184620 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【移動販売】無添加DreamFactory【農業研修】

馬肉の説明

== 栄養 ==
馬肉には、栄養価が高く食べても太りにくい事と、低アレルギー食品であることから食肉のチャンピオンとでも言える。

* 牛豚鶏などの畜種より低カロリー低脂肪低コレステロール低飽和脂肪酸、高たんぱく質
* ミネラルとしても牛肉や豚肉の3倍のカルシウム 鉄分は、ほうれん草・ひじきより豊富で豚肉の4倍・鶏肉の10倍に及ぶ。
* 豊富なビタミン(A・B12・E)
* 牛肉の3倍以上のグリコーゲンを含む。
* ペプチド、リノレン酸等も多く含まれる。
* 「低アレルギー性」食品である。
* 女性や高齢者、疲れ気味の人々にも適した食材として注目されつつある。
* 特にフランスでは医者が病人に対して馬肉の食事を勧めるほど実績と信頼を得ているのである。{{要出典}}

== その他 ==
基本的に馬は体温が高く、その筋肉中には寄生虫等の非常に少ない動物である。
ただし内臓処理の雑な業者、生産の馬肉には、交差汚染により極まれに寄生虫が存在することがある。
腸内にいる種類としては葉状条虫、馬回虫、馬円虫、頚部糸状虫等がいるがいずれも人への感染報告はない。
極々まれに水や全畜種に感染するクリプトスポリジウムも確認されたことはあるが、他の生肉と比すれば問題の少ない食肉といえる。

民間療法として筋を痛めたり打撲の患部に馬肉を貼り付け熱を取るというものが存在する。
王貞治監督がケガをしたある選手に贈ったところ、その選手は「これを食べて英気を養ってくれ」というメッセージだと勘違いし、平らげてしまったという。

=== 馬肉を食べる国 ===
日本以外で馬肉食が一般的な国はフランスである。
フランスでは、[子牛肉|仔牛]のステーキが馬肉であることもある。
他にオーストリア、イタリア、スイス、ベルギー、ルーマニア、アイスランド、カザフスタン、マルタ、モンゴル、オランダ、ノルウェー、スロベニア、スウェーデン、カナダのケベック州などがある。
こららの国や地域では、食用の馬肉が生産され、ソーセージなどに加工するなどして消費されている。
特に世界の馬肉産業に強いのはベルギー系である。

当方では自演販売の時、塩胡椒だけの焼肉、デミソース煮込み、トマトソースのカチャトーラ風、焼きそば、ハンバーグ等で提供


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.