1908832 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

怪獣亭非日常

2006.03.04
XML
カテゴリ:怪獣秘宝館
「仮面ライダー」のオリジナル劇場作品第1弾である「仮面ライダー対ショッカー」。人工重力装置GXを巡り死神博士とWライダーが対決する本作の見所はなんといっても大挙して登場する再生怪人軍団でしょう。先日までGYAOで無料放送をやっておりましたので再見しました。
この作品再生怪人というのはでてくるだけで戦闘員なみだったりすることが多いわけですがそのような作品の中でも草分け的な本作でも明暗くっきりわかれています。

まず「明」なのですがこれはハエ男でしょう。序盤はほとんどハエ男の独壇場といってもといかもしれません。博士の誘拐未遂から2号との最初の対決のシメはこの方でした。目立ちまくりです。ハエ男のくせに。

それに対して「暗」なメキシコ支部幹部のサボテグロンとモグラング。強力な爆弾であるメキシコの花をぶら下げている時点でやばそうなのですが、その不安のまま、投げた爆弾を蹴り返されてあわあわしながらの爆発は涙を禁じえません。
もの凄くマヌケです。

この作品最大の見所が地獄谷の28大再生怪人軍団です。
この名乗りシーンに当時の怪獣好きな子供は失禁ものの興奮を覚えたものですがここで「暗」が一人・・・。
黄金狼男・・・実験体じゃないし・・・。
最高幹部のはずのあの方が「狼男!」とさけんでいるのは凄くさびしいものがあります。出番これだけだし・・・。

29対2のはずがいつのまにか2人ライダーとのハンディキャップマッチを余儀なくされたエリート怪人ザンジオー。
最大の屈辱はドクガンダー如きに「やれい」と命じられたことでしょうか。大体28人もいたはずの再生怪人軍団は20人位まだのこっていたはずなのに何故2対1に。エリート怪人に対する陰湿なイジメなのでしょうか。

そんな面子を押しのけて堂々の「暗」部門第1位は・・・アリガバリ!!
本編では強力怪人だったアリガバリ。
本作ではそれほど高くない塀からジャンプ。
よろよろっとしたかと思うや爆発って・・・。
塀からおちただけで(まあ1号からパンチをくらったせいもあるが)死んだ怪人は「仮面ライダー」史上唯一ではないかと。
再生怪人は弱いというけど そこまで弱くなっていいのか??






最終更新日  2006.03.04 23:32:22
コメント(2) | コメントを書く
[怪獣秘宝館] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


大阪歩

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

うんにゅるりん@ びっくり追伸 その二 この回のEDがYouTubeで見られるようにな…
オオサカアユム@ Re[1]:サザエファイト『カツオ対ベロクロン燃える街の決闘』(03/31) リーブスさんへ 返事遅くなってしまいま…
リーブス@ Re:サザエファイト『カツオ対ベロクロン燃える街の決闘』(03/31) 記事にして頂いてありがとうございます✨ …
コレクター甲@ Re:ブロッケン伯爵の栄光と死 ダイナミック悪役列伝2(03/16) 僕も「たたかえDr.ヘル」を見ました。顔が…
たいしょうくん@ Re:謎のTV人形劇を探して・・謎の鳥パウパウ(声=山田康雄)(09/16) 星からー星へ 闇からー闇へ わたしゃー…
たいしょうくん@ Re:謎のTV人形劇を探して・・謎の鳥パウパウ(声=山田康雄)(09/16) ゼロ番線の地下鉄の チャン チャンチャン…
大阪歩@ Re:訂正求む ゆっき様 ご指摘いただいた英雄共闘館につ…

お気に入りブログ

伝説のコンサート-… New! 稲葉忍さん

Blader -ブレイダー- n-TakaSNSDさん
ゲションカナワン HIROSHI:NAKIさん
ごった煮底辺生活記(… negibonさん
HERO讃歌 Gazulさん
水島新司 漫画図書館 ひろし虫さん

バックナンバー

2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2020.06

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.