3739890 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2004.03.12
XML
テーマ:里山生活系(97)
カテゴリ:環境問題
かつて私たちが子どもだった頃、まわりには緑があふれていました。

私たちは、木の実をとったり、レンゲの花輪を作ったり、シジミや魚をとったり
田植えや稲刈りをして自然に働きかけながら、その恵みを受け、自然と仲よく暮したものでした。

ところが、いつ頃からか、自然と私たちの関係がおかしくなったのです。

私たちは、沼や池を埋め、空き地はコンクリートで塗り固め、山をゴルフ場にし田畑は荒れるにまかせてきました。

そして今、その報いとして土にさわれない子、泥んこ遊びができない子、虫の音がうるさいという子ども達が増えています。

子どもばかりか、旬の野菜や魚を知らない大人も増えています。

自然とケンカをするのは、もうやめにしませんか。

もう一度、クローバーの上にねて、思いきり、その匂いをかいでみたいと思いませんか。

小川に足をひたしてみたいと思いませんか。

あるがままの自然をあるがままに受け入れ、もう一度、自然と仲よくつきあってみませんか。

**緑地が自然と人の仲よくなれる公園になったらいいな・・・。

市街地に自然と人のふれあうことのできる、そんな公園があったらいいな・・・。

それは、私たちの夢であり、子どもたちへの責務だと思うのです。

枝の線

●有志6人が集まって、市街地に奇跡のように残った1万坪の里山を保全しようと会を作ったのが
1989年3月。あれから、15年。

上の文章は、チラシ用に私が書いたもの。

●当時は、里山という言葉さえも市民権を得ていなかったのですが、

私たちが目指したものは、里山を身近に感じる場所の保全でした。

●1万坪の緑地は、体育館になってしまったけれど、会は大きくなりました。
私は、昨年から、体調がすぐれず、参加できないのですが、春になると、里山に行きたくて、ウズウズ。

●誰です、私の日記の23456番を踏むのは・・・?(きっ)
私でした( ̄▽ ̄)

■□■テレビしびれて■□■

★てるてる家族

★エースをねらえ!(最終回)

★白い巨塔

←◎日本ちょっと昔話◎の入り口。

◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。 
★3月10日*大阪しぐれ*UP






Last updated  2004.04.15 22:08:26
コメント(12) | コメントを書く


PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

クリスマスローズの… New! アトリエもこさん

【北欧ヴィンテージ… New! maya502さん

#サンシュユ、#ツバ… New! 隠居人はせじぃさん

ベビーグッズの買い物 New! MAYUKOはんさん

オキシクリーンは必… New! link9176さん

Freepage List

Comments

天地 はるな@ Re[1]:思い出語り:炭窯(02/26) New! maki5417さんへ 朝ドラは、信楽焼(滋賀…
天地 はるな@ Re[1]:東京3泊4日:東京駅 by 辰野金吾(02/22) New! maki5417さんへ >向かい側のキッテのデ…
天地 はるな@ Re[1]:東京3泊4日・月島でもんじゃ焼き(02/15) New! maki5417さんへ 漫画「3月のライオン」の…
天地 はるな@ Re[1]:東京3泊4日:佃島(つくだじま)(02/17) New! maki5417さんへ もし、これがなかったら…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.