560041 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Blowin' in the Wind

PR

全80件 (80件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

バッチフラワー

2014.11.25
XML
カテゴリ:バッチフラワー
 午前はamigo産後クラス。
 バランスボールとヨーガ。そしてバッチフラワーレメディを
お伝えする。
 今日のクラスは蠍座さんが多い多い。

 蠍座さんはとくにクリスマスまでに断捨離しとくと
次の新しいステージに身軽に行きやすいよ〜とアナウンス。

 蠍座のレメディ、チコリーのディープな個性もお伝えすると、
「わかるわかる」と頷く若き蠍座母たち。

 こんな世界もある。
 目にみえないエネルギーだけど、
わたしたちはそのエネルギーで突き動かされるように生きることもある。

 ひともフラワーエッセンスもエネルギー。

 わたしたちのたましいもエネルギー。

 生きていればエネルギーが停滞することもある。
 そんなときに、すっと意識の奥深くに入って、
エネルギーを動かしてくれるもの。

 良いほうへ。
 自然に在るように。


 午後は地元でバッチクラスを。

 1歳になる歩き始めの子にウォルナット、
風邪が流行りだすのでネガティブなものから断ち切るためのクラブアップル。
 そして彼の月の星座のレメディ、インパチェンスも添えて。

 今日はフラワーレメディのカードも利用しながら、
オリジナルボトルを作成。

 表層意識ではチェックしなかったカードが出て、
お話を聴くと、まさにちゃんと直感で良いレメディを択んでいる。

 これまで取ったことのないレメディも出てきて、
これもまた新鮮。

 初めてバッチに触れるひともいて、
こんな世界があるんだ〜と好意を持ってくださった。

 そう、わたしたちはエネルギー。

 自然に、自然な方へ、明るく、真摯に、
世界と融合できるように。

 ボトルの感想をお聞きするのが楽しみ。


 わたしは前世でヒーラーだったらしいんだけど、
得にバッチフラワーには親和を覚える。

 懐かしい、ともだちのように、いつも寄り添い助けてくれる。

 なんだか自分がちいさくなってたり、
エネルギーがこもっているとき、
不安に駆られているとき、
へっとへとなとき、
自分が大嫌いなとき、
新しいステージに向かうとき。


 いつだってバッチフラワーはあなたのともだち。






Last updated  2014.11.25 22:20:53
コメント(0) | コメントを書く


2013.08.29
カテゴリ:バッチフラワー
 14歳の不登校の男の子に、
月1、2度バッチのボトルを作っている。

 不登校になると昼夜逆転しがちなのだけれど、
彼は朝ドラの「あまちゃん」が観たいがために、
なんとか8時には起きてくる。

 「あまちゃん」は大学の同期の宮藤くんが書いているドラマ。

 我が家も「あまちゃん」のない日曜日はちょっと気が抜けるほど、
毎朝楽しみにしている。

 宮藤くんが生み出している作品のエネルギーが、
巡り巡って、会ったこともない少年の支えになっている。

 朝起きるきっかけになっている。

 少年の家族は、
状況を見守り、美味しいご飯を作り、
いつか明けるだろう夜明けを待ち、
肚をくくってそばにいる。

 美味しいご飯を食べられて、
夜眠り、支えてくれる家族がいて、
フラワーエッセンスをとっている。

 あとは回復を待つだけ。

 落ち続けているのもパワーが必要。
 底をついたらもう上がってくるしかない。

 宮藤くんのように、
この世界の大人がいい仕事をしていたら、
そのエネルギーは世界をぐるっと回って、
誰かのちからになる。

 そんな仕事をし続けたい。






Last updated  2013.08.29 09:04:04
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.02
カテゴリ:バッチフラワー
 いろんなストレスはある。


 ここ2か月くらい、
のどに何か留まっているような感覚があって、
なかなかすっきりしなかった。

 まだ名残はあるんだけどね。

 のどに細菌が入ったりだとか、
風邪気味だとかいろいろ言えるんだろうけれど、
わたしののどはまさに自己表現の場所そのものだから、
言いたいことが言えてない、そのストレスに他ならない。

 伝わらない、つながれないストレス。

 だけどさすが歳はとるものだ。

 こんなときは、問題そのものの渦中からひとつ間を置く、
という技も身につけられるようになった。

 おまかせして、流れのまま、待つ。

 昨晩、のどがカチッと何か外れた感覚があった。

 何かが抜けていったのね〜

 助けてくれたのは、フラワーエッセンス。

 そして友の存在。

 バッチフラワーは、
自分自身を置き去りにせず、
これも自分だし、それも自分、と
ひとつひとつの感情をこぼさずすくってくれる。

 ひとがこんなに愛おしいと思えるのは、
人生で出会ったきたひとたちと、
バッチフラワーのおかげだ。


 フラワーエッセンスのセッションをご希望の方、
声をかけてくださいね。






Last updated  2013.07.02 07:34:19
コメント(0) | コメントを書く
2012.11.24
カテゴリ:バッチフラワー
 誕生日の夜、
ワインやらチーズやら金一封やらいただいたのだけど、
娘からのアーモンドチョコに添えられた手紙にやられた。


 読み始めて、
あ、やばい!泣きそう!となったので、
後でこっそり読んでやはりちょっと泣いてしまった。


 ママへ

 いつも家事や仕事をがんばってくれてありがとう。
 きんろうかんしゃの日とたんじょう日を合わせて
おいわいします。

 ママたちがはたらいてくれているから
みるたちは学校や毎日ごはんを食べていけるので
しあわせです。

 毎日ママのおいしいごはんが食べられるのも
ぜんぶママのおかげです。

 ママこれからもがんばって働いて
みるたちをささえてね。

 (おうよっ!)

 みるが大人になったら今度はママをささえていくよう
がんばるからね。
 ママ、みるをうんでくれてありがとう。

 これからもながいきしてね。


      みるより


 実は誕生日の朝、
実家の母に電話をしていた。

 で、わたしが言ったのも、
「産んでくれてありがとう。
 去年も幸せだったけど、いまはもっと幸せだよ。
 大学に行かせてくれたからいまの家族を持てたから」
 というようなこと。

 だから娘から手紙をもらったときに、
あ、言葉がまた自分のもとに還ってきた、
とびっくりしたのだ。


 ちなみに、娘は月の星座はさそり。
 ディープな愛。
 スキンシップ好き。
 
 バッチフラワーでいうと、チコリー。

 チコリーのネガティブは見返りの愛。
 
 そしてポジティブは、無償の愛。

 娘は自分の胸と手にある愛を、
わけへだてなく縁あるひとたちに注ぐ。

 娘をみていると、
チコリーの+の良さが実によくわかる。

 家族を愛してくれる娘のことを、
わたしも主人も「神さま」と呼んでいる。

 その主人、
「この手紙、いやみ?」
と笑う。

 この手紙のもらった日のお昼ご飯は、
赤いきつね!
 
 ちなみにわたしは緑のたぬきが好き。

 子は母と一緒ならば、
赤いきつねも美味しく感じるのだ。

 それはね、もちろん、母もだよ。






Last updated  2012.11.27 20:01:22
コメント(0) | コメントを書く
2012.10.05
カテゴリ:バッチフラワー
 38種類のバッチフラワーレメディを、
テーマ別に、身近で具体的なケースを通して
お伝えしていくクラス。

 フラワーレメディは、
ひとのネガティブな感情に作用し、
潜在意識で抱えている問題に働きかけ、
その裏にまだ隠されたままの光にフォーカスしていく、
自分のセンターとつながるためのレメディ。

 オリジナルのボトルを作ってもらうのもいいけれど、
いっそ家族や友人、そして自分自身の最大の理解者に
なってみませんか。

 バッチの精神は、
ネガティブな感情は使い方が誤っているだけで、
それはあなたの良き個性につながっているということ。


 ネガティブな感情を見つめてしっかりもがく。
 自分自身を許したり、勇気をこめて生活するなかで、
自分の中にある頑さや恐れ、恨みを越えていく。


 そのときに自分だけの人生の花が咲くのです。

 10/15(月)のテーマは、「恐れと不安」

 5種類のレメディを通して、
恐れと不安にも様々な背景があるということ。
 それをお伝えしていきます。

 不安、といえばミムラス。
 いまは社会全体がミムラスなムードです。
 うっかりすると自分もその波にのまれがちですが、
不安なときは、その正体を言語化、または見える形にするのです。
 それが見えてきたら、不安な情緒を安定化させるために、
行動を起こします。
 そのためのエッセンスをお伝えします。

 具体的な原因がわかっている不安はミムラスですが、
生まれもって繊細で自分と他者との間を隔てる殻を
持ってこないひともいます。

 漠然とした不安にはアスペン。
 
 おばけが怖いのはミムラス。

 原因のわからない、根拠のない不安にはアスペンです。
 
 このひとはとてもつらいです。

 狭い所が苦手で、
わたしのクラスに来るまでのエレベーターも、
とてもどきどきしてしまう、という方がいました。

 前世というものはみたことがありませんが、
何かつらい遠い日のかなしみがうっすら残ったまま
なのかもしれません。

 その方がアスペンをとったら、
数日間、死にたくて死にたくて、
ずっと泣いて過ごされたそうです。

 そのかなしみや苦しさが、
表面にぐっと上がってきたのでしょう。

 幸い彼女のことをよく理解されている
ご主人がしっかり見守っていて、
数日後、あのつらさが信じられないほどに
なくなったそうです。

 そしてそれからひと月して、
お腹に新しいいのちが宿りました。

 
 パニックに対する恐れもありますね。

 静のパニックと、動のパニックがあります。

 ロックローズは、
「固まる」「フリーズする」
チェリープラムは、
「キレる」

 ロックローズは神経質で繊細なひと。
 刺激に敏感に反応します。
 呼吸も浅くなりやすいので呼吸を整えたり、
規則正しい生活を心がけることも大切です。

 チェリープラム。
 例えば、DV。
 ストレスがかかると買い物し過ぎたり、
過食を招いたりします。
 女性は生理前のPMSで起こったり。
 チェリープラムの背景は自制心が働かなくなることから
起こります。
 さて、なぜ自制心と関わりがあるのでしょうか。
 その背景をお伝えしましょう。


 さぁ、何も問題ないんじゃない?
誰に迷惑かけてるの??というレメディがあります。

 レッドチェストナット。

 愛する人への過度の心配。
 これはちょっと心配性なだけじゃない、
と思われがちですが、
心配を注がれる相手にはどうにも迷惑なのです。

 想像してみてください。

 自分が誰かから始終心配されていたら。
 すごいストレスですね。

 母子関係や、夫婦関係、子弟関係にも
見られます。

 これは、暇なひとほど陥りやすく、
他者を心配することで、自分の存在意義を見いだし、
なんとかバランスをとっている状態です。

 さぁ、その背景にあるものは?
 
 バッチフラワーのすてきなところは、
ネガティブな感情に、花の名前がついているところです。

 ちょっと愛らしいじゃないですか。

 恨みにはウイロウ(やなぎですね)
 不信感や嫉妬にはホリー(ひいらぎですね)
 倒れてもまだ頑張ろうとするオーク(頑になりがち)
 自分のことばかりしゃべってしまうヘザー(ヒースやエリカ、とも)

 あぁ今わたしの胸は実母へのウイロウでいっぱい、とかね。

 
 自分自身の有り様が、
とてもわかるようになってきます。

 自分自身とだいじなひとたちの、
最大の理解者になってくださいね。

 その胸にはちゃんと光があるのです。

〜バッチフラワーベーシッククラス第1回〜


10/15(月)午後1〜3時半
費用:2,500円
   オリジナルボトル作成希望の方は別途1,500円、
   ボトル持参の方は1,000円

場所:調布市文化会館たづくり11階1101号室
持ち物:飲み物、筆記用具

お申し込みはこちらから

お会いできることを楽しみにしています。
 


 
 






Last updated  2012.10.05 17:22:19
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.06
カテゴリ:バッチフラワー
 クラニオセイクラルのトラウマワークのときに、
一緒にペアを組んだしーちゃんがこんなことを言っていた。

 自分を見つめ直すことをやってきて、
もう大きなトラウマはないんだけど、
魚の小骨のようなのがひっかかっていて、
他はとてもいい状態になっているから、
なおさらそのちいさな違和感が気になる

 というようなこと。

 少し前に夢をみて、
どうやら自分を縛っていた罪悪感が抜けた感じがしていた
のだけれど、それはいろんな意味で軽やかさだとか、
普通さを取り戻してくれている。

 たとえば、
セックスもそうなのだ。

 すばらしいものだということも
うんと分かっていたはずなのに、
やっと、やはりすばらしいものなのだということを、
感じることができた。

 こんなのは個人の感覚でしかないけれど、
たかだか小骨といえど、いろいろに波及する。

 フラワーエッセンスを飲み続けていると、
あるときこんな瞬間がやってくるのだ。

 あれ、抜けた、という瞬間が、
鮮やかにやってくることが。

 とりあえず、
これで夜のプレッシャーはなくなるのかなぁ〜〜〜?


 






Last updated  2012.09.06 07:03:54
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.04
カテゴリ:バッチフラワー
 二日間、
立て続けに、大学時代に傷つけてしまった男の子二人、
夢に出てきた。

 卒業してから20年(すごい、こどもが成人してる)、
ひとを傷つけたし、自分をも傷つけた。

 その傷は、20年も心の底に潜み、
やっと(おそらく)リリースされたのだ。

 死ぬまで持ち続ける傷もあるのだろう。

 感じたのは、
自分自身を赦すことが、
実は一番大変なのだ、ということ。

 あ〜〜〜〜〜〜、
深いわぁ〜〜〜〜〜〜〜






Last updated  2012.09.04 15:39:02
コメント(0) | コメントを書く
2012.06.23
カテゴリ:バッチフラワー
 ワークショップで伝えたかったことを、
ニューズレターに書き留めました。

 ご参加くださったみなさん、
本当にありがとう。
 わたしもまたかけがえのない時間を
いただきました。
 ありがとう。 
  


  産後の悩みのご相談をいただくことがあります。

 ゆっくり過ごすことが恐くて、
毎日どこかしらに出かけて疲れてしまいます
 

 スケジュールに空白があると埋めたくなるひとも、
産後に限らずありますね。
 この方の「どこかしら」というのは、
ここではないどこか。今自分がいる場所にはいられないのです。

 「ここではないどこか」に行きたくなるのは、
「今ここにいるわたし」を直視したくないから。
ありのままの自分を、そのままで好きになることができない。
 だから何かで埋めようとしてしまうのですね。

 わたしは何をしていきたいのか分かりません
という悩みも多いです。

 バッチフラワーでいうワイルドオートの状態です。
 学生時代を経て就職し、仕事や恋愛をし、結婚、妊娠出産。
 ここまでは、人生の敷かれたレールに乗っていたのですね。
 あまり自分自身のことも見つめなくても、
なんとなく生きることができた。

 出産を機会に仕事を辞める方もいます。
復職される方はまた戻る場所があるけれど、
前者は自分自身でレールを作っていかなければいけません。

 自分自身がない、というのはとても嫌な感覚です。

 何か手応えのあることをしなくてはと、
焦り、短時間で取得できるような資格をとってみたり、
逆に家族を必要以上に心配して心配することで
自分の存在意義を見いだそうとします。

 ですがそれはとても虚しい。
 
 本当にこれをしたい、自分が何をしたいのか、
それが分かるかどうか、ひととして、最もだいじなことです。

 これを、自分の芯、と呼びましょう。

 自分の芯がないと、
人生の折々の変化の際に他からの影響を受け過ぎて、
エネルギーを消耗してしまいます。
 傷つくことも多いでしょう。

 どうしたら自分の芯を作っていけるか。
 まずはしっかり迷うのです。
 
 迷うことに目を背けず、
迷っている自分をだいじに温めるようにちゃんと受けとめます。
 これは長期戦です。
 しかし、悩みを持ったことは自分の芯につながるはじまりです。
 新しいレールを自分自身で作る、そのはじまり。
 
 ひとは悩むとエネルギーが枯渇します。
 まずは生活を立て直します。
 シンプルですが、運動、からだのケア、食事、睡眠です。
 エネルギーの補給ですね。

 そして、
毎日の生活の中のひとつひとつの選択を、吟味します。

 例えば、買い物ひとつにしても、
その時の自分の感情の動きを大切にします。
買い物は、ストーリーのある買い物をしましょう。
安いからでも、高いからでもなく、
あなたが最も求めているもの、
あなたの気持ちを幸せに満たしてくれるもの、
だいじなひとのことを思い、
その買い物に愛情があるかどうか、
ひとつひとつの選択を吟味して、
お金で対価を払う。

 お金はエネルギーです。
 愛情を添えてお金を使うと、
お金からも愛される、ひとと同じですね。
 
 ちいさな日常の選択のひとつひとつが、
自分の好きな自分に近づいていくレッスンです。
 わたしたちは毎日、いろんなことを決めています。
 自分の芯につながった選択の積み重ねが、
自分が何をしたいのか、という答えにつながっていくのです。

 バッチフラワーのテーマは、
全てのひとは自分自身のリーダーであるということ。

 これは、自分に対して責任を持つということ。
自分の望みと幸福に対して責任を持つ。
 バッチフラワーでは、
自分の魂の欲求を満たすことがわたしたちの仕事、と捉えます。

 だけどわたしたちは相手の魂の欲求を満たそうとしがち。
ひとに尽くすことで、自分の存在価値を見いだそうとする。
無償の愛でする行為ならもちろんすばらしいけれど。

 まずは、「わたし」から。

 他のひとたちの期待や役割に対する責任に応えるのは、
わたしを満たした後でいいのです。
 自分が引き受けるのは、
自分の果たせる範囲の責任だけ。それ以上でも、以下でもなく。

 あなたが幸福ならば、
あなたから数えて3番目のひとの幸福度は
6%上がるという統計があります。

 例えば、あなた、あなたのパートナーが1番目。
パートナーの会社の同僚が2番目。
パートナーの会社の同僚のこどもが3番目としましょう。
 あなたが生活の中で幸福を感じていると、
あなたのパートナーの会社の同僚のこどもの幸福度が6%上がります。
6%の幸福度アップをお金で例えると、
いまよりも年収が100万円上がったら幸福度は2%アップ。
つまりそれ以上ということになります。

 あなた自身が、
からだ、心、人間関係、お金や仕事に幸福感を感じることは、
あなただけの問題ではないということ。
わたしたちは影響しあっています。
ひとりひとりが自分の芯につながって、
幸福を感じて誰かとつながること、
それが、震災以降も生きている、
わたしたちの心のたしなみ、じゃないかと、
ふと思うのです。

 あなたは、あなたのリーダーなのです。






Last updated  2012.06.23 18:14:28
コメント(0) | コメントを書く
2012.06.16
カテゴリ:バッチフラワー
 雨でこどもたちのいろんな行事が延期延期でそれもまた大変。

 しかし晴耕雨読はとてもすてき。

 22日の人生とお金のワークショップのレジュメのチェックを
していたら、古いバッチのノートからこんなメッセージが。


 全てのひとが自分自身のリーダー。

 バッチフラワーの基本。

 自分に対して責任を持つ。

 自分の魂の欲求を満たすことに責任を持つ。

 他のひとたちの期待や役割に対する責任に答えるのは
その後でいい。

 相手の魂の欲求は満たさなくてもいいのです。

 
 私が引き受けるのは、自分の果たせる範囲の責任だけ。
 (これは、バッチでいうところのエルムのメッセージ)

 
 わたしたちは何かをやろうとした時に、
はじめにそれができない言い訳を探してしまう。

 それをクリアにする。

 言い訳は、シャドウ。

 自分の中にある罪悪感。

 みんなが自分の幸福に対して責任を持ったとき、
この世界は変わる。

 昨日美味しい薬膳カレーとともに
こぶたラボのライチさんとおしゃべりしたのも、
そんなことだ。

 (愛らしいお花もいただいた、潤いをありがとう!)

 (そして薬膳カレーby パンノメ、すばらしかった!)

 ライチさんは主体性をだいじにひとを育てている。
 新しい世代に引き渡すことのできるプログラムを、
自ら日々実践し学び、伝えながら。

 みずみずしくて、豊かで、満たされ、
自分のセンターとこの世界がつながっている自己肯定感と
ともにあり、うつくしさとともにある、一人一人が。

 うつくしいものを手渡したいな、と切に願う。






Last updated  2012.06.16 11:43:04
コメント(2) | コメントを書く
2012.06.08
カテゴリ:バッチフラワー
 今年で何度目になるかしら。

 また夢の中で死にました。

 今回はわたしではなく、
娘とその下の娘(仮)

 娘という象徴は、
無償の愛だと勝手に推察。

 現実に惜しみなくこの家族や出会うひとたちに愛情を
与えてくれるひと。

 彼女は神様からのギフトだと主人と認めているものね。

 チコリーやホリーのポジティブって、
こんな感じなのかな、とも思う。

 かといって彼女がチコリー的ネガティブになることは
まだないのだからなんとも言えないのだけど。

 しかし他者のチコリーをくすぐるかもしれない。

 しかし娘がふたりも亡くなり、
やはりもう一人産もうかと悩むあたりで、
あ、これは夢か、と俯瞰モードになった。

 実際に夢の中では10か月くらいの赤ちゃんがいたから、
まるで孫のような愛情を感じていた。

 起きてこうしている今も、
あぁ、産めることができたら幸せだなぁと
かなり本気モードだ。

 43になろうとしている齢だから
潜在意識の中でもう産めなくなる寂しさ、
みたいなものがあるのかな。

 なぜ夢を見たかといえば、
昨日バッチの師のまりさんのワークショップに参加したから。

 「人生とお金のワークショップ」

 もう数回取り組んでいるけれど、
その度に発見があって、
わたしの問題はあとお金に対する罪悪感だけなので、
そういえばだいぶ変わったなと振り返ることができた。

 面白くてツボにハマって胸にもすっと入ってくるんだけど、
「お金の取り扱いは人間関係の取り扱いとリンクする」
ってところが、実にハマった。

 自分自身の、
頂けるお金も、出ていくお金もご自由に~
という、来る者は拒まず、去る者は追わず的
人間関係。

 知り合いの、
すべて自分が把握して計画通りにお金を管理したいタイプは、
突発的に何か起こったときに弱そうだ。

 お金は愛のエネルギー。

 お金に対して漠然としか考えてこなかったひとは、
6/22の金曜日、調布にて「人生とお金のワークショップ」
を開催します。
 午前は満席で、午後はあと2名ほどお席があります。

 自分の人生観がこれでもかと浮かび上がります。
 ちょっとどきどきするかもしれないけれど、
腑に落ちることも満載です。

 お金は愛のエネルギー。

 お金に対する意識を変えたいひと、
もやもやをクリーニングしたいひとはどうぞ。

 会えることを楽しみにしています。

 







Last updated  2012.06.08 06:05:30
コメント(0) | コメントを書く

全80件 (80件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.