1051191 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おためしブログ~自作パソコン・パソコンパーツ・デジタル商品の性能を試す!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

ランキング市場

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

オートレンジテスタ… New! doziさん

 腹筋日記 nx651さん
~のもと! 猫待カナリさん
欲しいもの手に入れ… クールル・ルゥさん
エイプ 通販 【ア ベ… ア ベイシング エイプさん

コメント新着

200203092109@ Re:X02HTのバッテリ届いた!(08/26) こんばんは。 お元気ですか?! 久しぶり…
Tanukidad@ Re:ごちっく?(12/25) 通りすがりさん >ゴチックじゃなくてゴ…
通りすがり@ ごちっく? ゴチックじゃなくてゴシックです。
じゅんいちろう@ kb229683 jk、。l。・¥:}{;^。kmcjk…
みき@ はじめまして☆ はじめまして! 美紀といいます。 この…

ニューストピックス

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

パソコンのトラブル

2009年08月18日
XML
 ここ数日、今更とは思いましたが、Radeon4870のトラブルシューティングについてレポートしてきました。

 おかげで安定して動作するようになりましたが、ここまで来るのに数週間が必要で、その間、マザーボードBIOSもイロイロ調整しました。
 これもレポートしておきたいと思います。

○ASUS M3A32-MVPのPCI-E

 AMD790+SB600搭載のこのマザーボード、PCI-Eスロット4本搭載、最大4枚のRadeonでCrossFireXが構成できるわけです。



○4本のスロット

 4本のPCI-Eスロットの中で、上から2つと残り2つのスロットがデュアルで動作します。

 したがって、上から2つのPCI-Eスロットにビデオカードを挿すと、デュアル動作となり、それぞれのスロットは×8倍でしか動作しません。

 また、一番下のスロットはRadeon4870クラスのようにファンで倍の厚みがあるようなビデオカードは実質挿せません。ケースと干渉するほか、コネクタが使えなくなります。

M3A32-MVP
 ※PCI-Eが4本、ブルー+ブラックのスロットでデュアル動作する


○BIOS設定

 今のところ、私の環境では、ビデオ周りは以下の設定にしています。
 マザーボードのBIOS設定のうち、Advanced→Chipsetと入っていくと、GFX関連の設定にたどり着きます。

BIOS1

 *GFX Dual Slot Configiguration

 Radeon4870は、一番上のブルーのPCI-Eと上から3番目のブラックのPCI-Eに装着、それぞれのPCI-Eスロットを×16倍のフル動作させるため、GFX Dual SlotはすべてDisableに設定しています。



 *Port #** Features

 GFX Dual Slot Configigurationを無効(Disable)にし、一番上と上から3番目のPCI-Eのそれぞれのポートを設定しています。
 一番上のスロットの設定はPort#2、3番目のスロットはPort#11の設定です。


******************************************************************

 Port#**Featuresに入ると以下の設定がありますので、Port#2Port#11の項目を以下のように設定しています。

BIOS2


 ・Link ASPM設定

 ASPMとは、Active State Power Management のことです。
 PCI-Eバスは、このバスの性能が大幅に上昇したことで、当然、消費電力も上昇します。
 そこで、アイドル状態の時など、消費電力を削減できる機能があり、これをASPMと呼んでいます。

 L0Sステート→L1ステートの順に消費電力削減効果があり、それぞれの状態からデータ転送に入ると数マイクロ秒単位で復帰します。

 そこで、私の場合、L0S&L1に設定しているわけです。

 *Link Width

 PCI-Eバスの転送レート設定、×1~×16倍まで設定可能ですが、パフォーマンスを考えると×16倍がイイに決まっていますが、実質×8倍でもほとんど変化はないようです。
 
 但し、4本のスロットのうち、上2つを利用すると、どちらかが×8倍でしか動作しません。

 *Slot Power linit,W

 PCI-Eスロットに供給される最大消費電力の設定、M3A32-MVPでは初期設定は50W、250Wまで設定可能ですが、私は200W設定です。

BIOS2



 BIOS項目については私もまだまだ「???」の部分が多々あります。
 少しずつ調べていますが、新たな規格やハードウェアが頻繁に登場するんで、追いつかないと言ったところですな!






最終更新日  2009年08月18日 20時18分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年06月01日
 3週間ぶりくらいの日記更新になりますが、この間、何をやっていたかというと、メインPCのHDD交換、サブPCのVistaへのアップグレード+地上波デジタルチューナー搭載など・・・1度に2つのPCをいじっていたんで、ほとんど日記更新できませんでした。

 フルセグ地デジチューナー(IODATA製)のレポートはまた今度やるとして、実はサブPCをいじっているうち、メインPCのHDDも今もっともオトクな500GBクラスのHDDに交換しよう!と思い立ち、新たなHDDを購入したわけです。

 ところが・・・今まで順調に動作していたVista・・・今回、再インストールで見事にトラブル!
 再インストールの途中・・・ブルー画面でストップという事態になり、6回の再インストールを繰り返す中でようやく原因が明らかになったわけで、そのレポートです。


○ Seagateの7200.11 500GB

 購入したのはSeagateのBarracuda7200.11500GBを2台、1プラッタあたり250GBという高速なHDD。
 これをメインPCのM2N32SLI Deluxeマザーボード上RAIDストライピングで使おう!というもの。

 

★楽天市場でのSeagate Barracuda 7200.11 500GB一覧

 当然、Windowsは再インストールになります。
 この際ですから、現在WinXPVista Ultimate64ビット版のデュアルブートを一気にVista1本へ移行しようと思ったわけです。


○ 2台で1テラバイト
 
 ストライピングですから容量は1000GB=1テラと圧巻、以前と比べ、DDR2-800メモリ1GB×2だったのが、今は2GB×2=4GBです。

 ちなみに現在のシステムの主なものは、以下のとおり

 ・CPU Athlon64×2 6400+
 ・マザー ASUS M2N32SLI Deluxe
 ・メモリ UMAX DDR2-800 2GB×2
 ・VGA Geforce8800GT×2枚
 ・HDD Seagate 7200.11 500GB ×2(他にバックアップ用HGST500GB あり)


○ エラーメッセージはRAIDドライバのものだが・・・

 ところが、何度インストールしても途中でブルー画面・・・再起動を繰り返す症状がとまりません。

 以前はこんなことはありませんでしたが、スグに消えるブルー画面のエラーをよく見てみると、「nvraid.sys」のエラーとあります。

 このメッセージのおかげでRAIDドライバ関連トラブルだと思い、あらゆるHDD周りやドライバ関連をいじっていました。

 考えられるあらゆる方法を試しても全く症状は改善しません
 しかし、マザーボードは全く交換しておらず、以前は全く問題なくインストールできたわけですから、「おかしい?」の一言。


○ 32ビット版は全く問題なし!

 試しにサブPC用のVista Home Premium32ビットエディションをインストールたところ・・・何の問題もなくインストール完了!


 ふと・・・過去もメモリでトラブルのあったことを思い出し試しにメモリを1枚抜いてVista64ビット版をインストールしたところ、何の問題もなくインストール完了!



 インストール完了~SP1アップデート、さらにWindowsUpdateでVistaを最新の状態に持って行って・・・メモリを4GBに戻すと・・・何の問題もなりません。

 今年の1月28日~29日にVistaのアップデートでおかしくなったのもやはりRAIDドライバ。
 nForce5シリーズはどうもこのあたりに問題ありそう?





banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2008年06月01日 17時16分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年01月24日
 昨日のWindowsVista自動アップデートによるVistaが正常に起動しないトラブルレポートです。

 イロイロ調べてみると、今回アップデートされたのは・・・

  1 NvidiaのGeforce用WHQLドライバ
  2 Windows Defender用アップデートファイル
  3 Windows Dream Scene
  4 Vista用マルチ言語パック


 が主なもの。

 怪しいのはスパイウェア防止などのWindows Defender用アップデートファイルですが、ネット上で調べると、Geforce用WHQLドライバでも「ブルー画面頻発でおかしくなった」ユーザーがいるようです。


○ VistaのDVDで修復を試みる

 何をやっても正常起動しないため、しゃーないんでVistaのDVDから起動、Vistaの修復を試みます。
 VistaインストールDVDにある修復機能を使います。

正常起動しない場合の「スタートアップの修復」機能でファイルを自動修復、再起動、無事Vistaは起動するようになりました・・・

 ここで、とりあえず、Vistaの自動アップデート機能を無効にします。
 そうしないと、また勝手にアップデート・インストールを始めてしまいますから、またまた起動しない症状がでてしまいます。


○ 原因はもうちょっと調べてみよう

 私の場合、別にスパイウェア対策アプリを使っているため、怪しいのはWindows Defender用アップデートファイルかな?と思っていますが、以前Win2000でGeforce4600Tiの時にNvidiaドライバアップデートで異常が出たこともあり、現時点で特定できません。

 とりあえず自動アップデートは無効にしていますので、この状態ならブラザーのインクジェット複合機MCF-480CNのドライバ&ユーティリティはインストールできます。


 しっかし!ここままでで貴重な時間を費やしてしまった!

 WinXPは今までアップデートで特に異常はなかったんですが、マイクロソフトのアップデートも必要悪?になる場合があるんですな!

 64ビットエディションだけの症状かもしれませんが、原因を特定しないと今後のアップデートができませんので、もう少し調べてみます・・・ハイ。




banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2008年01月24日 11時56分24秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年01月23日
 ここ数日から新しく購入したインクジェット複合機のブラザーMCF-480CNについてイロイロと書いてきました。

 設置も無事終了、まずはすべてのPCのWindowsXPにドライバやユーティリティ類をインストール完了、起動なども無事確認しました。

 最後はメインPCのVistaへのインストールです。


○ WundowsVista Ultimate×64が起動しない

 メインPCはWinXPとWindowsVistaのデュアルブート、いつもはWinXPを使っているため、2週間ぶりくらいにWindowsVistaを起動しました。

 MCF-480CNのドライバ類をインストールする前にVistaは自動アップデートに設定しているため、スグにアップデートファイルをダウンロード、インストールを始めました。

 MCF-480CNのドライバは再起動後にインストールしようと考えていましたので、Vistaはアップデート後、再起動です。

 ところが・・・「シャットダウンしています」のメッセージがいつまでも消えず、そのまま1時間くらい放っておいても電源は落ちません。

 やむなくリセット・・・再起動させましたが、今度は起動時に出るバーが消えると画面はブラックアウトしたままで、正常起動しません。


○ セーフモードでは起動する
 
 再度、リセット・再起動、今度はセーフモードで起動させるとOK、但し、セーフモード+ネットワークなどを選択すると・・・やはり起動不可!

 う~ん、明らかにアップデートによるトラブルですな!

 確か年末までにアップデートしたファイル群では異常はありませんでしたから、今回アップデートしたどれかのアップデートが悪さしているようです。

 さて、困りました、Vistaが正常に起動しないとドライバのインストールどころではありません。

Update_File

 ※今回アップデートしたファイル、さて?どいつが悪さの原因だろう?


 もう少し調べて、またレポートしたいと思います。

*↓のMCF-480CNのドライバインストールどころではなくなってしまった!




★ブラザー インクジェットFAX複合機「MyMio」MFC-480CN一覧







banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2008年01月23日 12時36分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月17日
テーマ:私のPC生活(6654)
 昨日の土曜日、仕事終わっていつものように、電車の中、PDA=Dell AximX50Vで映画や音楽なんぞ聴きながら揺られて帰宅していました。


○ つい眠りこけたその一瞬!

 自宅の駅まで約1時間強、音楽聴きながらついウトウトしてしまい、ハツ!と気がつくと、既に駅に到着、慌てて電車を飛び出し、徒歩で自宅まで・・・・

 帰宅後、ベルトクリップを見ると・・・・

 Dellくんがない!!


 このPDAを使い出して3年以上、ほとんど無意識にベルトクリップに挿すようにクセになっているんですが、ベルトクリップから外れたようです。

 今までこんなことはなかったんですけど・・・慌てていたのと電車降りてから雨は降っていたし、傘広げたりしていたんで全く気がつかなかった。


○ JRは探してくれたが・・・

 急いで最寄の駅に電話、紛失とPDAの特徴言うと、

  「何時発の電車ですか?」
  「どのあたりの車両のどのあたりの席ですか?」
  「車内探してみます」

  「但し、通勤ラッシュの真っ只中ですから、車掌が探すのに時間かかります」


 ということでした。


○ その夜の返事は「見つかりません」

 それから2時間ほど、JRから電話があり、「今とのころ見つかりません、各駅にメール配信していますので、届けてくれていれば各駅から連絡あるかも・・・」

 う~ん、やはりダメだったか!
 PDA内部のデータはすべてPCにリンクしてますからバックアップはあります。


AXIM_X50V.jpg

 ※私の不注意で「今は無き」Dell AximX50V


 心配点は以下の2点です。

1 私の個人情報、各サイトやプロバイダなどの各種パスワードなども記録されている。
2 友人や職場の同僚のメルアド、電話番号などが入っていますので、他人に迷惑かかった
  場合が申し訳ない


 1はスグにパスワードなどを変更すればスミますが、2はなんともしようがない。

 悪意を持った人の手に渡らないよう願うばかりです。


○ ブログ更新も中断の可能性

 私の場合、日記更新は職場での昼食の合間にPDA+Air-Edgeでアップロードすることがほとんどです。PDAが無いとなるとお手上げ・・・

 ちなみにWillcomのAir-Edgeは一時中断を申し込みましたが、1週間ほどJRからの連絡待って「ない」となれば「さあ?どうする」


 おかげで今後、日記の更新にも多大な影響がでそうです。


 自分の不注意でなくしてしまった、PDA=Dell AximX50V、Dellは既にPDAを生産撤退、グラフィックアクセラレーターまで搭載したPDAはもうほとんどありません。

   でもやっぱり・・・出てくる可能性は薄いよなあ~~。



banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2007年06月17日 16時25分48秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年02月23日
 さてさて、周辺機器やビデオドライバーの対応が予想以上に難航していることからWindows Vistaへの移行を様子見しています。

 特に私はGeforce7900GT×2枚=SLIを構築しているため、今の段階でVistaにすると、現在のドライバがSLI未対応のため2枚のビデオカードは動作しません。
 こうなると、1枚のGeforce7900GTビデオカードはムダな状態になってしまい、パフォーマンスも当然現在のWinXPの半分程度しか出ないことにもなります。

 Vista購入に3万円前後のお金かけてグラフィックパフォーマンスが半分では・・・ちょっとやってられない。

 Geforce8800シリーズは、パフォーマンスはイマイチながら、SLI対応のβドライバ(2/23現在ForceWare100.64)はあります。
 Geforce6&7シリーズについて、今はチョコチョコと情報を収集している段階です。


○ Vista対応SLIドライバは3月末か?

 Geforceの製造元「Nvidia」のサイトを見てみると、2/22付で以下の記述がありました。



・NVIDIA SLI support for GeForce 7 series.
 NVIDIA is actively working on this feature and plan to release Beta drivers between now and the final release in the end of March.

・NVIDIA SLI support for GeForce 6 series.
NVIDIA is actively working on this feature and plan to release Beta drivers between now and the final release in the end of March.

・GeForce 7950 GX2 multi-GPU mode.
In current drivers, only one of the GPUs is active and functioning on this card. NVIDIA is actively working on this feature and plan to release Beta drivers between now and the final release in the end of March.




 どうやらGeforce6及び7シリーズのSLI対応ドライバは出る模様、ファイナルドライバは3月末にリリースされるようですね。
 それまでの間βバージョンとしてリリースするような記述もあります。


○ やはりメーカーは時間かかっている

 もともとVistaの最終版が各メーカーに提示されたのが11月末位ともいわれています。
 1月末発売に向けて各メーカーの対応が追いつかなかったことは容易に想像つきますが、それにしても最も普及しているビデオカードGeforceですらこのありさまです。

 これでいくと、私がVistaへ移行するのは4月に突入してからになりそう?・・・


banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2007年02月23日 16時42分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年02月10日
 VistaRC1RC2段階からnVidiaのビデオカード2枚差=SLIに対応していないことはわかっていました。

 製品版Vista登場後にSLIをサポートするドライバが登場するだろうと思っていたわけです。
 しかし、nVidiaの提供するWHQLドライバはいまだForceWare97.46(2/10現在)でVistaではSLIをサポートしていません。


○ ForceWare Vista 100.59 Beta driver

 ところが、2月2日付でnVidiaの ForceWare Vista 100.59 BetaドライバがGuru3D.comにアップロードされていることに気がつきました。
 βバージョンドライバとはいえSLIをサポートしているような記述があります。


○ Geforce8800オンリー?

 しかし、このドライバ・・・よく見ると、以下のようです。

  >NVIDIA SLI Support
   >DirectX9 Support For Geforce 8800GPUs
   >OpenGL Support For Geforce 8800GPUs

    On SLI-ready systems,the NVIDIA Control Panel now includes SLI controls
    in the 3D setting Category task page.This driver has limited support
    for NVIDIA SLI technology on the top DirectX9.0 and OpenGL
    applications for Geforce8800 GPUs only.

 このバージョンのドライバは、Geforce8800シリーズのみ対応のようです。

 しかもβバージョンとはいえ、ForceWareの完成度は低いようで、NVIDIAは「ベンチマークテストはやらないで・・・」とのお願いもあります。


○ Geforce6800、7800、7900はどうなる?

 私は、Geforce7900GT×2枚でSLIを構築していますが、同様にGeforce7800/7900シリーズでSLIを構築しているユーザーの場合、現段階でVistaに移行すると、2枚差しビデオカードの恩恵はまったく無いことになります。

 かといってバカでかい消費電力と高価格、それでいてカードの長さ28センチに及ぶGeforce8800シリーズはおいそれと手が出ません。
 しかも前述したようにドライバの完成度は相当「イマイチ」ですから、NVIDIAグラフィックボードの場合、Vistaで3Dゲームを中心とした3Dアプリはマダマダのようです。

 現段階ではATIのRadeonシリーズCatalystドライバの方が数段上の仕上がり具合ともいわれています。

 さて・・・今月くらいにVistaを購入しようかなあ~!と思っていたんですが、こりゃ当分様子見が続きますな!


banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2007年02月10日 12時50分03秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年01月10日
 年明以降、液晶TV、ソニー「BRAVIA」の使用レポートなど日記に書き込んできました。
 特に無線LANを利用してBRAVIAでインターネットが可能となり、液晶TVが我が家のネットワークに加わったわけです。


○ DS LiteはWi-Fi対応を最近知った!

 ところで、12月にウチの子どもの誕生日にプレゼントしたNintendo Ds Lite、つゆ知らなかったんですが、コイツは驚いたことに Wi-Fi内蔵なんですな!

 Wi-Fi対応ゲームで、ネットで対戦できたりするらしい。
 実は当家のお坊ちゃまは1月2日、「お年玉」でこの Wi-Fi対応の「マリオカート」なるものを手に入れ、「“仲間を探す”にはどうしたらいいの?」と聞いてきたんです。

 それで、DS Liteをあらためて調べて、初めて Wi-Fi内蔵であることを知ったというおめでたい私・・・


○ 接続を試みるが・・・

 液晶TVのBRAVIAの調整などで年始以降の休日を使っていたため、昨日、ようやっとDs Liteの無線LANアクセスポイントへの接続をやってみました!

 ところが、ウチで使っている無線LANアクセスポイントのCorega製APL-11、AP-11miniともにどうやってもダメ。

 Ds Liteは自動でも手動でもアクセスポイントを見つけてくれません。一応、DS Liteの802.11もOKなハズなんですが、隣近所のアクセスポイントを見つけます。

 我が家で使っているこれらCorega製アクセスポイント、もう4年~5年くらい前のものですし、ネットで調べてもどうもDs LiteはCoregaのAPL-11などではやはり接続できていないようです。

 我が家の無線LANは11Mの802.11b。
 う~ん、ここは新しいアクセスポイントへ交換するかいな?

 今まで使って何の支障もなかったので、54Mの802.11gへの移行は特に必要感じていませんでした。

 1月6日の日記の「BRAVIAでインターネットを!」で紹介したCoregaのアクセスポイント、NintendoのWi-Fiにも対応しており、価格も7,000円程度と手ごろだし、これを機会に交換するかいな?と思っています。


★Corega a無線802.11b/g 無線LANカードとセットのCG-WLAPGMN



banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2007年01月10日 15時15分54秒
コメント(5) | コメントを書く
2006年11月24日
 昨日(11/23)の日記でPC2-6400メモリ、KingSton製HyperXシリーズKHX6400D2DDR2-667でしか動作していないと書いたその後についてです。

 購入したプリンストンダイレクトモールさんからメールがスグにきました。


○ 設定は一段低い情報が書き込まれている

 それによると・・・

 >お問い合わせのHyperXシリーズのDDR2メモリについて、各ページにも記載が
 >ございますが、出荷時のセッティングスピードが低い状態に設定されており
 >ます。

 >商品に表記されているスピードにする為には、お客様にて設定を変更していた
 >だく必要がございます。
 >なお誠に恐れ入りますが、弊社では設定変更についてのサポートは承っており
 >ませんのでご了承くださいませ。


 との返事です。

 商品の各ページの最下段にも同様の記述が確かにありましたが、てっきりタイミングのみが一段低い設定になっているのかと思っていました。

 どうやら、SPD情報にはDDR2-667としての情報が書き込まれているらしく、BIOSやCPU-ZなどSPD情報を読みとるものでは当然、DDR2-667として表示されるようですね。


○ 手動設定で実動DDR2-800として動作

 もともとHyperXシリーズは自作派のためのオーバークロックメモリです。
 一応、私も手動で設定していたんですが、何かの拍子にBIOSのDRAM設定がAUTOに戻ったんでょうか?

 再度、BIOSのDRAMタイミングを手動で設定することにしますが、同じような状況の方もおられるかもしれませんので、タイミング設定などを掲載しておくことにします。

   なお、KngStonはホームページで全メモリデータを掲載しています。

  ◆KingSton製KHX6400D2のBIOSマニュアル設定


  M2N32SLI Deluxeはヒジョーに細かいDRAMセッティングが可能なマザーボードですから、
   相当に詰めた設定が可能です。

  とりあえず、KingStonKHX6400D2のタイミング調整は以下のとおりです。
   ● 5-5-5-15-1 メモリ電圧1.95V

 それぞれのタイミングの意味は以下のとおりです。

  ・CL(CAS待ち時間)・・・・・・・5
  ・tRCD(行対列の遅延)・・・・・5
  ・tRP/tRCP(行のプリチャージ)・・5
  ・tRA/tRC/tRAS(行活動遅延)・・・・15
  ・コマンドレート・・・・・・・・・1t



 なお、このKHX6400シリーズにはさらに高速なLow-LatencyバージョンのKHX6400D2LLシリーズも存在、この場合、4-4-4-12-1(2.0V)となり、BIOSでこの設定が必要になります。

 M2N32SLIはBIOSのAdvancedメニューから入ってDRAM設定を調整します。
  とりあえず、これで様子を見てみることにします。



banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2006年11月24日 14時18分09秒
コメント(5) | コメントを書く
2006年11月23日
 今年の7月以降、Athlon64×2プラットフォームへ移行、マザーボードはnForce590SLI搭載のASUSのM2N32SLI-Deluxを導入したわけです。

 メモリは当面、KingSton製DDR2-800(KHX6400)512MB×2枚=1GBでスタート、この11月に同じメモリをもう1GB(512MB×2)増設、トータル2GBとして、4本のメモリスロットが全て同じメモリで埋まったことになりました。



○ 何度調整してもDDR2-667

 増設後、DDR2-800メモリにもかかわらず、マザーボードのBIOSでは、DDR2-667と認識されていたので、手動でDDR2-800に設定しました。

 しかし、増設前と比べ、なんかパフォーマンスはイマイチです。
 そこで、久しぶりにBIOS設定を見ると、いつの間にかやはりDDR2-667になっている!

    う~ん、コイツはおかしい!
    そこで、CPU-ZnTUNEのメモリ情報見てみると・・・


○ えっつ!DDR2-667!?

 なんと、今回購入したKingStonのDDR2-800メモリKHX6400DDR2-667として認識されているではないか!!!

 当然、クロックも333MHZ、マザーボードと一緒に購入した2本のDDR2-800メモリKHX6400はちゃんとDDR2-800として認識されている。

 試しに追加購入したメモリだけにしてスロットに差してCPU-Z、nTUNE見ると・・・やはりDDR2-667(PC2-5300)

CPU_Z情報

○ パッケージはちゃんとDDR2-800になっている

 購入した際の商品パッケージやメモリ表面のシールは間違いなくKHX6400D2K2/1GB(PC2-6400)と刻印され、見た目は間違いなくDDR2-800。

 BIOSの設定やら電圧変えたり、スロット変えたり、イロイロやってみましたが、やはりどうにもDDR2-667(PC2-5300)として認識される!


○ DDR2-800とDDR2-667の混在になっていた!

 これでは、BIOSは迷ったに違いない。なんでDDR2-667と認識するか理解できました。
 早速、購入したプリンストンダイレクトモールに確認と交換可能かメール送ったところです。

 メモリ上のSPD情報が間違っているのか、メモリチップにそもそもDR2-667用が使われているのか不明ですが、こんなことは初めてのケイケン!

 商品管理はしっかりしているハズのKingStonでも間違いがないとは言い切れない。
 とりあえず、プリンストンダイレクトモールさんからの返事待つことにします。


 追伸:
   私が10月に購入した時のKingSton製KHX6400D2K2/1GB(PC2-6400)は送料・税込み
で25,800円だったんですが、なんと!今見たら29,200円に値上げされている。

  う~んDRAMはやはり価格上昇してますな!!!
  Vista登場を控え、これからさらに上昇する可能性もあり、メモリ類は早めに購入しておいた方が
  イイかも・・・


★KingSton KHX6400D2K2シリーズ


banner_02.gif
人気blogランキングへ






最終更新日  2006年11月23日 16時50分22秒
コメント(4) | コメントを書く

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.