406598 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

尾谷幸憲の「物書き的な何か」

November 20, 2012
XML
カテゴリ:流行

観てきましたよ、エヴァQ。

写真oi.JPG
※劇場に鎮座するアスカ&カヲル像。もはや仏像の如し。


結論から言うと、おれが望んでたエヴァをやってくれましたね! という感じでした。

いやね、「序」はあれでいいとして、「破」がね、尾谷的にすっきりしなかったんです。心のどこかに「こんな爽快なエヴァなんか俺は望んでねーよ」と思う部分が若干あって。

「破」ってものすごく普通に楽しめるものだったじゃないですか。それがね、近年の「映画とはお客様が楽しめるエンターテイメント作でなくてはならぬ」という風潮に見事に合致した、"商業的に完成されたプロダクト"に見えてしまったんですよ。別にそれが悪いわけじゃない。なんか大人になっちゃったな、っていうね。

尾谷が旧エヴァで熱狂した部分というのは、お約束を無視した演出作劇法だったように思います。具体的にいうと、わけのわからなさだったり、気持ち悪さだったり、鑑賞後みんなで語りあわないと補完できなかったりするところです。誤解を恐れずに言ってしまうと、それは未完成品ゆえの面白さとも言えます。

それが今回の「Q」では見事復活しているじゃあーりませんか。最後の最後まで意味不明だし、なんか気味悪いし、夢に出てきそうだし。

特にあれにはグッきました。そう、カット割りです。たとえば……普通、2人のキャラが対決するとき、「強いのが左から来て、弱いのが右から来る」のが映像の画面構成の基本だったりするのですが、それと真逆なことをやってたりするの、エヴァQは。なので、いい意味での居心地の悪さ感じる。その居心地の悪さが、主人公と観客のシンクロ率を上げているような気がします(ちなみにこのテクニック、旧エヴァで多用されていたものですね、はい)。

あと、Qには脚本の一部にもちょっと不安定な要素があったりするのですが、これはもしかしたら作画が間に合わなくてカットされた部分があって、結果こうなっちゃったんじゃないか?的な気がするので、ま、保留にしておきましょう。

……と、たった一回見ただけでこうやっていろいろ語れてしまうのは、やはり今回の新劇場版が「ヱヴァンゲリヲン」ではなく、「エヴァンゲリオン」している証拠。

いや、マジで続きが楽しみです。予告見たけど、残りの一回で終わらせる気配がまったくないですからね。放置されたあの謎の量をみろ。エヴァはあと10年は戦える!(たぶん)



えっ、肝心のストーリーですか?

えっと、ネタバレしない程度に書きますね。


浦島太郎状態がなんかいろいろ気に食わないので右往左往しながらがんばってみたのだけれど、そんなの浅はかよね、子供よね、結局、女性には勝てないのよね……ということをあの歳で手に入れられたことはすごく幸せなことでしょうから、「ならば僕だってやるぞ! やってやる! やってみせる! 」というのが原理原則です。しかし、もし次回作でそうならないというのであれば、それは戦後の大人たちが生み出してしまった病理ですので、責任は我々にあると、僕は!


以上、富野監督風に語ってみました。はい。



写真.JPG
※開場を今か今かと待ちかまえる観客たち。平日の昼間にみんな何してんのよ!(俺もだが)







Last updated  November 22, 2012 02:10:06 AM

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.