2006.09.27

お櫛田さんのぎなん落とし

(1)
カテゴリ:飯に関する諸々

タイトルを見ても福岡の人以外はわけがわからないと思う。
お櫛田さんって言うのは櫛田神社のことで、
博多の総鎮守なんだけれども、
博多祇園山笠で全国に知られている。

そして、ぎなんはぎんなんの博多弁だ。

単に櫛田神社にあるイチョウの古木の銀杏を落として、
神前に供えるってだけの話だけれども、
このニュースが流れると福岡も秋本番なんだな。

全国各地、その地方の季節を教えてくれるニュースが
あると思うけれど、福岡・博多の場合、
お櫛田さんのぎなんのニュースを聞くと秋で、
お相撲さんを街で見かけると木枯らしの季節だ。


おいしい物を食うのに労を惜しんではいけないとは思うが、
銀杏剥きだけは苦手だ。

あの匂いを嗅いでいると頭が痛くなるんだよね。
しかし、世の中よくしたもので、
俺の友達に銀杏剥きが趣味?の奴がいる。

いやいや、奴がいるなんて言っては失礼だ、
方がいらっしゃる。

もうしばらくすると、
「銀杏欲しい?」とメールが来るはずだ。

ぎなんで一杯飲む日を待ちながら、
今日も帰りが21時を過ぎたのでコンビニ弁当だ。

2日続けてこれだと気が滅入るけれど、
きっとこれが正しい独身男の晩飯なんだろうね。
そして、自分で作るより圧倒的に単価が安く済む。





TWITTER

最終更新日  2006.09.27 22:27:00
コメント(1) | コメントを書く
[飯に関する諸々] カテゴリの最新記事