3625514 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

医療保険のからくり

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


保険の異端児・オサメ

カレンダー

お気に入りブログ

男と女の駆け引き「… New! 神風スズキさん

寿命200才になる例の… New! n4316さん

釣瓶落とし New! lavien10さん

『吉原手引草』で花… あんずの日記さん

本日のポチッ セリメーヌさん

コメント新着

 せんべいさん@ Re:ベンツ販売から、あり得ない非常識な対応をされている(02/06) 私は、日本車の開発現場に勤めていました…
 保険の素人@ Re:ワクチン接種と感染拡大、ブースター接種で死亡率上昇か?(08/30) コロナを感染症5類に引き下げるという意見…
 保険の異端児・オサメ@ Re:はじめまして(01/26) つゆどきさんへ アメブロに頂いたコメント…

フリーページ

ニューストピックス

2021/10/28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


・WIFIネットワークをチェック
・IBSS接続 ・ESS設定
・MACアドレスから位置情報、  製造メーカー、登録日
・SETUP *hiddeb* に要注意

位置情報を偽装できるアプリ、 テクノロジー犯罪の加害者は、犯行を隠すために様々な技術を悪用していま す。


また、個人情報を守るために、位置情報を偽装される方もいるようです。
SSIDが空欄になっていてもMACアドレスで製造メーカー及び登録日を確認できます。


もし、確認できなければ、そのSSIDは非常に怪しいと判断できます。
アクセスポイント(SSID)の確認で注視するのは暗号キー設定と電波強度。


「ESS」が設定されているSSIDがいっぱいある場合、それらは、ナノチップで構成されたネットワークの可能性が高い
アクセスポイント(AP)のSSIDとその詳細を確認することで、実態を解明できます。
無線操作で加害している犯罪の証拠になります。


とくに、IBSSで接続されていた場合、端末デバイス名、MACアドレスを画面コピーして無断接続した証拠を確保しておき、そこまら、目視範囲で携帯を触っている人物を探します。


次に、電波チェック機器で発信方向を探します。 電波強度が高い方向に加害者がいるので、その人物が持っている携帯のMACアドレスを教えてもらい、画面コピーのMACアドレスと一致すれば容疑者として訴えることができます。






偽装裁判被害者の会HP
私は保険会社から詐欺請求をされ、それを拒否したら裁判に持ち込まれました。
本来、詐欺請求は犯罪なので裁判所は受理しないハズです。

ところがそれを受理し裁判所という密室で不正を堂々とされました。
裁判での会話は全く成り立ちませんでした。
日常会話ができなくなるのです。
今思うことは、公務員の犯罪を問い詰めるとき
すべてにおいて、日常会話が成り立たなくなります。

なんだなんだと思いながら進んで行き、弁護士から手渡された判決書には、双方に争いはなく、契約に基づく手数料返還請求は正当であると記載される敗訴の内容でした。

しかし、支払われた手数料に対して双方に争いがないということは、その支払いに故意又は過失がないということです。つまり正当な支払いです。
しかし、契約書により詐欺請求ができる内容の規約を盛り込み、それに署名しているから、それに該当するから請求は正当な行為であると書かれてあるのです。


つまり、詐欺請求であっても、契約署にサインをしているから正当な行為だと書かれてありました。こんな内容の判決書であり、さらに裁判官の署名押印がないのでただの書類です。

その書類に裁判所書記官がこれは本物の判決書であるという認証書をワンセットにして手渡されました。

つまり、ニセ物の宝石を正規の鑑定機関が本物の証明書を発行して騙し取る手口です。
でも、この証明書も、裁判所の押印が裁判所書記官の記名の上になっていなければならないのに、押印が下で記名がその上になっていました。
恐らく、押印だけ押された書類に後から記名を書き込んだものだと思います。

これを裁判所に質問すると、書記官の説明は、署名押印したものと記名だけの判決書を作成し、署名押印がある判決書は裁判所に保管し、記名だけの判決書を当事者に送達し
ていると言われました。だから、それは本物と思って下さい。と言われました。


こんな説明が通じるならお札をコピーして使って、バレたときに本物はポケットに入れてあるので本物と同じだと思って下さいと言っているのと変わらない。

この場合は、即逮捕されますよね。でも裁判所が言っているので誰も捕まらないのです。

また、弁護士が判決書を偽造して、事務員が宛名書きをし郵送してきた証拠を押さえました。弁護士はそれについて裁判所の許可を得て送ったと説明しました。

しかし、裁判所の書記官に質問すると、私が作成し、私が送ったと説明されました。これについても録音した証拠があります。

また、判決書は裁判官が作成するものと法令で明記されており、判決書の送達は、裁判所書記官の職権ですると法令に明記されています。
さらに、郵便局は、認証司が配達し、配達記録を作成し裁判所に配達した証明とすることが郵便法で明記されています。

従って、弁護士の説明は法令違反であり、嘘の説明をして言い逃れをされました。

これらの証拠を揃えて、刑事告訴しましたが、今度は検察官に不起訴通知だけで事件を隠蔽されました。

弁護士に相談しても、相談した全ての弁護士は違法とは言わず、隠蔽されます。
法曹界全体で不正をしていることが分かりました。

こんな状態で良いんでしょうか。
私は、この一連の裁判で、財産、信用、仕事、家族等全てを騙し取られました。
総額数億円の被害になります。
どうすれば犯人を捕まえ、弁済してもらえるのでしょうか?

これらの証拠と経緯は、​​​偽装裁判被害者の会HP​に記載してありますのでご支援宜しくお願い申し上げます。








最終更新日  2021/10/28 02:50:49 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.