3356586 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

春の落書き

■----------らくがき帳・春-------------------■
双葉 ■双葉■やがて芽が出る花が咲く。

庭いじり

木の芽 ■木の芽■萌えよ木の芽のうすみどり・・・。
木の葉 ■木の葉■
梅2 ■梅・ねずみ■梅に鶯チョン、松竹水仙に朝日に輝くさんざ~いしょ。
梅 ■梅・ぴんく■梅は咲いたか、桜はまだかいな~

~白梅や今年こそはと誓いたり~  遠峰あかね

~多忙なり 梅の目白の せわしなさ~  じねんじょ

~しら梅に明る夜ばかりとなりにけり~  蕪村、辞世  

~梅か枝に 雪は群棲(むらむら) 見ゆれとも 

          春立つけふは 花とこそ見れ~

              新選組・九番組長 三木三郎

~益子焼 一輪挿しの 梅開く 蕾数えて 忘れる多忙~
 
              詠人*畝里

~贈られた 堅い蕾の枝垂れ梅 乾菓子と同じ 薄蘇芳色~

              詠人*畝里

~春を待つ心を持たぬ三月に 遅咲きの梅君と見ている~

              俵 万智

**梅暦(うめごよみ)**
梅の花が開くことによって春を知らせてくれる自然の暦。
椿 ■椿■
桜 ■桜■見渡すかぎり霞か雲か 桜、桜、花盛り

~敷島のやまと心を人とわば朝日に匂う山さくら花~
           本居  宣長
~唐土(からつち)の人に見せばや、み吉野の  よしのの山の山桜花~  
           加茂 真淵
~吉野山 霞のおくは知らねども、見ゆるかぎるは 桜なりける~ 
           八田 知紀
~花札の 絵柄のような 春よ来い なんてことない 日も悪くない~
           俵 万智
~桜花 短い命を 惜しむのか すべてけむらせ 霧雨のなか~
           詠人*畝里
~花の色は うつりにけりな いたづらに わがみよにふる 
     ながめせしまに~     小 野 小 町(おののこまち)

~人はいさ 心もしらず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける~
             紀  貫之(きのつらゆき)

~伊賀と大和の境のさくら花は大和の根は伊賀の~ (子守唄)

♪梅と桜をあわせてみれば     
   梅のながれはピンコシャンのシャ~ンと
       米、搗(つ)いてとーんとん♪

桜貝。桜海老。桜東風。桜草。桜鯛。桜餅。桜湯。桜飯。
姥桜になっても「恋」をしたいと思っています。
そういえば、遠山の金さんの背中って「桜吹雪」でしたね。
(おしゃれ手紙より)

~さくらさくらさくら咲き初め咲き終わり なんにもなかったような公園 ~
          俵 万智
たんぽぽ ■たんぽぽ■たんぽぽ、開いた、真黄色に開いた
ぼんぼり ぼんぼり2 ■ぼんぼり■灯りをつけましょぼんぼりに・・・
タケノコ   タケノコ2 ■たけのこ■たけのこのこのこ首を出し、春が来た来た、目を覚ませ。
ツクシ ■つくし■庭いじり ■庭いじり■つくし、誰の子、スギナの子
メダカ ■♪めだかの学校は川の中

*らくがきTOP* *春のらくがき* *夏のらくがき*  *秋のらくがき*  *冬のらくがき*  *ときなし*

◎人気blogランキングへ◎




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.