3000080 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オルフェの日記

2006年08月02日
XML
テーマ:闘病日記(3933)
カテゴリ:ニュース
【ワシントン=増満浩志】
全身の運動機能がまひする難病「筋委縮性側索硬化症(ALS))」の症状進行を遅らせる動物実験に、米カリフォルニア大サンディエゴ校のドン・クリーブランド教授らが成功した。
研究チームは、SOD1という酵素が異常だと、これが脊髄(せきずい)にあるミクログリアという免疫細胞を傷つけ、ALSの症状の進行につながることを解明。この酵素の鋳型となる核酸(伝達RNA)と
ぴったり結合して、鋳型をふさいでしまう構造の核酸(アンチセンス)を合成した。
これを、ALSの症状を模したラットの脳内に、生後65日で注入した。このラットは通常、生後95日でALSを発症し、同平均122日で死亡するが、アンチセンスを注入したものは、発症後の進行が遅く、
同132日まで生き延びた。
中枢神経への薬剤注入はポンプを体内に埋め込む方法が鎮痛用に実用化されており、研究チームは「1年以内に臨床試験を始めたい」と話している。 (読売新聞)



でもね・・・

アンチセンスのことは2年前にも話題になって、当時、吉野先生に聞いてみたら

アンチセンスは、はっきりした異常遺伝子がわかっている場合に、その働きを抑制することにより
効果を示すものです。
ALSで異常遺伝子がわかっている、SOD-1異常を有する患者さんは全体の1・2%で、
オルフェさんはじめ大部分の患者さんには効果は期待できないでしょう。


と言われましたのよ。。。







最終更新日  2006年08月02日 15時59分32秒
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:ALS 進行を遅らせる動物実験に成功(08/02)   りゅう♀ さん
なかなか朗報には巡り合えないにゃー
ごくごく、ごく一部なんだね。
研究手間取ってるな。がんばってくれ研究員~
(2006年08月02日 16時05分50秒)

 りゅうちゃん   orfeu さん
>なかなか朗報には巡り合えないにゃー
>ごくごく、ごく一部なんだね。
>研究手間取ってるな。がんばってくれ研究員~
-----
ホントだよねー(;´д` ) トホホ
(2006年08月02日 16時14分29秒)

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


orfeu

フリーページ

お気に入りブログ

後見制度支援預金 New! syuichi6780さん

『松本モデル』って… ももたろう1108さん

スマホスタンド .+咲良+.さん

SUHADA*美人 Etsu-koさん
大正ラマン サクライヨーコさん
ぱじーらの難病AL… ぱじーらさん
細木数子かわら版 自称占い師さん
限りなく透明に近い… 茶犬さん
長旅の途中(闘病日… ☆みっち☆(^-^)vさん
What's up,today? りゅう♀さん

コメント新着

 初恋の@ Re:元気です(^◇^)ノ(12/07) 元気なによりです。
 石川だよ。@ Re:元気です(^◇^)ノ(12/07) 久しぶり~☺️ 元気で良かった🎵コロナの影…
 とねがわ@ Re:春ドラマ(03/17) オルフェ先輩 お元気ですか。ちょうどOG…
 ちゃこ@ 遅ればせながら お誕生日おめでとうございます。 色々な事…
 ゆきんこ@ Re:三代目もおうち(04/11) はじめまして。オルフェさま。 わたしの…
 ホンビノス貝@ 初めまして。 Googleでヘアカラー検索をしていてこちら…
 馬ちゃんヒヒン@ Re:強い気持ち(03/09) コロナインフルエンザ肺炎は怖いよね。ま…

カテゴリ

バックナンバー

2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月

カレンダー


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.