1215524 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メシ食う俺もすきずき

PR

Category

Calendar

Profile


慎之介64

Archives

Favorite Blog

ponponとさか… New! 晴れ太935さん

あることを忘れてた New! matsu-kuniさん

知多方面のさかな村… New! ponpontondaさん

久しぶりアジ Nori1022さん

ピンクラパンのひと… ピンクラパンさん

Comments

慎之介64@ Re[1]:千鳥足(02/22) New! サカエさんへ 若いころはどうやって家に帰…
慎之介64@ Re[1]:千鳥足(02/22) New! ponpontondaさんへ 九州は鶏文化なので、…
慎之介64@ Re[1]:千鳥足(02/22) New! matsu-kuniさんへ 飲酒量は歳とともに落ち…
晴れ太935@ Re:カレー(02/23) New! どうやったら22kmも走れるの?! 今日…
matsu-kuni@ Re:カレー(02/23) New! 22kmって、シレっと書いてるけど、やっぱ…

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2007.03.16
XML
カテゴリ:飯に関する諸々

俺は福岡市内の出身と言っても端っこのそのまた端っこで育ったから、
俺が子供の頃には、家の回りは一面ブドウ畑だった。

そして、俺の同級生には養鶉(ようじゅん)場の息子なんかも居たわけだ。
今なら鳥インフルエンザとかで絶対に無理だろうけれど、昔のことだから、
そいつの家の鶉小屋に入りこんで日がな一日ウズラを追い回して遊んでいたものだ。
子豚も子牛もウズラのヒナもヒヨコも可愛いんだぜ。

子豚なんて臆病者だから、豚小屋に入り込むと蜘蛛の子を散らすように逃げていく。
でも、好奇心旺盛だから5分も小屋の中でじっとしていると、
みんなでそろそろと寄って来て、足に湿った鼻を押し付けて来る。

その頃は俺もまだすね毛のない足で半ズボンだったから、
足に湿った鼻を押し付けられると「ひぃ~」と叫び声を上げてしまう。
そうすると子豚はまたわらわらと逃げていく。1日やっていても飽きないよ。

なんでこんな話になったかと言うと、
昨日皆さんから長芋のとろろにウズラの卵がないのは寂しいと指摘された。
そこで今日ウズラの卵を買って来た。

ウズラの卵.jpg

右はウズラの羽根(これを何に使うかは多分マニアしかわからないと思う)


俺が子供の頃に養鶉場の息子に聞いた話だから本当か嘘か知らないが、
このウズラの卵の模様は一羽一羽違っていて、ずっと変わらないらしいものらしい。

ちなみに子供の頃、ちょっと山に上がれば普通に見られた野生のウズラも、
今や環境省レッドリスト(リンク先はPDF)の準絶滅危惧種になってしまっている。



冷シャブ.jpg

今夜はこんなに寒いのに、豚肉が安かったから冷シャブにした。






Last updated  2007.03.16 20:56:00
コメント(8) | コメントを書く
[飯に関する諸々] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.