105151 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Mother Earth Sound

PR

X

プロフィール


OsaMusic

サイド自由欄

*リンク*(コピペしてアクセスお願いします)

ユーチューブ www.youtube.com/user/osamuguitar

音楽ダウンロード https://apple.co/2XjtsVe

キネシオロジー  https://bit.ly/3y0csDU

レイキ      https://bit.ly/3d32MyI

ホームページ https://motherearthsound.com

お気に入りブログ

まだ登録されていません

カレンダー

カテゴリ

2012.10.03
XML
今日はビーチへ向かう日。

旅行の前からクレタ島のビーチの美しさに魅せられていくつかある候補地を
考えた、、、そのなかでもElafonisiやBalosのビーチなんかは本当に美しく
それだけでもクレタ島にやってくる甲斐はあるほどだという事だったが、
今回はしょうみ2日というスケジュールに加え、それらのビーチは最西端に位置し
イラクリオンからドライブするには遠いという事で,今回は東部地方のValos
というビーチに決めた。

それにしても行きは約3時間のドライブを要した。
それというのも運転している途中で広がる海と山の景色がとても美しく、
途中車を止めては写真を撮ったりして、この島の自然に魅了されていたからだ。
坂にはオリーブ畑が広がり、海は広がる。
クレタ1.jpg

クレタ2.jpg

クレタ3.jpg

山道をくねくね上り下りし辿り着いたのはクレタ島に固有のヤシの木が生息する
ヴァロスビーチ。 
クレタ4.jpg
ビーチは白砂ではなく,砂利のような小さな石。
ビーチに行くならやっぱり海水浴だろ。
海水を浴び太陽にさらされる事でその土地のエネルギーとつながり,浄化を促して
くれるので、俺は必ず美しいビーチではそうする。

クレタ5.jpg

ビーチの近くの岩山に昇ってたかいところから眺めてみる。
海は透き通ったエメラルドブルー。
クレタ6.jpg

近くにはヨットが。
つい ”う〜み〜は〜ひろい〜な〜、お〜き〜〜な〜〜〜”と口ずさんでしまう。
クレタ7.jpg

クレタ8.jpg

ここの元気なヤシの木達
クレタ9.jpg

ビーチを堪能したところで引き上げる事に。
そして帰りは2時間半かけてイラクリオンに戻る。

ここで初めてイラクリオンの街中へ夕食を食べに向かう。
とそこはにぎやかな繁華街、ホテルからすぐ近くにこんなににぎやかな
場所がある事に驚いた。
クレタ島18.jpg
繁華街を歩いていると、いろんなかわいいお土産グッズを見つけた。
ブタもカメもメイキンラブ!
クレタ島20.jpg
じいちゃんばあちゃんもメイキンラブ!!
クレタ島21.jpg

それから夕食はParalia Restaurantで。
ギリシャの白ワイン、”レツィーナ” 松脂が入ったこのワインは独特の香りで
なかなかシブい味、食がすすんでくると、うまみが増してくる。
クレタ12.jpg
ここの海鮮リゾット。この旅で食べたリゾットの中で一番うまかった。
クレタ14.jpg

食事をしていると二人の少年達が小さなアコーディオンと歌で俺達を楽しませてくれた。
もちろん、演奏後は二人にチップね。
クレタ13.jpg

食後、もう会計を済ませようかと思ったら、ウエイターが次から次へとオンザハウスで
酒やらフルーツやら,デザートを持って来てくれた。
もう食べれんっちゅうの、、、
しかし,この島の気前の良さに感動したね。
どのレストランでも大抵,何かをオンザハウスで持って来るらしい。
しかしこのレストランは極めつけだった。
クレタ島22.jpg

こうしてクレタ島の最後の輝く夜を満喫した。
クレタ島19.jpg

翌朝、俺たちはサントリーニ島へ向かう船に乗るために、船乗り場へ。
クレタ16.jpg

船に乗り、少しずつ離れて行くこの島を見ながら、またきっとここに来ることを願った。
豊かな自然、食べ物、人々、神話、、、ここはたくさんの光を俺たちに観せてくれた
愛おしい場所だった。

クレタ17.jpg

さあ〜、これからサントリーニ島へと向かう。
そこで観て感じた物はそんな名残惜しさを,ぶっ飛ばしてくれる光の光景だった。

という事で、次はイア!!
お楽しみに!!







最終更新日  2012.10.04 14:39:20
コメント(0) | コメントを書く
[ギルシャ、トルコの旅] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.