3665082 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

医療保険のからくり

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


保険の異端児・オサメ

カレンダー

お気に入りブログ

マカオ上陸作戦成功… New! 神風スズキさん

やっこさん New! lavien10さん

ニセデンが失脚シナ… New! n4316さん

小5の男の子コンビが… New! あんずの日記さん

本日のポチッ セリメーヌさん

コメント新着

フリーページ

ニューストピックス

2011/06/03
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類



あなたの年齢が70歳以上で
収入基準が現役並み世帯に該当した方が
入院した時、病院から請求される医療費負担額


1ヶ月¥80,100+(医療費-¥267,000)×1%

同一月内の入院であれば、入院日数に関係ありません。
医療費に対しての負担限度が決まっています。

この負担額は病名に関係ありません。
受けた医療費に対しての負担額です。


ガンで入院手術されても
脳梗塞であっても
成人病であっても
女性疾患であっても
病名に関係有りません。


¥267,000の3割負担は¥80,100

だから、
保険診療の医療費が¥267,000になるまでは
医療費の3割負担



医療費が¥267,000以上になると
1ヶ月の負担は¥267,000を超えた額の1%を
¥80,100に加算した額が負担額になります。



医療費が100万円の例では
80,100+(100万円-¥267,000)×1%=¥87,430

医療費が200万円の例では
80,100+(200万円-¥267,000)×1%=¥97,430

1ヶ月の負担の目安は9万円くらいと分かります。



医療費とは
診察代、注射代、手術費、入院費など治療のための費用はすべて含まれた額です。


1ヶ月とは月初めから月末までのこと。

同一年度で4ヶ月以上の入院になると
病院から請求される医療費の限度は¥44,400に下がります。


同一年度とは8月から翌年の7月までのこと


だから、8月、9月、10月に入院すれば
請求される医療費負担額は
¥80,100+(医療費-¥267,000)×1%と決まっていることになります。

それから以降の入院で4ヶ月目からの医療費負担額は¥44,400ということです。



そうすると、入院月数ごとの医療費負担額は事前に分かります。
1ヶ月の医療費が100万円だとすると

1ヶ月以内の入院だったら¥80,100
2ヶ月以内の入院だったら¥174,860
3ヶ月以内の入院だったら¥262,290
4ヶ月以内の入院だったら¥306,690
5ヶ月以内の入院だったら¥351,090
6ヶ月以内の入院だったら¥395,490
7ヶ月以内の入院だったら¥439,890
8ヶ月以内の入院だったら¥484,290
9ヶ月以内の入院だったら¥528,690
10ヶ月以内の入院だったら¥573,090
11ヶ月以内の入院だったら¥617,490
12ヶ月以内の入院だったら¥661,890

13ヶ月以内の入院だったら¥749,320
14ヶ月以内の入院だったら¥836,750
15ヶ月以内の入院だったら¥924,180
16ヶ月以内の入院だったら¥968,580
24ヶ月以内の入院だったら¥1,323,780


この入院月数別医療費負担額が保険加入の基準になります。

入院保障を考える場合
1ヶ月に負担する医療費9万円を補える保障を考えれば良いのです。


ガン保険はガンのみを保障される保険
医療保険はすべての病気やケガの入院を保障される保険

だから、9万円を補うには
医療保険が良いことが分かります。
またはガン保険に入る必要がないことも分かります。
さらに、成人病、女性疾患などの保障も不要だと分かります。


必要な保障は医療保険の入院保障日額3,000円で良いと分かります。
そして、どのくらいの入院日数を保障してもらいたいかを決める
1入院の日数の決め方がポイントです。


1入院の主な日数には
30日、60日、120日、180日、365日、730日などがあります。

それらの日数を月数に置き換えて
上記、入院月数ごとに請求される医療費を確認すれば
いくらの医療費を補う保障かを調べます。

30日の保障とは¥87,430を補う保障
60日の保障とは¥174,860を補う保障
120日の保障とは¥306,690を補う保障
180日の保障とは¥395,490を補う保障
365日の保障とは¥661,890を補う保障
730日の保障とは¥1,323,780を補う保障


そこで、補う医療費が分かれば保険料を支払う総額は
補う医療費よりも少ない負担でなければ保険に入るメリットがありません。

だから、1入院の日数と保険料を確認して
保険料が補う医療費と同額になるまでの支払い回数を確認し
その支払い回数の長さで、その保険に入る価値があるかを決めることになります。

支払い回数が短すぎるほど
その保障に対する保険料が高すぎることになるからです。

例えば、1入院60日、保険料¥3,000の保険だと
¥174,860の医療費を補う保障だと分かりますから
¥174,860÷¥3,000=58.2回=4.8年

この場合、保険料を58回支払う間に
入院保障を最大60日までしてもらうことに賭けて保険に入ることになります。

普通に考えると、わずか58回の支払い期間内に入院する確率は高くないと思います。
だから、この場合は保障に対する保険料が高すぎると判断できます。


ところが、1入院730日、保険料¥5,000の保険だと
¥1,323,780の医療費を補う保障だと分かりますから
¥1,323,780÷¥5,000=264.7回=22.0年


この場合、保険料を264回支払う間に
入院保障を最大730日までしてもらうことに賭けて保険に入ることになります。

これだけの支払い回数があれば
その間に入院する確率は高くなりますから
この保障に対する保険料は高くないと判断できます。


これは、現在持病があっても入れる保険も同様です。


また、これらの医療費負担額は年金から支払える額になっているので
保障はなくても困りません。



さらに詳しい内容をこちらで確認できます。
宜しくお願い申し上げます。











最終更新日  2011/06/04 12:08:41 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.