693412 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山本ふみこさんのうふふ日記

サイド自由欄


profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあいと娘3人との5人暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。

カレンダー

バックナンバー

2021/09
2021/08
2021/07
2021/06
2021/05

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2014/04/01
XML
カテゴリ:うふふ日記
 この春、85歳にして初めてひとり暮らしを経験している母のもとを訪ねる。びゅん、と自転車で行く。父はわたしに対して何かとうるさかったので、実家に行くときの緊張がやわらいで、びゅん、である。
 どんなふうにうるさかったか。
 「新聞を読んどらんな」とか、「このあいだの絵(新聞の連載にわたしが自分で描いている挿絵)はおかしかったな」とか。ひどいときには「おまえの考えていることは、さっぱりわからん」とやられた。
 母もときどきやりこめられていたから、それから解放された一面もあろうかと思うのだけれど、「やっぱりさびしい。うるさいことを云うのでもいいから、いてほしいわ」の一点張りだ。夫婦の不思議さである。
 そんな母だが、弟夫妻からの同居の申し出を「アフターファイブをたのしんでみたい」と云って断ったという。近年、痩せて弱ってきているが、それでもあたらしい何かをつかもうとしているらしい。
 ところで、アフターファイブって何だろうか。長年つづけてきた主婦業のあとの、自分の時間のことだろうか。それはかまわないが、「気を抜いちゃいけませんぜ、おかあちゃま」と、云いたくもある。たのしみたいなら、気を張ってもらわなければ。
 「たのしいのは大変」「たーのしいのはー、大変」「たーのしーいのはー、たーいへーん」と節をつけ、歌いながらペダルを踏みこむ。

 この日は長女も自分の家から自転車に乗ってやってくることになっている。
 掃除機をかけながら、長女を待つ。母がお茶を点(た)ててくれた。母の点てる抹茶はなぜだろう、いつもとてもおいしい。とがったところがまるでない。
 長女が黄色い小菊を抱えてやってきた。口を動かしながら、てきぱき働く。
 「さ、買い出しに行くよ。おばあちゃまは留守番してこの映画観ててね。高峰秀子の『二十四の瞳』借りてきたから。お母さんは観てないで。ほら、行きますよ」
 「へーい」
 母の数日分の食材と、重たい牛乳やしょうゆのほか、長女は自分の家の分の買い物をしている。
 そんな様子を見るにつけても、わたしの生活が場面展開しているのを感じずにはいられない。
 子どもたちは育ち、父は逝った。母のひとり暮らしを、ほどよく助ける必要が生まれた。日のめぐりに、つよい力で押しだされたようでもある。自分のなかで、声がする。
 わたしも、変わらないと、ね。
                 *
 これも、変化のひとつかもしれません。
 今回で、ブログ「うふふ日記」は閉じることにしました。オレンジページに守られて2007年からつづけてきたブログから独立して、あたらしい「場」をつくってみようと考えています。あたらしい題名は「ふみ虫・泣き虫・本の虫」。開設は2014年4月8日(火)の予定です。

引っ越し先アドレス: http://fumimushi.cocolog-nifty.com/(現在、工事中)

オレンジページの皆さまにこころからお礼を申し上げます。
7年間どうもありがとうございました。


ブログあしふ.jpg
母の家に1冊の帖面を置きました。
帖面の名は「あしふ」。
母のひとり暮らしを助けるための、連絡帳です。
「あ」「し」「ふ」はわたしの長女、
弟のお嫁のしげちゃん、わたし、の頭文字。
帖面を書くことが、わたしたちのちょっとしたたのしみになっています。






最終更新日  2014/04/01 10:01:30 AM
コメント(49) | コメントを書く
[うふふ日記] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


終わりの始まり   ゆきどり さん
すみません、どっかで聞いたタイトル(笑)
今日はエープリールフールだよなぁ、本当かなぁと思いながら、残念な気持ちで一杯です。
お忙しい中、続けてこられたブログ、楽しく時に考えながら読んでおりました。お疲れ様です。
新しいブログも楽しみにしております。
最後になりましたが、お父様のご逝去、心からお悔やみ申し上げます。 (2014/04/01 10:16:15 AM)

変わらないと、ね。 最終回(04/01)   ゆるりんりん さん
ふみこさま
びっくりしています。
ここを閉じることにではなく、
このタイミングで新しく飛び立つことにです。
実はわたしも母のことを覚悟した時、
それまでのブログを閉じて飛んだんです。
なんだかこれまでのようには行かないなあ、
自分の意志でちゃんと階段を上りたいなあ、
変わりたい・・・
静かな決意が芽生えて。
ふみこさんも、お母様も、
生きる新しい芽がひき出されているのでしょうか、
グイ~ンと。
新しい空間、楽しみにしています。

(2014/04/01 12:18:13 PM)

春からはじまる   どりす さん
最終回と見て、私もエイプリルフールであって!
と拝んでしまいましたが、変態だったのですね。
ホッ。
年齢が嵩むと、新しいことへの変化を臆するといいますが、
お母さまの「アフターファイブをたのしみたい」という
言葉に、外野ながら拍手を送りたくなりました。
きっと味のある新しい時間が繰り広げられると信じています。
今朝、1年に5回くらいしかメールのこない1番ふるい友達
から、「楽したらあかん」と意味深なメールが届きました。
「楽したい」と思う潜在意識を見透かされたか、
やはりエイプリルフール? と未だ不解明なのですが、
満開の桜が背景に広がり、
その言葉をこの春のお守りにしようと決めました。
お母さま、ふみこさま、みなさまの春が心地良い日々で
ありますように。 (2014/04/01 01:02:19 PM)

桜満開、新門出に素敵な季節   おきょうさん さん
「今日は消費税増税にともなう国民へのねぎらいの意味を含めて水道蛇口から午前中はオレンジジュースが出るってよ」

朝6時に友人からのメールです。
ちなみに去年は
「娘がスーパーモデルになりました。次号ELLEの表紙、お楽しみに」
でした。

増税にはなりましたが、笑いの中でなんだか元旦のような、すがすがしさのある4月1日です。

父が逝ってから7年が経ちますがいまだに母は3度の食事の少しずつを仏壇にかかしません(生前はよく、食事の用意なく買いものに出かけてしまってなかなか帰らず、父はお腹が空いて1人さびしくカップラーメン食べてましたが(笑))

お墓参りにも必ず好きだったたばことビールを持っていきます。→生前は「ヤニが煙たくてホントいやだし、お酒もほどほどにしてほしいわ」なんて言ってたのに。

『こんなに父を思うならなぜ、生きている時にもっと優しくしなかった?

よく弟を言いあって笑ってます。

夫婦ってそんなものなのかもしれませんね。
父母の間のことは父母しかわからない呼吸が流れているような気がします。

新展開のふみさまブログ、楽しみに追いかけさせていただきま~す。なんだかいつもまとまりのないコメントですみませんでした。


(2014/04/01 01:33:10 PM)

あたらしいなにか。   いとう さん
ふみこさん、おじゃまします。

気持ちが落ち着いて、ようやくふみこさんに会いにきたら
ブログが終わるとのこと。

えーーーーー(泣)

と思ってたら
新しい場所ができるんですね。
うれしい!!

ようやく自分の時間がもてそうだから
また ちょくちょく遊びに来ますね。

あたらしいこと。何を始めようかな。

おじゃましました。また会いにいきます。 (2014/04/01 09:05:09 PM)

変わらない場所   とまこ さん


ふんちゃん皆様こんにちは。
ふんちゃんの場所新しく変わるんですね。
でも、変わらない場所でもいてくださいね(*^_^*)


さて、社会人になって数日。まだまだお給料を
ただ頂く日々ですが、日々少しずつ
自分の成長を感じます。仕事っておもしろいですね。

素敵な同期と素敵な上司の皆様に恵まれて
いいスタートダッシュを切れました。
人と関われて私は幸せです。
(2014/04/01 09:19:02 PM)

Re:変わらないと、ね。 最終回(04/01)   たまこ さん

訂正:上記は、たまこです笑 (2014/04/01 09:19:42 PM)

Re:変わらないと、ね。 最終回(04/01)   くまはち さん
ふみこさん、新しい旅立ちですね!

こちらとは、転勤時代からのお付き合いでした。
昨年夏、単身赴任していた夫も戻り、また一家での暮らしです。

ふみこさんも、いろんな変化があって…。
旅立ちには、丁度頃合いがいい時ですね。

ここで、変わらぬ暮らしを続けて行くことの大事さを知りました。
そうしたものは、身も心も助けますね。

ふみこさんがきっかけでブログを始め、いろんなご縁にも
恵まれました。

消費税が上がることで起こったいろいろのこと…
あ、まるで震災直後と一緒だ…とうんざりしました。
私は、変わらず、フツーに消費しているだけです。
それが一番…と教えてくれたのも、ふみこさんです。



新しいお部屋、また覗かせていただきますね。
最近、私のコメントが少なくなったのは、これもちょっとした卒業のようなもの…と思ってくだされば…。

時々、お便りさせていただきます。



言祝ぎに変えて…。


追伸
お父様、大往生でいらしたのですね。
ご冥福…というよりは、スタンディングオベーションを
送りたい…
そんな気持ちです。
(2014/04/02 06:38:51 AM)

未来へ。   ふみ虫 さん
ゆきどりさん

「終わりのはじまり」です。
たしかに。

どうかこれからもよろしくお願い申し上げます。

ふ (2014/04/02 08:26:28 AM)

流れる。   ふみ虫 さん
ゆるりんりんさん

「変わらなければ」と
思いはじめたら、どんどん変化を
引き寄せました。

ああ、自分んがやっと動いたことで、
流れがついたなあという重いです。
ゆるりんりんさんは、その感じを、
わかってくださると思いますけれども。

ふ (2014/04/02 08:29:30 AM)

4月のめあて。   ふみ虫 さん
どりすさん

「楽したらあかん」
わたしも、今月のめあてにしようっと。
「楽したらあかん」

おもしろいこと、たのしいことをするのは、
大変ですものね。

ふ (2014/04/02 08:31:57 AM)

気づかせてもらう。   ふみ虫 さん
おきょうさんさん

わたしも……、
父にもっと、こうしたらよかったとか、
いろいろの後悔が湧きます。
でも、後悔すら、父とのあたらしい絆をつくる
よすがになっているような。

そんなことにきづかせてもらっている
春です。

ふ (2014/04/02 08:34:39 AM)

目印。   ふみ虫 さん
いとうさん

お待ちしています。
というか、
「わたしはいつも、ここにいます」
という目印の場所をつくれればと
考えています。

よろしくお願いします。

ふ (2014/04/02 08:36:33 AM)

そこから出発。   ふみ虫 さん
とまこさん

できることを全部する。

と意気ごんでいたころのことを
なつかしく思いだしています。
でも、できることは悲しくなるほど
少なかったのでした。

早く出社して電話をとる。
編集室の掃除。

そんなことくらいだったなあ。

でも、そこから出発したのは
たしかです。

ふ (2014/04/02 08:39:45 AM)

ゆるめてね。   ふみ虫 さん
たまこさん

わたしまで、「とまこさん」とやりました。
わかっていて……うっかり。

佳い4月を。

ときどきは、心身をゆるめてね。

ふ (2014/04/02 08:41:12 AM)

奇蹟。   ふみ虫 さん
くまはちさん

ああ、うれしい、たのもしいお便り。
どうもありがとうございました。

くまはちさんの人生と、わたしのと、
ふれあったことが「奇蹟」だと
わたしには思えます。
つながるかたちは変化しても、
その奇蹟は変わらない……。

今後ともよろしくお願いします。

ふ (2014/04/02 08:44:06 AM)

人の世に変わらぬものは変化のみ   ちぇりー さん
ふみこさま、みなさま、こんにちは。

年度替りのこのとき、関東地方はちょうど桜の開花と重なりましたね。淡い色した花たちが、新しいスタートとなる一歩をやさしく見守ってくれているように感じます。
以前、ふみこさまが、「なんでもないように見える一瞬で、ひとの人生は変わることがあります。」
とコメントに書いてくださいました。
まさしくそのとおりで、二年半前このブログをたまたま読み始めたことが、その後の私を変えました。思いもよらぬ大変化!
本当にありがとうございました。

そして、まだまだ修行中の身。ふみこさまの、そしてみなさまの、キラキラウキウキしたお話や、しんみり、じーんとしたお話をこれからも聞かせていただきたいと思います。
次のブログで、またみなさまに再会できますことを楽しみにしています。
(2014/04/02 12:39:23 PM)

変わらないと、ですね。   rantana さん
えーっ?!

新聞を読んでる時なんかに、自分が出す声で、自分の驚き度を再認識する私。
今日も、うふふ日記を閉じる、に反応して、早速「えーっ!?」
ああ、早とちりでよかった。幸い家に誰もいなかったし。

変態に続き、変わらないと、ですか。
自ら求め変わることの大切さ。
よ〜し!私も変わろう。
いつも何か企んで、
あの人、いつも楽しそう。
そんな風に変わろうっと。 (2014/04/02 05:08:47 PM)

Re:変わらないと、ね。 最終回(04/01)   くまころりん さん
ふみこさま
お久しぶりです。最終回なんですね。
変わらないと、ね。
そうですよね。なんだかこの春は、気候も気分も変わろうとせわしくて、自分がついて行けずにいました。
変わらないと、ね。ですね。私もいよいよ覚悟を決めて、歩き始めねば。ゆっくりと
ありがとうございました。
新装オープン楽しみにしてます。
(2014/04/02 08:59:29 PM)

七年間   マドレーヌ さん
ふみこさま

今回で最終回なのですね。
七年間だったのですね。

いろんな溢れる想いを言葉にするなら、ただただ感謝です。
たいへん、ありがとうございました。

お父さまのこと、ご冥福をお祈りいたします。
私は父を亡くして10年になります。
亡くしてから日ごとに、ほんと日ごとに、以前にも増して父を身近に感じるようになってきました。
古本にまつわることも、まるで父と共に活動しているような…。 (2014/04/03 11:47:42 AM)

Re:変わらないと、ね。 最終回(04/01)   テレジア さん
 ふみこさま 最終回だったのですね。時々拝見させていただいては、ふむふむと読ませていただきました。
 不登校の母です。昨年の6月から通信制の高校に変わって、この春から2年生になります。

 心配して怒ったりしても、粛々と時間は過ぎていき 娘は成長しました。もう見守るだけだな と。
 7年間ありがとうございます。そして、これからも 拝見します。 (2014/04/03 02:29:12 PM)

Re:変わらないと、ね。 最終回(04/01)   あすちるべ さん
ふみこさま こんにちは

桜が満開です。お母様はアフターファイブ、楽しんでおられますか?素敵なお母様だと思います。(余計なことかもしれませんが、お母様の足元にくれぐれも気をつけて差し上げてくださいませ。いつまでも自分の身の回りのことが自分でできて、元気で歩けるというのは何よりの宝物だと思います)

ぐうたらすぎた私が、生活するってどういうこと?と図書館の590あたりの棚で悩んでいたときにふみこさんの本と出合い、そうして、こちらのブログにたどり着きました。ここでいろいろ気づかせてもらって、私も少し変わったかな?
そうして、ふみこさんの「うまくいかないことも なりゆきを楽しむ」という言葉にずいぶん助けられています。

オレンジページは創刊当時から親しんでいる雑誌です。(創刊当時の全員プレゼント・・・だったかな?のキッチンタイマーも現役です。昨年末もプレゼントのコーナーでスープマグをいただきました。あ、手帖もです。ありがとうございます!)
ふみこさんとの場所を作ってくださって、ありがとうございました。

そうして、ふみこさん、新しい場所も楽しみにしています。 (2014/04/03 04:49:33 PM)

変態の季節   もも(^-^) さん
ふんちゃん

 ステキだなぁ。
 ふんちゃんご家族の関係も、変態してて、
 構成が変わったことに合わせて、進化をとげている感じがしました。
 しかも、とてもスムーズでやわらかい変態…。
 本当に、温かい気持ちになりました。 
 ブログもお引越しなのですね…。
 
 私も、新しい春です。
 新しい仕事で、新しく作り上げなければならないことばかりで、気持ちもドタバタ…。
 ゆっくりしなくっちゃ、と時々、ふんちゃんを思い出して、立ち止まる練習をしている今日この頃です…。

 変態の季節…。
 体調も、変化しやすくなると聞きました。
 どうぞ、ゆっくり、お大事にしていてくださいm(__)m。
 私も、「ゆっくり」、「速度を落として…」と呪文を唱えながら、やってみます(^0_0^)
(2014/04/03 08:06:49 PM)

春ですね…   コロコロ さん
ずーと 家事を相方に押し付け、仕事に出掛け,帰宅後ぼんやりして、早めの就寝でグダグダな生活をしてみましたが ちっとも楽しくありません。
そろそろ私に家事を返還してください!と宣言してみました。
4月1日に 嘘では無いんですが
口に出して言ってみると少しウキウキしてきました。
家事をやってもらってア・タ・リ・マ・エ・・・て
当然でしょ!と強気に思い込んでいただけで
実は毎日繰り返して楽しんでいた事を横取りされてしまって
(押し付けたのは私ですが(^_^;))
相方が楽しそうに家事をしてます。

もぬけの殻になってしまったのは私です。
冬眠中もいいとこで(笑) 

ふみこさまには 何度も毎日の暮らしの大切さ、面白さを教えていただいていたのに やっぱり眠っていたんですよね
そろそろ 小躍りしたくなりました。
春ですから 
ひとり暮らしに意欲的なお母様に負けてはおれませんから
私も少し動いてみます。
何か変わって来るかも・・・と少し期待して
私で在るために 


今後もふみこさまの新しい場所にご一緒させていただきます。 まずは 新しい空間へ 乾杯(^-^)人(^-^) 


(2014/04/03 11:48:11 PM)

変わりながらの日常   こぐま さん
ふみこさま。

ブログ、新しくなるんですね。楽しみにしています。
私も日々、変わりながらの日常を楽しんでおります。
休んでいた童話教室に4月から復帰しました。とても居心地がいいところで、癒されます。娘もバイト、がんばっております。息子は、就活中です。焦らずがんばってほしいです。
それぞれ変わりながらの日常です。

オレンジページは、結婚したとき、主人に教えてもらって買って読んでいます。24年間ずっと読者です。

では、またぁ。 (2014/04/04 07:30:58 AM)

お先にしつれー!   みぃ。 さん
ふみこさま 7年間、お疲れ様でした。
この場が終わってしまうのは淋しいことですが、
また新たな場所のスタートを、心待ちにしていまーす!

変わらないと、ね。

わたくし、ひと足お先に変わらせていただきました!
”無理をしないわたし”に変身です。
対人関係しかり、日々の暮らしもしかり。

そしたら、心も体もふわふわり。
とってもラクチンになりました。

変わることは勇気が必要な場合もありますが、
それによって、いろいろな事が起こることもありますが、
それでも変わってゆくことを恐れてはいけないのね。と、
実感しています。

わたしの場合、まずは、自分が健やかでいること。
これが一番たいせつなことだと思っています。

そんな訳でふみこさん、お先にしつれー! (2014/04/04 03:59:43 PM)

一途。   ふみ虫 さん
ちぇりーさん

「その後のわたしを変えました」
ということの、こちらも「連続」であります。

ちぇりーさんにも、
変えていただいたと思っています。

同じ場所にとどまっていられないさびしさと、
変わってゆくことの恵みのあいだを、
ひとは一途にゆくんだなあ。

ふ (2014/04/05 09:16:31 AM)

おもしろがり。   ふみ虫 さん
rantanaさん

それでは遠慮なく書かせていただきます。

rantanaさんは、いつもたのしそう。
おもしろがり。

そんなふうに歩いてゆきたいです、わたしも。

ふ (2014/04/05 09:18:19 AM)

ゆっくりね。   ふみ虫 さん
くまころりんさん

その時時の速度で、
すすんでいるんだと思います。

くまころりんさんが
ついてゆけないと感じたのは、
「その場」につよくひきつけられて
いたからじゃないでしょうか。

ゆっくりゆきましょう。ね。

ふ (2014/04/05 09:21:48 AM)

さやかに……。   ふみ虫 さん
マドレーヌさん

おとうさまに導かれての、
またご一緒の、古本のお仕事だったのですね。
いまのわたしには、その道がさやかに
見えるようです。

7年間、どうもありがとうございました。

ふ (2014/04/05 09:24:05 AM)

おめでとう。   ふみ虫 さん
テレジアさん

2年生おめでとう!ございます。

学校がすべてではないけれど、
進級の緊張、おもしろみ、
友だちとのあれやこれやは、
輝くエッセンスですね。

わたしたち親も、進級です。

お互い、おめでとう、です。

ふ (2014/04/05 09:27:01 AM)

学びつつ。   ふみ虫 さん
あすちるべさん

母のことでは、
いろいろな学びがあります。
大人の勉強です。
ひとの尊厳についても、学びました。

ちょっと進級しました、わたし。
やっとのことで。

足元のこと、わかりました。
離れて暮らしているので、
母にもよくよく伝えます。

ありがとうございます。

ふ (2014/04/05 09:31:42 AM)

光のなかで。   ふみ虫 さん
もも(^-^)さん

これほどまぶしさを感じた春も
なかったかな、と思うほどです。

光のなかで、
あわれないあわてない……と
自分に云い聞かせています。


(2014/04/05 09:34:22 AM)

小躍り!   ふみ虫 さん
コロコロさん

まあ、なんて素敵。
そんな時期を経ての「小躍り」です。

わたしもじつは、
ちょっと復帰という思いがあります。
日常がもどってきて、
うれしく家のなかで動いています。

土曜日は少し、呑気にしようとも
思っています。

ふ (2014/04/05 09:37:40 AM)

明るい気持ちで。   ふみ虫 さん
こぐまさん

こぐまさんは、何があっても、
いつも、明るくていいなあ……。

明るさはどこかから降ってきたりはしない。
こぐまさんが、
ご自分でつくっているのですよね。

わたしもみならおう!
と思います。



(2014/04/05 09:40:30 AM)

待って待って。   ふみ虫 さん
みぃ。さん

待って待って。
わたしも、あとにつづきます。

けれどね、
「無理をしない」というのは、
わたしにとって、たいそうむずかしい
宿題です。

でも、あとにつづきますとも。


(2014/04/05 09:42:37 AM)

続け続ける   CITRON さん
ふみこ様

7年間のうふふ日記を閉じられるとのこと、
長い間おつかれさまでした。

この7年は私にとって「改革の時代」でした。
心が暗い地中をさまよっていた時、
図書館で出会ったふみこさんの世界に
どれだけ救われてきたかわかりません。
そして、ここで出会えた時の嬉しさといったら。
初めてメッセージを送信した時のドキドキ感。
お返事を載せてくださった時の感動。
奈良の講演会で、参加者として
初めて間近にお目にかかった感動。
勝手ながらではありますが、
様々なお気持ちを共有させていただける喜び。

ふみこさん
本当にありがとうございました。
いつまでも「随筆家山本ふみこ」ファンの一人として、
応援しています。
お引っ越し先の工事完了を心待ちにしています。
オレンジページ様ありがとうございました。

ふみこさん、ふみこさんのお母様、
ここへ参加の皆さんとともに、
私もまた一歩しっかりと踏み出したいと
決心しました。
(2014/04/05 09:48:17 AM)

たくさんの、ありがとうございます   な こ さん
ふんちゃん

「たのしいのは、大変」

物事が持つ、相反するような面をわかる
わかろうとする

ふんちゃんに、そういう捉え方、見方を、ご本やブログを通して教えて頂きました。
そしていつも、そういうふんちゃんの感覚を、
好きだなあ、素敵だなあと感じていました。
わたしも(ちょっとでも)近づけたら…という思いで過ごすなかで、
大変 のなかにも、たのしいこと、面白いことがあるんだと、少しずつ、踏ん張ることができてきたように思います。

お忙しいにも関わらず、こちらでいつも下さるお返事を拝見して、感激し励みにしておりました。
ほんとうにありがとうございました。
思い切って初めてこちらにお便りしたとき、
わたしは変わりたかったんだなあと、今振り返ると気付きます。

わたしもここ二、三年の間に、
両親や義父母の暮らしを助けるということにおいて
とても大きな変化と、必要が生じました。
いま、様々なことの学びの日々で、未熟な自分が試されているなあ、と感じながら暮らしています。
ご実家への道程を、きつい坂もペダルを踏み込み、自転車でびゅん、とゆくふんちゃんの姿を思い浮かべて、今日もパワーをたくさん分けて頂きました。
ありがとうございます。
そして、長女さんの黄色い小菊やお母様のお抹茶、ふんちゃんのお花畑のお帖面などに、そこに込められた思いを感じて、
わたしには、出来るのにやっていないことがまだまだたくさんある、と気付かせて頂きました。
いま出来ることを頑張ろう、そうして一歩一歩前に進んでいこう、と思います。

この素敵な「場」が閉じられることは、すごく寂しいです。が、長い間続けてくださり、わたしにとってかけがえのない時間を頂いてきたことに感謝の気持ちで一杯です。
それから、あたらしい「場」の始まりを、楽しみにしています。教えてくださった題名から、そこでは何が待っているのかな、とわくわくしています。

ふんちゃん、
たくさんの役割に、お忙しく過ごしておられる毎日、どうか、どうか、お身体大切になさってくださいね。
たくさんの、ありがとうございます、と、
(生意気なようで畏れ多いのですが、心からの)エールを込めて。 (2014/04/05 09:55:43 PM)

Re:変わらないと、ね。 最終回(04/01)   田樹子 さん
初めて拝見しました。
そして最終回でした、、。(^_^)
そのことに何だか逆に、新しいきもちをいただきました。
うちはもうすぐ引っ越しします。
四人の子と夫と共に。同居していた姑と離れて。
とっても、狭ーいところに住んでいたんです。
姑とは、きっと新しい付き合い方ができると思います。

そうですよね。
そう、します。 (2014/04/05 10:15:30 PM)

これからの   寧楽☆ さん
ふみ虫さま

おかあさまのこれからを
見守るみなさんの心を
あたたかくて素敵だなと
思いながら読みました。

新しい場所のことも
楽しみにしています。

うふふ日記、
ここからの繋がりはとても大切な
ものになりました。

ありがとうございました。

春爛漫の花冷えの日に。
(2014/04/06 10:10:50 AM)

ありがとうございました!   焼き海苔の の さん
ふみこさま

私はやっぱり、このブログを通じてふみこさんと
こうやってお話できたことが一番うれしかったです。
会いたい方には会えるんだなぁと。

年をとるにつれて、変化がこわくなってきました。
でも、以前は変わること、新しいことはワクワクするものだったはず!
そういう気持ちを思い出して、この春を私も過ごして
いきたいと思います。
(2014/04/06 03:53:10 PM)

誓いのことば。   ふみ虫 さん
CITRONさん

力強いおたよりに、
じーんとしております。

7年間のCITRONさんの歩みも
思われます。
改革の時代。
そう云い切れるだけの歳月を
うらやましくも、
まぶしくも、思います。

生きてゆこう、一所けん命に。
と、誓っています。

ふ (2014/04/06 09:37:37 PM)

覚悟。   ふみ虫 さん
な こさん

たのしいこと、おもしろいことをするのは
楽じゃない……と気づいたとき、
ひとつの覚悟が生まれました。

ときどき傾いたりもする「覚悟」
なのですけれども、ともかく。

暮らしてゆくというのは、
生半(なまなか)ではないなあという視点は、
わたしたちをつよくします。ね。

おたより、ありがとうございます。
うれしかったです。

ふ (2014/04/06 09:47:44 PM)

輝きに満ちている。   ふみ虫 さん
田樹子さん

いらっしゃいませ。

なんていいタイミング。
これからもよろしくお願いします。

そうですとも。
あたらしいことがたくさん生まれます。
わたしたちが考えている以上に、
人生は輝きに満ちています。ね。

そのことをたしかめたしかめ、
ゆきたい……です。

ふ (2014/04/06 09:50:08 PM)

父の子、母の子。   ふみ虫 さん
寧楽☆さん

父も母も、
まだまだわたしに、
あたらしい学びを用意してくれます。

おとなになったと思いかけていたのですが、
いま、父の子、母の子なんだわ、わたしは。
というのが、実感です。


(2014/04/06 09:53:24 PM)

佳い春を。   ふみ虫 さん
焼き海苔の のさん

「オレンジページ」に
この場を提案されたとき、
えー!と思ったのでした。

ところが、ここはインターネットの
世界ではあるのですが、
どこまでも「ひと」と「ひと」の
やりとりでした。
「あなた」と「わたし」。
「の」さんと「ふ」。
「わたしたち」。

そのことがありがたかったなあと
感謝しています。

佳い春を。

ふ (2014/04/06 09:57:30 PM)

ありがとうございました   大野 春 さん
山本さん 
大野です

ふみこさんを見つけてくれたゆかちゃんに
ふみこさんのブログのことも教えてもらったのでした。
コメントにお返事をもらって
飛び上がりそうになったのは
がんセンターの病室でした。
あのころけいごは 一年生で・・・

明日 盲学校中学部に入学します。
同級生は二人。
寂しいな、と思ってしまったら、いけませんよね・・・

母がしめていた帯をしめて、着物で出席しようと思います。

こちらのブログのおかげで 
高松でふみこさんにお会いする事ができました。
たくさん 励ましていただいて
感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

(2014/04/07 09:49:36 AM)

おめでとうおめでとう。   ふみ虫 さん
大野 春さん

圭梧さん、中学進学おめでとう。

寂しいですって?
あはははは。
妬まれないように気をつけましょう。ね。

少数精鋭の、中学生です。
(こっそり覗きに行きたいなあ)。

この場所があったおかげで、
たのしかったね、大野さん。
これからも、ときどきいらしてくださいね。

佳き春を。
とびきりの春を。



(2014/04/07 11:02:03 PM)

ありがとうありがとう   みゅー さん
こんにちは、ふみこさん、みなさま。
もっと早くにふみこさんに
このメッセージをお届けしたかったのですが
こんなに遅くなりまして、ごめんなさい。
ふみこさん、このブログを通して本当にかけがえのない時間を過ごさせていただきました。
本当にありがとうございました。

いつも暖かいお返事もいただいて
本当に嬉しくて!

そして、みなさまにもお会い出来て
嬉しい限りです。

ふみこさん、また新しい場所に
またお邪魔させていただきたいと思います。

今までありがとうございました。


もう桜が散り始めましたね
黄色のヤマブキや、小さなタンポポ、タラの芽、ふぐり、
たくさんの色が溢れる季節ですね!

ふみこさん、また新しいドア、私も開いていこうと思います。
ふみこさんもどうか、お身体には気をつけてくださいね。
素敵な空間ありがとうございました。 (2014/04/14 10:51:29 AM)


© Rakuten Group, Inc.