404187 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

尾谷幸憲の「物書き的な何か」

全471件 (471件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 48 >

March 1, 2015
XML
カテゴリ:著書

えっと、突然ですが「写真日記」です。
いやさ、ケータイの写真アルバム見てたら、この一か月の尾谷の動きが
けっこう面白かったのでまとめてみた次第であります。

まず、1月末日に某現場。
実は昨年からおもしろ映像プロジェクトに巻き込まれておりまして(笑)、
気づけば営業・進行管理・ディレクションの一人3役をこなすという事態に。

20150127_130428_resized_1 (459x640) (273x380).jpg

結果、映像はカンファレンスにご来場いただいた300人のお客様の前で発表されました。
(情報解禁がいつだかわからんので詳細は伏せておきます)


そして某新人さんのスチール撮影に立ち会い……

20150130_092500_resized_1 (454x640) (270x380).jpg


話題の仮面女子さんのステージ演出用ウェポンを眺めてみたり…
(これ、けっこう重いんですね)

20150212_100515_resized_1 (446x640) (265x380).jpg


仮面女子つながりでいうと、
某イベントに「スライムガールズ:仮面女子候補生」をキャスティング。
10人のメンバーさんに囲まれ、女子校教師の気分を味わってみたり……。

1423902343490_resized_1 (381x234) (380x233).jpg

20150214_181905_resized (640x397) (380x236).jpg
(※演出用のゴムボートから空気抜いてる図)

 

おもしろ映像プロジェクトのラボで映像編集作業に立ち会ったり……

20150214_201646_resized  (428x240) (380x213).jpg

 

再び映像撮りにいったり……

20150219_102234_resized (410x640) (243x380).jpg

 

DMMアワード2015のPR業務にお付き合いしたり……

1424834199378_resized (355x218).jpg

 

雅さやかちゃんのグラビア撮影に立ち会ったり……

20150226_110158_resized (390x640).jpg

 

まあ、この合間にマーティ・フリードマンさんの取材執筆、
ヤリチン専門学校の取材執筆、
そのほか諸々の執筆&コメント出演をこなしつつ、酒飲んでるっていうね。

なんかデキる男っぽくてかっこいいじゃねえかww

ちなみに下は取材先で会ったネコ。いい顔します。

20150227_135821_resized (429x640) (255x380).jpg







Last updated  March 2, 2015 01:11:44 AM
January 2, 2015
カテゴリ:著書

というわけで、1年ぶりのブログですよ!


いやー、この1年は本当に充実した1年でしたねえ。


まず、キャスティングで参加していた映画『渇き。』(監督:中島哲也氏/主演:役所広司氏ほか)が公開されたり。

IMG_9855855993050.jpeg

渇き。 DVDプレミアム・エディション<2枚組+サントラCD1枚>【数量限定】 [ 役所広司 ]


これまた制作のお手伝いで参加していた『さまよう小指』(監督:竹葉りさ氏)が

ゆうばりファンタ他、各映画祭で賞を受賞したり。

5qY9Gni4f0f6rw4n3fRMDCOhVtUhRIhD (1)_resized.jpeg

[DVD] さまよう小指 

 

そして尾谷個人としては、「ヤリチン専門学校」絡みでまたもや『5時に夢中!』に出演したり。

10572268_820804164619811_6957370510694766035_o_resized.jpg


「DMM ADULT AWARD 2014」「JAPAN ADULT EXPO 2014」という結構大きなイベントで、

企画/宣伝PR/構成/演出/司会で関わったり。

IMG_20141116_000822.jpg

 

マネージメントさんからの依頼もあって、

3年ぶりくらいにマーティ・フリードマンさんの連載の構成を手がけたり。

1411556667355.jpg 

※エンタメNEXTというアイドルサイトでやっていますよ。

http://www.entamenext.com/tag_list/tag_search=1&tag_id=36

 

その他、記事や特集ページを含む執筆、グラビアの構成、週刊誌でのコメント出演など名前が出る仕事としては約100本。

広告など名前が出ない仕事を含めると計110個くらいの案件をこなしたのではないでしょうか。


もうね、我ながら何屋なんだかさっぱりわかりませんよ!!

 

まあ、今年は柔らかいところを固くする仕事だけでなく、

堅いところを柔らかくすることもやっていくんじゃないかな的な気配が漂っています。

より、さっぱりわからなくなるなぁ…。まあ、いいか。

というわけで、2015年も常識と既成概念で凝り固まった箇所を揉みほぐすべく精進いたします。

それではみなさま、今年もよろしくお願いします!

 

 

 

【追伸】
昨年4月に他界された高橋秀明氏(小説すばる元編集長/享年46歳)に対し、

改めて哀悼の意を表します。
貴方がいなくなったことが、逆に自分の原動力になっています。
あの世で『お前、またバカなことをやってんなぁ(笑)』と言ってくれていることを心から望みます。

LP-Cover-Pink-Floyd-Wish-You-Were-Here.jpg

Pink Floyd『Wish You Were Here』
http://youtu.be/NavVfpp-1L4









Last updated  January 3, 2015 02:05:35 AM
December 24, 2013
カテゴリ:著書

あ、そうそう! 25日の深夜26:25~27:55に、尾谷がテレビ出演します。こちらの特番です。

 『TOKYOプレゼンナイト』(フジテレビ)

100名以上の観客を前にステージでプレゼンテーションを繰り広げる、という日本版TED的なこの番組。尾谷もジョブズになったつもりで喋ってみました。

いや、頭の中にあったのはジョブズってよりも、イッセー尾形さんのひとり芝居なんすけどねw

その他の出演者は博多大吉さん、 磯山さやかさん、佐藤満春さん(どきどきキャンプ)、平子祐希さん(アルコ&ピース)ほか。


1511322_714209648589483_851400770_n.jpg

写真は撮影前に共演者・絵音ちゃん(日本合コン協会のえらい人)と撮ったツーショット。楽屋で酒飲んでたので、すでに酔っ払ってますが何か?

http://tv.yahoo.co.jp/program/81331445/

 







Last updated  December 25, 2013 12:08:03 AM
カテゴリ:著書

以前も告知しましたが、シナリオを担当した女性向けドラマDVDが25日にリリースされます。『ハツコイヲキミト 〜恋愛ごっこ続編〜』(LovePlace)でございます。

LVPL007.jpg

 主演は映画『ごくせん』、舞台『イナズマイレブン』などで知られる坂口りょう君。ちょいヤンキー入った悩める男子を好演してくれてます。

正直、ヤンキー男子を書くのは大好きなんすよ。今回も執筆中に「俺、コイツになら抱かれてもいい」とか思いましたからw

予告編はこちら。http://youtu.be/GyuXiaXK2Fc

 2.jpg


あ、ちなみに言っておくと、これ、尾谷さんではなく、「たにゆき氏」の仕事なんでそこんとこよろしくですーw


※その後、Amazonの男性アイドルDVD部門で15位まで上がっていたことが判明。あざっす。







Last updated  December 25, 2013 12:13:25 AM
カテゴリ:著書

えー、本日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)におきまして、こんな企画をやりました。

 【下半身おもてなし大賞2013 愚息がじぇじぇじぇ! サンタがエロの倍返し! ヌクなら今でしょ!】

2013年のエロコンテンツの人気作をランキング形式にて紹介。選者は全国のショップさん、メーカーさん、出版社から評論家の方まで250名の方々です。

毎年年末に、この手の企画をやらせていただくんですが、本当に勉強になりますね。「ユーザーが2次元エロを平気で受け止めはじめている」「ネットが3次元エロを駆逐する可能性がある」のは間違いない。10年後には「エロを含むすべてのコンテンツの半分が2次元」なんていう時代になっていてもおかしくはないなぁ、と。

なーんて話をオブラートに被せつつ、肩の力抜いても楽しめるエンタメ記事にしましたのでそこんとこよろしくです。大活躍してくれた弟子Sに多謝!

http://wpb.shueisha.co.jp/annex/index.html

 







Last updated  December 25, 2013 12:00:47 AM
November 27, 2013
カテゴリ:著書

今週金曜から公開の映画『グリフィン家のウエディングノート』の劇場用パンフレットに尾谷が寄稿しています。

しかし、まさかロバート・デ・ニーロ、ダイアン・キートン、ロビン・ウイリアムズ、キャサリン・ハイグル、アマンダ・セイフライドといった名優たちが出演する作品の解説が出来るとは...感無量でございますよ。

poster2.jpg

さて、この『グリフィン家のウエディングノート』は結婚式を巡るラブコメディなんですが、実は出演者の過去作に対するオマージュ、プライベートネタが織り込まれた、わかっている人向けの作品だったりします。

そこで今回の劇場パンフでは『これで10倍楽しめる!? グリフィン家の元ネタノート』と題しまして、本作内に散りばめられたパロディ・オマージュを2ページに渡って解説しています。ご鑑賞時の参考になればと!

以上、意外とセレブに詳しい尾谷でしたw

http://t.co/riMnx79Vr5

 

 







Last updated  November 28, 2013 03:14:32 AM
November 13, 2013
カテゴリ:フィロソフィー

尾谷です。実は先日(9日)、誕生日なるものを迎えました。わざわざメッセージをいただいた皆様にこの場を借りて深く御礼申し上げます。

2013年は「厄年で天中殺で大殺界」という占いマニアの方にはたまらない1年を過ごさせていただきまして、実際様々なトラップがあったわけですが、それでもこうやってなんとかやり過ごせたのは皆様のご支援・ご協力の賜物であります。

これは震災のときに思ったことなのですが、自分はちっぽけな人間ですので、ボランティアや社会貢献なんていう大それたことは出来ません。自分の半径5m以内にいる方々、自分に関わりを持ってくれる方々をちょっとだけ助けたり、お手伝いをしたり、面白そうなことを口伝するくらいのことしか出来ません。それが実際どこまで役立つのかわかりませんが、使えるときに使っていただけると幸いです。

これからも皆様の「触媒」として精進して参ります。何卒よろしくお願いいたします。

あー、枕が臭い。



平成25年11月14日 尾谷幸憲







Last updated  November 14, 2013 12:06:39 AM
November 3, 2013
カテゴリ:著書

いきなりですが、画像ドン!

写真 3.jpg

というわけで、すっかり報告が遅れましたが、
猿もとい去る9月某日、TOKYO MX TVの人気番組『5時に夢中!』に出演してきました。

『5時に夢中!』といえば、拙著の連載「ヤリチン専門学校A」(東京スポーツに水曜掲載)の記事が、人気コーナー「夕刊ベスト8」で何度も1位を取らせていただいておりまして、しかもOプロデューサーとは偶然鉢合わせて飲んだことあるし、実はキャスターの某氏が自分の小学校時代の同級生だったりするんですよね。

写真 5.jpg

おまけに、向かって右のアシスタント内藤聡子さん(美形)は、自分が昔から仲の良いカメラマンさんにグラビアを撮られたことがあるという経験の持ち主。いやはや、この番組、何かと縁がありますです。

そんなわけでちょっくら出演してきたんですけど、生放送はやっぱ緊張しますね。ほら、ネタがネタやん? 放送禁止用語とか言ったらどうしよう?っていうプレッシャーがww

写真 4.jpg

しかしながら短い時間とはいえ存分に語らせていただきつつ、さらに高得点までもらえたので(披露したネタの審査みたいのがあるんですよ)、楽しかったなぁ、と。


ちなみにこの番組きっかけというわけではないんですが、自分、年末に放送される予定の某番組に出演予定です。こちらは生放送ではないので安心ですなw


では最後にご挨拶を。

すかわさん、ナイスつっこみありがとうございました。
中村さん、お会いできなくて残念っす。一日も早いご復帰を!
そして美保純さん、お会いできてうれしかったっす。
オレ、全然いけますわw







Last updated  November 4, 2013 02:02:50 AM
October 19, 2013
カテゴリ:著書
超久々の更新だってのに、単なる告知かよ!っていうねw

尾谷の中の人である「た に ゆ き 氏(主に脚本担当)」がワサワサ動きはじめましたよ。

まずイケメン恋愛ドラマレーベル「ラブプレイス」(http://www.loveplace.jp)より、10月25日リリースの『恋愛ごっこ』。Amazon男性アイドル部門で予約1位を獲得した本作に、た に ゆ き氏がキャラ設定で参加。脚本の内藤みか先生とは小説『LOVE※』『ラブリバ』以来のコラボです。

で、12月には本作の続……情報解禁前なのでお口にミッフィー!

主演・坂口りょう君のブログもチェックしておくんなまし。
http://ameblo.jp/nb-sakaguchiryo/entry-11642153532.html



そして11月29日リリース予定の某OVAアニメで脚本を担当。原作はその世界では有名な神ゲーでして、2ちゃんではすでに話題になっとりますな。まあ、まだアレがアレですので画像はあえて載せませんが……。

た に ゆ き氏の今後の活躍に期待ですね。


 

って、自分で言うな。






Last updated  December 2, 2013 12:35:54 AM
July 11, 2013
カテゴリ:流行

●前回のブログに引き続き、ここ最近尾谷が考えていることをなんとなくまとめてみるの巻です。前回と違って「ですます調」になっておりますが、まあ、そういう気分だったので。どうせ仕事じゃねえし!

=======================

ところで、この話題。

婚約指輪キラリ 鈴木奈々が幸せ生報告「夢叶った。ハッピーです」
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/07/11/kiji/K20130711006196290.html

この鈴木奈々と工場勤務男性の結婚は、若き低所得男子に夢を与えますね〜。だって稼いでなくても、モデル/タレントと結婚できるんですよ? こうなってくると、もう男はがんばって地位を上げなくていいんじゃないか、という気にすらなってきます。

ま、こんなことを書くとまた女性に怒られそうですが(笑)、この「稼ぐ女子」と「稼げない男子」という構図は、今の日本(いや世界)の産業構造的に当然の流れなんですよね。実は。以下ともに2010年のニュースより。

「若い女性の収入、男性抜く 介護分野などで賃金上向き」
http://mw.nikkei.com/tb/#!/article/DGXNASFS1303B_T11C10A0MM8000/

「収入と学歴、若い世代の女性で男性を上回る傾向に 米国」
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2753046/6139524

つまり、男手が必要となる製造業が中国・東南アジアなどに工場を移転、さらに公共事業の縮小によって男性が稼げなくなり、一方、介護や医療・美容など女手が中心の産業の需要が増加、女性が稼げるようになった。ものすごく簡単な理論がそこには待っているわけです。はい。

そうなってくると、当然サービス業/エンターテイメント業の構造が変化します。本来、稼ぎのあった男性向けに存在していたサービス/エンターテイメントは徐々に衰退し、男に代わり稼ぐようになった女性たちに向けたサービス/エンターテイメントが隆盛する。事実、今の世の中はそういう状態になっていると思います。

たとえば……。気づけばテレビ番組は女性向けのものばかりになっていました。情報番組、ドラマ、そしてCMに至るまで男性の視点をあまり感じません。書店の入口付近にあるのは、大抵、女性向けのふろく付きファッション誌のコーナー。レンタルビデオ屋に行けばイケメン・韓流の棚が壁の一面を占拠しています。さらに街中を見るとサロン、ネイルなどの美容産業、服飾系、女子会に最適なおしゃれな飲食店などの店舗が軒を連ねています。一方、男性向けの産業=パチンコに代表されるギャンブル、性風俗店、キャバクラなどの接客系飲食店、男性向けファッション、エンタメなどはことごとく売上を落としています。

先日、実家のある埼玉の地方都市に戻ったとき、衝撃を受けました。母親とある飲食店に入ったらお客さんが女性だらけだったんです。キャパ50人中、男性はオレを含めて2人だけなんですよ。それは「日本の消費の中心は女性にある」ということを如実に物語る事例でした。

さて、ここで話をぐいっと戻します。

このように女性の稼ぎが上昇し(女性産業が隆盛し)、男性の稼ぎが減少していく(男性産業が衰退する)中で、男女関係にある変化が生じつつあります。それを端的に表す例が、先の「稼げる嫁=鈴木奈々と、稼げない旦那=工場勤めの彼氏」という格差婚なわけです(そういえば話題の矢口真里さんも格差婚でしたね)。自分は、もしこのまま女性向けの産業が隆盛し、女性の賃金が上昇し続けるのであれば、この図式がポピュラーになるのではないかと思っています。

そして、この現象が数世代に渡って続くと、どうなるか? そのモデルケースになるのがフィリピンやタイに代表される東南アジア型の男女関係です。主たる労働者が女性。男性は子供の面倒を見ながら道端で仲間と博打に励み、力仕事が必要なときに駆り出される図式。これの現代版とでもいいましょうか。たとえば……。

産業の中心が女性なので多くの企業が女性を多く雇い、彼女たちは月〜金/9〜17時のフルタイムで働く。男性はワークシェアにて体力勝負の仕事を任される。建築業・製造業、システム構築やプログラミングなどの現場で毎月7〜10日程度の激務をこなし、残りの日数は家庭をぼんやりと守る。

もちろん、これ、現在の日本では受け入れ難いですよ。しかしながら今の女性主導の産業構造が続く限り、こんな未来があってもおかしくはないと思うのです。もちろんアベノミクスがこのまま順調に進んで、公共事業=つまり道路建設など男性向けのガテン仕事が盛んになったりすれば、また話は別なんですけれどもね。

 

PS.1  男性向けのサービス業/エンタメ業が落ち込んでいるという話を書きましたが、オタク関連やガジェット関連は堅調です。それはなぜかというと、いま男手を必要とする産業で儲かるのはSE/プログラミングの業界だから。ようは、その分野の方々が好むものが流行っているということですね。逆に建設・製造業が再度盛り上がったら、萌えやガジェットとは対局に位置する派手なドンパチとか男臭いカルチャーが大流行するかもしれません。たとえば『ワースト』が『ワンピース』の位置に来るとかね。 

PS.2  アメリカの映画『プラダを着た悪魔』に仕事バリバリのヒロイン、冴えないけど優しい彼氏っていう男女の構図がありました。あれは今の働く女性たちが望む究極の関係ですよね。これは現代の男女の間柄のスタンダードな形になってきているのではないかと思います(ま、劇中では途中で喧嘩しまくるし、結局ヒロインは仕事を投げ出してしまうわけですが)。しかしこれもすでに7、8年前の映画なんですよね。今のアメリカはシェールガス革命もあるし、製造業を復活させ、中国に代わって世界の工場になろうとしている。最近、妙に派手なアメリカ映画が多いのは、そういうブルーワーカー系の人々が増加しているからではないかと勝手に推測してます。

PS.3 まあ、このまま少子化が進んだら、男が建設業・製造業で云々……というのも少なくなるかもしれませんね。その分野は移民によって賄うことになるでしょうし。この移民問題については、また別の機会に。







Last updated  July 12, 2013 03:21:04 AM

全471件 (471件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 48 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.