3816461 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

医療保険のからくり

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


保険の異端児・オサメ

カレンダー

お気に入りブログ

紫式部の秘密 (終)… New! 神風スズキさん

ビールスから ウィ… New! lavien10さん

里芋の葉がとても可… New! あんずの日記さん

本日のポチッ セリメーヌさん
丸くとも一角あれや… 双葉学習院の村松さん

コメント新着

フリーページ

ニューストピックス

2022/05/27
XML
テーマ:ニュース(97577)
カテゴリ:カテゴリ未分類



今回は、コロナウイルスの次に予見されていたサル痘が
シミュレーション通りに感染者が報告され始めたので

シミュレーションでは今後どのようにパンデミックが進行していくのかというのを
シェアさせて頂きます。


シミュレーションなんか信用できないと思う方がいると思いますが
コロナウイルスのパンデミックに関しても
予めシミュレーションされており

その数ヶ月後には、シミュレーション通り
コロナ化に突入しました。



普通のシミュレーションなら注目する必要はないと思いますが
これから紹介するシミュレーションでは
1年以上も前からサル痘が報告される月を2022年5月と言い当てていた点や



シミュレーションに
関わった2つの組織が
ビル&メリンダゲイツ財団から合計470万ドルの資金提供を受けていたことが分かったので


注目すべきシミュレーションだと分かって頂けたかと思います。


実際、ビルゲイツ氏は
次のパンデミックというタイトルの本を発売したので

コロナウイルスの次に来るパンデミックを想定されていますし

各国政府もサル痘ワクチンを購入し始めましたので

対策を考えたいと思う方はなるべく早い段階から考えるようにして下さい。


コロナが始まった時のように
トイレットペーパーやうがい薬で感染対策ができるというような意味のない話が出てくると思うので、冷静に考えることをお勧めします。




これらのシミュレーションは
核脅威イニシアチブ(NTI)と
ミュンヘン安全保障会議(MSC)によって
2021年3月に実施されました。



冒頭でこれら2つの組織が
ビル&メリンダゲイツ財団から合計470万ドルもの資金提供を受けているという話を冒頭からお話しましたが、この情報はビル&メリンダ財団のホームページで見ることができます



ホームページ右上の探すというところで
2つの組織名をそれぞれに検索して頂くと
過去にいくらの資金提供をしたのかを見ることができます。


内訳としては
核脅威イニシアチブが合計350万ドル
ミュンヘン安全保障会議が合計120万ドルもの資金提供を受けています。




5億円近いお金を資金提供するほど
ビル ゲイツ氏と深い関わりがある組織なので
このシミュレーションは、適当に作られたものではなく


私の予見は当たっていたでしょうと
ビル ゲイツ氏は言いたいでしょうから

考えられたシナリオ通りに世界は動いていくと思われます。



そんな2つの組織が
ブリニアという架空の国でサル痘の感染が確認され
18ヶ月かけて世界的に広がる致命的なパンデミックを
シミュレーションしました。


感染症にはサル痘以外にも沢山ありますが
世界的にメジャーではないサル痘を選んだにも関わらず
シナリオ通りにサル痘が流行し始めたのは
何故なのか?を皆さんには考えて頂きたいです。



そんなシミュレーションで見て頂きたいのは
10ページから12ページに書かれてあるシナリオの部分です。

10ページにあるこちらの図では
コロナウイルス以上に恐ろしいシナリオが書かれてあります。

シナリオでは2022年5月15日に
バイオハザードマークがついています。


現実ではWHOが5月13日に
イギリスでサル痘の感染者が確認された。と発表しています。


1年以上前にも作られたシナリオにも関わらず
サル痘という感染症の一致や報告される日にちを2日違いで当てています。



その後、シナリオでは6月5日に
1421人の感染者と4人の死亡が確認されるも
国際的な警告、注意報は無しとなっています。



動画を撮っている5月26日現在、10ヶ国以上の地域で100人以上のサル痘の感染者が確認されているので、シナリオ通り、序々に増えてきています。



このMOVE1について,11ページにある報告書では
ブリニアではサル痘は自然発生しないため、国内外の専門家は
今回の発生を異常な事態とみなしています。


サル痘患者のゲノム解読により、
ブリニアの株には既存のワクチンに耐性を持つ変異があることが判明した。
と記されています。




シナリオ通りであると仮定した場合
各国政府が購入している既存のワクチンは全く意味を成さないという話しになってきます。



どのタイミングで
実はワクチン耐性があることが判明しましたと
報道し始めるのか、気になるところです。



それから半年後の2023年1月10日MOVE2となっているシナリオでは
83ヶ国で7000万人の感染、130万人の死亡が確認されます。



このMOVE2についての報告書では
有効な治療法やワクチンがないため
パンデミックの影響を緩和するために
人と人との接触を減らすことを目的とした
非違医薬品的介入に頼らずを得ないとなっています。



そして、ロックダウンなどを行わなかった国は
病気や死亡率の面で遙かに悪い影響がでるとして
このような図も掲載されています。


青い線が人と人との接触をとった国で
赤い線は何の対策もとらなかった国を表しています。


この分野ではとても有名なビルゲイツ氏が関わっているシナリオですから
また、緊急事態宣言になる可能性が考えられます。



それから4ヶ月後 MOVE3となっている2023年5月10日
全世界で4億8千万人の感染 2700万人の死亡が確認されます


この段階でサル痘パンデミックが
バイオテロ攻撃だと判明


コロナウイルスは自然発生というシナリオで描かれていましたが、
サル痘については自然発生ではなく、バイオテロ攻撃という設定で描かれています。


いま世界中で流行し始めたサル痘は
誰かが仕掛けたバイオテロ攻撃という設定でシナリオが描かれています


いま世界中で流行し始めたサル痘は
誰かが仕掛けたバイオテロ攻撃であるという可能性が
このシナリオから読み取れます。



この資料で最後のシナリオとなっている2023年12月1日には
前世界で32億人が感染し2億7千100万人の死亡が確認されます


32億人が感染するということは
地球規模で2人に1人が感染するようなパンデミックで

死亡者数についても、日本2つ分の人口についても
いまから1年半後に減っているかも知れません。


再度 言いますが
1年以上も前に考えられたこのシナリオと同じようにこのサル痘感染症が広がり始めています。

コロナのおかげでテレビに出ている専門家が
嘘ばかりついていたということが理解できた方が多いハズです。


テレビを見るな!とは言いませんが
自分の命や大切な人の命を守りたいのであれば
自分から情報を探す努力をして下さい。




*****************************
今日のテレビニュースで
サル痘には天然痘ワクチンが効果あるとし
対テロ際策として備蓄していると言っていました。


しかし、シナリオでは既存のワクチンに耐性した菌になっているとしている。


私の推測ですが
コロナワクチンで3回~4回と接種された方々には
免疫力が弱まっている(弱められている)

そのままだとワクチンの影響で亡くなる方が増加することが分かっているので
それをもみ消すための手段ではないかと
よからぬ推測をしてしまいます。


これらのパンデミック、シナリオを予測している
ビル ゲイツ氏に疑惑がかからないのは可笑しいと思います。






最終更新日  2022/05/27 12:15:21 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.