049408 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

棚からぼたもち

PR

Profile


opas10

Calendar

Archives

2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10

Category

Comments

ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
やるでぇSGtaka@ Re:自民党再生を阻むのは?(09/21) 21日:・・・こんばんは、ご挨拶に来ま…

Keyword Search

▼キーワード検索

2012.01.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
90年代後半にアジアを襲った通貨危機や、

00年代前半のITバブル崩壊による経済危機は、

いわいる規制緩和、グローバリゼーションによる

資本と商品の流通の地球規模での自由化によって乗り切った、

というのが定説になっています。

途上国は新興市場になり、ローコストな労働力を提供する工場となり、

先進国は金融工学と銘打ったピンハネに励みました。

その幻想というかバケの皮がはがれたのがリーマンショックです。

アメリカ共和党の、向こう見ずな市場第一主義が

世界経済とモラルを破壊したなれの果てだったのです。

本来であればそこで、

市場は万能でないことに気がついてG20の枠組みで、

根本的な対策を打つべきだったのかもしれません。

しかし、つかの間の好景気をもたらしたものが

すべて規制緩和のおかげであり、

市場介入は社会主義である、

という事実誤認がまかり通ったために

現在のような世界恐慌一歩手前の状態にいるのではないかと思うのです。

ハイエクの理論「市場は万能である」というのは完全な間違いですし、

その一方でケインズの理論「公共投資による乗数効果」も

正しいわけではありません(日本が好例)。


しかし、現在の局面では、

介入と調整、国際協調を旨とするケインジアンの方が

止血効果は高いように思えてなりません。

ある程度の体力が回復しなければ、

市場万能主義だけを振りかざすのは

危険と言わざるおえないでしょう。






Last updated  2012.01.08 15:29:52
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.