349869 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

劇団大阪新撰組☆ガリバーな日常

PR

カレンダー

フリーページ

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022年01月22日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ご無沙汰してます、本多です。
今回のお題である、紅白の最終回、年末年始からははや半月以上経ってはいますが。
私が真っ先に思いついたのが、紅白なます。
おせちですね。
要は大根と人参をいい塩梅で酢漬けにしたやつ。
たまに食べると美味しいんですよね。
箸休め、という言葉がしっくりくる一品ベスト3に入るといっても過言ではない、と言い切ることもできなくはない、そんな一品。
そして覚えておられる方がはたしてどのくらいいるかわかりませんが、最近またなんだか大食いですとか、デカ盛りのお店なんかの番組がブームっぽいですけど、その元祖ともいえる、TVチャンピオンの中でもキラーコンテンツの筆頭角、そう、大食い選手権。
今でも大人気番組なわけですが。かれこれ少なくとも十年以上前、もちろんまだ中村ゆうじが司会だった頃、たぶんお正月の時期の放送回だと思うのですが、ここでまさかの紅白なますをひたすら食べまくるという衝撃の映像が。
記憶が確かならその一つ前は揚げ物、確か海老フライ対決だったので、胃腸を休める意味合いもあり、というような説明というか言い訳っぽい事を言っていた気がします。
わりに豪華な料理が多かったということからの予算の都合的な側面を感じざるをえなかった事を覚えてます。

ちなみに今年の実家でのおせち。
ご多分に漏れず発注したお重なわけですが。
去年と同じところから頼んだんてすが、紅白なますが入っておらず、その代わりに真っ赤に染められた酢ダコと白えびの酢漬け。うん、確かに美味しい。
でもこれじゃない。これじゃないのよ、なんてちょっとやるせない気持ちになった元旦でした。
ほんとは近所のイズミヤの売り場で大根と人参の写真を撮るプランもあったんですが、かなり怪しい人になってしまいそうなので断念して自宅にある紅白のものを撮影した次第です。


3月に本番を迎える短編まつりも絶賛稽古中!
ではまた!







最終更新日  2022年01月22日 10時23分49秒



© Rakuten Group, Inc.