712218 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山本ふみこさんのうふふ日記

サイド自由欄


profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあいと娘3人との5人暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。

カレンダー

バックナンバー

2022/05
2022/04
2022/03
2022/02
2022/01

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2014/03/25
XML
カテゴリ:うふふ日記
 父が逝ってから10日め、近所のノゾミさんと行き会った。
 このひとに父のはなしを聞いてもらわなければ、と思った。
 「夕方の散歩は、これから?」
 と訊く。 
 「ちょっとこれ(買いものの袋)を片づけたら、行こうと思う」
 と云うので、それなら、きょうはわたしも行きたい、聞いてもらいたいこともあるから、と頼む。
 「じゃ、4時半に」

 この家に引っ越してきてから半年が過ぎたころ、ノゾミさんと大きな犬と一緒の散歩に連れて行ってもらった。どうしてそうしたいと思ったのだったか、また、どういうふうにそれが実現したのだったか、おぼえていない。ただ、ノゾミさんにも大きな犬のサンにも、わたしは用事があるのだという気がして、機会を待っていたような気がする。サンはベルギー産の大型犬(ベルジアン・シェパード・ドッグ)で、ハンサムと思ったが雌犬だった。
 「サンは女の子だったんだね」
 ノゾミさんはわたしより3歳ほど年上だが、長く女子サッカーチームに属するサッカー選手でもあるから、びゅんと背筋をのばして颯爽(さっそう)と歩く。運動、とくにサッカーで使い過ぎた膝が痛いとのことだが、長い足がすっと前へ前へ出る。わたしは自分が歩くのが早いほうだと思ってきたし、どこも痛くないのだが、心していないと、遅れをとる。
 散歩の速度を決めているサンに、遅れないようにわたしも足を前へ前へ。

 午後4時半を前に家を出て、路地でノゾミさんとサンがやってくるのを待つ。二女に背負い鞄を借りて、両手を空けておく。いつかわたしがサンの手綱を持てるときがめぐってくるかもしれないし、そうでなくても散歩に必要な道具の入った提げ袋は持ちたいと思って。
 サンの吠える声だ。
 いい声。ときどき、家にいても吠え声が「ワンワン」(ほんとうはこんな音ではないのだが)と聞こえてくる。すると、いい気持ちになって、サンが何を云っているのかと考える。たまに自分が呼ばれているような気分で、「サン、サン」と吠え返してみる。
 あまりひとのいない路地や千川上水沿いを行く。サンは家では排泄をせず、散歩の途中、場所を選んで排泄する。
 「あ、止まった」
 排泄の意味がじかに伝わってきて、わけもなく感動する。出た出た、よかった、と思うのである。
 歩きはじめて10分たったところで、「じつは先週、父が逝ったの」と告げる。
 「そうだったの」とノゾミさんは云い、父が大往生であったことを伝えると、また「そうだったの」と云った。
 これでよし。このひとには伝わった。
 目を上げると、桜並木だった。花の準備をすすめるほの赤い枝が、空に網の目模様をつくっている。足元には無数のホトケノザ。春の斉唱(せいしょう)がはじまっている。
 わたしたちはその日、2時間歩いて帰ってきた。
 人間は罪深いが、まだこうして動物の仲間とともに在ることができる。つくづくとありがたく、サンに大きく手を振る。
 「またねー」

 帰宅してふと、『犬が星見た ロシア旅行』(武田百合子/中公文庫)を思いだしたて、本棚からとり出す。作家の武田泰淳が妻・百合子を「やい、ポチ」とおもしろがって呼んだことから、武田百合子はそれをみずからの旅行記のタイトルにしてしまう。そんな恐るべき感性世界に生まれた本である。
 旅のはじまりのこの夫婦のやりとりをうつしておくとしよう。

 「百合子、面白いか、嬉しいか」
 「面白くも嬉しくもまだない。だんだん嬉しくなると思う」

 そう云えば、わたしの側から父に紹介した唯一の著者が武田百合子だった。『富士日記』(上中下巻/中公文庫)と『犬が星見た』、それに『日日雑記』(中公文庫)の5冊だった。

ブログ富士山の絵.jpg
父は富士山が大好きで、富士山麓に小さな山小屋をつくり、
春、夏、秋によく通いました。
山小屋は、
『富士日記』に登場する武田泰淳・百合子夫妻の山小屋に
ほど近い場所にあります。

父が描いた富士山。






最終更新日  2014/03/25 02:13:47 PM
コメント(33) | コメントを書く
[うふふ日記] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


さくらももうすぐ   おきょうさん さん
『サン』

よいお名前のわんちゃんですね。
ふみさまの文を読んでいるとなんだか、「北の国から・・」のあの素敵な映像に似た風景が浮かんできます。
言葉を多く語らず、
「そうなの」と答えてくださるノゾミさん。ホトケノザ、下から見上げる桜の枝枝・・・ちょっと冷たいけど心地よい春の夕方の風・・・。
フミさまの心がス~~っとしていくひとときを持てたようでホッとします。
サンもきっとフミさまの思い、テレパシーのように伝わったことでしょう。

桜の季節になると、あの何ともソワソワ、そして圧倒される桜の開花を、『私はあと何回みられるのだろう?
たとえば母と、たとえばだんなさん、たとえば娘達と・・』

と思います。なぜか私の中で1年の基準は桜始まりなのです。
父が亡くなって<わたしは下から、父は上から>お花見するようになって、
上からみる桜もまたオツなのかもしれないなと、思うようにもなりました。

サンはお花見好きかな?
また桜満開のときにもお散歩できるとよいですね。
(2014/03/25 07:11:54 PM)

歩くこと   CITRON さん
ふみこ様

歩いている間に、
心がすっと落ち着いて
帰宅するころには、
なにかすっかり違った心持ちに
なっていることが。。不思議ですね。
多くを語らずともわかり合える方々となら
なおさら、いいお散歩だったのですね。
しっかり歩いて2時間とは、
かなり鍛えられそうです。

それにしても私は、
「サン」と聞くや、「もののけ姫」を
思い出してしまいました。あの映画にも
立派な山犬様が登場していましたが。
この間、関西からはるばるジブリ美術館へ
伺ったせいかもしれません。

潔い姿の富士山をありがとうございます。



(2014/03/25 10:38:56 PM)

Re:犬と(03/25)   鈴木佳代子 さん
ご無沙汰しております。
いつも拝見しております。
お父様の富士山があまりにも素敵すぎて胸を打たれました。
富士と空の配色にハッとさせられました。
空の色が水面にシュッシュッと映っているところも好きです。
文面から山本さんのかなしみが伝わり勝手に泣きそうです。 (2014/03/25 11:21:43 PM)

生命の   たまこ さん
ふんちゃん皆様こんにちは。

ふんちゃんがサンちゃんに感動したのは
生命の一瞬というか、生きているのを実感して
感動したのかな、と感じました。
そしてお父様の富士山にも生きる力を感じます。


さて、昨日から晴れて社会人に。
ちょっとでも自分が輪に入れてない仲間はずれ!
と被害妄想してしまい、仲間はずれに敏感なこの頃。

それでも私、笑えたんだと思う
素敵な同期に巡りあえて嬉しく思います。
ああ、同期のみんなに伝わりますように。 (2014/03/26 12:04:00 AM)

あめふりです。   こぐま さん
ふみこさま。

ふみこさま。

今日の岡山は、雨です。
しとしと心が落ち着きます。

ノゾミさん、すてき。
ふみこさんも、すてき。

では、またぁ。
(2014/03/26 07:23:07 AM)

ご無沙汰してます   ぽんぽん さん
ふみこ様 皆様

おはようございます。

お父様、旅立たれたのですね。でも、富士山を見れば、いつでもそこに居てくださること感じられるのでしょうね…。

ご近所の方とのささやかな、けれど静かに根付いている繋がりが感じられて、いいなぁ。と。

やはりこちらに来るとほっとします。ありがとうございます。

4月から娘も小学生です。ふみこ様にお目にかかった時はまだ2歳くらいでしたのに。私もまた新しい人との出逢いや繋がりにドキドキワクワクしています。 (2014/03/26 09:10:25 AM)

上からと下からと。   ふみ虫 さん
おきょうさんさん

上から見る桜、下から見る桜。
そう考えると、あの世とこの世は近いですね。

なんだか、うれしい。
父と花見酒。

ふ (2014/03/26 05:34:24 PM)

犬になる。   ふみ虫 さん
CITRONさん

「サン」の名は、
もののけ姫縁(ゆかり)だと聞いています。

ノゾミさんは、
ほんとうにサンを大事にしていてね、
それを讃える気持ちが、
いちご(かつてうちにいた猫)への便りになるような。

ときに、サンに同化して憩うわたしです。

ふ (2014/03/26 05:49:08 PM)

シュールな「富士山」   ふみ虫 さん
佳代子ちゃん

デザイナーの佳代子ちゃんに、
褒めてもらって、父は得意満面だと
思います。
サンキュ、サンキュ。

サンキュ。サンキュ。


(2014/03/26 05:50:48 PM)

社会人のたまこさんへ。   ふみ虫 さん
たまこさん

仲間はずれということばに
強く反応してしまいました。

でも、たまこさんのは
過敏な反応、被害妄想だったのですね。

ちょっと云わせてくださいな。
わたし、「仲間はずれ」なんか平気。
変わり者だからね。

仲よくしてもらえると、
そのたび奇蹟だと、
感謝します。

たまこさんも、ありがとうね。
わたしと仲よくしてくださって。

ふ (2014/03/26 06:00:06 PM)

雨好き。   ふみ虫 さん
こぐまさん

雨が好きだというのに、
同調しています。
うふふ。

東京は、降りそうな「いま」です。
泣きだしそうな、甘やかな夕方。

ふ (2014/03/26 06:05:25 PM)

学び直し。   ふみ虫 さん
ぽんぽんさん

2008年に保育園生活がスタートしたのでしたよね。
ああ、もう小学生。
おめでとう、おめでとう。

お母さんも、「学び直し」の小学生です。

ふ (2014/03/26 06:09:54 PM)

Re:犬と(03/25)   ぞみさん さん
ふみこさん、みなさん、こんばんは

お父様のこと、ノゾミさんに聞いてもらえて
よかったですね
聞いてもらいたいなぁと思っていても
なかなか思うように伝えられないものですよね
私もまだ、聞いてもらいたいなぁと思いながら
そのままになっていたりします

富士山、素晴らしいですね
富士山のように見守ってるよ、と
お父様が仰っているような気がします
(2014/03/26 09:35:59 PM)

夢のように   どりす さん
しごと場に行く朝見た桜のかたい蕾が、
帰りにはもう薄桃色になっていました。

ふと、この富士山はふみこさまのお父さまの
お顔に似ていらっしゃるのでは?
と思いました。
黄金色の空、岸辺のみどり、川面の青。
夢のように、そして頼もしい・・・素敵な絵ですね。
春は、やさしい色で包んでくれるので
どこまでも歩いて行きたくなります。
相棒がいればなお嬉し。
今日の雨の後、明日の桜はどんな顔で迎えて
くれるか楽しみです。

(2014/03/26 11:13:43 PM)

ここで。   ふみ虫 さん
ぞみさんさん

ここで皆さんに聞いていただけたことも、
わたしには大きかったのです。

寄り添っていただき、
おしえていただき、
導いてもいただいた。
休ませても、いただいたのです。

不思議ば場所だと、
あらためて感謝しました。

ふ (2014/03/27 08:57:22 AM)

どこまでもどこまでも。   ふみ虫 さん
どりすさん

わたしも、いま、歩きたくてなりません。
どこまでもどこまでも。

ひとり暮らしになった母のもとへは、
自転車で通っています。
とてもいい道なんです。
そのことがまた、ありがたくて、
びゅーんと行きます。

道はどこまでもつづいています。

ふ (2014/03/27 08:59:34 AM)

ゆっくりと   ゆるりんりん さん
ゆっくり時が流れていますね。
ノゾミさんすてき。
ノゾミさんと同じように
心配している人ここにいっぱいいます。
ひとつ前のブログに
ぞみさんさんと吉野さんと
わたしの気持ちも置いてありますから♡
ふみこさん
一緒に初夏の風をうけましょ、
きっと気持ちいいはず♡ (2014/03/27 04:32:14 PM)

Re:犬と(03/25)   あすちるべ さん
ふみこさま こんにちは

サンとノゾミさんとふみこさん、佳いひと時だったのですね。
ノゾミさんの受け止め方、すてきですね。私はそんな風に寄り添うことができるのかと考えていました。

川沿いの桜のつぼみが開き始めました。
義母が今年に入って入院ています。自転車で15分の巡礼です。毎日通う病院の手前にある何の樹かな?と思っていた樹にこの間から白い蝋燭のような蕾がついて、それが樹一杯に白い鳩のように木蓮の花が咲きました。とても美しいです。そうして、とても励まされました。 (2014/03/28 06:16:43 PM)

わたしも歩こう   な こ さん
ふんちゃん

こんばんは。
先週は、ふんちゃんにお鍋の御礼を言うつもりが、逆にわたしの体調にお気遣いをいただくことになってしまい…ごめんなさい…。
そして、そして、ありがとうございます。
おっしゃるとおりでした。
風邪が通り抜けたあとのいまはもう、
気分がすっきりしています。ほんとうに、
よかった…のです。

今回ここへおじゃまして、
最初に眼に飛び込んできたのは、空のいろ。
まぶしいなあ…きれいだなあ…と。
それから、富士山のいろを、
桜の季節だろうか、夜明けだろうか、などと
いろいろ、想像して。
物語の世界が広がっているように感じ、
お父様の富士山の絵に長いこと見入っていました。素敵です。お父様の絵を拝見できて、嬉しいです。

そしてまたブログを上に戻って、ゆっくりふんちゃんの散歩を読ませていただきました。
なんだか、わたしも落ち着きを取り戻させていただいたような気持ちになっています。

言葉少なに、どんどん歩く散歩。それでも、どんなに言葉を重ねるより真っ直ぐに伝わるものがある。
ふんちゃんのこころを、ノゾミさんも、サンちゃんも…
察することができる方たちなんですね。

ことばがなくても察すること。
大事にしたい、と思いました。
(失敗ばかりのわが身を振り返っての、反省です。)

さて、日射しが強く眩しくなって、
上着なしでも平気、20度という気温に驚いた今日
わたしも「歩こう!」と思いました
一日一日変化している、桜を、空のいろを、見逃さないように。

…ああ、やっぱり、お父様の絵の空のいろ、好きです。

追伸

「富士日記」上・中・下巻を借りてきました。
(前に紹介してくださったときには、読み損ねていたのです…。)
まだ上巻を読んでいるところですが、読み進めるにつれて、どんどんこの本のことも百合子さんのことも、好きになっている気がします。
「富士日記」を読み終えたら、ほかの二冊も、ぜひ読みたい、と思います。 (2014/03/28 10:50:08 PM)

ありがとうございます   ぽんぽん さん
ふみこ様

チビのこと、覚えていてくださってありがとうございます。

学び直し。

こころに刻みます。

ありがとうございます。

なんだか、泣きそうです。嬉しくて、です。
-----
(2014/03/28 10:57:21 PM)

おさんぽ   もも(^-^) さん
ふんちゃん

 ステキなおさんぽ。
 北海道も、ようやく雪が解けてきたので、私もちょっとおさんぽしてみようかなぁと思いました。
 
 ノゾミさん…、きっと素敵な方なんだろうなぁと、想像していました(いつも、想像がふくらんじゃいます(^0_0^))
 ことばにして聞いてもらうということ、すごくすごく大事なことだなぁと思いました。ちょっとでいいんです。ちょっとね、つぶやきたかったのという感じの…。そして、「そう」と聞いてもらえる幸せ…。
 
 ふんちゃんの「家族のさじかんげん」も、「わたしの葬儀」も、「人づきあい学習帖」も、どれを読んでも、“暮らす”ということ、“人とつながる”ということ、教えてもらえています。
 こうして、ふんちゃんがお父様とのことを書いてくださると、私も親を見送る時の心の準備ができそうで…。

 ありがとうございます(^-^)
(2014/03/29 08:23:14 AM)

Re:犬と(03/25)   waka さん

ふみこさん、みなさん こんにちは

なにもかけずにいましたが、ふみこさんと みなさんの言葉が、私に ジンジン来ます

ありがとう、とりあえず お礼まで

それと たまこさんへ
ふみこさん、ちょっとこの場をお借りします

私も 仲間はずれ、ふみこさんに近い感覚です(あつかましい!)
仲間はずれってすばらしいと思います
みんなと一緒じゃなくていいんですよ
違うことって すばらしいんですから!
どうぞ、静か~な勇気を持ってくださいね
あー うまく書けない、、、

(2014/03/29 04:26:27 PM)

おはようございます   えぞももんが さん
ふみこさん 

ふみこさんと ノゾミさんのやりとりを
「あ・あ・・気持ちがいいな」と 思って
聞いていました (読みました)

ノゾミさんの「そうだったの」は とても優しい。
それ以上のことを聞かず でも ちゃんと受け止めてくれた
2時間の 夕方の散歩。違った!もう一人 サンがいましたね。 
ふみこさん そちらは桜の季節ですね
こちらも ようやく春になりそうです。
昨日 ほんの少し顔を覗かせた土のところに生えていた
ふきのとう 4個を 天ぷらにしました。

ふみこさん 花冷えがあったりします
お体大切に お過ごしください。 (2014/03/30 06:59:03 AM)

のこされたもの   寧楽☆ さん
ふみ虫さま

おとうさまの絵
たくさんの蔵書
そして、言葉も

これからのふみこさんを
支えたり導いたりしてくださいますね。

信頼できる友人がいると
いうことも大きな喜び

私が言うのもへんですが
なんだか、安心しました(笑) (2014/03/31 06:50:58 AM)

微風。   ふみ虫 さん
ゆるりんりんさん

風。

いまいちばん憧れているものは、
風かもしれない……。
風邪に向かって歩いたり。
微風に包まれて眠りこけたり。

一緒にね。
ありがとう。

ふ (2014/03/31 08:31:04 AM)

お大切!   ふみ虫 さん
あすちるべさん

自転車を漕ぎながら、
あすちるべさんも「漕いでるなあ」と
思うことにします。

お義母さま、お大切に。
でも、それ以上にあすちるべさん、
お大切に。

ふ (2014/03/31 08:34:05 AM)

行ってらっしゃい。   ふみ虫 さん
な こさん

『富士日記』読みはじめられたとのこと。
自分のものの見方、
とらえ方が、ちょっと変わるかもしれません。

なんてね、予告篇みたいなこと
書いてしまいました。
なこさんの、
読書を妬んでいるのかもしれません。

ふ (2014/03/31 08:37:42 AM)

うれし涙。   ふみ虫 さん
ぽんぽんさん

おめでとうの春です!

いっぱい笑って、
いっぱい泣いて(うれし涙です)、
ぽんぽんさんが咲くのです。

ふ (2014/03/31 08:39:16 AM)

つぶやきを拾う。   ふみ虫 さん
もも(^-^)さん

ももさんにもいつも、
ここで、つぶやきを拾っていただいているなと
感じています。
あらためて、ありがとうございます。

そして、ご明察。
ノゾミさんは、びっくりするほど
かっこいいひとなんです。
そういうひとが大型のシェパードと散歩していると、
凄みのようなものが発散されます。
そんなことを少しも自覚していないらしいことが、
可笑しくて。

あ、サンが吠えた。

ふ (2014/03/31 08:44:53 AM)

おもしろい春。   ふみ虫 さん
wakaさん

こちらにも、ジンジン伝わっています。
痛いくらいに。

おもしろい春にしよう!
ね! ね!

ふ (2014/03/31 08:46:39 AM)

おいしい春。   ふみ虫 さん
えぞももんがさん

フキノトウ4個の天ぷら。
えぞももんがさんの手にかかると、
もう……。

わたしも天ぷらしよう。

おいしい春のはじまりです。ね。

ふ (2014/03/31 08:49:13 AM)

支えの支え。   ふみ虫 さん
寧楽☆さん

寧楽さんに「安心した」と云っていただくと、
ほっとします。

そうです。
わたしには、近くにも遠くにも、
支えがあります。
あたたかく、自然な(行き過ぎないという意味でもあります)
支え。

寧楽さんも、支えの支え。
あ、それ、重過ぎますね。
ごめんなさい。

ふ (2014/03/31 08:53:04 AM)

Re:犬と(03/25)   lalalaのla さん
富士日記 という本の挿絵かと思いました!

お父様の絵 素敵!!!


文章を読み始める前に パッ☆彡と富士の絵が目に飛び込んできました。

私も 富士さん好きです。
いや・・山には登ったことないのですが、最近世界遺産登録で、ますますかわいいグッズを あちらこちらでみかけては にらめっこ。
なかなか買えないんですけどね(^-^)

この絵には なんだか「希望」がみえます。
明るい気持ちになる素敵な絵ですね。
(2014/04/14 12:45:29 AM)


© Rakuten Group, Inc.