105056 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Mother Earth Sound

PR

X

全6件 (6件中 1-6件目)

1

カテゴリ未分類

2020.11.16
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

いや〜、、この人生でこんなに紅葉付いてる年もないんじゃないだろうかと思うくらい

よく紅葉を見にいってる今日この頃。

晴れた日は特に、ソーラーパワーと地球のエネルギーを浴びたいから

外に出たくなる。



今年は頻繁にセントラルパークに通ったことはおれの人生を変えた。

この公園の四季折々の顔を観ることができるなんて、なんて優雅な気持ちに

させられるだろう



それだけでもおれは恵まれた環境に住んでるとこのニューヨークに

愛と感謝が湧き出てくる。



最近まで11月になっても気温が20度を超える日中の心地いい

天気が続いたので、また公園に自転車で散策に出てみた。







自転車で園内をクルージング中のショット。

バイク乗りにはサイコーのコース。





インディアンサマーだったんだろうけど、それにしても11月で

この暖かさ。

ニューヨーク市民もこの心地いい気候を惜しむかのように

たくさんの人が憩いと癒しを求めて公園に来ていた。








とにかくこの公園、この土地の波動が高いから

写真を見てそのヴァイブを感じるだけでも波動上がると思います。








自転車で公園をクルージングするのは、かなり広範囲なエリアを

廻ることができる。

この日は北側の森の方にも行ってみた。

この紅葉の木々に囲まれた森の中を散策するのは、

それだけでヒーリングだと思う。







きっとおれほどにこの公園を知ってる日本人はいないんじゃないだろうか、

もし公園でガイドが必要ならおれを呼んでください。

この公園のいい景色ののスポット、穴場やヒーリングスポットにお連れします。








ここに佇んで、プラーナを取り入れるように呼吸をして、

気を循環させる。

地球と繋がることで生気、生命力、活気を取り戻せる。

サイコーのヒーリングだと思う。






緑生い茂る、春夏の活気を帯びたこの公園も好きだけど、

この色とりどりの紅葉の美しさがやっぱり一番好きかも。







年間通してひと月くらいの短く儚い期間だけど、

そのヒーリングパワーはすごいと思う。






ベリーの実が生っていた。






セントラルパークには立派な木がたくさ住んでる。

この紅葉の時期にひときわ目立ってアピールしてくる木達に

目を奪われる。








木の周辺は葉っぱの絨毯が敷き詰められてる。








紅葉を堪能するのはやっぱり青空の広がる晴れた日、

お日様の光に木々の葉っぱが照らされるのが一番美しい
































11月に入って夏時間も終わり標準時間になるとめっきり

太陽の沈む時間が早く感じる。

4時頃にはもう夕方になるので、1日が短く感じる。














大きい貯水池のエリアから、空と摩天楼を眺める。








Belvedere Castle からタートルポンドを眺める。








この公園で一番注目されてた紅葉絶頂の赤い木。

ここまで見事に真っ赤に染まった木があまりないからなのか、

人の通る道にひときわ目立って赤く染まってるので、

みんな足を止めて写真を撮っていた。








死にゆく前に最後に美しく咲いて散ってゆく儚さ。

これを有終の美って言うんだろうね。








深い森のランブルのエリア。

道には枯葉が敷き詰められてる。








夕方の日が傾いた頃にお日様が照らす紅葉がベストショットの

タイミングでしょう。








夕焼け空。 神々しい時間。








愛しのセントラルパーク。

枯葉が落ちたら本格的な冬が始まるわね~❄️

この夏の足跡を消し去って、また新しい生命に生まれ変わるために。

たくさんの2020年の経験とメモリーは自分の魂の経験という

豊かさとなり積み重なってゆく。



ずっと地球と宇宙を観てそのエネルギーを感じると、

美しい世界だなって、いつもそのコアに戻してくれる。



個人としての人生に何が起こっていようとも、

この地球と宇宙の永遠というワンネスの中で

ただ信頼を持ってサレンダーするしかないなー。



なんて想いにふけりながら今日お届けするサウンドは

​「Autumn Leaves」​​












最終更新日  2020.11.16 08:45:24
コメント(0) | コメントを書く


2020.10.11
カテゴリ:カテゴリ未分類



10月に入って気温が下がって季節が代わったのに伴って 


セントラルパークで演奏するチャンスもモチベーションもスローダウンしたな~。


 



夏の間の情熱を燃やした分、結構心身の疲れも溜まってたみたいで、
 


しばらく養生のために家でヒーリングする以外は、音楽やヒーリングとは 


関係ないことで遊んで楽しんでる。 



 


振り返ってみると夏はやっぱり情熱を燃やして頑張ってたなー。 



 


熱い夏だった。 


自分を褒め称えよう。 



 


よーがんばりんしゃった。(九州弁😁 



 


今後これからどうしようかねーーー、、と 


特にこの先緻密な計画もなく、 


風の向くまま気の向くまま、、、直感と気まぐれな 


楽観主義で今この時を楽しむしか選択はないかなーと、、、 



 


もうサレンダーするしかないな。


 



これが風の時代の現れなんだろうか。
 



 


まあ風がどう傾いたにせよおれが好きで選んだこの人生、 


最高最善の必然でものごとはハプニングしていることには 


マチガイなかろうて。 



 


そんな最近の流れとしては意外に社交的な機会も増えて 


結構友人たちとハングアウトする時間が多くなってきた。 



 


つい先日は友人に誘われて久々にソーホーに出かけた。



 


写真は全てiPhoneで撮ったもの。



 


やっぱ手軽にポケットからすぐショットできるから、あまりカメラは


出番が少ないなー。







ソーホーの街角を歩いてるとやはりクローズしてるお店が多く 


結構スペース・フォー・レントの場所を見かけた。 


 


きっとアホみたいに高いレント払ってたお店がやってられなくなったり、 


在宅ワークや店舗縮小やらでそんな家賃の高い場所でビジネスしなくなったり 


色々あるんだろう。 


 


そんなコロナの時代を生きてる自分はある意味長い人類の歴史的な


大きなイベントに参加している小さな生き証人だな。 


 


それだけでもスゴい事だと思ったりする。









この日、友人がここに行きたいって言ってやってきた場所はここ。 


 


No Where​って言うギャラリーがあって、そこで日本生まれのニューヨーク育ちの 


レイ・クニモトさんというサウンドアーティストの展示会が行われていた。









ここに展示されていたのは2点だけなのだけどそれぞれとてもユニークな 


発想があって面白かった。 


 


神社の鳥居のようなのが何個も連なってて、京都の伏見稲荷神社を彷彿とさせるのだけど、 


この中をくぐっていくとステップを踏むたびに、スピーカーから効果音が出てくる


仕組みになってる。 


 


 


通路側にマイクが何本も設置されていて、それにエフェクターや効果音が 


セットされているらしい。


 









もう一つの展示作品はスターウォーズのデススターのような黒い球体で 


スピーカーが備えられている。 


 


ここの周りにもいくつかマイクが設置されていて、最初のと同じような 


効果音が音を鳴らすと出てきたりする。 


 


それは水滴がポチャっと落ちる音だったり、太鼓の音のようなものだったりで 


リバーブ効果もあってスペーシーな瞑想的な空間を作っていた。  


 


この作品たちのコンセプトはListening to silence というものらしく、 


作者によるとそれは 


「人間の内側に流れる基本となるサウンドを再解釈したもの」 


なんだとか。


 


 


おれはここでこのデススターと一緒にサウンドヒーリング かギターの演奏 


したらどうなるだろうと興味をもったけどね。







アート鑑賞の後は美味いもんを堪能。 


 


この界隈は美味いもんには事欠かないので色々迷ったあげく 


Flipperというメレンゲでふわっと仕上げたパンケーキで有名な 


お店に行った。


 


普段なら列が並ぶほどの人気店らしかったのだけど、今日はいとも簡単に 


座れたのでラッキーだねと店の人に言われた。 


 


友人はその有名なやつをオーダーしたのだけど、確かに 


ふわふわしてて軽い感じで美味い。 


 


ただがっつりお腹いっぱい食べた感は少ないかもしれない。 


上品なパンケーキって感じだね。


 










おれは普通のパンケーキにクリームチーズソースとブルーベリーの 


トッピングしたのを頼んだ。 


 


庶民のB級グルメのパンケーキがA級にのし上がったハイソなお味。


いやはやそんな贅沢なことをできる豊かさに感謝だよ、まったく。


 


しかし本当の豊かさはそうして美味しいものを親しい人と楽しく 


共有する時を過ごせることだよなー。










この日も秋晴れの晴天。


ひまわりが太陽に向かってそびえる。


 









あと残りはランダムに最近街プラで訪れた場所の写真たち。


 


うちの近所、サニーサイドのサブウェイの駅から眺める空










自転車でブルックリンまでお出かけの日のウィリアムズバーグ。


うちからほんの15分程度で行ける。


 


久々に訪れるこの街。


何年振りだろ~?


 


前よりさらにお店も人も増え、ますます観光地化している様子。


週末だったこの日、沢山の人でごった返してた。


 







ブルックリンのクラフトビール工場


ブルックリン・ブリュワリー











レンガの壁にアートを制作してる模様







これも壁のアート








オサレな煉瓦のホテール







ウィリアムズバーグのウォーターフロント。
いつも行くハンターズポイント よりも南に位置するから少し見え方が違う。




けど観光客の多いウィリアムズバーグよりもおれが気に入ってエリアは


ベッドフォード・スタイブサント。


 

 


黒人の多いこのエリアはいつもR&Bやヒップホップ、レゲーなんかの


音楽に溢れててローカル感がありお店も色々あって活気溢れる。


 


普段めったに訪れないこのエリアに別の友人が住んでて、


地下鉄だと時間かかるし面倒なので自転車でそこまで行ってみた。


 


一緒にお茶の時間を過ごした。


やっぱ久々にブルックリンにいくと楽しい。


 


なんかアーティスティックなヴァイブがあるんだよね。


庶民の町クィーンズに住んでると余計にそう感じる。


 


ナチュラル系のティーハウス、シークレットガーデン。


店の外側からオーダーする。


 






オーダーしたのはバラの花びらのティー。


ほんもののバラの花びらが入ってて香りが甘美で癒される。


 


友人はハイビスカスのティーだった。


 


店内は入れないので外に設置してあるテーブルにてティータイム。






ハンターズポイント の夕方


 


日が沈むタイミングで行ってみた。


前より太陽がずっと南側に移動してるのがわかる。







ニューヨークの黄昏の空





黄昏の余韻を残しながらマンハッタンの夜景を眺める





近所の散歩で見つけた白いバラ






ハローウィンの猫とイヌバラ






さて、、、ちょっと明日から数日間紅葉を見にマサチューセッツの


田舎の方までドライブしてきます。


 


大自然と繋がって癒されてこよう。✨✨✨


 


今度はカメラ持って行こうっと。🍁🍂










最終更新日  2020.10.12 00:06:20
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.01
カテゴリ:カテゴリ未分類

毎回毎回新月満月の時期には何かしらの手放しや浄化の 

デトックスやお知らせというのは出てきやすいもので、 

特に今回は魚座での満月ということで、浄化と手放しという 

ことが大きなテーマとなっているようです。 

 

 

手放し、、古い価値観、常識、人はいろんなことに執着があるから 

  それを手放す作業も常に行わなきゃ新しい風が流れてこない、 

 ということなんでしょうね。 

 

個人的に今回自分が手放すことっていうのはちょっと躊躇した 

ことでもあります。 

 

 

それは、キネシオロジストを辞める。。。ということです。 

 

 

キネシオロジーは2013年にキネジェティクスやIHなどを学んで 

それからずっとそのセッションをやってきて、それからさらに発展したスタイルの

典子の始めた多次元キネシなどを通じて自分のヒーリングの 

キャリアはキネシオロジーで大きく成長しました。 

 

だから7年間ほど、それを中心にヒーリングの経験を積んで 

それに並行して自分の魂の成長もありました。 

 

今回のことを決心するのには自分の中でいろんな経緯が 

ありました。 

 

 

 

それを詳細に話すのは親友とか信頼できる人ではないと 

面倒なので、主要なところだけをお話しすると、 

自分の中にキネシをやり続ける情熱はそんなにないからです。 

 

 

それを顕著に感じさせてくれたのはこの夏、 

ギターをストリートで始めたことでした。 

 

自分の音楽、ギターに注ぐ情熱ほどにキネシのセッションに 

喜びを感じるかと訊かれたら答えは明確です。 

 

もう魂が求めているのはその喜びを表現することで輝いていくこと 

なわけで、それをもう行動に移すしかないんです。 

 

セントラルパークで演奏していると、今ここにいる、今を生きる、 

そんな時間が過ごせます。 

 

見知らぬ人との交流、いろんな動物との交流、自然との繋がり、 

友人との出会い、新しい出会い、、自己表現、自分軸を養う、 

自分の才能を伝える、愛を受け取る、愛を与える、、

自分に必要なすべてのことがここにある感じで

満たされるからだと思います。 

 

 

自分が一番幸せを感じる時ってやっぱり自然の恵まれたところで 

その波動を感じながら、好きな音楽を演奏しいている時、、 

そのすべてと繫がっている時を表現するのがサイコーだと思う。 

 

 

今までキネシのセッションを受けにきてくれた人たちにも大きな

成長と学びと出会いと喜びのたくさんの実りの積み重ねを経験させていただき

本当に感謝しています。

 

 

それらの経験は自分の人生の宝です。

 

ありがとう‼️

 

 

ヒーリングの個人セッションとしては​​サウンドヒーリング​​ は

継続していますので、今後個人セッションを希望される方は

そちらをお勧めします。

 

 

新生おさむ

 

スナフキンおさむ

 

今生で何度生まれ変われるのか

 

今回の生まれ変わり(トランスフォーメーション)もでかそうだ。

 

 

🌈🌈🌈🌈🌈🌈

 

 

先日のパーク。

 

最近この湖の西側の休憩所でやってることが多い。

 

 

 

ここに訪れてきてくれたのは親友ピーター。

 

バークリー時代のルームメートの一人でドイツ人のギターリスト。

 

FBで繋がってたけど、ずっとコンタクトしてなくって、おれが最近ユーチューブで

ギターをアップするようになって連絡が復活。

 

なんとボストン時代以来だから24年ぶりの再会だった。

 

その24年の積み重ねをお互いにざっくりとダイジェストで語り合った、

けどまるで昨日あったかのように当たり前に自然にルーミーだった頃のように

話せてるのが不思議でね、、、きっとこういうのが魂の繋がりが深い感覚、

っていうんだろうなって思う。

 

 

 

 

話し込んでると途中雨が降ってきて、その直後にレインボーが出てきた。

 

祝福されてる〜〜〜😭

 

 

 

やっぱり夏が一番好きな季節だな。

 

だから南国が好きなんだと思う。

 

いつもこうして空を見上げられて開放的で

地球と宇宙を感じられるから。

 

 

エンジェル雲

 

 

龍神雲

 

 

ハートの雲

 

見える? 

真ん中のカプチーノの泡で書いたようなハートがある。

 

 

 

拡大するとこんな感じ。

 

地球と宇宙とハートが一つになると、いつも祝福されている

ということに気づく。

 

それが視点が変わると意識が変わる、ということなんだろうね。

 

 

 

先日は初めてパークのイーストサイドで場所を見つけて演奏した。

 

今はここが自分の居場所

 

でも夢は世界中のいろんな場所でギターを持って演奏しながら旅をすること。

 

 

 

 

自分の誕生日の月星座は双子座で

そのサビアンの詩は

 

『森から出てくるジプシー』

 

というらしい。

 

そのまんまやん、、、みたいなおれを象徴とする詩だなーって

だから好きなんだよね。

 

意味合い的には

自分の直観で見出した答えを実行していく。自分の能力で新しい世界にチャレンジする。

 

ということになるらしい。

 

水瓶座の時代、そしてまもなく年齢も50歳になるこの歳に、

新しい世界にチャレンジしていくんだなー。

 

人生はいつもワンダー&ミラクル

これからすごいものが現れる。

 

そう感じると力が湧き出てくるな。

 

Power Of Love ✨💖



9月2日の魚座満月の​​サウンドヒーリング ・オン・スカイプ​​

はまだ参加募集しています。


お届けする曲はもう一回これ

All The Things You Are











最終更新日  2020.09.01 09:46:42
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.28
カテゴリ:カテゴリ未分類

21日の蟹座の満月を過ぎ、さらに季節的にも内的にも 

暑さが増してきたような気がする。 

 

おれの情熱、どこにあるんだろう。。。

 

部屋にいてもクーラーきかせて部屋にこもって

いろいろ考えるばかりなので、やっぱり 

外に出ていろんな世界を見てみたくなる。 

 

マンハッタンまでお出かけするのは最近のおれの 

一番ワクワクすることかも。 

 

街を散歩しながら、やっぱこの街はかっこいいなーって思う。 

 

庶民の町サニーサイドからやってくると余計にそう感じる。 

 

ということで今日もまた、チルアウトの聖地 

ワシントンスクエア目指して、街プラにくり出た。

 

 

 

 

太陽がサンサンと大地を照りつける。 

 

木はオアシスだなー。 

 

直射日光は太陽を遮ってくれ涼しくしてくれ、風を通して、ここを潤してくれる。 

 

 

木陰のある芝生に横たわることほど、癒されるものはあるのだろうか、、  

植物がたくさんある公園がたくさんあるのがおれがニューヨークが好きな  

理由の一つ。

 

 

 

 

その下で自由気ままに遊ぶいろんな年齢層、人種、職種の人たち。

 

 

 

最近、夏になってストリートミュージシャンがたくさん現れるようになった。 

 

まだストリートでのジャズは健在だね。 

 

絵になるね、ここニューヨークでジャズは。

 

 

 

きっとコロナでライブとかイベントとかなくなって時間のある 

ミュージシャンとかも出てきてるんじゃないだろうか?

 

 

 

ワシントンスクエアから離れイーストビレッジの方にプラプラ歩いた。 

 

セントマークスプレイスの通り。 

 

まだお店の中では食べれないので歩道にレストランの 

客席を作ってる。 

 

レストラン業界、みんな頑張ってるよねー。 

 

負けないでー。

 

 

 

ビレッジの通りの好きなところは、木が多いとこ。 

街を歩いてて木があると守られた感があるよね。

 

 

 

 

トンプキンスクエアの近所のカフェでジェラートを食べながら休憩。

 

 

 

公園の中に入ってみると、こちらもやはりストリートミュージシャンが 

熱い演奏をしていた。 

 

何バンドもいたけど、今日とくに目についたのはこのバンド。 

ラテン系の音楽だった。 

 

トロンボーンとジェンベと歌、ドラムにシンセで 

ホットな演奏とはこのことって思うくらい、 

めっちゃかっこいい。 

 

シンセの人自転車をキーボードスタンドにしてるのおもろいよね😆

 

 

 

 

そして今日のベストアニマル。 

 

多分飼い主はバンドの人だろう。 

 

バンドのそばにずっと寄り添っていて、めっちゃ可愛い。 

 

演奏が終わって拍手が起こると、嬉しそうに立ち上がって、 

お客さんの方に愛嬌振りまきに行く。

 

ビデオとったから今度アップします✨

 

 

 

ニューヨークのアーティスティックなビルディング。

 

 

 

ファンキーな植物や兼スピ系グッズの雑貨屋

 

 

 

可愛い車

 

 

 

空を見上げるライオンとセントマークス教会

 

 

 

日没前くらいになってようやく気温も下がってくるのは8時くらいかな。 

 

その頃部屋に戻って、やはりルーフトップに上がって一人で 

大空を独り占めする。

 

 

 

夕方、日が暮れた頃の黄昏の時。 

広ーいルーフトップでエアソファーに横たわりチルアウトできる時ほどに 

幸せはないんじゃないだろうか、、としみじみ祝福を感じ感謝のひと時。

 

 

空にはお月様。 

目の前にはおれの情熱のギター。 

 

おれも外に出て行こう!! 

そんなやる気になった刺激を受けた1日だった。 

 

ストリートミュージシャンやろー!! 

たぶんセントラルパークあたりで始めようかな。 

 

ワクワク、ドキドキー💖

 

 

 

ということでおれの情熱をお届けします!!



 








最終更新日  2020.07.28 11:27:26
コメント(0) | コメントを書く
2011.09.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日は日本からはるばるやって来たヒーラーの清水友邦さんとサウンドヒーリングのコラボレーションを
行ないました。http://homepage.mac.com/iihatobu/index.html

グループで行なうセッションで比較的少数でしたが、そのためにより皆さんと親密な雰囲気の中で
ワークを行なうことができました。

簡単に言うと、リバーシングという胸式の深い呼吸で横たわり長時間続けることで体内の不要なエネルギー、
不足しているエネルギーの部分をプラーナが流れ、バランスを補うというものです。

前日、私自身清水さんのセッションを受けた時は、主に下半身に電気が走るようなしびれと足の痛みが
やってきました。
それは、下半身に不要なエネルギーが溜まっていてそれをリリースするプロセスのため起こる
グラウンディングの調整を体内を流れるプラーナが自然に行なっているプロセスなわけです。

私自身このリバーシングは過去にも数回やっており,毎回やる度にあらわれる症状は違ってきます。
前回、ミカさんから受けた時はインナーチャイルドと両親に対する感情をリリースするワークを
行ないましたが,その時ははじめは同じように身体がしびれ手に痛みがやってきました。
しかしあるポイントを境に,喜びと笑いが自然に理由もなく訪れて、一瞬にして苦しみから祝福の
感情がわき上がったのを覚えています。

と言うことでこのリバーシング、やる度に反応が違って,エネルギーが流れる場所が変わってきます。

清水さんに言わせると,痛みは幻想なわけで、それを痛みとしてその場所に集中するのではなく
息継ぎにフォーカスを引き戻す事によって痛みという幻想(マインド)から自分の中心へと戻ってゆくわけです。

今回清水さんと話していて、常にこのマインドのつくり出す幻想、と言うことが話題になりました。
常に本来の自分、悟っている自分と言うのは内に存在していて、悟りを追い求めている最中はやはり
マインドの中にいると言うこと。 マインドはこの3次元のマトリックスを生み出すためにあらゆる
手段で心配や不安を次から次へと投げかけてきます。
そのもつれにもつれたマトリックスの糸を少しずつ解くことで本来の自分に戻る作業というのが
このリバーシングというヒーリングなのだと思います。

さて、ワークショップは一回のブレスワークが行なわれ、みんなが呼吸をしている間に私は様々な楽器を
使って変性意識を促します。

あとでシェアリングをして感想を聞いたところ,ある人は私の鈴の音(本当はカシシと言うシェーカーですが)
が耳元で鳴ると同時に体内で痛みがやって来て不快な感覚だったとのこと。
これは,いわゆる好転反応的なもので、音によってエネルギーが必要な場所に誘発され、解放される
プロセスを刺激した結果,痛みとして表面化したもの。

またある人は同じ音を聞いて、初めて自分が音の中にいるような感覚を味わったとのこと。

また別の人は、ギターの音を聞いて「黄泉の国にいる感覚でした、もし私がこの世を去る時が来たなら
こんな感覚で死を迎えることができたら幸せです」という主旨のことをおっしゃっていました。

そしてまたある人は「ギターの音を聞いた瞬間、圧倒的な愛のエネルギーが私を包み込みました。」という
感想を頂きました。

それから、理由もなく幸せな感覚がやって来て楽しくなり,次の瞬間には笑いが止まらなくなった、
という人もいました。

それぞれに全く違う経験ー至福、痛み、感情,等ーを味わって、みんなにとって大切な時間が
あっという間に過ぎてゆきました。

今回清水さんと会うのは2回目でしたが、ゆっくり彼と話したりワークショップで一緒にいることができて
私にとって,本当に実り多い時間を過ごすことができました。
スピリチュアルなこといろんなことに深い知識と経験を持ち、彼の穏やかでおしゃべり好きで気さくな
人柄に、一緒にいて安心感を覚えました。

何となく清水さんとは似たようなバイブレーションを感じます。
それは家族のような、どこかずっと知っていたような存在。

セッションは大まかなことをのぞいてはほとんど即興的に行なわれました。
そういう意味でも彼がすべてを信頼して身を委ねていることが理解できます。

またいつかこんなひと時を清水さんと過ごせたら幸せですね。
いつか岩手に遊びに行こ。

そしてこの素晴らしい機会を与えてくれ、ワークショップのオーガナイズをしてくれた
やすこさんに感謝します。

Love&Light

そして今日は私の誕生日。
新しい年を迎えるためにそれまでいろんな素晴らしい経験を与えてくれた典子に感謝。
そして,私を生んで、愛を育んでくれた両親に感謝。
自分の鏡である出会う人達全てに感謝。

そして母なる地球、父なる空に感謝。

今日はそんな、いろんな人達や事柄全てに感謝を捧げる一日にします。

そしてこの日記を読んでくれた人達に感謝。

ありがとう。


ホピの夜明け4.jpg



























最終更新日  2011.09.23 01:49:02
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
今回、一連の東北地震について犠牲者の方々その家族にお悔み申し上げます。
そしてこの災害の救助活動をしている皆さんに応援と安全を祈ります。

報道を聞いて直後、いつものように自転車でブルックリンからマンハッタンに
通勤している最中その事件の事考えていました。

地球の意思はなんだろう?地球は人々に天罰を与えたのだろうか、、、

ハートからそのクエッションが溢れてきてそれに答えるように
地球の心を感じたように思いました。

「地球は誰も何も怒ってないよ、天罰なんて与えないんだよ、だって人類の
本当の母だものね、、、ただ感情を表現するならそれは悲しみ、、、
悲しみをこらえきれなくて涙があふれて来たんだよ、、、地球の涙、津波、、、
そして犠牲者の悲しみは地球の悲しみがこの世に感情となって現れたと言う事』

『母なる地球はみんなを無条件に愛しています。
だってこの地球上にある全ては地球のもの。そして食べ物、着るもの、住む場所
必要なすべてを与えてきました。そしてあなた達がそれを望むならこれからも
無条件に与えていくでしょう。ただこのままではきっと地球はきっと壊れてしまう。
、、、もうあまり時間がありません』

そんな事を心に受け取ってその地球の感情が私の目から涙となって溢れてきました。

もしこの言葉にどなたか共鳴したら地球をイメージしながら次のアファメーションを
声に出しても心の中ででもいいので唱えてみてください。

ホ・オポノポノに倣って地球に捧げる言葉です。

『母なる地球 ごめんなさい

 母なる地球 許してください

 母なる地球 ありがとう

 母なる地球 愛しています』



この言葉をレイキのエネルギーに乗せて地球に送ります。

そして被害者の皆さんとその場所にもレイキと祈りの心を送ります。

この地球に喜びの音楽が溢れる事を願って。

Love&Light

Mother Earth Sound

Osamu








最終更新日  2011.03.14 13:26:27
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


© Rakuten Group, Inc.