3621519 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

医療保険のからくり

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


保険の異端児・オサメ

カレンダー

お気に入りブログ

麗子ママの本番「銀… New! 神風スズキさん

ファ⁈イザ〜CEOがタ… New! n4316さん

観天望気 New! lavien10さん

『吉原手引草』で花… あんずの日記さん

本日のポチッ セリメーヌさん

コメント新着

 せんべいさん@ Re:ベンツ販売から、あり得ない非常識な対応をされている(02/06) 私は、日本車の開発現場に勤めていました…
 保険の素人@ Re:ワクチン接種と感染拡大、ブースター接種で死亡率上昇か?(08/30) コロナを感染症5類に引き下げるという意見…
 保険の異端児・オサメ@ Re:はじめまして(01/26) つゆどきさんへ アメブロに頂いたコメント…

フリーページ

ニューストピックス

2011/01/03
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類



医療保険は、
1ヶ月に負担する医療費の限度額を補える入院保障があれば良く、
細かく病名を限定して保障は不要であること。

そして、
何ヶ月の入院を補いたいかを決める保障条件(1入院で保障される日数)を決める。
そこで一番重要なことは
補いたい入院月数の医療費負担額より保険料を多く支払わない確認です。


例えば、
1ヶ月に負担する医療費は9万円。

1ヶ月の入院を補いたいと思った場合、
必要な保障はすべての病気や怪我の入院を保障される日額3,000円の保障だけで良い。

そして1ヶ月の入院を保障する条件の1入院30日。
 

さらに、重要な確認は
1ヶ月9万円の医療費負担額を補うために支払う保険料が一時払いで9万円以上だったら
保険に入るより入院したときに9万円を支払ったほうが良いことが明白。

だから、
長い期間に支払っても9万円よりも多く支払わない確認が必要です。


 

医療保険に入るための基本的な考え方


 

高額療養費助成制度と医療保険









最終更新日  2011/01/05 10:22:17 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.