1079382 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おためしブログ~自作パソコン・パソコンパーツ・デジタル商品の性能を試す!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

ランキング市場

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

家の年寄りが退院し… New! doziさん

 腹筋日記 nx651さん
~のもと! 猫待カナリさん
欲しいもの手に入れ… クールル・ルゥさん
エイプ 通販 【ア ベ… ア ベイシング エイプさん

コメント新着

200203092109@ Re:X02HTのバッテリ届いた!(08/26) こんばんは。 お元気ですか?! 久しぶり…
Tanukidad@ Re:ごちっく?(12/25) 通りすがりさん >ゴチックじゃなくてゴ…
通りすがり@ ごちっく? ゴチックじゃなくてゴシックです。
じゅんいちろう@ kb229683 jk、。l。・¥:}{;^。kmcjk…
みき@ はじめまして☆ はじめまして! 美紀といいます。 この…

ニューストピックス

全90件 (90件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

ケータイ電話関連のおためし

2007年02月23日
XML
 家電各製品のデジタル化がどんどん進行し、あらゆるモノが「パソコン化」している状況ですが、Bluetoothでケータイと接続するシチズンの腕時計、なんと、ケータイの着信を知らせる機能があるということです。


○ シチズンのI:Vert=「アイ・ヴァート」

 Bluetooth製品が興味津々で目に入る私ですが、この腕時計、もはや時計はその機能の一部ということになるようです。
 特徴は以下のとおり。

 ◆携帯電話の通話着信を知らせる腕時計

 ケータイに搭載されているBluetoothハンズフリー機能を利用して、携帯電話への通話着信を振動と光で通知するというもの。

 あらかじめ、携帯電話・PHSに登録した電話帳をI:VIRTに転送しておけば、着信時には、携帯電話・PHSに登録された名前が表示され、しかもケータイ・PHSへの着信中にI:VIRTで保留、切断操作までできる。

 ◆セキュリティ機能で大切な情報を保護

 発信者表示を非表示に設定すると、発信者の名前と電話番号を他人に見られないようにできます。
パスキーロック機能を有効にすることで、着信履歴と電話帳閲覧機能をロックすることができます。

 ◆その他の機能

 液晶:表示には有機ELが採用されています。有機ELは視野角が広く、暗所でもバックライトを必要とせず視認性に優れています。

  ・Bluettoothリンク
  i:VIRTと携帯電話・PHSとの距離が離れて接続が切れると、振動と光で「リンク切れ!」表示で警告。携帯電話・PHSの置き忘れ防止に役立ちます。

  ・充電器
  触充電方式により、時計を充電器に乗せるだけで簡単に充電が可能な充電器が附属しています。


○ カラーはシルバーとブラック

 カラーはシルバーブラックの2種類、充電器が附属しており、イチイチ電池交換などしなくてイイというのがこれまたイイ!

 ケータイ着信で腕時計が鳴って、光で知らせるとは・・・カッコイイ!!
 
 ※↓ これはブラックタイプ

【送料無料】CITIZEN 【在庫有】Bluetooth(R)搭載腕時計「i:VIRT」ブラック[TM84-0291] TM84-0291


 ※ ↓はシルバータイプ

シチズン Bluetooth搭載 ケータイ連動型ウォッチ i:VIRT アイ : ヴァート TM84-0292 シルバー




★Bluetooth搭載!携帯着信を知らせるCITIZEN「I:Vert」全一覧はこちら


 ヘッドセットはもとよりステレオヘッドフォン~GPSまでBluetoothアイテムを揃えた私は、Bluetooth製品に目がないのですよ。

価格は27,000円前後、この腕時計「I:Vert」、理屈なしにいつかは手に入れねばならない製品だ!!



 banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2007年02月23日 12時29分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年02月17日
 車運転時にケータイで話しながら運転している人をまだチョクチョク見かけますが、運転中のケータイは意識がケータイにいくため、注意力散漫になりヒジョーに危険です。
 第一、今は道交法で禁止されています。

 私が旧Vodafone702NK(NOKIA6630)を使い出した時はまだ運転時のケータイは道交法改正前でしたが、スグにBluetoothワイヤレスヘッドセットを手に入れました。

 このBluetoothワイヤレスヘッドセットは海外モデルで、価格は当時の日本円で3,800円くらいだったと記憶しています。


○ 一般的にはまだ珍しい?
 
 Bluetoothワイヤレスヘッドセット、何がイイいいかというと、「両手がフリー」になることで、運転時はもちろん、キーボード操作時や荷物を持っている場合など使い出すと止められない。

 先週の2/12祝日に車で遠出した時、高速道路で何度かレストに立ち寄り、一服したんですが、Bluetoothヘッドセットは耳に装着したまま、腰に702NKをぶら下げています。

 ハンズフリー・・・欧米ではかなり普及しているようですが、日本ではまだまだ、「コイツ何つけてんだ?」とばかりに他人から見られます。


Jabra BT160 33種類のデザインカバーが付属Bluetoothハンズフリーヘッドセット【カードOK!送料...
 ※Jabra BT160は着え替え可能ヘッドセット、価格は7,700円(税込・送料込)


 車の中では全く気になりませんが、電車の中や街を歩いているときなど、やはり人の目は気になります。
 タマ~~に耳に装着して歩いている方を見かけることもありますが、ごくマレ。
 Bluetooth自体を搭載しているケータイ機器は多いと思うんですが、ほとんどのユーザーはこのBluetoothは活用していないんじゃないでしょうか?


○ でも便利

 で! 私の場合、車内や自宅でPC操作時での使用が主になっています。
 Bluetoothの便利さを知って、ワイヤレスオーディオレシーバーGPSとモバイル機器類はBluetooth機器を手に入れてきました。

 工人舎のA5サイズノートPC(2/11~12日記)もBluetooth内蔵なので、カーナビも含めたサマザマな活用が考えられます。
 
 日本でもBluetoothハンズフリー機器はダンダンと増えてきました。
 上のデザインカバー交換可能なモデルや下のバイブ機能搭載のものまで・・・


Bluetooth ハンズフリー ヘッドセット Jabra BT500v【バイブレータ搭載】
 ※バイブ昨機能のついたモデル、価格は13,000円台から


★その他のBluetoothハンズフリー ワイヤレスヘッドセット一覧


 片手でケータイを持つ必要がないことや何と言っても運転時には安全ですから、早く、国内でも一般的になって欲しいと願うばかりです。



banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2007年02月17日 15時10分25秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年01月25日
 12月28日のブログで触れたNOKIAのスマートフォンE61、品薄とあってなかなか手に入らず、ヤフオクでも高いケースでは7万円前後で取引されています。

 ところが、楽天市場で「NOKIA E61」で検索すると、なんと!扱っているショップがあるじゃありませんか!
 扱っているのは、セブンワン 楽天市場店さん、価格は税込み56,700円、これに送料加えてもNOKIAジャパンのネット直販とそれほど変わらない金額になります。

 なんと言っても楽天市場ですから、スーパーポイント使えば、その分負担が少なくなるのがイイですね。
 のどから手が出るくらい欲しいNOKIAのEシリーズですが、あらためてスペックは以下のとおりです。


○ スペック
  
 NOKIA E61日本語版は、QWERTYキーボードを搭載したスマートフォンで、日本向けに日本語表記のキーボードやメニューなどSymbian OSの日本語化がなされているSIMフリーのマシンです。


  ・大きさ:幅67×厚さ14×高さ117mm
  ・重量 :約144g
  ・内蔵メモリ:最大64MB 

  ・カード: miniSD メモリカード(64MB同梱)推奨する最大容量:2GB
  ・無線LAN、Bluetooth内蔵
  ・画面:2.8インチQVGA液晶 (1600万色)

  ・通信方式:W-CDMA、GSM 850/900/1800/1900MHz
  ・連続通話時間:W-CDMA利用時で音声が約600分
  ・連続待受時間:W-CDMA利用時約456時間無線LANを併用した場合は待受が288時間
  ・本体カラー:シルバーのみ


 SIMロックフリー仕様ですから、FOMASOFTBANKどちらでも使用可能(auはCDMA2000ですから使えない)


○ PC並みのビジネスマシン

 NOKIA E61日本語版は、メールの送受信やスケジュール管理はもちろん、 Microsoft Word/Excel/PowerPointといったビジネス文書ファイルの閲覧および編集も可能。
 ビジネスマシンのため、カメラは内蔵していません(NOKIA E70は内蔵)

 ソフトバンクのX01HTもイイけど、このE61もよだれがでそうなくらい欲しい機種です。
 NOKIAの直販では2週間待ちになるほど「品薄」の人気機種ということもあり、物欲がフツフツと沸いてきて困っている次第です・・・ 


【スマートフォン】 Nokia E-61 GAM携帯 (37043 RM-89 E61-1)
 ※ちなみに1/25現在ではお取り寄せになってます

banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2007年01月25日 13時14分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年11月04日
 何かと話題のSoftBankですが、昨日、とあるSoftBankショップをちょっとのぞいてみたところ、ガラガラかと思ったら、結構お客さん入ってました!
 MNPによる他社への転出なのか転入なのか、はてまた新規契約なのか?・・・どうかわかりませんが・・・

  そのSoftBankの新機種です。

 先ほど、NOKIAジャパンのサイトみたところ、 SoftBankからNOKIA N73がSoftBank 705NKとしてまもなく登場するようです。
 9月末に情報は流れていたものの、NOKIAのサイトに紹介されていることで、おそらく12月には店頭にお目見えするんじゃないかと思います。


○ マルチメディア端末NOKIA Nシリーズ

 NOKIA Eシリーズビジネスモデル、NOKIA Nシリーズマルチメディア端末として海外で人気あります。
 
 国内でも「待てない」先進ユーザーが海外モデルを手に入れ、既に日本語化あたりもなされているモデルです。
 
 ハイエンドのN93に続き、N73はミッドレンジモデルですが、ステレオスピーカーを内蔵、320万画素カールツァイスレンズのデジカメ、FMラジオ搭載。
 海外モデルは日本円にすると70,000円を超える高級感あふれるストレートモデルです。
NOKIA_N73


○ スペック

 NOKIA N73のスペックは以下のとおりです。

  ・ネットワーク:WCDMA/GSM850/900/1800/1900
  ・液晶:2.4インチ262K色TFT(240×320=QVGA)
  ・着信メロディー:和音
  ・カメラ:内臓VGA320万画素、20倍デジカメズーム
  ・ムービー:○
  ・MP3:○

  ・SMS/MMS/Java:○/○/○
  ・WAP/GPRS/HSCSD:○/○/×
  ・E-mail:SMTP、IMAP4、POP3

  ・赤外線/Bluetooth:○/○
  ・データ通信:EGPRS/EDGE
  ・OS:S60、Symbian9.1
  ・メモリ:42MB

  ・重量:116g
  ・寸法:110x49x19mm
  ・通話時間:最長246分間
  ・待受時間:最長240時間
  ・スロット:MiniSD Card
  ・その他:FMラジオ

 
 クイックWordやクイックExcelなど、豊富な Symbianアプリが使え、カスタマイズも自由自在なNOKIAマシンです。

 タダ、SoftBankモデルの705NKにはどの程度のアプリ制限がなされているかはまだわかりません。

 一切の制限が無いことを願うばかりです。

 Mobile Windows搭載のX01HT(hTc)、SymbianOS搭載のこの705NK(N73)、ケータイの通話エリアや料金などは2の次、ハードウェアをいじれる魅力でケータイを選ぶ私にとっては見逃せない1台です。


banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2006年11月04日 10時00分59秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年10月31日
 ソフトバンクの例の混乱は波紋広げていますね。
昨日の新聞にも一面に掲載され、総務省よりご指導、孫社長は「わび」を表明、出だしで「こけた」感じですねえ。

 ところで、10/29の日記に書いたとおり、ソフトバンクのお店でhTc製スマートフォン「X01HT」を見てきました。
ドコモにも法人向けに同じhTc-zというモデルがあります。

 Mobile Windows5.0搭載、豊富なアプリが使え、Bluetooth、Wi-Fi内蔵、カーナビソフト「GrandMapNavi」(10/28日記)も動作すると思いますので、興味津々のマシンです。

X01HT

○ DellのAximX50Vと比較

 私の現用PDA=Dell Axim X50Vとハードウェアを比較してみます。

PDA比較X01HTAximX50V
CPUSamsung400MhzIntelPXA640Mhz
OSWM5.0WM2003SE
液晶2.8インチ3.7インチ
解像度320×240(QVGA)640×480(VGA)
カメラ200万画素(サブ10万)なし
バッテリ1300mAh1100mAh
連続通話時間4時間(WCDMA)¯
Bluetoothあり(2.0)あり(1.2)
W-Fi802.11b/g802.11b
赤外線ありなし
拡張カードmicroSDSD/CF

※メモリは両機種ともROM64MB、RAM128MBで同一、もちろん両機種ともPCとの接続はUSBやBluetooth経由でバッチリです。


○ CPUスピード

 バッテリ節約のため、PDAのCPU速度は負荷に応じて変動します。(標準設定)
 Axim X50Vは640Mhzといっても常時400Mhz位で作動、動画再生でも520Mhz位で動作していますので、「X01HT」のCPU400Mhzは標準的なものです。

 ちなみにHPのPDA、3715はCPU400Mhzです。
 「X01HT」は、ケータイとして考えた場合、あまりバッテリを喰うようなハードウェア構成はできないということだと思います。

 グラフィックアクセラレーターIntel2700Gを搭載したAxim X50Vは、動画再生、3Dゲームなど、グラフィック系についてはダントツのクオリティとスピード。

 他のマシンの追従を許さないが、グラフィックを使った場合、バッテリ消耗が激しいこともあり、Axim X50Vは別売りの2200mAhの大容量バッテリは必須です。


○ QVGA解像度

 W-ZERO3(ES)と同じ2.8インチ液晶では320×240(QVGA)位がちょうどいいと思います。

 Axim X50Vの3.7インチ液晶でもリアルVGAにするとフォントやタスクバーがあまりに小さくなり、スタイラスでの操作はヒジョーに困難、まず移動しながらの操作はムリだからです。

 また、現状ではVGA対応のアプリもそれほど多くありません。ナビソフト「GrandMapNavi」もQVGAです。
 ただ、地図アプリの一つPocketMappleVer7はVGA対応ですが、このようなアプリはQVGAでしか表示できないということになります。


○ 豊富な周辺機器とアプリケーション

 Bluetooth2.0内蔵だけあって、GPSやワイヤレスオーディオ、ワイヤレスキーボードなど豊富な周辺機器がつかえます。
 また、「X01HT」 はアプリインストールに制限を加えていないようですから、WM5.0の豊富なアプリも使えます。

 ちなみに10/13にレポートしたワイヤレスヘッドフォン、MSIのBluePlayerもMobile Windows用のものがフリーでダウンロードできます。
 Bluetoothでワイヤレスステレオを可能にするA2DPプロファイルが無くとも、Mobile Windowsならプロファイルは探せば「ある」。

 無線LANもOK、アクセスポイントがあればインターネットも高速なWi-Fiを使え、通話料の節約が可能にもなります。


○ SIMカード無しでも・・・

 前評判では、SoftBankのSIMカードを差していないと動作しないと言われていました。
 しかし、電話をオフにして、シャットダウンし、SIMカード抜いて起動すると、動作するというレポートがなされています。

 hTc製のSIMフリー海外機種は10万円近く、SoftBankモデル「X01HT」は3万円切る価格で魅力感じているところです。

 ただ、カードスロットはMicroSDのみ、今Axim X50Vは、2GBのSD+4GBのCFで使っているので、MicroSD1本だと映画なんかを入れるのは容量的に厳しいですね。

 ところで、X01HTとhTc-z、もう既に液晶保護シートやケースなどサマザマなアクセサリが登場していますね!

★ドコモhTc-Z/ソフトバンクX01HTのアクセサリ一覧はこちら



 NOKIA E70も魅力感じますが・・・さあ!どうしようかな?
 どちらにしてもSoftBankがちょっと落ち着いてからでないと店頭でも十分話聞けないでしょうから、要は「待つ」ことにします。


banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2006年10月31日 12時39分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年10月29日
 今日、つい先ほど、子どもを理髪店に連れて行きました。
 実はウチの近くの大型スーパー2店舗の周辺に新しくSoftBankショップがオープンしています。

 このスーパー周辺、百メートル四方内にNTTDoCoMoauSoftBankの3つどもえで店舗展開したことになります。

 子どもが散髪する間、ちょっとSoftBankショップに行ってみました。


○ 順番待ちの大盛況

 昨日、SoftBankのホームページは「予想外」のサーバー負担増加で、既存ユーザーはもとより、ポータビリティによるキャリア移行もすべて×になったことはあちこちのブログでも書かれています。

 しかし!

  SoftBank店舗も大盛況ですねエ・・・

 入り口には「順番に名前書いてください」と急遽設置したであろう記入台が置かれ、待合イスに座れないほどお客さんが順番待ちしていました!

 スマートフォンX01HTのモックアップ見て、カタログもらって帰ってきました。

 ウチの子ども、置かれていた「自由にお飲みください」のコーヒー飲んで、ニコニコしながら、「ケータイのお店でコーヒー飲めるとは・・・予想外だ!」と叫んで店内のお客さんを笑わせていたのでありました!


banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2006年10月29日 11時47分44秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年10月13日
 今まで、何度か、ケータイ(Vodafone702NK)とBluetoothワイヤレスヘッドフォンの話題をブログに書き込んできました。
 通勤や出張で音楽を聴くんですが、ケータイとは別にiPodのような携帯音楽プレイヤーを別に持ち歩くのはちょっと困ります。
 しかもあの絡まるヘッドフォンコードはヒジョーに困りものですから、ケータイ1台で、しかもワイヤレスで音楽を聴きたいということで、まあイロイロ試行錯誤しているわけです。


○ Vodafone702NKとi.Tech製ステレオヘッドフォン

 ケータイやPDAを使ってワイヤレスステレオで音楽を聴くためにはA2DPプロファイルを搭載したBluetooth機能が必要です。
 私の使っているスマートフォン(Vodafone702NK)はBluetoothを装備しているものの、このA2DPには対応していません。

 ところが、i.TechというメーカーのBluetoothヘッドフォンClipシリーズとそれに付属している BluePlayerというアプリの組み合わせのみでワイヤレスステレオ再生が可能です。

 i.Techは、日本ではモバイルキャストとして売られていますが、モバイルキャスト製では、 BluePlayerが正常に動作せず、ステレオでは再生できません。

 しかし、i.TechのClip S35は、ヘッドフォンを交換できないことや結構使いこんできて、少々くたびれてきました。


○ MSI製のステレオヘッドセット~BluePlayerの開発はMSI~

 ところで、MP3再生アプリ BluePlayerを開発しているのはマザーボードなどのPCパーツで有名なMSIです。
 このMSIもi.Tech同様Bluetoothステレオヘッドセットを販売していますが、日本ではなかなかお目にかかれません。

 そこで、この MSI製のBluetoothヘッドセットFS310をYahooオークションで手に入れました。
 もちろん、今まで使っていたi.Tech製同様に BluePlayerはVodafone702NK=Nokia6630で使用可能、A2DPプロファイルを持っているBluetooth搭載マシンならどれでも利用できます。

 私の使っているPDA=Dell Axim X50Vでも使えます。但し、AximX50VもA2DPプロファイルは持っていないので、ネット上でA2DPプロファイルを探し回って手に入れました。

FS310


○ MSIのFS310

 MSIのBluetoothステレオヘッドセットFS310、付属品は BluePlayerやマニュアルが収められたCD、電源、USBケーブル、ヘッドフォン、シリコンケースなど必要なものはすべて付属しています。
 輸入品ですから、電顕プラグはこのままでは日本のコンセントでは使えませんが、USB経由で充電できますので、問題はありません。

 メモリスティックのような薄さ、今まで使っていたi.Tech ClipS35と比べてもこのFS310は、圧倒的な高級感があります。


○ CD付属のBluePlayerではトラブル

 早速、Vodafone702NKに附属CDから BluePlayerをインストールして音楽を再生してみました。
 どういうわけか、10秒ほど再生した後に、「これはMSI製のヘッドセットじゃありませんヨ!」というようなメッセージが英語で表示され再生がストップしてしまいます。

 何度やってもダメなんで、MSIのサイトから BluePlayerの最新版をダウンロードしてあらためてインストールしたところOK、無事再生できました。


○ 音質は?

 i.TechのClipSとはヘッドフォンが違いますので、なんともいえないんですが、音質はヒジョーにイイ感じです。
 薄型で胸ポケットにもすんなり入り、自分の好きなヘッドフォンが使えるため、使い勝手はバツグンに良いものです。
  このMSIのFS310、愛用アイテムになりそうです!


banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2006年10月13日 09時53分15秒
コメント(10) | コメントを書く
2006年09月04日
 昨日のブログの続きで、ケータイ電波シート「ケータイSパー」のレポートの続きです。
ケータイSパーをバッテリケース内の上下にずらして電波強度を測ってみました。


○ やはり、位置で効果が変わった!

 下のキャプチャ画面見てください。
 正方形の「ケータイSパー」を上下においた場合なんですが、バリ5やアンテナシートの時とは逆の結果が出ました。

 バリ5やアンテナシートは、どちらかというとケース内の上部に置いたほうが効果は高かったんですが、「ケータイSパー」は逆で、真ん中から下のほうにおいたほうが効果が高い結果になりました。
 真ん中と下部は電波強度がまったく変わりませんでしたので、キャプチャ画面は掲載していません。
 ただ、何度か試している間には、上部においた場合、電波強度が弱くなるケースも確認しています。
設置位置


 どういう理由でこのようになるのかわかりませんし、私のケータイVodafone702NKのみの現象かもしれません。
 ちなみに昨日の電波強度測定の際にはほぼ中央におぃて計測しています。


○ ケータイSパーに見られた現象

 「ケータイSパー」を設置しなおして電波強度を計測する場合、当然バッテリをはずしますので、その都度再起動することになります。

 再起動をかけてCellTrackを起動して電波強度を計測するんですが、ケータイSパーの場合、再起動後、2分ほど電波状態の変動が激しい場合があります。 
 昨日のブログの計測中では、電波強度は5dbm位の範囲で変動し、数分で落ち着いてきます。
 
 こういった現象はいままで経験したことはありません。


○ 機種により推奨設置位置を明示してやらないと・・・

  今まで電波強度アップシートというヤツを3種類「試して」みましたが、WCDMAのVodafone702NKのみでの実験ですから、第2世代ケータイや外部アンテナを持っている機種はどうなのかまったくわかりません。

 ただ、この手のグッズは「気持ちの問題」、「プラシーボ効果だ」という意見もかなりあります。
 
 私の実証では、まず「置き場所」によりかなり変化するため、場所によっては電波強度アップどころかダウンのケースも多々見られています。

 やはり、メーカーの機種ごとに「設置場所」を示してあげないと、一般のユーザーが使うようになるとは思えません。


○ 今後試したい「バッテリ効果」と「カット」

 後はバッテリの持続時間ですが、これは相当時間と手間かかります。

もうひとつ「試して」みたいのが、「カット」です。
 ケータイSパーは正方形、なんで正方形なのかわかりませんが、バリ5もアンテナシートも長方形です。
 ケータイSパー、WCDMAの周波数の何分の1かに“切って”みたらどうなのか?興味あります。

どちらにしてもバッテリテスト終了後じゃないとダメなんで、相当後のことになると思います。

banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2006年09月04日 18時15分20秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年09月03日
 8月29日のブログで紹介したケータイの電波強度アップとバッテリ持続時間に効果があるという「ケータイSパー」、まだ市販されていないもののnorikunさんからの提案でおためししています。

 8月28日、月曜日の夜から私のケータイVodafone702NKのバッテリケース内に装着、9月2日の昨日で5日間経過しました。


○ まずは電波強度を測定する

 効果発揮まで4~7日ほどかかるということでしたから、今まで待っていましたが、そろそろ具体的に結果をレポートしてもイイと思います。

 正直、昨日まで電波強度を測定するCellTrackで時々電波強度を見ていたんですが、やはりキチンと計測しないとよくわかりません。
 そこでまず、私の勤務している会社事務所内や自宅の2階、バリ5アンテナシートを計測した同じ位置で同じ日の同じ時間帯で計測してみました。


○ 効果はある

  昨日、会社の事務所内で昼休みに計測してみました。
 いままで同様、Vodafone702NK=NOKIA6630のSymbianOS上で動作するCellTrackというアプリケーションを使って電波強度を測定してみます。
 何も装着しない状態とケータイSパー装着時です。

 下のキャプチャ画面です。
 結論からいうと、4dbm近い改善効果が見られました。
 何も付けていない状態では-79dbm、ケータイSパーを付けた状態では-75dbm、4dbmの電波強度アップ!
職場.jpg
 

 そこで、今度は帰宅後、下のような実験をしてみました。
 

○ 比較してみる

 今まで手に入れた電波強度アップシートと比較してみましした。
各シートは最も今までの検証で一番効果が見られる場所に設置して計測しています。
何もつけていない状態、バリ5、第3世代アンテナシート、そしてケータイSパーです。

 結果は下のキャプチャ画面のとおり・・・
 バリ5とケータイSパーが同程度の電波強度、アンテナシートはこのときどういう理由か逆に電波が弱くなってしまいました。
 アンテナシートは粘着シールになっていますから一度剥いでしまったことが原因かもしれません。

比較


○ ケータイSパーをずらしてみたらどうか?

 さてさて、バリ5やアンテナシートは長方形だったり、大きさも小さいので、バッテリケース内にあちこち置いて効果を確認し、置く位置によって効果に変化がありました。

 ケータイSパーは正方形、しかも大きいですからあまりずらす余地はありませんが、それでも上下にずらしてみたらどうか?

 明日のブログではこの結果とケータイSパーだけに見られた特徴についてレポートしたいと思います。


banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2006年09月03日 16時29分23秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年08月29日
 ケータイの電波強度アップのグッズはイロイロ使って実証してきましたが、今は楽天フリマで手に入れた小さなアンテナシートを使っています。
 ところが、私のブログを見たnorikunさんから新しい電波シートの提案をいただき、先日yahooオークションで落札、昨日その商品が自宅に到着していました。
 
 説明書によれば、正式な名称は「電波シート・ケータイSパー」というらしい。
 バリ5、アンテナシート以来、久しぶりにケータイグッズの検証ですが、公式に市販されていないシートを使うのは初めて・・・面白いかもしれない。


○ 比べてみる
  
 さて、下のフォトは届いたケータイSパーと今まで試した「バリ5」「アンテナシート」です。
 届いたケータイSパーは今まで試したアンテナシートに比べると正方形、最も小さな「アンテナシート」の2倍以上の面積があります。

 表面はザラザラしていて、あきらかに今までのシートとは違う感触、手触りです。
ケータイSパー比較


 裏面は「アンテナシート」同様にアルミのようです。

 価格はバリ5が1,100円~1,980円、アンテナシートは250円、今回のケータイSパーは750円となります。
 今までの経験からいくと価格と効果は連動しないと思っているんですが、このケータイSパーははたしてどうか?興味あるところです。


○ ケータイSパーの効果

 このケータイSパーは、特殊処理をした魔法のシート、遠赤外線と強力なイオン効果により受信能力と充電能力が上がる・・・と書いてあります。


○ やはり効果発揮には数日かかる様子

 ケータイSパーの説明見ると、「効果発揮には4日~7日かかる」とあり、これは「バリ5」にも同様な説明書がありました。
 さてさて、それでは、私の702NKに貼っている「アンテナシート」を剥ぎ取り、このケータイSパーと交換してみましょう。
Sパー設置


○ 検証は時間必要

 検証はおそらく1週間以上かかりそうです。
 まず、702NKのバッテリケース内に4~5日置いてみてからの検証になるでしょうし、バッテリテストはさらに時間を要すと思います。

 あくまで第3世代WCDMA/UMTSの通信方法を使っているVodafoneのみの検証ですが、できれば電波が弱い地域でどのくらいの効果があるのかも見てみたいとは思っています。
 ただ、何度も書いてますが、電波というヤツは時期、季節、時間帯によってかなり変動しますから、同じ日の同じ時間で計測しないと正確なことはわからないんです。

当 然、バリ5やアンテナシートの検証とは異なる電波強度になると思います。

banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2006年08月29日 17時15分20秒
コメント(0) | コメントを書く

全90件 (90件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.