1095148 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

メシ食う俺もすきずき

PR

カテゴリ

カレンダー

プロフィール


慎之介64

バックナンバー

お気に入りブログ

本命 New! ウコクックさん

網戸を忘れた夜 New! matsu-kuniさん

3個目のランディン… New! ponpontondaさん

忙しく Nori1022さん

猫毛の至り @花猫さん

コメント新着

ponpontonda@ Re:ベーコンと獅子唐のしょう油バターパスタ(07/17) New! 私も麺類は大抵箸で食べますね(^^) フ…
サカエ@ Re:ベーコンと獅子唐のしょう油バターパスタ(07/17) New! 昨晩妻とシシトウの素揚げを食べたんだけ…
慎之介64@ Re[1]:ヒラスの刺身定食(07/16) New! Nori1022さんへ 魚ってそういうところある…
慎之介64@ Re[1]:ヒラスの刺身定食(07/16) New! ponpontondaさんへ 大きな声ではいえませ…
慎之介64@ Re[1]:ヒラスの刺身定食(07/16) New! サカエさんへ サカエさんは遡ってちゃんと…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

昭和の匂いがする風景

2018.02.14
XML
3連休は実家との間を行き来していたと書いた。正月に実家の蔵の片付けに手を付けたのだが、あまりの量にとん挫していた。というよりも、週に2回ある可燃ごみの日に溜まったごみ袋を少しずつ出していかなければ、ゴミ袋が積み上がる一方で一時置いておく場所もなくなる。

この一ヶ月でだいぶんスペースが出来たので、この3連休の間にまた少し片づけた。前は冗談で「実家の蔵を」と書いて「蔵があるようない家ではない」と否定していたが、週末に片づけながら「この規模はもはや蔵だ」と思い直す。

俺がこの2年の熊本地震後の片づけのお手伝いから学んだことは、一つは「保管するスペースがあるから物が溜まる。」ということと、もう一つは「蔵(倉庫)に仕舞って3年使わなかった物は、もう二度と使わないので捨てていい。もし必要ならばまた買えばいい。」ということだった。

しかも妹が「(順番的に)最後に片づけなければいけないのは私なので、倉庫は空にしておいてほしい」と言うので、本当に空にしてやろうと思っている。家族4人分の数十年に渡る物が無造作に積み上げてあり、俺が着ていた当時物のVANジャケなどが出てくると一瞬悩むが、さすがにもう着ないだろうと捨てる。

これだけの物が溜まっているのに金目の物はないよなと思って片づけていたら、未使用50度数のテレフォンカードが出て来た。テレフォンカードはもう金券ショップでも二束三文だろう。NTTに金を預けているのだから、一定の手数料は取ったとしても買い戻してくれなきゃ、NTTのやらずボッタクリだろう。たぶんNTTは使われないテレフォンカードの埋蔵金で、ビルの一棟も建てていることだろう。

電話回線がNTTならば電話料金に充当できるらしいがあいにくと他社だ。NTTが現金では買い取ってくれないにしても、少なくとユニバーサルサービス料(今は月2円だっけ?)には充てられなきゃおかしいだろう。携帯と家電の2回線で月4円だから、500円は10年ちょっと分に相当する。紐づけが面倒だというかもしれないが、そのためのマイナンバーだろう。

もう一つ、金目のものではないが高校の生徒手帳が出て来た。そこに貼りつけられた写真の可愛さに、数十年後の俺は一人で恥ずかしい。生徒手帳の写真なんて入学直後に撮られたものだろうから、今見ると高校生としても幼いね。

今夜はジャガイモ・ニンジン・タマネギの在庫があるので、別な物を作ろうと思っていたが、


気が変わって、オニスラ・ニンジンを塩揉みして、ジャガイモ1個と卵を同じ鍋で茹で、塩コショウとマヨネーズで和えたサラダを作る。

ご飯は昨日炊いた冷蔵ご飯なのだが、おかず兼汁椀には、長期在庫の「蔵王ブランド」のビーフシチューを湯せんした。






最終更新日  2018.02.14 23:22:04
コメント(10) | コメントを書く
2018.01.21

そうそう、昔は肉屋さんでこちらの必要な量を注文すると、こんな蝋紙のようなもので包んでくれたな。この包装はなんというのだろう?

rblog-20180121082120-00.jpg

いつのまにか、あちら側が売りたい量を白色トレーに詰めて並べられているのを、疑いもなく受け入れていた。

西原村唯一のスーパーにて。






最終更新日  2018.01.21 08:21:24
コメント(14) | コメントを書く
2017.11.11
なんちゅうタイトルやねんという話だが、タイトルに誘われてクリックした方の期待には応えられません。ぽっ

昨日のブログで、もちおが​神戸に行った記事を書いていて​、元町商店街にも触れていたので「元町商店街といえばアリマだよね。」とコメントした。ご存じのように俺はアーケードマニアだから、​神戸の元町商店街なんて、一丁目(一番街)から六丁目まで​一日歩いても飽きない、いや、脇通りまで含めたら一日ではもの足らない。

そんな巨大な(長い)アーケード街だけど、歴史がある商店街なので、他のアーケードではお目にかかれないような珍しいお店がある。

その一つが5丁目にある海員服専門店「​アリマ​」さんで、



もちろん、需要がある限り船員服・セーラー服屋さんは日本各地にあるはずだが、その需要は特殊というか固まっているので、アーケードの中に店を構える必要があるのかと聞かれたら、たぶん今から新規出店するのならば、もっと港の近くの、船具や船に積み込む食料品店が並ぶ一角になるんだろうけれど、アーケード中に堂々とあるのが、この商店街の、そしてこの会社の歴史と伝統だろう。

ついでだから、同じ5丁目にある、おかき・おせんべい屋さん「​吾妻屋​」さん。


上品なご婦人が、贈るべき先さまの顔を思い浮かべながら、一つ一つ選んでおかきを買うんだろうね。こんなお店を見ると俺なんてまだ小僧だな。

さて、ここからがいつもの日記だが、先週までは週に50km走ったけれど、今週からは週間フルマラソン(42.2km)に戻そうと思っていた。
今日走る前までで、今週は29km走っていたので残り13kmだが、50Kmまでちょうど残りハーフというのが、まるで誘われているようで微妙だ。

と思いながら15時過ぎに走りだしたが、先週までのラッシュがうそのように、今日はランナーが少なかった。明日はいよいよ​福岡マラソン​だからだろうが、明日は天気もよさそうだし、今日みたいに風が強くもなさそうだが、朝の気温は8度くらいと寒そうだ。

そう、今日は北風が強かった。北風だと東西に走る俺は、行きも帰りも向かい風に感じ、つらくて8kmで折り返した。ところが折り返すとなんか体が軽くなってきて、このまま(8km×2の)16kmでやめるのはもったいなく、結局行ったり来たりしながらハーフを走って来た。

今夜は酒のアテに鶏のタタキ(スーパーもの)を買って来たが、ゆず胡椒の在庫が切れていた。


これから鍋物シーズンだというのに。仕方ないから、冷凍していた青唐辛子を輪切りにして、薬味として使う。(わかりにくいが、左の鶏のタタキの上に乗っているのはネギで、右の刺身しょう油に浮かんでいるのは青唐辛子。

この量のタタキは酒のアテとしては多すぎるので、半分がおかずになり角切りキャベツを添える。


昨日作った豚汁が今日まであるので、今夜はキャベツを切った程度だった。

最後に唐突だが、明日福岡を走る皆さんは、最後まであきらめずに頑張っていただきたい。






最終更新日  2017.11.11 21:42:50
コメント(10) | コメントを書く
2016.07.13

このブログの趣旨とは違うのでめったに書かないが、実はアーケードマニアだ。
仕事で街を走っていてアーケードを見つけると、わざわざ車を止めてアーケードだけで2~3往復、さらには路地を縦横無尽に歩きまわる。

そして俺はパン好きだから、アーケードを散策していてベーカリーなど見つけようものなら、テンションMAXで鼻血を出しそうな勢いだ。

前にアーケードのことを書いたのも、北九州市若松区の明治町銀天街のあやどり市場が燃えた時だったと思うが、昨朝インターネットを見ていたら、同じ北九州市八幡東区八幡祇園町銀天街の、祇園マーケット一帯が火災に遭ったようだ。

悲しいなあ。アーケード街は大規模資本に押されてすたれて行く一方で、さらには老朽化や耐震の問題もあり、一部では積極的に解体されたりもしているが、火事は感傷に浸る暇もなく突然で、何もかも持って行ってしまう。

祇園町銀天街の最大の特徴は、坂道のアーケードだというところだろう。
アーケードって街の中心部に作られるものだから、(この世に平坦な道はないのだが)ほぼ平坦な場所に作られていることが多いが、祇園町銀天街は南北にアーケードが作られていて、大まかに言ってしまえば海側から山側に向かっているので坂道になっている。

福岡県でいえば、田川市の後藤寺(本町)銀天街から上本町商店街にかけてのアーケードが同じように坂道で、規模的には田川市の方が大きいので、坂も少しきつく感じるが、俺は「福岡2大 坂のアーケード」だと思っている。

ここに貼るために撮ったものではなく、俺の資料用にスマホのカメラで撮った粗い写真だが、北(下手)からアーケードに入ると、

北口.jpg

すぐ右手に祇園マーケットがあった。

北口側.jpg


祇園マーケット.jpg

この景色がなくなったのかと思うとショックだなあ。

明治町銀天街のあやどり市場の後も、火災以来もう何年も経つが、今でも高いフェンスで目隠しされたままで、フェンスに絵とか描かれて精いっぱいの演出はされているけれど、前を通るたびに寂しい。

こうやストアー.jpg

こうやストアーは同じ祇園町銀天街でも、祇園マーケットからは少し離れているから無事だろう。

こうやストアーからもう少し歩くと南口(上手)に出る、本当に小さなアーケード街で、

南側.jpg


南口.jpg

ご多分にもれずシャッター通りと化しているのだが、昨日の火事は不幸なことだけど、幸い軽症の方一名との報道なので、火事の影響を受けなかった店が、これからも健やかに昭和の風景を残していけることを祈る。

ちなみに今日のブログにいくつもの銀天街が出て来たが、これは北九州市の小倉魚町銀天街が発祥らしくて、文字の通り、天井が銀色に輝く(金属製の支柱の屋根がある)の意ね。



仕事で帰宅が遅くなる予定だったが、最後に訪問する客の家に30分早く着いたら、すでに客の車が止まっていたので帰宅しているのだろう。
約束の時間に遅れそうになると、自分の運転が極端に荒くなることを知っているので、最低でも15~20分前には目的地に着くようにしている。
普段は近くのスーパーや公園の駐車場に止めて散策しているが(アーケードとかあるとうれしくてしょうがない)、今日は何事もなかったように、30分前に客の家のチャイムを鳴らす。

それでも帰宅は20時を過ぎ、それから何もかもを放って、雨上がりの街に走りに飛び出す。
なんとか週間ノルマの下限はクリアしたが、金曜日も天気がよさそうだし、後クォーター分しか残っていないので、今週は週間ノルマの上限をクリアできそうだ。






最終更新日  2016.07.13 22:22:40
コメント(6) | コメントを書く
2016.05.24

先日、母がもーもーらんど(油山牧場/福岡市)に行ったようで、お土産をもらった。

行政(三セク)が観光施設を作る是非については、話が長くなるのでここでは触れないが、

P523牛乳.jpg

とりあえずこの牛乳はクリーム分が濃い。

P523ふた.jpg

この牛乳ビンのふたは、飾りで上に乗っかっているだけだったが、もしちゃんと効いていたら、ツメを切ったばかりの俺には開けられなかったかもしれない。

そういえば昔、牛乳は瓶があたり前だった時代(ちなみに俺が小学3年の時に、給食の牛乳が紙パックに変わった気がする)には、これ専用のせん抜きが各家庭にあったよね。


楽天で検索したら、今は形もスマートになっているようだが、


牛乳ビンの蓋開け牛乳ビン蓋あけ 【smtb-k】【ky】

もっと千枚通しが長くて、誤刺しないように、周りにプラスチックのわっかが付いているやつ。

検索したら、わっかが付いているやつと、ついていないものがあって、たぶん初期はついていなかったのだろうが、夫婦喧嘩や兄弟喧嘩で凶器化したしょんぼりので、安全対策でつけたのだろう。

話は変わるが(たいして変わらないが)、小学校低学年の頃は、この牛乳ビンのふたをコレクションしていたな。
一応、メンコという名目だったが、メンコとして遊ぶよりコレクションがメインだった。

その場合は、ふたに穴が開くのでせん抜きでは開けずに、大切に外していた。
こちらだと、みどり牛乳や永利牛乳は普通で、コーヒー牛乳やフルーツ牛乳だとA級品、さらには他地方の見たこともないメーカー(例えば白バラ牛乳<鳥取県>)とかだと特A品で、みんなから「すげー」とあがめられていた。

後、クロレラ(小瓶)の小さなふたもあって、これはメンコとしてもコレクションとしてもB級。


さて、やっと晩飯の話だが、母から牛乳と一緒にウィンナー(6本入り)をもらった。

P524ウィンナー.jpg

そのうちの2本を焼くが、添えたニンジンはグラッセではなく、ウィンナーの横で焼いたもの。

P524晩飯.jpg

久しぶりに南関揚げ(干揚げ)を買って来て味噌汁を作る。

南関町も熊本県(玉名郡)だが、福岡県大牟田市と隣接する最北部なので、ほぼ地震の被害はなかったと思う。







最終更新日  2016.05.24 21:29:47
コメント(6) | コメントを書く
2016.04.13

日曜日に掘ったたけのこがまだたくさんあるので、今夜は天ぷらにしよう。

P413アテ.jpg

たけのこも根に近い部分から穂先まで揚げるが、その他には冷凍していた鶏の手羽元と在庫のタマネギ・ニンジン。
天つゆには大根おろしと生姜のイメージだが、大根の在庫はないが生姜はもう少しだけあるので、生姜を擂って薬味にする。

手羽元は結構やっかいで、二度揚げまでは普通かもしれないが、冷凍していたしちょっと不安で3度揚げにする。
たけのこは軽めに仕上げたく、天ぷら粉を薄めにまぶす。

おかずも引き続き天ぷらで、一昨日炊いたたけのこご飯に、俺のキャベツとタマネギ・ニンジンを細切りにし、水晒し・塩揉みして、

P413晩飯.jpg

オリーブオイルとレモン(ポッカのエキスだけど)でコールスローにする。

P413吸い物.jpg

ついでにたけのこの吸い物を作り、ネギは過渡期であまりないのだが、プランターから少しだけ採ってくる。

タイトルはタケテンだが、俺的にはTS-X10(ペケテンと読む)の世代なんだよね。
と言われてもわからないだろうが、パイオニアのカーステレオ用のスピーカーね。

免許取りたての頃、S11のシルビアにペケテン積んで、聖子ちゃんを聴きまくっていたな。ぽっ






最終更新日  2016.04.13 21:40:40
コメント(10) | コメントを書く
2015.05.17

人様の研究のフィールドワークで、写真撮影を担当しているという話は前に書いた。
俺には興味がないテーマもあるが、俺に撮影を頼むくらいだから近接テーマが多く、
そうなると、自分のワークスも気になるというか、やるべきことはやらなければと思う。

そういえば1件、大分県豊後高田市に取材に出かけなければならなかったので、
昨日まで雨が降って釣りが無理そうな今日、朝5時半に家を出発する。

下道を延々と走って、8時過ぎには豊後高田市の目的地に着いて、
俺の用件はほんの15分で終わったが、「せっかく豊後高田市まで来たのに」と、
豊後高田市昭和の町を散策する。

ぶっちゃけ、すたれてしまった商店街に、次の展開があったという話だが、
そこに気づいたのが偉いというか、結構人気らしいのだが、
俺が商店街を歩いたのは9時前だったので、商店もまだ開いていなかった。

P517ボンネットバス.jpg

とりあえず、このボンネットバスは現役らしい。

P517 117クーペじゃございませんか.jpg

117クーペって、ジウジアーロのデザインだよね。というか彼らしいデザインだな。

せっかく外に出たので、ついでにその後、今日一日走りまわって、
人様のフィールドワークをこなしてきた。

そんな今日の晩飯には、昨日買ってすでにカットしたニラが残っているし、
それに合わせてホルモンも少し残していたので、

P517ニラ玉.jpg

ホルモンとニラを炒めて卵で綴じた。タイトルはニラ玉だが、
正確にはニラホルモン玉かな。

昨日もつ鍋に使った木綿豆腐が半丁残っていたので、
今夜はもちろん、塩昆布とごま油で今夜の酒のアテにしたが、

P517晩飯.jpg

一部は味噌汁の具になる。味噌汁の具の豆腐は見えないけれど、
プランターのネギが端境期で微妙なのだが数本収穫してきたので、
長めに切ってごまかしてみる。









最終更新日  2015.05.17 20:47:16
コメント(8) | コメントを書く
2015.05.16

この看板を懐かしいと思うのは、1970年代に福岡市内で子供だった人だけだろうから、

子どものひろば.jpg

狭い範囲の話題で申し訳ないが、昨日コイン駐車場に車を止めて客の家に向かう途中、
神社があったので寄って(神社には必ず寄らなければならない)、この看板を見つけた。

福岡市の公園の看板は、この後、注意書き列挙に変わったが、その次代の看板が、
「巨泉のこんなモノいらない」で取り上げられた記憶があるので今調べたら、
1987年~89年放送だったので、80年代中盤にはもうこの看板はなかったはずだ。

なんでここだけこの看板が残ったのだろうと考えたのだが、
神社の一部を公園に指定していたが、指定解除になってしまい、
市の管理を外れたので、40年もそのままになってしまったんだろうね。

今なら、犬にリードを付けろとか、犬に人間用のドーナツを食わせるなとか、
ツッコミどころ満載のレトロな看板を見つけ、ほっこりした一日だった。

ちなみに、次代の看板がなぜ「巨泉のこんなモノいらない」で取り上げられたかというと、
物理的に車両が進入できない狭い緑地に「車両を入れるな」の記載があったからだけど、
それはどう考えても、その緑地に関してではなく、福岡市の公園全般に対するルールで、
公園の看板なんて量産して公園名だけを入れるもので、実態に合わせて別注していたら、
結果的にそのコストは市民が負担する。バラエティ番組なんてその程度のもの。



俺のマラソンはオフシーズンだけど、オフシーズンには月一30kmという試練があった。
皆さんはそんなこと忘れているだろうから、闇に葬りたいが、そういうわけにはいかない。

秋に走る大気が決まっていれば、やる気も起きるというか、追い立てられるんだろうが、
今秋が第一回大会の「金沢マラソン」に申し込んでいるけれど、2.9倍の抽選待ち。

今日あたり走らなければと思っていたけれど、結構しっかり雨が降っている。
もう上がりそうだけど昼からは仕事なので、今日は6kmにして、来週以降の俺に期待。

そんなまったりした雨の朝。






最終更新日  2015.05.16 08:14:32
コメント(6) | コメントを書く
2013.12.03

時々カレーを食いたくなるのだが、さすがに平日にカレーを仕込む余裕はなく、
かといって1回に1.5合の米を炊いて、それを3等分にしているので、
0.5合のご飯にレトルトのカレーって、ルゥが多すぎてベチョベチョになる。

と思っていたら、先日楽天で、茶碗一膳分のカレーというのを見つけたので、


思わず買ってみた。コストパフォーマンス的には、普通サイズでもノーブランドなら、
1個100円を切って売られているから、決してお得とは言えないけれどね。

PC03晩飯.jpg

そういうわけで、今夜はカレーなのだが、昨日2杯分作った豆腐の味噌汁を付ける。
昨日の時点で、まさか今日カレーを食うとは思っていなかったし。

キャベツとオニスラ・ニンジンを塩揉みして、ゆで卵とマヨネーズで和えたサラダに、
どうもそれだけでは食卓が貧相だったので、おかずにウィンナー2本を炒める。

ところで、俺が子供の頃、レストランというか食堂や喫茶店でも、

PC03スプーン.jpg

こういう風景をよく見たが、あれはどういうおまじないだったのだろう?

あの頃のカレーのスプーンって、こうして水に浸されていなければ、
紙ナプキンで固く厳重に包まれていたような気がする。







最終更新日  2013.12.03 21:24:06
コメント(8) | コメントを書く
2012.01.30

今日の夕方、家に帰ってきて、
何気なくインターネットニュースをチェックしていたら、衝撃のニュースが出ていた。

今朝早く(午前1時半頃)北九州市若松区のあやどり市場から出火し全焼したらしい。

同じ福岡県と言っても、俺が住んでる福岡都市圏と北九州都市圏とは、
さらには久留米都市圏は、それぞれ離れていて少しずつ風俗や言葉も違っていて、
それは筑前国(黒田領)だった福岡都市圏、大部分が豊前国(小笠原領)の北九州都市圏、
筑後国(有馬領・立花領・三池立花領)だった筑後都市圏とはっきりと(旧)国の違いだ。

北九州都市圏の大部分が豊前国だと書いたけれど、現北九州市を構成する旧5市のうち、
八幡市(現八幡東区の東部は一部豊前国域)と若松市・戸畑市が筑前国域で、
小倉市と門司市が豊前国域という、国境越え合併をやり遂げた市なんだよね。

21世紀を生きる俺たちにはわかりづらいけれど、これは結構大変なことなんだ。
まあ、これこそが俺のWORKSだから語れと言われれば3日でも4日でも語るけれど、
ここでは本筋ではないので置いておいて、

若松は筑前国への海路での入り口の港であり、
筑豊の炭鉱が華やかし時代はその積み出し港として大変栄えた町だ。
(そもそも「筑豊」というのは筑前豊前の「両前」という意味。)

話は長くなったけれど、そういうわけでこの街には、
過去の繁栄を象徴するアーケードやいわゆる市場がたくさん残っている。

ただし、市町村が合併すると初めは「対等に発展」とか言っていても、
結局、市役所や主要駅がある地域に都市機能が集約されて、他は寂れて行く一方になる。

でも、そういう寂れて行く(そしてそこから何とか立ち上がろうとする)街こそが
俺のハートをわしづかみにして離さないから、年に1度か2度若松や門司に仕事で行くと、
仕事もそこそこに街を散策してしまう。

あやどり市場の写真もあったはずなんだが、慌てて探したけれど見つけられなかった。

交差点.jpg

ここがちょうど、エスト本町(横の筋)と明治町銀天街(縦の筋)の交差点で、
右手前に見える赤いのれんが龍昌(ラーメン店)のはずなので、

多分、この位置に立って北(地図でいうと上)を見た構図で、
右前方があやどり市場になるはずだ。(詳しい方、間違っていたらご指摘ください。)

交差点2.jpg

同じ構図でもう少し寄ってみた。

エスト本町も明治町銀天街も本当に寂れていてシャッター通りと化してしまっているのだが、
そこを一歩入って路地に迷い込むと、

裏通り.jpg

こんな感じで俺を数十年前に連れて行ってくれる。(一番奥にアーケードが見えている。)

裏通り2.jpg

この狭い路地でケンちゃん(仮名)たちと缶けりをしていたら、
「夕方になると濃い化粧で出かけて行く」ケンちゃんの年の離れた姉ちゃんが、
勢いよくガラガラっと窓を開けて、下着姿で「うるさいっ!」って怒鳴りそうだろう?

俺たちは顔を赤らめて、その日はそれで缶けりを止めるけれど、
明日もケンちゃんのお姉ちゃんが窓を開けて怒鳴るのを期待して、ここで缶けりをする。

ケンちゃんは自慢の姉ちゃんではないし、姉ちゃんのあられもない姿だし、
ここで遊ぶのはちょっと嫌そうなんだけれどね。

まあ、俺はこんな写真を世間に公表するために撮り貯めていたわけではないんだが、
いざ無くなってしまってから公開しても仕方ないので、積極的に公開して行こうと思う。

今回あやどり市場の写真は見つけられなかったが、

ゑびす市場1.jpg

近くの「大正町商店街ゑびす市場」の写真があったのでついでに貼っておくよ。

ゑびす市場2.jpg


煮豆.jpg

煮豆の総菜だけで4種類も5種類もある。俺が行くスーパーにも数種類の煮豆があるが、
それは全て工場で作られた無菌パックで、ここのは出来たての自家製だと思う。

今回の火災であやどり市場自体の復活は難しいだろうけれど、
少なからず被害を被ったであろう明治町銀天街やエスト本町が、
そしてついでに大正町商店街ゑびす市場や、

丸仁市場.jpg

その奥の丸仁市場が(上の写真は丸仁市場 ピンボケすまぬ)、


ウエル本町.jpg

さらにはウエル本町も、いつまでも健やかに寂れていて欲しい。
(商売が成り立たないと商店街でさえもなくなり、寂れることもできない。)

あの頃はケンちゃんの姉ちゃんはえらく年上だと思っていたのだが、
実際は10歳も離れていなくて、まさか後年あんなことになってしまうとは・・・

つづ  く     かない 大笑い






最終更新日  2012.01.30 22:22:43
コメント(20) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.