2644897 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オルフェの日記

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

ニュース

2017年05月26日
XML
カテゴリ:ニュース
ひさびさに『お?』と思いました
私はこの病気は再生医療でしか治らないと思っているので、
ちょっと興味がわきました


 京都大学iPS細胞研究所などの研究チームは、ALS=筋萎縮性側索硬化症の治療薬につながる有力な候補物質を見つけたと発表した。ALSとは、運動神経細胞が死んで全身の筋力が衰えていく難病だ。研究チームは、ALS患者の皮膚や血液から作ったiPS細胞を運動神経細胞に変え、そこに既存薬など1400種類の化合物をかけて分析。すると、慢性骨髄性白血病の治療薬『ボスチニブ』に運動神経細胞が死ぬのを抑える効果があることが確認できた。研究チームは、薬を患者に投与する臨床試験に向け、さらに研究を進めたいとしている。


ダイヤテレビ朝日系(ANN) 5/25(木) 23:30配信ダイヤ

大好きな仲間が映っていましたどきどきハート






最終更新日  2017年05月26日 23時54分53秒
コメント(4) | コメントを書く
2013年05月03日
テーマ:闘病日記(3854)
カテゴリ:ニュース
うれしいニュ-スグッド


50難病、iPS使い新薬…国主導・産学連携で 


政府は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、患者数が少ない難病の新薬開発を加速させるプロジェクトに乗り出した。

パーキンソン病など50以上の難病が対象で、2016年度までに治療薬の候補物質を探す共同研究体制を整える。基礎研究から薬の実用化までをにらみ、企業を加えた国主導のiPS細胞プロジェクトは初で、産学の連携で日本発の難病治療薬を送り出す構想だ。

難病は患者が少ないため研究が難しく、原因の究明や薬の開発が、世界的に進んでいない。このためマウスなどの実験動物で難病を再現する研究が行われているが、患者に使える薬を見つけるには限界があった。

iPS細胞の技術を使うと、難病患者の皮膚や血液の細胞から、神経や筋肉などの患者自身の病気の細胞を作り、生きたままの状態で増やすことができる。難病の研究に使えば、原因を調べたり、薬の効き目を確かめたりする研究が、飛躍的に進むと期待される。


読売新聞 5月3日(金)9時57分配信



いつかホントに治る日が来るかもしれない!

がんばりますo(^▽^)o



ニュ-ス自体うれしいけど、それよりも、このことを教えてくれた友達の気持ちがうれしかった。

いつも来てくれる同級生がメールをくれたの。

気にかけてくれてありがとう音符








最終更新日  2013年05月05日 13時11分23秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年10月12日
テーマ:闘病日記(3854)
カテゴリ:ニュース
ついにきたよーーー!
ゼッタイいつか治る気がするパンチ
っていうか、実はもう治ってる人がいるような気もする。


生命科学系の米企業ジェロン(本社カリフォルニア州)は11日、さまざまな細胞や組織に変化
できる胚(はい)性幹細胞(ES細胞)を使った世界初の臨床試験をジョージア州アトランタの病院で
始めたと発表した。

 脊髄(せきずい)損傷を受けて2週間以内の患者に対し、神経の再生を手助けするため、
ES細胞から作った「オリゴデンドロサイト」と呼ばれる神経系細胞の前駆細胞を注入した。

 まずは治療法の安全性を確認するのが目的で、2年がかりで8~10人に試験を実施する。
実際に運動機能を回復させる治療が実現するまでには、数年かかるとみられる。

 ES細胞は倫理的な問題から米国ではキリスト教保守派の反発が強く、ブッシュ前大統領は連邦
予算による研究助成を制限していたが、同社は民間などから集めた資金で研究を継続していた。

 同社はオバマ大統領就任直後の昨年1月、米食品医薬品局(FDA)から試験の承認を得たが、
安全性を確認する追加の作業に時間がかかり、臨床試験の実施が遅れていた。

 同社は「ES細胞を使った治療を進める上で画期的な一歩」としている。

最終更新:10月12日(火)11時8分







最終更新日  2010年10月13日 03時24分06秒
コメント(8) | コメントを書く
2009年07月13日
テーマ:闘病日記(3854)
カテゴリ:ニュース
今日ヘルパーさんに教えてもらった。



2009年7月12日(日)03:11
筋肉が動かなくなる難病である筋 萎縮 ( いしゅく ) 性側索硬化症(ALS)や、若年性認知症の
治療につながる物質を、東京都精神医学総合研究所の野中隆主席研究員らの研究グループが
見つけた。

11日からウィーンで開かれる国際アルツハイマー病学会で発表する。

これまでの研究で、ALSや若年性認知症を発症した患者の脳や 脊髄 ( せきずい ) には、
TDP43と呼ばれるたんぱく質が異常を起こして蓄積していることがわかっており、これが
細胞の死滅や病気発症の原因になると見られている。

研究チームは、人の神経細胞に異常なTDP43を作り出す遺伝子を組み込み、患者の
細胞を再現。この細胞を使って、様々な薬の効果を確かめたところ、ロシアでアレルギー
などの治療に使われていた医薬品と、国内でも市販されている薬剤とを併用することで、
細胞内に蓄積した異常たんぱく質を80%以上減らせることを突き止めた。

ALSは往年のメジャーリーガー、ルー・ゲーリッグ選手が発症したことで知られる難病で、
治療法はまだ開発されていない。40~65歳で発症する若年性認知症も治療法がない。

野中主席研究員は「すでにある薬を使って、ALSなどの進行を大幅に抑えることができる
可能性がある。早急に治療薬開発につなげたい」と話している。



今すぐ治らなくても、とりあえず、止まってくれるとうれしい。
その間に薬や再生医療が出来れば・・・ね。

まだまだあきらめないぞっぐー









最終更新日  2009年07月13日 23時27分43秒
コメント(8) | コメントを書く
2009年03月10日
テーマ:闘病日記(3854)
カテゴリ:ニュース
アメリカのオバマ大統領が、ES細胞研究への助成を解禁する大統領令を出した

ブッシュは反対してたけど、これからはきっとどんどん進むぞぉーパンチ

っていうか、日本だってもうかなりのとこまできてると思うんだけどね。

あとは国の認可次第だよね爆弾

何かと障害者への支援を渋るくらいなら、とっとと治療を認可して、難病患者を
治しちゃえばいいのに!!っていっつも思うよ。


日本でダメならみんなでアメリカ行くぜーーー飛行機








最終更新日  2009年03月12日 00時04分47秒
コメント(8) | コメントを書く
2008年11月06日
テーマ:闘病日記(3854)
カテゴリ:ニュース
私の夢が正夢になるのも夢じゃない! ん?


今日テレビを見てたらニュースで流れた。
ALSにも有効だと言っていたうっしっし


万能細胞とされるヒトの胚(はい)性幹細胞(ES細胞)から、立体構造を持つ大脳皮質の組織を作り出すことに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹グループディレクターらのチームが成功した。4層構造で、胎児の脳組織にそっくりだという。6日付で米専門誌セル・ステムセル電子版に掲載される。

 これまで、ES細胞から心臓や神経の細胞はできていたが、複雑な立体構造と役割を持つ「組織」ができたのは世界でも初めて。脳ができる仕組みの解明や再生医療、新薬開発の研究につながると期待される。

 ES細胞の塊をバラバラにして皿の中で培養液に浮かせ、特殊な薬を入れると神経細胞ができる。1~2日かけて、神経細胞の塊になるが、成功率は3割程度と低かった。笹井さんらは、成功率を上げるため、バラバラのES細胞が集まりやすいよう、小さなカップに小分けにして入れたところ、2~3時間で塊になったという。成功率は7割に上がった。

 約6週間で直径約2ミリのマッシュルームのような形になり、断面をみると層構造ができていた。
神経細胞が自動的に複雑な大脳の皮質を形作っていたことが分かった。

 大脳皮質は運動、思考をつかさどる脳の最高中枢。ヒトの大人では6層だが、胎児では4層の時期がある。作り出した組織には4層の皮質があり、胎児の組織とよく似ていた。

 笹井さんは「小さいカップで培養したことで、実際に胎児の脳組織ができる環境に似た状態になり、本物と同じような脳組織ができたようだ。」と話す。(木村俊介)




卵子なしで万能幹細胞を作ることは、2年前に成功しているはず。
倫理問題だのなんだの言わせねーブーイング

国がいろいろと邪魔してるんだろうなー怒ってる




この笹井さんには、4年前にメールしたことがある。

「マウスおよびサルES細胞を用いて、末梢神経系ニューロンへの分化誘導法を世界に先駆けて
開発した」いう記事が出た時に、人への臨床はしないのかとか、ALSには有効ではないのかとか。


以下、当時の笹井教授からのお返事です。


4/29の新聞記事の研究内容は、未だ極めて基礎的なもので、残念ながら臨床に直結する段階
ではありません。
今回の研究で、サルのES細胞から1-3割の程度で知覚神経や運動神経の細胞を試験管の中で
作成することができるようになりました。
これはヒトのES細胞を使えば、こうした神経細胞を産生することができる技術である点で注目
されています。
しかし、比較的研究が進んでいるパーキンソン病とは異なり、ALSの場合は細胞移植の研究は
これまでほとんどなされてきておらず、動物などを用いての研究はすべてこれからになります。
運動神経ニューロンは中枢神経の広範囲に散在しているため、移植自体が非常に難しい可能性
がこれまでも言われていますので、研究は一朝一夕には進まないとは思われています。
もう一つの未解決の問題は、ALSの場合、今回作成に成功した運動神経ニューロン(脊髄や脳幹
にある)のみならず、大脳皮質の運動野のニューロンも脱落します。
後者は未だES細胞からの作成されていませんので、その意味でも未だ不完全な段階と言える
でしょう。
しかし、ALSについては世界中で多くの研究者が日夜研究に励んでおり、少しずつでも前進して
います。今回の研究成果もそうしたことの一つであるといえるのではないかと思います。
あまりご期待に添えるご返事が出来ずに大変恐縮です。どうぞお大事になさってください。



とのことでした。
お忙しいでしょうにすぐに返事をくれて感激したのを覚えています。

またメールしてみようかなー?








最終更新日  2008年11月06日 23時24分18秒
コメント(8) | コメントを書く
2006年12月20日
テーマ:闘病日記(3854)
カテゴリ:ニュース
びっくりーーービックリ

徳洲会理事長の徳田さんがALSだったなんてショック
だから治験にもチカラ入れてたんだな。。。
徳田さんもL-カルニチン飲んでるのかなー? ラジカットも投与してるのかなー?
だから吉野先生が呼ばれたのかなー?

知識もあり、人脈もあり、そして、財力もある方が患者だなんて、ちょっと心強いパンチ
なんなら各地にALSマンション作ってくりーーー雫


徳田前議員が難病を告白 人工呼吸器付け、あいさつ

前衆院議員の徳田虎雄氏(68)が29日、全身の筋肉が動かなくなる進行性の難病、筋委縮性側索硬化症(ALS)にかかり闘病中であることを、横浜市で開かれた患者団体「日本ALS協会」の設立20周年記念式典に参加して告白した。

徳田氏は車いすで秘書らに伴われ、壇上へ。人工呼吸器を付けており会話はできないため、事前に用意した文章を一文ずつ指さし、秘書が代読。「駆け出しの患者です」と切り出し「人生は苦しい
ことが多いほど豊かになる。神はぼくをもっと幸せにするためにこの病気を与えた」などと笑顔を見せた。

その後、会場を回り患者一人一人と手を握り合った。

医療法人徳洲会によると、徳田氏は2002年春に発症。その後、症状が進行して自発呼吸が難しくなり、気管切開をして人工呼吸器を付けた。徳洲会理事長の職務をこなす以外はここ2、3年、人前に出ることはなかったが、この日はほかの患者に会いたいと思い立ったという。

自由連合代表だった徳田氏は、04年2月ごろから病気を理由に療養し、昨年8月に政界引退を表明した。(共同通信社)'06/11/30







最終更新日  2006年12月20日 18時05分58秒
コメント(8) | コメントを書く
2006年08月17日
テーマ:闘病日記(3854)
カテゴリ:ニュース
筋肉につながる運動神経の軸索という部分が傷ついた場合でも、特定のタンパク質があると
神経が細胞死しないとのマウス実験の結果を、木山博資大阪市立大教授(神経解剖学)らが
17日までにまとめた。

原因不明で神経が侵され筋肉が動かなくなる筋委縮性側索硬化症(ALS)などの治療法開発に
つながる可能性があるという。

木山教授らは、マウスで軸索を傷つけると、ヒトでALSが進行するのと同様に神経細胞が
ゆっくり死ぬのに、ラットでは細胞が死なないことに注目。違いを調べた。

その結果、ラットでは特定のタンパク質が細胞質中に多く出て、細胞死を促す酵素と結合
して働かないようにし、細胞死を防いでいた。(共同通信)




で、特定のタンパク質って何?(;^。^A アセアセ・・







最終更新日  2006年08月17日 21時38分42秒
コメント(12) | コメントを書く
2006年08月12日
テーマ:闘病日記(3854)
カテゴリ:ニュース
研究はどんどん進んでいるキラキラ
早く早くぅぅぅぅぅ~雫


卵子なしで万能幹細胞 京大、マウス実験成功 倫理クリアし再生医療に道

京都大学再生医科学研究所の山中伸弥教授、高橋和利特任助手らは、卵子や受精卵を使わず、
マウスの皮膚細胞から身体の多様な細胞に分化する胚(はい)性幹(ES)細胞に似た万能幹細胞を
作り出すことに成功した。
この幹細胞を「誘導多能性幹(iPS)細胞」と命名、ヒトの体細胞から作れないか、実験を続けて
いるという。同じ方法でヒトの体細胞を万能化できれば、受精卵などを使わずに移植用の細胞が
得られ、再生医療は実現に向け前進する。
ES細胞は、脊髄(せきずい)損傷や心筋梗塞(こうそく)などの再生医療への応用研究が進められて
いるが、卵子や受精卵を壊して作るため反対論が根強く、米国では7月、キリスト教的倫理観を
背景にブッシュ大統領がヒトES細胞研究の促進法案の成立に対して拒否権を発動した。
iPS細胞は、卵子や受精卵を使わないため倫理的問題を回避できる可能性があり、患者自身の
細胞から作れるようになれば、他人の細胞移植に伴う拒絶反応を回避でき、再生医療に道を開く
とみられる。
研究チームは、ES細胞に含まれる24種の転写因子のうち、4つの因子の遺伝子をマウスの尻尾
から採取した皮膚細胞に導入。
ES細胞と同様にさまざまな細胞に分化する万能性を持つ幹細胞ができることを発見した。
実験では、4つの遺伝子を導入したマウスの皮膚細胞が、3週間後に神経や軟骨、消化管のような
組織などに分化。試験管内でも、神経、心筋、肝臓の細胞に分化したことを確認した。
細胞移植治療への貢献が期待できるほか、薬物が体のどこに効くかを調査するスクリーニング
などに役立つという。
山中教授は「人間の体細胞もこの4種類の遺伝子でiPS細胞になるかどうかは、今後研究してみな
いと分からない。ウイルスを使う遺伝子導入法も安全上の問題があり、別の方法にする必要があ
るが、臨床応用を目指したい」と話している。
この研究は科学技術振興機構のプロジェクトの一環で実施され、成果は米科学誌「セル」の電子
版に10日(日本時間の11日)、掲載された。
                   
【用語解説】胚性幹(ES)細胞
体にあるすべての細胞になることができる能力を持つ細胞。分化を始める前の受精卵(胚)から
採取する。受精卵は個体を作ることができるため全能細胞と呼ばれ、万能細胞や多能細胞と
区別される。また、身体の各組織で一定の種類の細胞に変わるとともに、自ら増殖する能力が
ある細胞を幹細胞と呼ぶ。
(フジサンケイ ビジネスアイ) - 8月11日8時33分更新






最終更新日  2006年08月13日 00時53分15秒
コメント(8) | コメントを書く
2006年08月02日
テーマ:闘病日記(3854)
カテゴリ:ニュース
【ワシントン=増満浩志】
全身の運動機能がまひする難病「筋委縮性側索硬化症(ALS))」の症状進行を遅らせる動物実験に、米カリフォルニア大サンディエゴ校のドン・クリーブランド教授らが成功した。
研究チームは、SOD1という酵素が異常だと、これが脊髄(せきずい)にあるミクログリアという免疫細胞を傷つけ、ALSの症状の進行につながることを解明。この酵素の鋳型となる核酸(伝達RNA)と
ぴったり結合して、鋳型をふさいでしまう構造の核酸(アンチセンス)を合成した。
これを、ALSの症状を模したラットの脳内に、生後65日で注入した。このラットは通常、生後95日でALSを発症し、同平均122日で死亡するが、アンチセンスを注入したものは、発症後の進行が遅く、
同132日まで生き延びた。
中枢神経への薬剤注入はポンプを体内に埋め込む方法が鎮痛用に実用化されており、研究チームは「1年以内に臨床試験を始めたい」と話している。 (読売新聞)



でもね・・・

アンチセンスのことは2年前にも話題になって、当時、吉野先生に聞いてみたら

アンチセンスは、はっきりした異常遺伝子がわかっている場合に、その働きを抑制することにより
効果を示すものです。
ALSで異常遺伝子がわかっている、SOD-1異常を有する患者さんは全体の1・2%で、
オルフェさんはじめ大部分の患者さんには効果は期待できないでしょう。


と言われましたのよ。。。







最終更新日  2006年08月02日 15時59分32秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


orfeu

フリーページ

ランキング市場

お気に入りブログ

呼吸器交換 HT50→HT… New! syuichi6780さん

感謝すること makiboさん

群馬自然史博物館 .+咲良+.さん

LDH パーフェクトイ… 三代目管理人さん

SUHADA*美人 Etsu-koさん
大正ラマン サクライヨーコさん
ぱじーらの難病AL… ぱじーらさん
細木数子かわら版 自称占い師さん
限りなく透明に近い… 茶犬さん
長旅の途中(闘病日… ☆みっち☆(^-^)vさん

コメント新着

 オレンジ🍊@ 新番組、チェック致しましたっ😆 久しぶりにブログ拝見しました。マニキュ…
 佐川急便の人@ Re:カニューレ変わった(08/31) ずっと前から密かに読ませて頂いています…
 マリオ・シャラポワ@ Re:胃ろう交換(05/30) 形状はわかりませんが、五ヶ月毎に約十日…
 のえ☆@ Re:今ハマってるもの(01/16) こんにちはー! 私も大好きです(^^) あと…
 Mr.朱蒙@ Re:映画「無限の住人」超カッコイイ(≧∀≦) ラジャー!!! 見てみますネ^^
 Mr.朱蒙@ Re:あけましておめでとうございます♫ 遅くなりましたけど、あけましておめでと…
 Mr.朱蒙@ Re:お花いただきました~ さすがワクラバさん!紳士ですねぇ^^

カテゴリ

バックナンバー

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.