OpenGolf

トレーニング

2003/07/31
>筋肉を鍛えて、いろいろな器具、および従来のバーベルとか触りました。ある筋肉は伸ばすのが得意、引っ張るのが得意のそれぞれの個性が有るみたいです。
@筋肉を鍛えてスポーツをするというのは、プロスポーツマンなら当たり前の事なのですが、一般アマチュアの方は中々そのような考え方をしてくれなくて困る事が多いです。何かファミコンみたいにテクニックを覚えれば高得点を取れるみたいな勘違いをしている人は、太郎のパパさんのようにジム等で汗を流す事によって今まで出来なかったスイングが楽にできるようになるものです。パパさん、ウェートトレーニングでしょうけどオーバートレーニングは気をつけてね。1週に1部位をハードにやること。月曜に胸をやったら次の月曜までは脚とか背中とかをやるということです。特にゴルフでは脚のトレーニングを重点的にしてください。バーベルフルスクワットは最高です!

2003/07/31
>足は、腰を痛めそうになったのでレッグプレス(腰掛けて斜め上に足の裏で加重を押し上げる機械)にしています。しかしこの機械では足は鍛えられてもお尻の筋肉は付かないみたいです。
@斜め上に押し上げるレッグプレスマシンは好きです。腰にやさしいしね。できるだけ膝が曲がるまで下げてから押し上げればある程度大臀筋にも効くはずです。
>覚悟を決めてバーベルフルスクワットに挑戦します
@そうねえ、ハードだけど見返りも大きいのはこの種目ですよ!肩が開いちゃう人は脚が弱ってるからなんじゃない?

2003/08/03
@おっしゃる通りです。ただ筋繊維を肥大させる(鍛える)為には「漸進性」の考えも必要になってくるので、自体重で物足りなくなったら軽いウエイトで・・また物足りなくなったらもう少しウエイトアップ、セットもアップ、なんて風に進めていくのが理想といえば理想です。

2003/08/04
@当方、武道の心得はないのでウエートでの鍛錬しかわかりません。時にはウエートを使わずの鍛錬も良いのではと思う今日この頃です。

2003/08/05
@丈夫な体は何歳からでも作れます。頑張りましょう! 
>本来鍛え難いインナーマッスルでは有るが、肩周りのインナーマッスル(カフ、ローテーター)は、トレーニングが可能な箇所、、、、、、、ふむ、(☆。☆)
という事で、希望がわいてきました。
@当方、インナーマッスルは意識して鍛えたことありません。せいぜい速筋と遅筋を高重量と低重量で刺激したくらいです。これはトレーナーに指導して貰ってください。ちなみに筑波大の某教授のやってるとこチラッとみたら、指2~3本で動くくらいのカルーい重さでしたよ。 

2003/08/30
>昨日終日釣りでボート操作してたら..尻の筋肉が猛烈に痛し(^^;ドライバーの調子が良い時もこんなだった様な..(変です?(^^;)
@尻とか脚の筋肉痛になるような習慣はゴルフにとても役立ちます。

2003/09/02
>スクワットは"ふつーの"しか知りません(^^;凄そうだなぁ。
@教えましょう。ただしウェイトを使わないと出来ないよ。プリイグゾーストというやり方です。スクワットもしくはレッグプレスは脚の各部位に効きますが特には大腿四頭筋に誰もが効かせたいはず。ところが二頭筋が先に疲労すると充分な刺激が行く前にセット終了になり中途半端になります。それを防ぐために四頭筋だけを二頭筋を使わない種目で疲労させておくのです。スクワットの前にレッグエクステンションで限界まで・・終了後間髪入れず10秒以内にスクワット開始。これも限界まで。もう1セットで脚パンパン膝ガクガクです。お試しあれ!

2003/09/04
>んが!近年は週2,3回の練習で、前にお話しました自重を使う補強+基礎練+スパーでおやじはヘロヘロです(笑)
@信じられないでしょうが他のスポーツをやりながら昔ながらのやり方でトレーニングすると(自重でもウェイトでも)一発でオーバートレーニングに陥り、筋肥大の妨げになってしまうのです。そこでウェイトを使ったスーパーセットにより1セット(3分くらい)で追い込んで終了させるのが科学的方法です。3分で高強度の刺激の方が2時間30セットより発達するって信じられないでしょ!

2003/09/05
>いやそれにしても..凄い練習ですね!
@恐れ入ります。また太ももが巨大化している模様です(笑)来春までヒマなのでボディビルダー的な体にしてしまおうと思っております。

2003/09/05
@スーパーセットを高強度で行うことに成功したら絶対に翌日にトレーニングしてはいけません。ちゃんと高強度が前提だけんど、週2回が一番発達します。

2003/11/27
>質問ですが「逆パワーメソッド」に背筋が重要なのは判りましたが、他に鍛えるたほうが良い筋肉はあるのでしょうか?
@結論としては全身です。1つの筋肉を鍛えると連鎖して他の筋肉にも影響が生じるように個々の筋肉も一つながりと考えるのが正解です。もし永遠に一箇所しかしないのなら脚でしょう。 
>うーん、全身ですか(^^; ....。
楽をしようと思ったのですが、甘くないですね。
@甘くはないが、鍛えこむと他に良いことがたくさんあるから若いうちに始めるとよし。

2003/11/28
>スクワットは腰痛にならないんですよね、足腰を鍛えられそうで手軽だし、始めます。
@自重ではまず大丈夫ですが、バーベルスクワットの場合、フォームが悪いとその時点で腰を痛めます。気をつけてやってください。
2004/12/20
>プロ様がよく言われる、身体の鍛練!の大切さ、痛感いたしました。
@よっしゃよく言った!レッスンプロに言われたことが出来ない場合、センスが無いケースよりアスリートの体で無いケースの方が圧倒的に多いのである。断言!

2004/1/15
>*と簡単におっしゃりますが、これがどんなに難しい事か(^_^;)、、、
@そうなのである。なぜ難しいかと言うと、その動きに使う筋肉が整備されてなかったりするからです。道具として使う筋肉がなかったら困るよね。
2004/1/23
>..でいきなりベンチですか(!!;何気におっしゃいますがこの意識と行動の差が凄い(--;
@体調が悪い時は絶対やらないほうがいいが、治れば即刻実施です。一応これもわたすには仕事なのだす。今日はスクワットね。
>曲がろうとする左肘を伸ばす筋肉?筋?にも効きそうです。ん!?
@そうねつながってるからね。でも上腕二頭筋や三頭筋も鍛えたほうが良いのは言うまでもありません。まあがんばんなさい。
2004/06/09
>スポーツ系はチーティングも使って早く動かすトレも必要だと最近小耳に挟みました。やはりゴルフ用のメニューというのもあるのでしょうか?
@ストリクトが基本だが、パートナーが居ない時に1人で追い込むのにはチーティングは時には必要ですね。ただ間違っていけないのはストリクトで限界までやってからでないと意味ないってことです。

>一般的なプロゴルファーのトレーニング内容などを教えて頂けたら幸いです。
@特にプロゴルファーだからどうのってのはないよ。俺的にはね。なんでトレーニングで強靭な体を作って置かなければいけないか実感ないでしょ?1週間毎日ラウンドしてご覧、わかるから(笑)

2004/08/29
>筋トレの効果は以外にもラウンドで実感し、後半の上がり3ホールの大ミス(特に小技等に対する集中力UP)が激減しました、ただスイングに対する効果は???まだまだです(涙)
@筋トレ大変結構ですね。ウェートトレーニングのストレスはかなりのものです。そしてショットの際のストレスも相当なものですが、つまるところストレスに打ち勝って練習の成果を出せるかっていう勝負なので、手っ取り早く尋常でないストレスを得られるウェートトレーニングは多くのゴルファーに推薦できるものだと思います。

2004/08/31
>ウエイトトレ-ニングには、そういった、効果もあったのですか・・・!?
考えてもみませんでした。。
@左様、例えばサラリーマンでうつ病になる人が最近増えているが、原因は大抵人間関係であろう。けっこうなストレスだと思うがウェートで完璧にオールアウトするストレスの比ではない。ウェートでオールアウトできる者にうつ病はない。よくストレスの質が違うと言う者がいるが仮に違ったとしてもそれを乗り越えてカバーしてくれるのである。

>最近、肉体的にも(精神的にも・・・、)、オールアウト迄追い込む様な事はしてません。
歯を食い縛っても「うぅ~ッ!!」と、声が出てしまう位、やりたいような・・・。やりたくないような・・・。
@疲れている時にオールアウトを目指さないほうがいいよ。実際オールアウトもどきになるしオーバートレーニングを引き起こすよ。心身充実してない時はやらないか7割の強度が良し。

2005/01/27
>それに…、気付いてしまったのですが、汗。腿の後ろ側、かなり使いますですよね。
@ハムストリングス(大腿二頭筋)にまで気を配れれば最高だな。大した書き込みをしたな。
拙者は下半身のトレーニングには大腿二頭筋に対するレッグカールは絶対にはずさないよ。





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.