヤコブに現われ、それから使徒たち全部に現われました。
この福音の中心は、イエスキリスト、そしてイエスキリストの死と復活ですね。
それは聖書の示すとおり、つまり神さまのご計画であったのです。
私たちはこの福音を聞きました。その時には神様が私たちの心に働いてくださったのですね。そのおかげで私たちは福音を信じることができました。

■キリストの復活と私たちの復活
二つ目に移りたいと思います。「キリストの復活と私たちの復活」についてごいっしょに考えたいと思います。
それほど大切な福音であったのに、コリント教会の中に「復活は無い。復活は信じられない。」という人々がいたのです。
12節にこう書かれています。
「ところで、キリストは死者の中から復活された、と宣べ伝えられているのなら、どうして、あなたがたの中に、死者の復活はない、と言っている人がいるのですか。」

その人たちはどうしてそんなことを言い始めたのでしょうか?
彼らの中には、復活について三種類の誤解があったのではないかと思います。
復活について三種類の誤解の一つ目は、「土の中に埋めた死体が蘇るなんて想像できない」というものです。
エジプトのミイラのように考えたのでしょうか?
今風にいうとゾンビのようなものを想像したのでしょうか?
「腐敗した死体が蘇るなんて想像できないし、したくもない」。私もそう思います。
これは復活についての誤解です。
それでは復活の体とはどういうものか?については、今日の三つ目のポイント「復活の体」というところでごいっしょに考えたいと思っていますので少し後回しにしてください。
復活について三種類の誤解の二つ目は、「霊が蘇るのであって、死んだら体は無い」というものです。
これはギリシアの思想の一つです。
霊は目には見えません。見えない霊がたくさん集まっているのが天国であると仮定すると、それはとても不思議な世界です。見えないのですから認識できませんし、想像すらできません。
見えない霊がたくさん集まっているというのは復活とは違います。
パウロは、復活の体というものがあるのだと言っています。
復活について三種類の誤解の三つ目は、地上での記憶や人格は天にもっていけないというものです。つまり地上と天国は非連続であるという考えです。
これでは復活の意味がありません。
この地上で受けたすばらしいものが、この地上で死を迎える時にすべて消え去ってしまうのなら、それは復活が無いのと同じです。
コリント教会の中に「復活などない。信じられない。」と言っていた人たちはそれぞれに、そのような三種類の誤解を持っていたのではないかと思います。

■復活の体
それでは今日ごいっしょに考えたい三つ目のことに移ります。
復活の体についてです。
私たちが、神様について、人間について、歴史について、考える時には、いつもある一点に集中する必要があります。
それはイエスキリストです。
イエスキリストに集中する時、神様のこと、人間のこと、歴史のこと、すべてが明確に見えてきます。
イエスキリストがすべての要です。
復活についても同じ事がいえます。復活について知りたいと思うなら、私たちはイエスキリストに集中する必要があります。
イエスキリストは復活されました。
それも初穂としての復活でした。
つまり私たちもまたイエス様が復活されたように復活するのです。
私たちは、十字架のような愛と苦難と悲しみの道を歩むことがあるかもしれません。しかしその向こうには本当の命=復活の命があるのです。
復活についての三種類の誤解を紹介いたしましたが、イエスキリストの復活を考える時それぞれの間違いに気づく事ができます。
復活は土の中に葬られた肉体がそのまま蘇るのではありません。
イエス様もそうでしたね。
イエス様の死んだ肉体はなくなりました。そして霊の体に蘇られたのでした。
それは体ですので、弟子たちにはイエス様だとわかりました。
でも、復活されたイエスさまのお体は時間と空間からは自由でした。
戸が閉められた部屋の中に、スッと現われることができました。
「復活の時には、もっと美人でありたいなぁ」と言われた方がおられますが、天国では今の価値観と違う価値観があると思います。きっと活き活きとした命の輝きにまぶしいほどになっておられることと思います。
種が蒔かれて土の中に入るとそれは死んだように思えますが、そうではありません。
やがて芽を出し、成長し、穂となります。
種も芽も穂も、それは一つの命であり、その命は繋がっています。
同じように、私たちのこの地上での生活はやがて終わります。そして天での生活が始まりますがそれは繋がった一つの命です。
それぞれがこの地上で育ててこられたもの、大切にされてきたもの、すばらしいご性格などが消えるはずはありません。
ですからこの章の最後の58節で~今日は読んではいただきませんでしたが~パウロは強い口調でこのように言っています。
「ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。.」
この地上でのあなたの働きや成長は無駄ではないのです。天にまで続くのです。

■最後に
さてもしも復活がなければ、罪と死が私たちそれぞれの人生のゴールでした。
それは空しく、敗北感に満ちたものでした。

けれどもイエス様が復活してくださったことによってすべては変わったのです。
イエスさまは私たちの初穂として復活してくださったのです。
イエス様が復活してくださって本当によかったですね。
イエス様の歩みは私たちそれぞれの原歴史です。
私たちはイエス様のご生涯の後を歩んでゆき、そしてやがて勝利を得るのです。
あなたは今は苦しみも愛することも経験されているでしょう。そして死も経験されることでしょう。しかしその向こうには復活の命があるのです。
感謝してお祈りいたします。

Resurrection-the Good News      1Corinthians15:1-13   

Good morning.
Recently, we have been reading the Letters to the Corinthians.
We will read it today, too, and worship God.
Today’s theme is “resurrection.”
Let’s think about three things together.
First is about the resurrection-the Good News.
Second is about Jesus’ resurrection and our resurrection.
And third is about resurrected bodies.

Before we start thinking about these things, I want you to picture something in your head. What would it be like for you now if Jesus had not been resurrected?

If Jesus had not been resurrected from death, it would mean that His life would have ended as a result of crucifixion.
If this did happen, I don’t think no one would praise Him as Lord.
When He was alive, He preached about God’s Kingdom and about loving each other. If He had died on the cross and never was resurrected, His message wouldn’t mean anything now.
If it were not for His resurrection, we would think, “After all, there is no justice, salvation, or hope.”
Or we would think, “Everything’s over once you pass away,” “This world will be filled with sins, death, and destruction,” “Hey, if there’s no future for us, so why not just think about now?” “Each day passes fruitlessly,” “Nothing means anything,” and so on.

But Jesus was resurrected!
He was like the first “crop.”
Our lives will be changed completely.
Everything will start to get colorful.
You can proudly thrust out your chest looking up rather than looking down.


■Resurrection-the Good News
Now, let’s think about resurrection-the Good News.
There were many who saw Jesus’ resurrection including His eleven disciples.
They are all witness of His resurrection.
People in the following generations heard about this as the gospel.
In verse2, Paul said, “It is this Good News that saves you if you continue to believe the message I told you.”
The Good News is written in verses 3 to 7:
“I passed on to you what was most important and what had also been passed on to me. Christ died for our sins, just as the Scriptures said. He was buried, and he was raised from the dead on the third day, just as the Scriptures said. He was seen by Peter and then by the Twelve. After that, he was seen by more than 500 of his followers at one time, most of whom are still alive, though some have died. Then he was seen by James and later by all the apostles.”

This part talks about Jesus Christ, and His death and resurrection.
It all happened as written in the Bible, which was planned by God.
We all heard this Good News. And we believed this because God came to us.

■Jesus’ Resurrection and Our Resurrection
Let’s move on and think about Jesus’ resurrection and our resurrection.
Resurrection was such a Good News, but still there were people in the Corinthian church who didn’t believe it.
In verse12, it is written, “But tell me this—since we preach that Christ rose from the dead, why are some of you saying there will be no resurrection of the dead?”
Why did they start saying so?
I believe there were three types of misconception about the resurrection among them.
The first one was this: “There is no way that a buried dead body could come alive again!”
Maybe they thought it was like an Egyptian mummy.
Or maybe they pictured some zombies.
It is natural to think, “I neither want to see rotten bodies come alive nor be one!”
They didn’t know what resurrection was really like.
So what was it like? I will talk about this later.
Now, the second misconception about resurrection was this: “If you die, your spirit may come alive again, but not your body!”
This is based on Greek ideas.
We cannot see spirits. If heaven consisted of invisible spirits, it would be kind of strange. If no one could see it, we wouldn’t know if it exists or not. We wouldn’t be able to imagine what it is like.
Resurrection and many invisible spirits floating in the air are totally different things.
Paul mentioned the resurrected bodies.
The third misconception about resurrection is that you cannot take your memory or your personality to heaven, which means Heaven and earth are disconnected.
Resurrection would not mean anything if Heaven and earth were disconnected.
Resurrection would not mean anything if all the great blessings you received on earth would disappear when you pass away.
I believe that the people at the Corinthian church who didn’t believe in resurrection had these three misunderstandings.

■The Resurrected Bodies
Now, let’s think about the third point in today’s message.
It is about the resurrected bodies.
When we think about God, human, and history, we always need to focus on one thing.
It is Jesus Christ.
When you focus on Him, we will start to see God, human, and history clearly.
Jesus is the key to everything.
We can say the same about resurrection. If you want to know about it, you need to focus on Jesus.
Jesus was resurrected.
He was resurrected as the first “crop.”
And we will be resurrected like Jesus.
We may have to walk a journey of love, sufferings, and sadness like He did. But after that, there waits the true life.
I talked about three misunderstandings about resurrection. We now know what it really is.
Resurrection is not about your dead body coming out of the grave.
Jesus was the same.
His body was gone, but His spirit went into His spiritual body.
Spiritual body is a body, so His disciples knew it was Jesus that they saw.
But Jesus’ resurrected body was beyond time and space.
This is why He could show up in a closed room.
I heard someone say, “I hope I can be more beautiful when I’m resurrected!” But there will be different sense of value in Heaven. I think you will be brilliant with new refreshed life.
When a seed is buried in the ground, it seems as if it died. But that’s not true.
It will sprout, grow, and become a crop.
The seed, sprout, and crop are one life. They are connected.
The same goes with our lives. Our life here on earth will end someday and a new life in Heaven will begin. Life here and life in Heaven are connected.
What you grew here, what you cherished, and your great characteristics will not disappear.
In the last verse of this chapter, which we did not read today, Paul said,
“So, my dear brothers and sisters, be strong and immovable. Always work enthusiastically for the Lord, for you know that nothing you do for the Lord is ever useless.”
What you do on earth and your growth here on earth means something and will mean something in Heaven.

■Lastly…
If it had not been for resurrection, sins and death would be the goals of our life.
That would make us live in vain.

However, everything has changed since Jesus’ resurrection.
He was the first “crop.”
Don’t you feel grateful that He was resurrected?
Jesus’ life shows what we will go through in the future.
We will gain victory in the end.
You may have experienced love and sufferings. And you will experience death, too. But after death, resurrection is waiting.
Let’s pray.




主の平和






最終更新日  2017.05.20 21:31:58
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.