3811261 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

医療保険のからくり

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


保険の異端児・オサメ

カレンダー

お気に入りブログ

清少納言の秘密 (4)… New! 神風スズキさん

対決でなく解決 lavien10さん

赤ちゃん猫が、雨の… あんずの日記さん

本日のポチッ セリメーヌさん
丸くとも一角あれや… 双葉学習院の村松さん

コメント新着

フリーページ

ニューストピックス

2022/05/23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


ロシア疑惑裁判5日目

トランプ前大統領陣営とロシアが結託して
2016年選挙を盗もうとしたとする でっち上げで
実際には 民主党資金で作られた物語だった。


2016年9月にFBIにトランプ字婦負とアルファ銀行のつながりに関する
情報提供した際に、嘘の証言をしたとして起訴された。


※独立した弁護士と証言(バイアスを隠した)、
 実際はHillary陣営のサイバーセキュリティー、Perkins Coie関係者、Rodney Joffe代理人
※2017年2月にCIAにも同様の嘘の証言をしている


James Baker FBI主席顧問弁護士・Robby Mook
Hillary陣営選挙対策マネージャーが証人尋問に登場



ベーカー元FBI主席顧問弁護士の証言
2016年9月18日 Sussmann Bakerテキスト
S独立した弁護士として緊急の情報提供をしたい
翌日19日SussmannはBakerにアルファ銀行関連の情報を提供した。


Sussmannが民主党スタッフであることを知っていたが、情報提供は独立した弁護士、市民(中立)としてのものと思った。

「Hillary陣営としての情報提供だったら会っていなかった」

「反Trunpかどうかも重要な判断基準の1つ」
Sussmannのついた嘘が捜査に影響を与えたことを表す
Sussmann弁護団の作戦が崩壊


Baker 「SussmannがRodney Joffe の代理人と知らなかった。

弁護側「誰がデータまとめをしたか聞いたか}

Baker「覚えていない」

弁護「誰の代理人であろうとも(情報源が誰であろうとも)関係なしに
国家安全保障リスクがある場合はFBI捜査官に情報を渡すのか」

Baker「情報源が誰が誰かによって判断は違う」

弁護側の作戦が良く分からないが、自爆しているようにしか見えない。


Robby Mookの証言

Robby Mookは2016年Hillary陣営の選挙対策マネージャー

Mook「アルファ銀行(ロシア疑惑)の情報をMarc Eliasから聞いた。

「Hillary本人がメディアにロシア疑惑の情報を提供する許可を出していた。

「Hillary陣営はアルファ銀行データの信憑性に確信を持っていなかった」

「メディアに報道させることで裏取りをさせようと考えていた」

「SussmannにFBIに情報提供するように指示を出していない」

「HillaryがSussmannがFBIに情報提供したことを知っているか分からない」

Hillary陣営として情報提供したわけではないという根拠にしようとしているように見えるが、
その提供した情報をとりまとめている時間はHillary陣営に請求している時点で言い逃れはできない。


メディアの報道はどうか

Hillaryの関与が公に認められたことを報じる報道はあったりなかったり

Hill 「Hillaryのアルファ銀行スキャンダルの役割」

WSJ 「Hillaryが関与」

CNN 「Hillaryがロシア疑惑をメディアに漏らすことを許可していた」

一夜明けてもWaPo・MSNBCは報じていないよう

Sussmannの嘘に関する裁判でここまでのことが明らかになっているのであれば、
10月に控えているIgor Danchekoの裁判が楽しみになる。


このような内容です。



トランプ氏を貶めるらめに嘘の情報を提供していたことが
明らかになっている裁判。

ヒラリーが関与していた証言がでたことで
益々 裁判の行方がきになります。



当時、トランプ大統領が報道陣の前で
フェイクニュースを報じる機関は
質問を受け付けないなど
傲慢な態度で言っていたのを見て

応援する気にならなくなりました。

私と同じように思った方は少なくないと思います。


しかし、いまトランプ大統領が言っていたことが事実だったことが裁判を通じて公になっています。



フェイクという言葉を自分達に継ごうよく使いこなしているのが
いまのビッグテックと報道機関、政府関係者です。


そして、国民を正しい判断をさせないで間違った方向に導かれているのがいまの社会です。

こんなことが続くと、
完全に奴隷状態として操られるだけだと思います。


フェイクであろうが、真実であろうが
それを判断するのは個人です。


イーロンマスクはtwitterを買収して
自由な発言ができるようにすると公言しています。


それをされると困るのがその他のビッグテックであり
報道機関、政府関係者です。


今後、イーロンマスクを貶めるためのフェイク報道が
いっぱい出てくると思います。

こんなことが続く社会で良いことありません。

この事件の裁判の状況を追い続けたいと思います。






最終更新日  2022/05/23 12:45:09 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.