1625505 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

メシ食う俺もすきずき

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

食事療法?

2022.01.13
XML
カテゴリ:食事療法?
今日はマジで寒かった。こんな日は昨日走っていてよかったと思う。いや、思え。

それでもというかそんな日だからこそ、細かく歩数を稼ぐべく公共交通機関で仕事をして、夕方までには既定の歩数に達していた。夕方からは一段と寒くて、一度家に帰るともう外出はしたくない。

そういうわけで、今夜は家にあるもので作るが、例のズワイガニのポーションがまだある。年末に帰省していた妹が、このカニがどれだけ高価なものだったかを力説していたが、俺にとってはタダだし。

買い物に行かなかったが冷蔵庫の在庫もあまりないんだよね。ズワイガニとタマネギ・ニンジン・ニンニクを減塩コンソメキューブ半個で煮込んで、冷凍白菜を半分使う。300ccの水にコンソメキューブ半個と鷹の爪・粗挽きコショウで味を調える。


今夜はご飯を炊いていないので、100gのパスタを湯がき、スープパスタにして食おう。

そういえば、ジャガイモの在庫があるので、ポテサラを作りたかった。ところがスーパーの総菜なんかを見ても、ポテサラは案外食塩相当量が高い。だって考えたら、まず水晒しした野菜を塩揉みするところから始まるんだもん。

なんとか塩分の少ないポテサラを作れないかと検討した結果、こうなった。


角切りしてレンチンしたジャガイモと同じく角切したりんご、そして水晒ししただけで塩もみしていないタマネギとニンジにオリーブオイルをわずかに垂らし、粗挽きコショウとアマニ油マヨネーズで和える。塩を全然使っていないわけではなくて、りんごは変色を防ぐために、塩水にくぐらせてある。

これを2日に分けて食うが、薄い塩水にしかくぐらせていないので、明日にはりんごが変色しているかもしれない。その時は写真には写さないけれど、ちゃんと食っているから。






最終更新日  2022.01.13 21:00:06
コメント(8) | コメントを書く


2022.01.12
カテゴリ:食事療法?
昨日今日寒かった。今日の午前中から昼過ぎにかけては特に寒くて、車を停めて外に出るたびに震えていた。こんな日に走りたくないなと思っていたが、夕方になると少しだけ寒さが緩んだ。気がした。

今週は金曜日までの3日でまだ28Km残っているが、とりあえず今日明日明後日で10Kmずつでもなんとかなるからと、自分をだまして走り出す。もちろん走り出してしまえば、3日連続で走るよりも明日は休んだ方がよく、今日14Km走る。

1年で1~2回だが本当に寒い日は、何キロ走っても最後まで足のつま先が温まらず、冷たさを通り過ぎて感覚がないままだが、今日はそこまでのことはなく、3Kmも走ればつま先は温まった。指先や耳はいったん温まっても、体が折り合うとまた冷えるけれど。

何より、本当に寒い日はビールを飲みたくないが、今日は飲めたので大丈夫だろう。

やっと晩飯の話だが、一昨日のちゃんぽん用に買った豚肉が残っている。グリーンボール・タマネギ・ニンジン・ブナシメジの在庫もあるので、それらをまとめて野菜炒めにする。


俺にも事情があるので、コショウのみを打って炒めて、それだけでは味が寂しので、減塩ポン酢を5ccだけ掛けまわす。

さて昨日だったか、今月30日の愛媛マラソンが中止になった。市民大会ではないが23日の都道府県対抗男子駅伝も、開催地の広島県がまん延防止等重点措置の適用を受けたことで今日中止になった。

俺は次は2月20日の北九州マラソン予定だが、福岡も予断を許さない状況なので、正直どうなるかわからない。こうなると、先月12月に伊豆大島マラソンを走れたことが奇跡のように思えてくる。走っているときはきついばかりだったが、乙女な表現かもしれんけれど、今思いだすとキラキラしたプレシャスな時間だった。






最終更新日  2022.01.12 21:32:51
コメント(12) | コメントを書く
2021.12.16
カテゴリ:食事療法?
昨日は12Kmしか走っていないのに疲れがあったようで、酒を飲んだら晩飯も食わずにこたつで寝込んでしてしまい、気がついたら日付が変わる10分前だった。さすがにその時間から飯を作る気にはならず、かといって晩飯が酒のアテの豆腐1/4丁だけではどうかと、春雨スープを食って寝た。

そういうわけで、昨夜用意した食材が残っている。早生キャベツ・タマネギ・しいたけをカットしていて、鶏肉の在庫があったのでパスタを作ろうと思っていた。

ところが今日になってその食材を思い出したら、ちゃんぽんが食いたくなった。今まではちゃんぽんって当たり前のように作っていたが、減塩生活にちゃんぽんの塩分は厳しく一度も作っていない。だって俺が使っている粉末スープだけで、一食分の食塩相当量が5.9gもあるんだもん。


現在は一日6gを目途にしているが、朝1.5g・昼1.5gとして(結構余裕をもって考えている)、晩は酒のアテ込みで3gしかない。とはいえ、考え出したらどうしてもちゃんぽんが食いたくて、もやしとちゃんぽん麺を買って来てしまった。在庫のズワイガニポーションも3本ほど解凍した。

そこで、なんとかしてちゃんぽんを作るべく、まずは粉末スープの表記では一食分13gとなっているが、計量したら15gあったので、


半分の7.5gほど(g以下は計量できないので概算)を使い、今夜のスープの食塩相当量は3gで計算する。本来15gの粉末スープならば250ccのお湯で溶くものを、半分の7.5gを150ccのお湯で溶いてみる。さすがにスープが薄いかと思ったが、薄味に口がなれたのか逆に塩辛かった。

さらには、市販のちゃんぽん麺の食塩相当量も一玉あたり0.4gあって、うどんやそうめんならばその塩分は茹でた時にお湯に溶け出すらしいのだが、ちゃんぽんってフライパンの中で野菜と一緒に麺を炒めた後でスープを入れて茹でるというか絡めるから、麺の食塩相当量0.4gはフライパンの外へは逃げようがない。

というわけで、ちゃんぽん道からは邪道だが、ちゃんぽん麺はお湯で別茹でして、最後にフライパンに投入して具材やスープと絡めた。(初期のリン〇ーハットがこのスタイルで、「それはちゃんぽんではない」と散々言われた。)

前は野菜を炒めた時点で一回塩コショウを打っていたが、俺にも事情がるのでコショウのみで炒める。しょうがを切って冷凍していたので、今夜はニンニクではくしょうがを入れた。


食べた麺にはスープが絡まっているが、もちろんスープ単独では飲まない。俺の食べ残しをここに貼っても皆さんが不快なだけだろうから貼らないが、食べ終わった後のスープを計量したら120ccあったので、調理時に蒸発した分もあるが120/150で、消費したスープの食塩相当量を0.6gと計算し、ちゃんぽん麺を含めた食材由来の食塩相当量を(正確には計算できないが最大で)0.8gとして、今夜食ったちゃんぽんの食塩量を最大1.5gとする。

結果的には食塩相当量に結構余裕があったが、今夜ちゃんぽんを食うために、


酒のアテは食塩無添加のミックスナッツ(食塩相当量0)だった。






最終更新日  2021.12.16 21:39:59
コメント(6) | コメントを書く
2021.12.13
カテゴリ:食事療法?
土日の旅行中もそれほど暴走したとは考えていないが、さすがに外食では一日の食塩量6gは無理だった。そもそも食べたものの食塩含有量を正確には計算できなかったが、今日からまた仕切り直しというか、いったん緩んだものを締めていかなきゃと思う。

しばらく前から小田巻蒸しを作りたかった。小田巻蒸しはここで何度も作ったけれど、うどんの入った茶碗蒸しね。生麺のうどんの食塩相当量は0.5g程度で、茹でればその食塩もお湯に溶けだして気にするほどではないのだろうが、過去の経験上、小田巻蒸しのうどん麺には下味を付けていないと物足りない。下味って塩(が入ったしょう油系調味料)だもんなあ。

と考えていたら、うどん麺よりも柔らかい豆腐ならば、下味なしでも美味しく食えるのではと考えた。

そこで豆腐半丁を小さく切り丼ぶり2つに分け、その他の具は在庫のズワイガニポーション2切れずつに鶏肉としいたけ。


タイトルは、「おだまき蒸し」の親戚みたいなものだから「おだまり蒸し」ね。とあるクラスでいじめが発生した「小田真理無視」ではない。

うどんの茶碗蒸しにおだまき蒸しという立派な名前があるくらいだから、もしかしたら豆腐の茶碗蒸しにもおだまり蒸しなんていいかげんな名前ではなく、ちゃんとした料理名があるのかもしれないが、検索するとせっかく思いついた今日のタイトルが死んじゃうので俺はしていない。

過去ブログを検索したら、茶碗蒸しの液は、卵1個に水150cc・料理白だしと酒を各15ccに塩パラパラで作っていた。俺にも事情があるので、今日は料理白だし10cc・塩なしで作るが、それだと少し味気ないかと顆粒のだしの素を足した。


料理白だしは10ccぽっちでも食塩相当量1.8gくらいあるんだよね。それを2つ分けたから一食分は0.9gになり、顆粒だしの素やズワイガニ・鶏肉の食塩相当量まで足すと1.5g程度か。


丼ぶり蒸しに余ったしいたけを具に薄い味噌汁を作り、キャベツとオニスラの生野菜を添える。






最終更新日  2021.12.13 21:30:06
コメント(8) | コメントを書く
2021.12.07
カテゴリ:食事療法?
数日前に、妹を送り主としてズワイガニのポーション400g×3袋が送られて来た。この時期だから多分慌ててふるさと納税をしたのだろう。正月に帰省した時に自分が使おう(結局食うのは俺らだけど)と思っているのかもしれないが、1.2Kgもあるならば一袋ぐらい使っても構わんだろう。


外箱・内装に食塩相当量の表記がなかったので、記載されている業者のホームページまで行ってみたが、そこにも食塩量の表記はなかった。俺が日々参考にしているホームページでは、一般的な​ズワイガニが100gあたりで0.8gとなっている​ので、それを信じるしかなない。

6本で50gを少し超えたが、解凍すると水が出るから50gとして、食塩相当量は約0.4gで計算した。


先日の鍋ものに使った残りのキャベツ・しいたけ・エノキダケを皿に敷き、ズワイガニと一緒にレンチンする。


減塩ポン酢を大さじ2/3見当使うので、こちらの食塩相当量は0.6gということで。


実際には減塩味ぽんは余るけれど、これはカニや野菜の水分を含んで薄くなっているだろうから、どのくらいの塩分が残ったのかはわからん。

味噌汁の具には少し余りそうなキャベツを使い切る。普通の味噌汁って食塩相当量が2g程度あるんだよね(ちなみにロングキャニオン社の​あさげ​・​ゆうげ​が一食分で2.0g)。俺が今使っている減塩タイプのインスタントみそ汁で食塩相当量1.1gだけど、自分で作った味噌汁は、減塩タイプのインスタントみそ汁よりもあきらかに薄い。

それでも酒のアテまで含めれば、夕食全体で3g程度はあるだろうから、朝1.5g・昼が1.5g換算で計6g。高血圧患者の一日のMAXが6gなので、外食や総菜を食う余裕はどこにもない。

朝は目玉焼きに塩ではなく一味を使い、昼は無塩食パンに減塩スープを飲んでやっと一日6g。ほんと今になって思うけれど、病気になる前に少しずつ予防した方が、病気になって治療するより100倍楽。と書いても、実際に自分が発病しないとわからんのよね。俺もそうだった。






最終更新日  2021.12.07 21:27:56
コメント(6) | コメントを書く
2021.11.29
カテゴリ:食事療法?
昨日は疲れていたのか、酒を飲んだらたぶん20時前にこたつで寝てしまい、気がついたら0時を過ぎていた。その時間から飯を食うのはどうかと思ったが、さすがに酒のアテの豆腐1/4丁だけでは腹が減っており、玄米ご飯に味噌汁と、先日の残りのかぼちゃの煮物だけを食って寝た。

昨夜はメインのおかずとしておでんを作っていたので、今日から食べ始める。つい先日もおでんを作ったが、減塩生活におでんって重宝している。

料理白だしのレシピにはおでんは12倍希釈と書かれているが、20倍程度のスープにそれだけでは味が薄いので鷹の爪を入れて煮込む。

さらにはそれに辛子を付けて食うから、少々薄味でも美味しく食えるんだよね。たぶん、スープには4g程度の食塩が含まれているのだろうが、スープは極力飲まない方向で。

まずは酒のアテに豆腐・こんにゃく・牛アキレスを皿に盛り、


晩飯のおかずにはがんもどき・こんにゃく・しらたき・卵。


がんもどきと豆腐・こんにゃくにしらたきという若干というか大いに具材が被り気味だが、練り物類は塩分が多いので自粛するとこういう具材になってしまった。

週に42Kmを21Kmずつ2回走るとすると、火曜日からでも間に合うからと、いつも月曜日はさぼってしまうが、明日は昼から雨らしい。そうなると今日走っておかないとスケジュール的にきつく、今日は今週一回目の21Kmを走って来た。

やろうと思えば月曜日から走れるんだよね。そして月曜日に半分終わらせておくと、スケジュール的にも気持ちも楽なこと。






最終更新日  2021.11.29 21:06:25
コメント(8) | コメントを書く
2021.11.27
カテゴリ:食事療法?
隣県のボラセンから19時半頃帰宅して、まずはご飯を炊く。白米ならば40分で炊きあがるのだが、家の炊飯器では玄米は60分ほど掛かるんだよね。60分も酒を飲みながら待たなきゃならんのかあ。

そんな今夜は買い物をせずに帰って来たが、カットネギがダブついているので、ネギ卵焼きを作る。ご存じの通り、現在は塩分自粛期間なので塩やしょう油は使わず、砂糖のみの甘い一方の卵焼きになる。


キャベツの角切りを添えて、キャベツと共に卵焼きにもマヨネーズを掛けて食う。

味噌汁の具は乾燥ワカメしかなかった。乾燥ワカメの食塩相当量は100gあたり20gと気が遠くなりそうな数値が記されているが、そもそも乾燥ワカメの一パックが50gなんだよね。今夜使うのはそこから一掴みだから大した塩分ではなさそうだが、水で戻してよくしぼって、極力塩分を排除して使う。

昨日作ったかぼちゃとしいたけの煮物が酒のアテになり、おかずの一部にもなる。

前は納豆も付属のたれだけではなくしょう油を加えていたが、現状はしょう油を足すなどとんでもないが、辛子は付属の小袋だけでは足りずにチューブの辛子をプラスする。






最終更新日  2021.11.27 21:18:35
コメント(10) | コメントを書く
2021.11.15
カテゴリ:食事療法?
今週は珍しく月曜から走る。というのも、先週金曜日に13Km走って仕事に行って、13Km走って家に戻ってきたが、思った以上に疲労が激しかった。先月も四万十ウルトラのリモート大会で、25Kmや26Kmを何回か走っていたが、こんなにきつくはなかった。

先週水曜日から減塩生活を始めたが、俺は塩分だけをコントロールしたいのだが、塩分を絞ると結果的にカロリーを絞ることになってしまっている。その結果、走る体力が急激に失われつつあるようだ。体重は走った後の飲酒前にしか計らないが、塩分なんて考えていなかった先々週末は57.1Kg、減塩生活を始めたばかりの先週金曜日が55.1Kg、そして今日走った後で飲酒前に計ったら54.6Kgと、あきらかに体内貯蓄を減らしている。

そういうわけで21Kmを走るのは現状きつく、今週は14Km×3回で走ろうと思うが、それでも最後はきつくてへろへろになった。少し食べて体力を戻さなきゃ。

そんな今夜は走りに行く前におでんを仕込むが、塩分はコントロールしなければならないので、タネは卵・こんにゃく・豆腐・里芋・牛スジにしいたけ。


この中で食塩相当量が0.1g以上あるのは卵だけで、それも1個当たり換算ならば0.15gとかに過ぎない。

一番塩分が高いのはおでんスープだが、いつもは料理白だし12倍希釈で作るのを、今回は24倍希釈+鷹の爪多めで作ってみた。それでもスープ全体では食塩相当量が3gほどありそうだが、これは今までだって全部は飲み干していなかったし、今回はさらに2日で1/3くらいしか飲まないだろうから、1日あたり0.5g換算くらいか。


今夜も美味しくはない玄米ご飯と、キャベツの角切り+塩分控えめなごまドレ。






最終更新日  2021.11.15 21:30:04
コメント(6) | コメントを書く
2021.11.11
カテゴリ:食事療法?
昨日書いたように、医者からはっきりと高血圧症を宣言された。昨日は、思い起こせば熱はないのに顔が熱っぽかったと書いたが、驚くほど肩こりとは無縁だったのに、ここ数年肩痛があるのも高血圧のせいかもしれない。

次は一か月後に診察を受けるが、そこまでに一定の改善をしたい。もちろん投薬に頼るわけだが、食生活もある程度は考えなければいけないだろう。まあ、いつもここを見てくださる皆さんは、だいたい俺の性格を御存じだろうが、こういう場合たいがい「ある程度」ではなくなる。

そういうわけで、玄米を買って来た。タイトルは「デビュー」だけど、もちろん食ったことはあるのだが、自分で買って家で炊くのは初めてだ。玄米は白米に比べるとは美味しくないんだよね。しかもふりかけや漬物は塩分が濃そうなので排除したい。


おかずには糸こんにゃくが半分残っていたので、これも余っていたニンジンと一緒にきんぴらにした。ごまを振って卵で綴じて、味付けはコショウと七味。

キャベツとニンジンの千切りサラダに、冷奴で酒のアテにした木綿豆腐の一部を使い豆腐サラダにする。ちょうどドレッシングの在庫がなかったので、今日買い物に行ったときに一番塩分の少ないごまドレを買って来た。

初めはにゅう麺を作ろうと汁を用意したが、そこまでは欲さず、豆腐の一部と在庫の長ネギで吸物を作るが、汁はかなり薄めになっている。

今日は肉がなかったが、魚肉を全く食わないと思っているわけではない。ただ魚肉ってどうしても味付けに塩が必要だよね。なにか考えなきゃ。

永遠にこれが続くわけではなく、ここ一ヶ月のつもりなんだけれど、ブログ的にはあまり目新しいことがなくなって面白くなくなるだろうから、その間は毎日書く必要はないかと思っている。

ああ、誤解がないように書いておくけれど酒は飲むから。今日の酒のアテは上に書いたように冷奴だが、しょう油に変わる塩分の低い薬味は何かないかとスーパーで探した結果、


ニンニクごまと海苔を乗せる。






最終更新日  2021.11.11 22:47:20
コメント(8) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.