358663 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

劇団大阪新撰組☆ガリバーな日常

劇団大阪新撰組☆ガリバーな日常

PR

カレンダー

フリーページ

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022年07月02日
XML
カテゴリ:阿矢
さて、いよいよ7月1日より情報公開されました
チケット絶賛発売中
アラバールと言うとうちでは実験的な試みをしてますが、今回もかなり攻めてます
元々攻めてるホンですから…それをガリバーでやるのです…攻める以外の方法はありません
ぜひお見逃しなく、ご予約お待ちしています

さて、二週に渡り今回の役者陣を紹介しています
まずおひとりめ、写真の右側の野口知紗さん
彼女が初めて劇団の公演に出て下さったのも実はアラバールなんです
今回2回めのアラバール
大学でもスペイン語を勉強されていただけあって、スペイン通です
普段は穏やかな彼女の内なる情熱をお楽しみに♪

さて前回と被りますが、この方もアラバール作品2回めのご出演となります左側の九谷保元さん
というか、2回ご出演下さってる2作品ともアラバールなんです
つまりもうアラバール俳優と言わせていただいても良いですよね
スタジオガリバーにホンモノのガリバーが来たみたいに稽古場が小さく見えます
動きもさらに大きくてその迫力に目を奪われっぱなし…密かにセリフがヤバくなったら後ろに隠れちゃおうかと企んでいます(笑)

そして真ん中、大阪新撰組初出演、アラバール作品初出演の中村渓士さん
いつもニコニコ…すでに私の癒やしになってる彼ですが、難しい本のリーディングやご出演をされているのでラクラクとアラバールをこなしていらっしゃいます
良いお声です…きっと神様の生まれ代わりなのではないでしょうか?

さてこれにいつものメンバーが加わり、どっぷり60年代後半〜現代まで???…繋がる(これが不条理劇の目指すところ)お話を上演します

劇団大阪新撰組
フェルナンド・アラバール作品選Vol.4
『やつらは花に手錠をかけた』
[脚色/演出] 栖 参蔵
[出演] 南田吉信 阿矢 古川智子 本多信男
         野口千紗 中村渓士 九谷保元
[日時]2022年9月16日(金)20:00
                           17日(土)14:00/19:00
                              18日(日)11:00/16:00
受付、開場は開演の15分前
[料金]2000円
[会場]  スタジオガリバー
            大阪市天王寺区大道1-5-4司ビルB1F
大阪メトロ谷町線「四天王寺夕陽ケ丘」下車徒歩10分
またはJR天王寺駅下車徒歩10分  

阿矢







最終更新日  2022年07月02日 19時17分49秒
[阿矢] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.