3089033 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

医療保険のからくり

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


保険の異端児・オサメ

カレンダー

お気に入りブログ

大都会の愛と死 (11)… New! 神風スズキさん

New! lavien10さん

ベンジャミン情報 New! n4316さん

広見公園と富士山か… Hunny15さん

今日の晩御飯 Lemon♪さん

コメント新着

フリーページ

ニューストピックス

2019/10/21
XML
テーマ:たわごと(22256)
カテゴリ:カテゴリ未分類


絶妙のタイミングで攻撃される!
何故できるのか理解できずにいたと思われます。
それができる根拠となる映像が映っていました。


室内に設置されたセンサーが反応した場所の映像を外の何処かに映し出されているようです。


この映像は、私が母宅に避難しているときに、加害者が攻撃してくるのでなんとか捕まえようと思ってビデオ撮影している中に映っていました。


それまでにも、移動すると外で警報が聞こえていたので音で対処していると思っていましたが、音と映像で対処していることが分かりました。


室内の至る所にセンサーが設置されており、そのセンサーが反応した所の映像を映していると思われます。


センサーは、​極小パウダーチップ。目視では分からないほど小さくて粘土状なのでセンサーだと気付かないのです。


外出中に部屋に侵入されるのは、これらのセンサーを設置するためです。センサーは、音、ジェスチャー、画像認識もできるようです。

だから、キズに見える模様が画像認識して攻撃するタグ。

音で認識して攻撃する、外出先では、ジェスチャー認識で攻撃されるのです。


これが、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害者が使っているものです。


これで、居所を確実に把握し個人を特定して攻撃できるのです。


今まで、謎めいた説明で核心をはぐらかされていたと思われることを解明できたと思います。


皆様、部屋に設置されている極小チップの確認をして下さい。





大阪難波にて周知活動




テクノロジー犯罪の詳細はこちら








最終更新日  2019/10/21 06:31:03 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.