1139581 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メシ食う俺もすきずき

PR

Category

Calendar

Profile


慎之介64

Archives

Favorite Blog

今年もサンガが食べ… New! matsu-kuniさん

金沢行き New! ピンクラパンさん

換気扇の掃除 New! ponpontondaさん

ミニマム 晴れ太935さん

たき火フライパン Nori1022さん

Comments

じゃここうこ@ Re:VRC(10/19) New! また台風来てますね。しかも二つ。うちの…
慎之介64@ Re[4]:丹波黒大豆枝 豆ご飯(10/17) サカエさんへ 結局走っていません。今週は…
慎之介64@ Re[3]:丹波黒大豆枝 豆ご飯(10/17) じゃここうこさんへ 普通の枝豆とは、大き…
慎之介64@ Re[2]:丹波黒大豆枝 豆ご飯(10/17) ponpontondaさんへ 普段の枝豆に比べて一…
慎之介64@ Re[1]:丹波黒大豆枝 豆ご飯(10/17) matsu-kuniさんへ 俺は炊き込みご飯大好き…

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

全264件 (264件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

お酒とあて

2019年10月14日
XML
カテゴリ:お酒とあて
帰宅したらkuniさんから荷物が届いていた。中を開けてみると、丹波篠山産の黒大豆の枝豆だった。

これはどう考えても早く茹でなければならず、慌てて莢の端を切って用意をする。中に入っていたレシピを読むと、塩揉みして塩茹ですると書いてあり、塩は打たずに食うものらしい。

しかも12分から20分茹でろと書いてあるんだよね。大家の畑からパクってくる枝豆は一茹でして終わりだが、そこからして普通の枝豆とは別物だ。12~20分って幅があるなと思いながら、中を取って15分茹でたが、もう少し浅い方が俺の好みかもしれない。


これで送ってもらった半量なんだけれど、結構な量がある。

口に入れた瞬間、食べ慣れた普通の枝豆に比べると甘い。さらには一粒が大きいのでシャクシャクというかほくほくというか、食べ応えがある。

食べた時は豆が強いなとは思わないが、口の中に大豆の味がしっかりと残る。



黒大豆というのでどんな色なのかと思って剥いてみたが、確かに黒っぽいがまだ緑色が強かった。

もちろんこのアテの量の酒を飲んだら大ごとなので、残りは明日以降に持ち越される。いや、まだ半分は手つかずで残っている。






Last updated  2019年10月14日 21時30分59秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年09月08日
カテゴリ:お酒とあて
さて、今日も武雄市の災害ボランティアセンターとは違う、武雄市内のボランティアセンターで活動する(当然、武雄市の災害ボラセンと連携している)が、今日は武雄市でも山間部の集落の、大雨で田の水路に土砂が流れ込んだのを掻き出す仕事だった。

朝一番は8人のボランティアさんと一緒に向かったが、元々ボランティアさんの集まり具合を見て逐次投入される予定だった。結局最終的に30人を超える方に参加してもらい、それはとてもうれしいことなのだが、そうなると俺は本部との連絡や資材の手配、次から次に来られるボランティアさんの仕事の分担に追われ、たぶん今日現場で一番日焼けしたのに、一番実際の作業はしていない。

作業を終えボラセンに帰って来てからも、余剰資材の格納等の作業をしていたので、結局武雄北方ICから高速に乗ったのは18時前だった。

帰りにスーパーに寄って、さすがに晩飯を作る気力はないので、酒のアテと弁当を買って来た。


酒のアテにはサザエの刺身を買ったのだが、今夜はゴミの回収日だ(福岡市は夜間回収)。酒を飲んでからゴミを出しに行きたくはないが、一方で生ごみを長期在庫したくないと考えた結果、



サザエの刺身は装飾を捨て、可食部だけになり、酒を飲みだす前にゴミは出して来た。こうなると一気に貧相だ。たぶんこの状態で400円の値札が付いていても誰も買わないだろう。(実際は半額シールが貼られていたが。)

今夜は走っていないが、首筋や肩が痛いくらいに陽に焼けたので、鎮痛のためにビールを飲む。(意味不明)






Last updated  2019年09月08日 19時52分22秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年09月03日
カテゴリ:お酒とあて
10月6日が今(秋冬春)シーズン初のマラソン大会で、例年通りまずはハーフから始まるが、盆明けにやっとハーフを走りだして、まだ1Kmを6分掛けて走っている。

今夜は今週一回目を走るが、途中で稲光が轟き雨もポツポツ落ちたが、その割にはハーフを走れた。ラスト1Kmくらいでのどがからからで、ゴールしたら絶対に自販機でコーラ類を飲もうと思っていた。ところが21.1kmを走り終えた場所がちょうど自販機のない場所で、家までの約350m(計ったわけではない)をトボトボと歩く。

家に帰ってもシャワーを浴びたり、ランニングウェアを浸け置きしたり忙しい。

今夜は昨日炊いたご飯に、昨日作ったカレーを食う。


一応、キャベツとオニスラにニンジンのサラダを作り、半分を酒のアテに使った冷奴にグリーン唐辛子を乗せる。本当は豆腐サラダの予定だったが、サラダは微妙で別盛りした。結局サラダは食えずに冷蔵庫に戻って行った。






Last updated  2019年09月03日 22時01分31秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年08月30日
カテゴリ:お酒とあて
週末の予定を開けるために、今夜は今週2回目を走って来た。2回で42,2kmを走り、週間ノルマをクリアした。水曜日に比べると少し湿度が低い分走りやすかったが、それでも汗の掻き方がすごくて、走った後に自販機でスポーツ飲料を買う。

ここで飲むと腹がチャプチャプになりビールが美味しくなくなるが、一方で寝ている時にこむら返りの確率は格段に下がる。

さて、今夜は買い物に行っていないので、在庫の冷凍たこ焼きをレンチンして酒のアテにする。


ソースとマヨネーズを添えて、違和感無く見えるだろうが、実はたこ焼きソースの在庫がなかったので、お好み焼きソースを代用。

走り終わって、一応ご飯を炊いて、キャベツを切ってオクラを一茹でしたが、走って疲れたのか晩飯を欲せず、


在庫のワカメスープでスープ茶漬け。オクラを添える。






Last updated  2019年08月30日 22時13分26秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年06月27日
カテゴリ:お酒とあて
仕事の帰りにキュウリを収穫しようと畑に向かっていたら、畑の大家が家の前に出ていた。助手席側の窓を開けて、「今から枝豆泥棒が出ます」と叫ぶ。

大家の枝豆が食べ頃なのは、数日前から気づいていたんだよね。それに対する大家の返事は「生っているものはなんでも持って行っていい」だった。

そういうわけで枝豆を一本パクって来て、


塩茹でする。葉は全部切っていいのだが、飾りに数枚残した。さらにはこんな乱暴な茹で方をしたが、莢切りはちゃんとしている。

さすがに収穫して数時間の枝豆は、買うものとは別物だ。ごく浅く茹でて酒のアテにする。

さて、パリそばに買って来たボイルエビが数尾残っていた。ご飯も昨日炊いた冷蔵物だし、


先に炒った卵とタマネギ・ニンジン・ニンニクで炒飯にする。ししとうを一本だけ収穫したので、一緒に炒めて飾る。

炒飯と言い切った割には、東京拉麺のペペロンチーノの余っている粉末スープで、春雨スープを作って添えた。



東京というくらいだから和食の焼き飯のような気もするし、ラーメンと名がつくからには中華の炒飯でいいかもしれないし、スープがペペロンチーノ的ならばフライライスだろうという意見もあるだろうし、具の春雨に着目すればやはり中華っぽいと堂々巡りが・・・

今年は間違えてキュウリを2苗(ツル性と地這)植えたので、今日は結局3本収穫した。そのうちの2本は階下の両親に押し付け、俺は一本だけを使う。


在庫のキャベツとニンジンに、今日収穫したキュウリ、しばらく前に畑の大家から貰った新タマでコールスローサラダを作る。







Last updated  2019年06月27日 22時02分11秒
コメント(10) | コメントを書く
2019年06月17日
カテゴリ:お酒とあて
今夜はストロベリームーンだと聞いていた。そんなことはすっかり忘れていたが、平日は日が暮れてからでないと飲酒が出来ないので、今の季節は20時を過ぎないと酒を飲めず、暗くなってからいそいそと酒を飲む準備を始めたら、東の空にオレンジの月が昇り始めた。

確かに今宵の月を何か特別なものに例えたいのはよくわかる。でもどう見てもストロベリーではなくオレンジだった。(デジカメやスマホ等ではよく写らないだろうから、写真は撮っていない。)

それでも今夜の月は酒のアテになる。いや、風流なことを言いだしたわりには、ちゃんと塩昆布にゴマ油de充填豆腐の冷奴を用意しているけれど。


という月も昇っていくにつれ普通の黄色になりつつある。

ところで土曜日に食った生麺のインスタントラーメンは一パックに2玉入りだった。余った一玉分は冷凍しようかと思ったけれど、せっかくだから食ってしまおう。

というのも、いつも「一日働いた俺の晩飯がインスタントラーメンでは俺に失礼だろう」と書いているが、今日は仕事が暇だった。朝せっかくワイシャツを着たのに、結局客と会うことはなかった。

もちろんそんな日は前にやった仕事の事後処理をしたり、次の仕事の仕込みをしたりアポイントを取ったり有意義ではあるのだが、稼ぎとしてはどうよ?

というわけで、稼ぎのない奴はインスタントラーメンでも食っとけ。土曜日に書いたようにこれは白河ラーメンらしいのだが、麺が2玉一パックに対して、スープは一食分ずつしょう油と塩を選べたので、一つずつにしていた。

土曜日に買った叉焼は昨日使い切ってしまったので、今夜はまた叉焼を買おうかと思ったが、美味しい塩ラーメンの具についてスーパーでうろうろしながら考えた結果、砂ずり(鶏の砂肝)を買って来て、わざとほとんど掃除をせず切り込みだけ入れて、塩コショウで炒める。新タマの在庫もあるので一緒に炒めるか迷ったが、


今夜はカットネギを買ったのでネギダクにしよう。


今夜はご飯を炊かなかったので、買って来たおにぎり1個と、ちぎりレタスの生野菜だけを添える。






Last updated  2019年06月17日 21時32分43秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年06月03日
カテゴリ:お酒とあて
何度も書いているが、日々にはメリハリが必要だと思うので、ビールは走った日にしか飲まない。偉そうに言ってる割には酒は毎晩飲むけれどね。そして、在庫があると飲みたくなるので、多少割高でも6本パックでしか買わない。(ケース単位でいただくのは拒否しない。)

土曜日に走って最後の1本を飲んだので、日曜日に買い物に行った時に忘れずにビールを1パックかごに入れた。ビール1パックって案外重いので、最後に買ってそのままレジに向かう。

レジ係の店員さんがチェックするのをなんとなく見ていて、「あれ、350ml缶にしては長いんじゃないか?」とやっと気づいた。今さら「500mlは間違いでした」というのも面倒くさく、そのまま500ml缶6本パックを買って来た。

重さで気づけよと思われるかもしれないが、先にも書いたように、そもそも350ml缶6本でも重いものだし、かと言って500ml缶6本が持てないほど重いものでもないし。

俺は意志が弱いので、週に2回しか走らなくなったら、一回目が火曜でも、最悪水曜でもギリギリ間に合うので、なかなか月曜日に走ろうと気にならないのだが、今週は天気予報と予定を検討したら、今日から走ろう。

6月になって週に何キロ走るのかまだ決めていないけれど、平日に仕事を終えての21Kmはさすがにやり過ぎだと思うんだよね。一方で12Kmや14Kmじゃ500mlのビールを飲めないだろう。

という葛藤の中で、折衷案として20kmを走ってくる。気持ちとしてはハーフと比べると1Kmも負けてもらったので、すごく得した気持ちだ。

夕方スーパーで、酒のアテ用に惣菜のカレイのから揚げを買って来た。


カレイなのかオヒョウなのかよくわからないけれど。

この暑さの中、20kmを走るとさすがに晩飯はあまり食えそうになく、晩飯のプランがあったというか下ごしらえはしていたのだが、今夜はしっかりしたおかずは欲さず、この後は昨日炊いた冷蔵ご飯をお茶漬けにしてお茶を濁しておこう。いや、濁っていないクリアなお茶のはずだけど。






Last updated  2019年06月04日 07時40分19秒
コメント(7) | コメントを書く
2019年05月27日
カテゴリ:お酒とあて
すでに書いたように土日で宮崎県東臼杵郡椎葉村へ釣りに行ってきた。椎葉村と言えば菜豆腐で、俺のブログでも何回も出て来たが、今回も釣りの帰りに​平家本陣​に寄り、菜豆腐を買い求める。


春は菜の花の黄色​・5月初旬は​藤の花の紫​(菜豆腐は藤の花こそらしい)だったが、5月下旬の今回はパプリカとニンジンの赤だった。

見た目は可憐だが、豆腐は超木綿なので質実剛健だ。

今夜は半分を酒のアテに用意したが、2皿に分けたのは、余ったら半分はおかずに回そうと思ったからだが、


案の定余った上に質実剛健な豆腐なので結構腹いっぱいになり、おかずでも食えそうになく明日に回る。

今夜のおかずには、豚肉・ニンジン・タマネギの在庫があったので、こんにゃくと一緒に料理白だし・みりん・砂糖で煮込んで、鷹のツメとしょう油も加える。


マロニーが長期在庫になっていたので、この際マロニーも投入しよう。

在庫のグリーンリーフとトマトにニンジンを散らしたサラダ。

今夜は雨風の予報だったが、雨はともかく(外に出ていないからわからない)、風はやばいくらいに吹いている。とても走る気にはならん。






Last updated  2019年05月27日 21時05分50秒
コメント(10) | コメントを書く
2019年05月13日
カテゴリ:お酒とあて
昨日小値賀島(小値賀町)から帰宅したが、夏のキャンプに向けて打ち合わせや、見て回るところが多くて、フェリーターミナルでお土産を買う暇はなかったのだが、物価や品ぞろえを確認するために最後に寄った食料品店で、自分用にかまぼこを買う。


この一固まりで500円と少々値が張るが、地物のアジを使ったかまぼこでずしっと重い。お土産用には​すぼ巻きになった物​もあったが、自宅用ならばどう考えてもこっちが美味いだろう。こちらはすぼ巻きに対して、餅型といわれるらしい。



半分を切って、今夜の酒のアテにする。

考えたら先週は愛媛県三崎でじゃこ天を買って来た。じゃこ天に比べると、小値賀のかまぼこは噛み砕く骨の数が少ない。(まったくないわけではない。)書かないけれど原材料も全然違うので、似たような色だが味も全然違う。(ちなみに小値賀はアジ)

練りもの(かまぼこ)がそれぞれの地域で似たように発達して来たのは、この国がいかに動物性のタンパク質を海産物に頼って来たかということと共に、庶民にとって青魚がいかに大切なものだったかということだろうね。

ところで、無人島の野崎島でサビキ釣りをした。(あくまでも子供たちのアクティビティの候補として体験。)
竿とアミ(撒き餌)を持って海へ行こうとしたら、無人島の管理人さんに「釣れない」と言われる。いやいやご謙遜でしょう。だって無人島だよ、下手したら鯨とか掛かりかねん。

ところが、引き潮の上、港が浅くてサビキの上の針が海上に出そうな状態だ。メダカみたいなエサ取りしか見えん。廃村なので、波止もところどころ通行止めになっていて、よさそうなところには行けないんだよね。無人島だから誰も見ていないとはいえ、「教育キャンプの下見で来ました。誰も見ていないところでは少しだけルールを破ります。」ではカッコ悪い。

結局、アジ子はあきらめて岩場でシャクっていたら、小さなアラカブが一尾掛かった。ロックフィッシュは俺の引き出しにあるからね。


一応、生かしておいたけれど、結局オヤジ(アウトドアの師匠)と2人でこのアラカブ一尾だったので、これだけを捌くのは面倒くさくリリースした。命拾いしやがったな。
俺は地合いが悪かっただけだと思っているが、オヤジはアクティビティの候補から、釣りを早々に消したようだ。波止のサビキ釣りは、釣り針を自分に引っ掛けたり、下手したら海に落ちる子も出かねないので、俺も出来ればやりたくないんだよね。釣れ過ぎて捌くことを考えたらぞっとする。







Last updated  2019年05月14日 17時11分30秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年04月29日
カテゴリ:お酒とあて
昨日書いたように、俺が考えてtいた以上に予定が早く消化でき、今日はもう広島県内で2ヶ所に行けばよかった。それだけでは下手すれば7時前に終了するので、追加で島根県で行くべき場所を検索する。

昨夜は島根・広島県境の島根県側の道の駅の駐車場での車中泊だったが、Wi-Fiが使えたので検索し放題だった。その結果、追加で島根県内の4ヶ所を新たにリストアップした。

俺が探すものは情報が少なく、最終的には四ヶ所のうちの一ヶ所の、その半分を見つけられなかった。そもそも半分になっているのがおかしいのだが、雨の連休の中、たまたまそこにいた地元の方に尋ねたら、あちこち電話をして調べてくださった結果、HITしなかったので仕方がない。

それでもたくさんの成果があったので、明日以降集めて来た情報を整理しなければならない。なんでもそうだけど、「初めての感覚」が一番正しい。初めて食ったとか、初めて見た時の感想ね。それって数日経てば忘れてしまうんだよね。覚えているうちにちゃんと整理しないと。

帰路の高速道路は九州に入ってから、さらには北九州地域を抜けてから断続的に渋滞して、帰宅したのは18時を過ぎていた。

今夜は「道の駅阿武町​」で買い求めた鶏皮せんべいで酒を飲む。


この後は妹が作ってくれた晩飯を食うが、車中泊の寝不足なのか、長距離ドライブの疲労なのかいろいろやばいので、ここまでをエントリーしておく。






Last updated  2019年04月29日 20時35分28秒
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全264件 (264件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.