234374 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

KUROうさぎの『コンサートを聴いて』

2019.04.07
XML
カテゴリ:オペラ
​​
鑑賞日:2019年4月7日(日)15:00開演
入場料:7,700円(D席4階R3列)

【主催】東京・春・音楽祭実行委員会

東京春祭ワーグナー・シリーズvol.10
楽劇「さまよえるオランダ人」
R.ワーグナー作曲
演奏会形式
全2幕(ドイツ語上演/日本語字幕付)
会場:東京文化会館大ホール

指 揮 :ダーヴィト・アフカム
管弦楽 :NHK交響楽団
コンサートマスター:ライナー・キュッヘル
合 唱 :東京オペラシンガーズ
合唱指揮:トーマス・ラング
合唱指揮:宮松 重紀
アシスタント・コンダクター:パオロ・ブレッサン
映 像 :中野 一幸

出演:
オランダ人:ブリン・ターフェル
ダーラント:アイン・アンガー→イェンス=エリック・オースボー
ゼンタ  :リカルダ・メルベート
エリック :ペーター・ザイフェルト
マリー  :アウラ・ ツワロフスカ
舵 手  :コスミン・イフリム


感想:
 東京・春・音楽祭のワーグナーシリーズは10回目を迎え、ワーグナー初期の「さまよえるオランダ人」の公演とのことで、春晴天下の桜見物ですごい人出の上野まで出掛けた。

 3幕ものだが、今回は1幕と2幕の間に30分の休憩が入り、2,3幕は間を開けずに続けて演奏。そのため2幕のオランダ人とゼンダの出会いから、3幕の最後の救済まで音楽が途切れず、盛り上げていく効果あり。管弦楽は、コンサートマスターに合わせ大音量で聴かせる。
 合唱は1幕男声のみだが、通常のタキシード姿が30人強、上が黒シャツ姿が30人弱。タキシード側がダーラントの船員、黒シャツ側が幽霊船側と歌い分けている。2幕最初は約30人女声のみで糸紡ぎの合唱、途中に男声が加わり混声となり、最後はオーケストラと共に大迫力の演奏に。新国立劇場では幽霊船の男声合唱は録音が使われていたが、今回は演奏会形式で100人超える大合唱で東京オペラシンガーズのレベルの高さを再認識した。

 歌手では、皆さん素晴らしく、その中でも、タイトルロールのブリン・ターフェル、変更になったダーラント役イェンス=エリック・オースボー、エリック役ペーター・ザイフェルトが良かった。ゼンタ役リカルダ・メルベートはビブラートの多い歌声で最初は音程が不明瞭気味だったが、2幕途中のオランダ人との2重唱から良くなって、最後は素晴らしかった。
 
 映像の方は、1幕船、2幕ダーラント家の居間、3幕は港と船を絵画的に映写しているが、音楽を邪魔することなく良かった。

 客席は今年も満席。第1幕ほとんど寝ていた隣のオジサンが、カーテンコールでブラボウの大声に閉口。ワーグナー作品にこの手の観客が多い気がする

 来年の東京・春・音楽祭はワーグナー楽劇10作品中で唯一未公演の「トリスタンとイゾルデ」が予定されており、今から楽しみ。

End
​​






最終更新日  2019.04.09 22:28:20
コメント(0) | コメントを書く

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

プロフィール


KUROうさぎ

バックナンバー

お気に入りブログ

ラ・フォル・ジュル… Verdiさんさん
たくHAUSES taqkさん
ちまちま草子 northern-bさん

コメント新着

KUROうさぎ@ Re[1]:名古屋の喫茶店で素晴らしいコンサート(05/19)  ぴょんきちさん。コメントありがとうご…
northern-b@ Re:名古屋の喫茶店で素晴らしいコンサート(05/19) それは素敵な体験でしたね。そのスペース…
KUROうさぎ@ Re[1]:ポルタメント小牧は無料でも楽しめる(06/26) northern-bさん  コメントありがとうご…
northern-b@ Re:ポルタメント小牧は無料でも楽しめる(06/26) お引越されたのですか・・・かなフィル・石田…
KUROうさぎ@ Re[1]:オペラ公演次々中止、合唱練習も場所が無く(03/20) Verdiさん  コメントありがとうございま…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.