2021.11.28

キング・クリムゾンの音楽はいつまでも変わらず

カテゴリ:その他
​​
鑑賞日:2021年11月28日(日)18:00開演
入場料:16,000円(S席:1階25列)

【企画・制作・招聘】クリエイティブマンプロダクション

​​キング・クリムゾン JAPAN2021
MUSIC IS OUR FRIEND
会場:東京国際フォーラム・ホールA​​


出演
ギター、キーボード:ロバート・フリップ
ボーカル、ギター :ジャッコ・ジャクジク
サックス:メル・コリンズ
ベース :トニー・レヴィン
ドラム :パット・マステロット、ギャヴィン・ハリソン、ジェレミー・ステイシー

曲目
<第1部>
01. Devil Dogs of Tessellation Row
02. Neurotica
03. Red
04. Epitaph
05. One More Red Nightmare
06. Tony's Cadenza
07. Peace - An End
08. Larks' Tongues in Aspic, Part Two
09. Moonchild
10. Radical Action II
11. Level Five

<第2部>
12. Drumzilla
13. The ConstruKction of Light
14. Peace - An End
15. Pictures of a City
16. Islands
17. The Court of the Crimson King
18. Indiscipline

<アンコール>
19. Starless

感想
 2018年来日公演は聞き逃したため、2015年名古屋以来、6年振りの来日公演。日生劇場から日比谷のクリスマスイルミネーションを通り徒歩で東京国際フォーラムへ、近くてよかった。
 8月のオフィシャル先行抽選に申し込みSS席外れたもののS席当選。チケットは公演1週間前に郵送され、座席位置は期待してなかったものの、SS席の4列後ろ1階25列で下手側でも通路側でステージがよく見えるgoodな席。

 客層は前のオペラ公演とは打って変わって、男性が7~8割。開演前、休憩中の男性トイレは長蛇の列。また年齢層が高く、当方も全く違和感なく聞ける。

 薄暗いホールに入ると、鐘の音が間隔を置いて流れる。舞台上には6年前と同じくドラムセットが3台置かれ、その後ろの山台に、ギター、シンセが準備されている。

 開演時間となり、ステージ上の注意書きが外され、メンバー入場。まずはトリプルドラムから始まり、40年前LPレコードで聴いたプログレが流れ、意識は一気に学生時代へ。

 ロバート・フィリップの生演奏が聞けるだけで最高の気分に。曲が終わると時々目の上に手をかざし、客席を眺めている。



 来日公演は今回ツアーが最後との話も出ているが、新型コロナ感染が収まった後、来年もぜひ!


End
​​





TWITTER

最終更新日  2021.12.01 21:24:25
コメント(0) | コメントを書く