238107 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

KUROうさぎの『コンサートを聴いて』

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

カテゴリ未分類

2014.04.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ウェルテル-MET2014
鑑賞日:2014年04月13日(日)10:00開演
入場料:¥3,500 E列

【制作・配給】松竹(株)

METライブ・ビューイング2013-14
マスネ作曲
歌劇「ウェルテル」

(全4幕、フランス語上演/日本語字幕付)
会場:名古屋ミッドランドスクエアシネマ
(MET上演日:2014年3月15日)

指 揮:アラン・アルタノグル
演 出:リチャード・エア
美 術:ロブ・ハウエル
照 明:ピーター・マムフォード
映 像:ウェンダル・ハリングトン
振 付:サラ・エルデ
管弦楽:メトロポリタン歌劇場管弦楽団


出演:
ウェルテル:ヨナス・カウフマン
シャルロット:ソフィー・コッシュ
ソフィー:リゼット・オロペーサ
アルベール:デイヴィッド・ビズィッチ
大法官:ジョナサン・サマーズ
ナレーター:パトリシア・ラセット


感想:
 単身赴任先での休日、METライブビューイング公演中のタイトルロールがカウフマンとのことで、春の曇り空まだ花粉が舞う中、名古屋駅側のミッドランドスクエアまで出掛けた。

 客席は7割程度の入りで、圧倒的に女性が多いのはカウフマン人気か。
 ラセットのナレーションの後、前奏曲から木々が動く森の映像が流れ、その後ろで母親の死、お葬式の演技があって紗幕が上がり大法官が子供たちにクリスマスの歌を教える場面へ。
 今回の演出はマスネが作曲した19世紀後半の時代設定で、原作通りの人物設定で違和感なし。1,2幕と3,4幕は連続で演奏されたが、1-2幕間は照明と映像を使い、間奏曲間に森の中の大法官の家から牧師の金婚式祝の舞踏会となり、紗幕が上がると教会前の広場に瞬間で変わるのは鮮やか。休憩後の3幕間奏曲は幕のスクリーンに手書きの文字が流れる映像で、手紙の場面に。3-4幕間はウェルテルの部屋が舞台の上部後ろから現れ、舞台へ近づいて来る中でウェルテルへピストルが届けられ自殺する場面へとつながる。幕間で音楽が全く途切れず、その中で場面を追加しているところは演出家が演劇界のためでしょう。
 但し、3幕のシャルロット「手紙の場」とウェルテル「春風よ、何故に私を目覚めさせるのか?」だけは音楽を止めて、客席の拍手とブラボーの声が入る。
 ただ4幕ラスト付近の演出はいささか拡大解釈の追加演技が見られ蛇足感あり。

 歌手は、全員素晴らしい。タイトルロールのカウフマンは、バリトン並みの中域から重みのある歌声のままで高音に持っていく所は、苦悩する役柄にピッタリ。明るいテノールの声では苦悩が軽くなってしまう。本役は、パリ、ウィーンでも歌っているようで、演技含め素晴らしい。
 相手役のソフィー・コッシュもお得意の役らしく、MET初演とは思えない落ち着きある演技と歌声で苦闘するシャルロットを演じていた。
 リゼット・オロペーサは、今シーズンMET「ファルスタッフ」のナンネッタ役で若々しい容姿と歌声で良かったが、今回の妹ソフィー役も明るい性格とウェルテルへの密かな思いが表現され、今後METの主役になって行くでしょう。

 休憩時間のインタビューで、次作「ラ・ボエーム」の紹介で音楽稽古「わたしはミミ」のアリアが入り、アニータ・ハーティックの美しい容姿と歌声が流れた。定番ゼフィレッリの演出に若手歌手とのことで、その若手歌手のPRだったのでしょうが、なんとミミ役が変更になったようで。
 映画やドラマと違って別な公演日に撮影する訳には行かないようで、ハーティックは大きな飛躍のチャンスを逃したことになるでしょう。

 今シーズン観た「オネーギン」や「ファルスタッフ」同様に、まるで映画の様に詳細な演技や表情、舞台装置、映像など進化しており、出演者は歌声は無論のこと、役柄に合った容姿、スタイルまで求められて来るようになるのでしょうね。


End






最終更新日  2014.04.13 20:23:47
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
名古屋ブラームスリング
鑑賞日:2012年9月2日(日)13:30開演
入場料:¥1,500 (自由席)

【主催】名古屋ブラームスリングシンフォニカ

名古屋ブラームスリングシンフォニカ第3回演奏会
会場:愛知県芸術劇場コンサートホール


出演
指揮:山上純司
ヴァイオリン:木野雅之
合唱:四日市シンフォニックコーラス
   カンタービレくわな
管弦楽:名古屋ブラームスリングシンフォニカ

曲目
~オール・ブラームス・プログラム~
運命の女神の歌
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
交響曲第3番 ヘ長調


感想
 週末愛知で過ごすことになり、ブラームス専門のアマチュアオケの演奏会を見つけ、残暑の中サカエ地下街の味噌カツ丼で腹ごしらえをして、愛知県芸術劇場へ。

 管は標準の2管編成だが弦は14-12-10-10-6と多め。1曲目「運命の女神の歌」は2階席から合唱が入るのだが、アマチュアコンサートでは良い所をだけを聴くようにしているので、コメントは省略。
 2曲目は日フィルのソロコンマス木野雅之が入ってのヴァイオリン協奏曲。ヴァイオリンソロは流石に素晴らしく技巧も完璧。オケもソロに合わせバランス良く、出すところは出してブラームスの音楽を感じる。フルートやオーボエソロもヴァイオリンソロにぴったり合わせ上手い。これを聞けただけでチケット代の元は取れた気分に。

 休憩を挟んで、3曲目は交響曲第3番。各楽章とも主題が強調され良く聞こえる。有名な第3楽章のテーマは各楽器に上手く受け継がれ重なり聞こえてくる。弱音部でバラツキはあるものの、ここまでブラームスの音楽が表現出来れば大したもの。

 最近出来たアマチュアオケは上手い若手メンバーが集まった所が多く楽しめる。このオケも2009年が第1回演奏会でブラームス交響曲を2番→1番→3番と進めて来たようなので次回は4番か?また機会があれば聞きに行きたい。


End








最終更新日  2012.09.02 22:21:06
コメント(0) | コメントを書く
2012.01.14
カテゴリ:カテゴリ未分類

鑑賞日:2012年1月14日(土)10:00開演
入場料:¥3,500 F列

【配給】松竹


METライブビューイング2011-2012
グノー作曲
歌劇「ファウスト」

(フランス語/字幕付/全5幕)
会場:ミッドランドスクエアシネマ・スクリーン3

指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
演出:デス・マッカナフ
合唱:メトロポリタン歌劇場合唱団
管弦楽:メトロポリタン歌劇場管弦楽団

出演:
ファウスト:ヨナス・カウフマン
メフィストテレス:ルネ・パーペ
マルグリット:マリーナ・ポプラフスカヤ
ヴァレンティン:ラッセル・ブローン
シーベル:ミシェル・ロズィエ
解説・インタビュアー:ジョイス・ディドナート

(MET上演日 2011年12月10日)

感想:
 METライブビューイングは最初の頃に歌舞伎座で行われた「魔笛」以来、観る機会が無かったのだが名古屋で過ごす今週末に丁度上演があり、カウフマンがタイトルロールなので、朝から名古屋駅側の映画館ミッドランドスクエアシネマへ出掛けた。
 このビルは2007年新しく建てられ、47階中5階までが商業施設でルイ・ヴィトン、ディオール、カルティエ等の高級ブランドやトヨタの事務所が入っており、その5階に映画館がある。

 映画館の対応も行き届いており、両隣が空いている席を取ってくれた。観客は少ないだろうと予想したが130定員のスクリーンに60~70人はおり、女性客が多いのはカウフマン目当てか。
 最新の劇場なので座席はゆったりとしており、荷物掛けやドリンクホルダもあり快適。オペラ劇場の何時もの安い席では、前の観客が乗り出すと舞台が半分見えなく不愉快な気分になるのだが、大きなスクリーンで字幕も直ぐ下に表示され座り心地の良い座席でゆったりと観られる。
 音響も歪むことなく、自宅のTVで観るよりはるかに臨場感を感じられ、途中ホール内が明るくなって休憩が2回入るが、スクリーンにはMETの観客席が映り休憩終了までの時間も表示され、カーテンコールもあり、正にMETに居るように思わせる。

 いつものMETライブビューイング同様に冒頭に作品紹介があり、途中にインタビューも入る。
 今回の演出は2つの世界大戦の間の時期で、ファウスト博士は原爆研究者との設定。途中で白衣を着た研究者達が舞台設定したり、合唱で登場したりするが、意味不明。そのためかカーテンコールでは、演出家のみブーイングが出ていた。
 主役3人の歌は流石。カウフマンは好調で、去年のローエングリーンでぜひ生の声を聞きたかった。ただ途中のインタビューで、イタリア語、ドイツ語、スペイン語圏で上映される話しは出てきたが、日本他アジアのことは一言も出てこず眼中にはないのでしょう。
 ルネ・パーペもメフィストテレス役10回目とのことで、落ち着いた深見のある悪魔だった。
 マルグリット役マリーナ・ポプラフスカヤは、声は素晴らしいのだが、エラの張った顔が最後まで気になってしまった(個人的な趣味でスミマセン)。

 ライブビューイングは、よりルックスが重要なようで、この後はネトレプコのマノン、デセイの椿姫が予定されている。


End






最終更新日  2012.01.16 00:26:44
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.12
カテゴリ:カテゴリ未分類

鑑賞日:2011年11月12日(土)18:00開演
入場料:¥2,500 2階(L列)

【主催】宗次ホール

第2回 四季の日コンサート
会場:宗次ホール


出演:大谷 康子
   四季の日ストリングス


曲目:
モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジークより
 第1楽章
アラード:椿姫ファンタジーより
 乾杯の歌
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集
「 和声と創意への試み」作品8より「四季」

~アンコール~
モンティ:チャルダッシュ

感想:
 愛知で過ごすことになった週末、何か良いコンサートは無いかと当日朝に探し始め大谷康子の名前に目が止まり、演目はヴィヴァルディ「四季」なのでホールに電話し当日券ありとのことで、栄の宗次ホールまで秋晴れの中出かけた。

 宗次(むねつぐ)ホールはカレーハウスCoCo壱番屋の創業者である宗次徳次氏が名古屋の中心地「栄」でいつでもクラシック音楽を気軽に聴けるようにと2007年3月に建てた、全310席のクラシック音楽専用のコンサートホール。
 HPのコンサートカレンダーにあるように、ほぼ毎日クラシックの演奏会が開かれている。
 平日夜だけでなく、ランチタイムやティータイムコンサートがあるのも映画と同じように気軽に聴いてとのホール側の考えなのでしょう。

 ホールは床が石造り、壁や天井は白のコンクリートで良く響く設計。舞台は低く客席と一体感がある。また座席がゆったりと座りやすく、前との幅も十分にあり座ったままで前を通ることが可能。2階席の手すり上部はガラス張りで舞台が良く見える。ホール入口の扉付近には、「ご自由にお使い下さい」と毛布が置かれていたりと、観客の気持ちが良く考えられたホールで居心地が大変良い。

 開演のブザーと伴に四季の日ストリングスのメンバーが登場。Vn6人、Va2人、Vc2人、Cbs1名、チェンバロ1人の編成で名フィル、中部フィルの他、音大大学院生も入っている。
 続いて大谷康子が登場し、直ぐにナハトムジークが演奏される。大変澄んだ心地よい響き。
大谷康子のMCが入り2曲目は椿姫ファンタジーより「乾杯の歌」。池辺晋一郎アレンジとのこと。ダイナミックが大きく面白い編曲。
 大谷康子は名古屋出身で宗次徳次氏とも知り合い、何度か宗次ホールで演奏したとのこと。

 そして3曲目はメインの「四季」。今度は舞台中央に譜面台が置かれ、大谷康子が立ったままの演奏で全体を引っ張る。早弾きは流石。曲毎の強弱も有り、表現豊かな演奏になった。
 拍手は鳴り止まず、アンコールが始まったが、大谷康子は登場せずこのままストリングスメンバーで演奏かと思った所で客席後の扉から演奏しながら登場。客席中にグァルネリの美音が響く。そして早弾きのところで舞台へ。客席を楽しませる演出はベテラン心得たもの。

 本日のコンサート名の「四季の日」とは宗次徳次氏の結婚記念日で妻との交際時にヴィヴァルディ「四季」を良く聞きぞのレコードをプレゼントしたことから日本記念日協会に申請し昨年認定されたとのことで、今年がその2回目に当たるとのこと。まあどうでも良いのだがこのように聴き心地の良いホールで素晴らしい演奏を手頃な料金で聞けるのは嬉しい訳で。

 名古屋に素敵なクラシックホールを見つけ、また機会があれば是非訪れたい。

 
End






最終更新日  2011.11.13 20:29:24
コメント(0) | コメントを書く
2011.05.08
カテゴリ:カテゴリ未分類

震災の影響で当初スケジュールを大幅に変更し開催されたLFJ2011が終了。
早々に公式結果発表が出たので、これまでの比較表に追加。









期間テーマ来場者数
フォーラム
全体
チケット
販売数
有料/無料
公演数
2005年
第1回
4/29
-5/1
ベートーヴェン
と仲間たち
306千人
324千人
109千枚120/209
2006年
第2回
5/3
-5/6
モーツァルトと
仲間たち
490千人
695千人
160千枚145/377
2007年
第3回
5/2
-5/6
民族の
ハーモニー
660千人
1,060千人
200千枚181/473
2008年
第4回
5/2
-5/6
シューベルトと
ウィーン
640千人
1,004千人
182千枚221/529
2009年
第5回
5/3
-5/5
バッハと
ヨーロッパ
411千人
711千人
137千枚168/419
2010年
第6回
5/2
-5/4
ショパンの
宇宙
420千人
808千人
141千枚175/358
2011年
第7回
5/3
-5/5
とどけ!音楽の力
広がれ!音楽の輪
タイタンたち
146千人
・・・・人
45千枚90/175


 来場者数は今回東京国際フォーラム館内分しか掲載されていないが、5/3に参加した印象通りに昨年の1/3の結果。有料公演数が半分だが、有料チケット販売数が1/3以下で、5,000人収容のホールAが使えなかった影響がそのまま出ている。

 地下展示場での企業ブースやグッズ売り場もなく、有料コンサートでの1枚もののプログラムも無し。また生放送は5/4NHK-FMのみでTV録画も無かったようで。

 規模縮小で少々寂しい印象も受けたが、直前の余震や福島原発レベル7引き上げの混乱の中で開催は、主催関係者は寝る暇無く、さぞ大変だったと想像される。
 当初予定コンサート中止分の払い戻しの手数料対応で不満も出ているようだが、特定記録郵便で送り郵便振替での支払いと手間がかかるが手数料含んだ返金手段を設けたことも評価したい。

 とにもかくにも来年も続くとのことで、公式ブログではルネ・マルタンから「ロシアをテーマ」との話しも出たようで。チャイコ、ラフマニノフ、プロコフィエフの協奏曲やロシア5人組もいるし楽しみだ。
 ただ合唱関係となるとロシア民謡やダッタン人、森の歌程度しか思い浮かばず、はたしてコルボ&ローザンヌは来るのか?ボーチェス8は?
 またあれこれ思い浮かべて楽しんで待ちたい。


End






最終更新日  2011.05.08 20:20:11
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.29
カテゴリ:カテゴリ未分類


 先週の神奈川県民ホール「アイーダ」、新国立劇場「マノン・レスコー」に引き続き、東京・春・音楽祭「ローエングリン」も中止のメールが届いた。
 指揮者、ソリストが海外メンバーのため、福島原発騒動で来日出来ないのが主な理由。自国の優秀な人材は危険な地域へ行かせないよう、ストップが掛かるのでしょう。

 東京・春・音楽祭は中止にせず、HPには「主催者にとってなすべきことは、音楽芸術が持つ力を信じ、演奏会を開催し、ひとりでも多くの方々に、生きることの喜びを、蘇らせることではないかと考えます。」との鈴木幸一実行委員長(IIJ社長)のメッセージが表示される。

 4/2マーラー「大地の歌」公演は中止し、代わりに読売日本交響楽団特別演奏会が被災者支援チャリティーで開かれる予定で、当初チケットそのままで入場出来る。このような急な変更は対応が大変だったろうが、主催者側の強い意志、リーダーシップを感じる。
 ぜひ「ローエングリン」も日本人のカバーキャストで一部で良いので公演してもらえれば、差額はチャリティーと考え喜んで聴きに行くのだが。

 新国立劇場「ばらの騎士」も公演が危ぶまれぜひ同様に開催をお願いしたいが、これまで通りのお役所的な仕事では・・・。


 地元合唱団の方は利用施設の方針が変わり、前日に計画停電中止が決まれば利用出来るようになり3/26土曜日は練習が出来たが、4/2利用予定の別施設は10月末まで全て夜間休館に決定。両施設は500mも離れていないのに、どうしてこうも違ってくるのか?
 休止中の火力発電所が順次立ち上がり、電力事情は日々改善されて来るので、公共施設はただ休館にするのではなく、現実的、臨機応変な対応を!
 電力は余ってもほとんど貯めておけないのだが。


End






最終更新日  2011.03.29 22:37:37
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
鑑賞日:2011年3月5日(土)15:00開演
入場料:¥2,000 5階(2列)

【主催】(財)日本オペラ振興会・(社)日本演奏連盟

2011都民芸術フェスティバル参加公演
藤原歌劇団公演
ドニゼッティ作曲 
歌劇「ルチア」

(イタリア語/字幕付)


公演監督:岡山廣幸
指 揮:園田隆一郎
演 出:岩田達宗
合 唱:藤原歌劇団合唱部
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

出 演 
ルチア:佐藤美枝子
エドガルド:村上敏明
エンリーコ:谷 友博
ライモンド:彭 康亮
アルトゥーロ:川久保博史
アリーサ:牧野真由美
ノルマンノ:所谷直生

感 想
 久々の藤原歌劇団公演で狂気の場が有名な「ランメルモールのルチア」を観に花粉が飛ぶ天候の中、上野まで出かけた。

 幕が開くと更に幕(板)があり、両脇の板を残して中央の赤い部分が上がると後に向かって床が高く、狭くなっている台が舞台奥まであり遠近法そのもの。
照明効果は入るが、第1部から第3部最後まで基本的に同じで、両脇の幕板が有ったり無かったり、床の台の両脇に黒いカーテンが入る程度。
 休憩は途中1回で舞台装置が簡素な分、途切れず上演出来たのはメリットだが、同様に最近のオペラは世界的にどんどん舞台装置が簡略化される傾向で、寂しい思いだ。

 衣装は兵士は濃いえんじ色の軍服、女性も黒を基調に暗めのドレス衣装に統一されている。ルチアの婚約の場面でも黒色のドレスで、オペラ全体に悲劇的な印象を与えていた。唯一狂乱の場だけは白のドレス(ガウン)で血しぶきが強調され、はっとさせられた。

 歌手の方は、皆それなりに歌えていた印象。タイトルロールの佐藤美枝子は10年前にも同じ役を歌っているとのことで全体的に丁寧で、演技も良く出来ていおり、狂乱の場での微笑みには恐ろしさを感じた。ただ声量的には少々物足りなく、狂乱の場でも感動が少なかった。
 ちなみにネットで検索してみると狂乱の場の動画ページがあり、世界的歌手と比較するとその差を感じてしまう。 
 エドガルド役の村上敏明も良く通る声で最後も良かったが、こちらも演技含めもう少しインパクトがほしい所。
 合唱は音量があり、さすが藤原歌劇団との印象で素晴らしかった。
 管弦楽も大きなミスはなく、良かった。特に狂乱の場でのフルートソロは歌手との息もぴったりで完璧でした。

 全体的見れば日本ではレベルの高い公演で、ドニゼッティの音楽をそれなりに表現出来ており、チケット料金分は十分に楽しめたが、あと一歩物足りなさを感じたのは贅沢でしょうか。

 藤原歌劇団公演は9月に「セリビアの理髪師」公演が予定され、シラグーザ&高橋薫子なのでこれはぜひとも聴きに行かなくては。


End






最終更新日  2011.03.07 21:34:12
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.27
カテゴリ:カテゴリ未分類

鑑賞日:2010年10月27日(水)18:30開演
入場料:¥8,000 1階(18列38番)

主催:TOKYO FM

JACCS PRESENTS Performance 2010
山下達郎
会場:神奈川県民ホール


演奏
ボーカル、ギター、キーボード:山下達郎
ギター:  佐橋佳幸
ベース:  伊藤広規
キーボード:難波弘之、柴田俊文
サックス: 土岐英史
ドラム:  小笠原拓海
コーラス:国分友里恵、佐々木久美、三谷泰弘


感想

 昨年6年振りの山下達郎のコンサートがあり、その際のブログに
『「コンサートツアーは毎年続けて行く、新譜アルバムも直ぐに出す」と言っていたが、ファンの方はいつもの台詞と苦笑しながら、次回のコンサートを気長に待つことに。』
と書いたが、新譜アルバムの方は予想通り9/15発売が延期(時期も現在未定)。
ツアーの方は(嬉しい方に)予想を裏切られ何と今年も全国で開催。本日は定時に職場を飛び出して、気温10℃寒空の中、山の神と伴に神奈川県民ホールへ。

 今年デビュー35周年とのことでコンサートも当初35回が予定され、その最後が本日の神奈川県民ホールだったが、追加公演が後に3本入ったので当人曰く「なっんちゃって千秋楽」。
 何時ものように1人アカペラのテープが流れ、メンバーが登場。リズムギターが鳴りスポットが達郎に当たってコンサートがスタート。昨年はヒット曲が中心だったが、今回はシングルカットされてないマイナーな曲も多く、シュガーベイブの当時のアレンジで聴けたのは稀少。1人アカペラは勿論のこと、1人コーラステープに合わせた演奏曲もあって、演奏内容も昨年より工夫されている。
 昨年からバンドメンバーが固定され、また今年ツアー中の最後の方だったこともあり、バンド演奏全体が安定しており、安心して聴けた印象。ギターやサックスのアドリブ部分も完璧。またアンコール曲も2曲ほど多かったようで、終演は22:00をまわっていた。
 舞台セットも良かったが、これ以上はネタバレなので省略(昨年同様本人の依頼もあり)。
何より達郎のボーカルが昨年より更に良くなっており、開演18:30から3時間半歌い放しにも係わらず、アンコールで3オクターブ出す所は流石。

 30年以上前の曲から現在の最新曲まで聴いても、全く違和感なく、音楽の一貫性を感じられる。また詩の内容が当初の恋愛や個人的なものから最近の社会、人生、人類的なものに変わって来ている所は年齢を積み重ねた影響からでしょう。最後の一言も達郎らしい。

 客席は勿論満席で、立見もあり。年齢層は親に連れられて来た小学生から、60歳超え頭が禿げ上がった方まで幅広いが、後半は席を立って手拍子、何時もの曲でクラッカーを鳴らし、皆で達郎の音楽を楽しんでいることがよく判る。

 今年は更に10年振りの竹内まりやコンサート等もあり、新譜アルバムはいつになるか?
「コンサートは還暦まで毎年続け、来年はライブハウスで」とも言っていたが、昨年同様、ファンの方はいつもの台詞と苦笑しながら、次回アルバムとコンサートを気長に待つことに・・・。


End








最終更新日  2010.10.28 22:06:17
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
鑑賞日:2010年9月11日(土)15:00開演
入場料:¥19,000 E席5階

主催:日本経済新聞社、日本舞台芸術振興会


英国ロイヤル・オペラ日本公演
ジュール・マスネ作曲「マノン」

(全5幕 フランス語上演/日本語字幕付)
会場:東京文化会館


指 揮:アントニオ・パッパーノ
演 出:ロラン・ペリー
美 術:シャンタル・トーマス
照 明:ジョエル・アダム
合 唱:ロイヤル・オペラ合唱団
管弦楽:ロイヤル・オペラハウス管弦楽団

出演)
マノン・レスコー:アンナ・ネトレプコ
騎士デ・グリュー:マシュー・ポレンザーニ
レスコー    :ラッセル・ブラウン
伯爵デ・グリュー:ニコラ・クルジャル
ギヨー・ド・モンフォルテーヌ:ギ・ド・メイ
ブレティニー  :ウィリアム・シメル
プセット    :シモナ・ミハイ
ジャヴォット  :ルイーゼ・イネス
ロゼット    :カイ・リューテル
宿屋の主人   :リントン・ブラック

感想)
 地元所属合唱団の演奏会などあり、しばらくオペラ鑑賞は遠ざかっていたが、英国ロイヤル・オペラハウス18年ぶりの来日公演で、なんと言っても今一番売れているソプラノの一人であるアンナ・ネトレプコの生の声を聴きたくて、どうにか入手したE席チケットを手に残暑の中、上野へ出かけた。

 さすが注目公演のため客席は本当の満席で1階席も空席を見つけることが出来ない状況で、5階席までビッシリ。

 指揮者登場の後、軽快な序曲で幕が開く。第一幕はアミアンの宿屋で、城壁に囲まれた中に中庭があり右側に宿屋の入口がある。放蕩貴族のギヨーが友人のブレティニーと娼婦3人とを連れ城壁から中庭に階段を降りてくる。この娼婦がギヨーをからかうアカペラを歌うのだが、これがバランス良く上手い。軍人レスコーが従兄弟のマノンを待っていると、馬車到着するのだが、実際は荷物の固まりと沢山の乗客達が登場し、騒がしさを歌う。人々が居なくなるとマノンが残り、レスコーと対面した所で歌い始めるのだが、ここで既に耳は釘付け。低音から高音まで無理のない真っ直ぐな歌声で、16歳でまだ楽しんでいたいのに修道院に入れられる心境を歌う。灰色系の地味な服装なのに、輝いて見えてしまう。
 突然騎士グリューが登場し、マノンを一目見るなり美しさに目を奪われ、修道院入りの話を聞くと、それを思いとどまらせて、二人でパリに行くことにマノンも同意。デ・グリュー役マシュー・ポレンザーニは柔らかいリリックなテノールであり、役に合っておりネトレプコとのデュエットもピッタリ。ギヨーの馬車を盗んでパリへ出発する所で幕。

 第二幕はデ・グリューのパリのアパート。2階建てで部屋と階段だけが作られている。二人の愛情豊な暮らしの中にマノンを手に入れたいブレティニーと彼に買収されたレスコーが現れる。デ・グリューがレスコーに父親もマノンと結婚を許してもらうおうと手紙内容を説明している間に、マノンはブレティニーに「貧しい生活とおさらば、贅沢な暮らしを」と誘惑され別れを決意し「さよなら、この小さなテーブルよ」を歌うと、ずいぶん身勝手な思いなのに、納得させられてしまう。突然、父親の配下が現れ、デ・グリューを馬車で連れ去られてしまう。

 第三幕第1場は祭りで賑わうレーヌ通り。手すりが付いた通りが上部、斜めと組み合わされ、背景には明るい街灯がつながっている。ギヨーが登場し、金に物を言わせて、オペラ座を呼んできてバレエを踊らさせマノンを誘惑する。バレエダンサーも背が高い美人揃いで華やか。マノンは群集を前に「町を歩けば」、「甘い愛に誘う声に従いましょう」を歌うが、ネトレプコは超高音も難なく歌いここでも群衆と同じくその歌声に思わず女王様と思ってしまう。ここでデ・グリューが神父になっていることを聴いたマノンは、オペラ座も断り教会へ。

 第2場は教会の場面。数本の大きな石柱と信者が座る椅子が見え、下手にはデ・グリューの部屋。デ・グリューはマノンとの思いを断ち切るために神に仕えようとするが、思いは断ち切りがたく、「消え去れ、優しい幻影よ」を歌う。そこへマノンが登場し変わらぬ思いを伝えるが、耳を貸そうとしない。そしてマノンが「誘惑のアリア」を歌う。このアリアはアカペラから始まり、段々と楽器が増え、音も上がって行くが、無理に押す声ではなく、Pと同じ美しい歌声で自然に音量を上げて行く所は圧巻。これで迫れれば、神に仕えるデ・グリューもついに陥落しベッドの上で抱き合ってしまう。

 残念ながら所用があり、当方の鑑賞はここで幕。オーケストラは統制が取れて、よどむ部分やはみ出す様な所もなく大変上品な演奏の印象で、そこが英国的なのでしょう。歌手も、主役二人以外もバランスが取れた歌声であり、合唱も振り付け含め良かった。演出も豪華絢爛とは言えないが、それなりに場面を再現しており、全体的に穴が無いところが引っ越し公演の良い所でしょう。

 なんと言ってもネトレプコの歌声が素晴らしく、無理なストーリー展開もその歌声で思わず納得させられてしまう。5階席でも聴いても何度も鼓膜が震え、大きなホールでも全く影響なく歌えるのでしょう。
 久々に素晴らしい歌声を堪能することが出来、これだからオペラ通いはやめられない。

End






最終更新日  2010.09.12 21:08:18
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.07
カテゴリ:カテゴリ未分類

GWのクラシックイベントLFJ2010が終了した。
今年の公式結果発表が出たので、昨年の比較表へ追加。




期間テーマ来場者数チケット
販売数
有料/無料
公演数
2005年
第1回
4/29
-5/1
ベートーヴェン
と仲間たち
324千人109千枚120/209
2006年
第2回
5/3
-5/6
モーツァルトと
仲間たち
695千人160千枚145/377
2007年
第3回
5/2
-5/6
民族の
ハーモニー
1,060千人200千枚181/473
2008年
第4回
5/2
-5/6
シューベルトと
ウィーン
1,004千人182千枚221/529
2009年
第5回
5/3
-5/5
バッハと
ヨーロッパ
711千人137千枚168/419
2010年
第6回
5/2
-5/4
ショパンの
宇宙
808千人141千枚175/358


 3日間公演の昨年と比較して来場者数は上回っており、1日当たりの来場者数もこれまでの公演で一番多いことになる。
 その割には東京国際フォーラム付近の混雑度は昨年より幾分解消された気がしたが、常連客が増えた影響か。

 公演数は昨年より若干増えているものの全体公演は減少しており、スポンサー減少による関連プログラム減少のため。
 有料チケット販売数も昨年より若干多い(前夜祭、東京芸術劇場公演も含む)。

 全体的には昨年並みといった所か。日本経済現状の割には奮闘したと言えるでしょう。
LFJとしては東京だけでなく、金沢に加え、今年は新潟、びわ湖まで拡大しており、やはりクラシックとしては日本最大のイベントになっている。
 5/3に訪れたが関連イベント含め午後2時から9時まで楽しむことが出来た。
ただコンサート聞くだけでなく、色々な形でクラシック音楽に触れられる所が魅力で稀少。

 訪れた5/3はNHK-BShiとNHK-FMで生放送された日で、BShiを留守録。鑑賞した2公演と地下展示ホール公演とも放送され帰宅後見返したが、ホールでの演奏の空気振動を直接聞いた印象とは大きく異なり、やはり生演奏の素晴らしさを認識出来た。

 来年についても開催予定とアナウンスされているが、テーマの正式発表は今の所無し。
ナントの方は「ブラームスからリヒャルト・シュトラウスまでの後期ロマン派」とのことなのでコルボ&ローザンヌの「ドイツ・レクイエム」を期待。「愛の歌」「Naenie」も聞きたい。


End






最終更新日  2010.05.07 22:55:05
コメント(0) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

プロフィール


KUROうさぎ

バックナンバー

お気に入りブログ

ラ・フォル・ジュル… Verdiさんさん
たくHAUSES taqkさん
ちまちま草子 northern-bさん

コメント新着

KUROうさぎ@ Re[1]:名古屋の喫茶店で素晴らしいコンサート(05/19)  ぴょんきちさん。コメントありがとうご…
northern-b@ Re:名古屋の喫茶店で素晴らしいコンサート(05/19) それは素敵な体験でしたね。そのスペース…
KUROうさぎ@ Re[1]:ポルタメント小牧は無料でも楽しめる(06/26) northern-bさん  コメントありがとうご…
northern-b@ Re:ポルタメント小牧は無料でも楽しめる(06/26) お引越されたのですか・・・かなフィル・石田…
KUROうさぎ@ Re[1]:オペラ公演次々中止、合唱練習も場所が無く(03/20) Verdiさん  コメントありがとうございま…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.