000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

KUROうさぎの『コンサートを聴いて』

2012.09.16
XML
カテゴリ:オーケストラ
中部フィル・気軽にコンサート20120916
鑑賞日:2012年9月16日(日)14:00開演
入場料:¥1,000 自由席

【主 催】小牧市・小牧市教育委員会

クラシック鑑賞講座・気軽にクラシック
中部フィルによる名曲コンサート

会場:小牧市東部市民センター


出演:
指揮:宮松 重紀
トランペット:岩渕 重紀
管弦楽:中部フィルハーモニー交響楽団

曲目:
モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」序曲
ハイドン   トランペット協奏曲 変ホ長調
<アンコール>
この素晴らしき世界 What a Wonderful World

~休憩~

ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」ハ短調
<アンコール>
ベートーヴェン 交響曲第7番1楽章(一部)から第4番4楽章(一部) 

感想:
 市の広報で知った中部フィルのコンサートを聞きに市内の東部市民センターへ巡回バスに乗って出かけた。
 本公演は本日指揮者の宮松重紀が講師として行われた「指揮者から楽しく学ぶ、古典派三巨匠ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェンの魅力!」の市民講座の4回目としてオーケストラコンサートが行われたもの。

 そのため宮松重紀自身が曲紹介や演奏者紹介を行い進められた。
 1曲目「フィガロの結婚」序曲は軽快に演奏され、これからの演奏に期待を持たせる。
 2曲目ハイドンは「トランペット協奏曲」。ソリスト岩渕重紀は若手だがなかなか上手い。ズーラシアアンサンブルのメンバーとのこと。アンコールはクラシック演奏会では珍しい「What a Wonderful World」、若い元気な演奏で、バックの管弦楽含め良かった。

 休憩挟んで「運命」。軽めのテンポだが各主題がはっきりと聴こえる演奏。弦低音、管楽器は少しバラツキが聴こえるが、バイオリンは美しい音を聞かせ、市民講座らしい演奏だったか。

 アンコールは同じベートーヴェンの交響曲第7番1楽章冒頭から木管部分で上手くつないで第4番4楽章のラストを演奏。のだめカンタービレで有名になった旋律も聞けて楽しめた。これは指揮者のセンスでしょう。

 2時間これだけ楽しめて入場料¥1,000はお得。市主催のためでしょうが、観客が600人のホールで約半数なのは残念。駅など公共機関でポスター等は見かけず、もう少しPRをしてはいかがでしょうか。

End







最終更新日  2012.09.16 23:13:41
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

プロフィール


KUROうさぎ

バックナンバー

お気に入りブログ

6/19 ドミンゴ&ゲオ… Verdiさんさん

たくHAUSES taqkさん
ちまちま草子 northern-bさん

コメント新着

KUROうさぎ@ Re[1]:名古屋の喫茶店で素晴らしいコンサート(05/19)  ぴょんきちさん。コメントありがとうご…
northern-b@ Re:名古屋の喫茶店で素晴らしいコンサート(05/19) それは素敵な体験でしたね。そのスペース…
KUROうさぎ@ Re[1]:ポルタメント小牧は無料でも楽しめる(06/26) northern-bさん  コメントありがとうご…
northern-b@ Re:ポルタメント小牧は無料でも楽しめる(06/26) お引越されたのですか・・・かなフィル・石田…
KUROうさぎ@ Re[1]:オペラ公演次々中止、合唱練習も場所が無く(03/20) Verdiさん  コメントありがとうございま…

© Rakuten Group, Inc.