4225629 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2010.10.26
XML
テーマ:愛しき人へ(849)
カテゴリ:父の麦わら帽子
私が子どもの頃、祭がすむと父は、冬支度にはいります。
薪用の木を山に採りに行くのです。

持ち帰った木は、「カド」とよばれる家の前庭に置かれます。
それを、父が暇を見つけては切るのです。

几帳面な父は、同じ長さにするために、30センチくらいに切った木を用意します。
それをあてて、ギコギコギコギコ・・・。
そして、家の西側の軒下にそれを積み上げます。
来る日も、来る日も続けるのです。
やがて、ピッタリとサイズの揃った薪が西側の軒いっぱいに、なります。
すると父は満足そうに笑いながら言うのです。
「タキモン(薪)がこんなに、仰山あるのを見るのは、気持ちが豊かになるなぁ。」

楽しそうに仕事をしていた父にひきかえ、
先日、梅の木の枝を切りに実家に行った私と妹は、たった一本の木にフラフラ。

10年くらい前までは、風呂は薪で焚いていました。
西の軒下には、まだ、半分ほど父が作った薪が、整然と積まれていました。
父と母が二人で作った味噌も、好い匂いがしていました。
もう、無人になって5年以上たつのに、そこここに、父の残したものがあるのです。

薪は無くても、父がいてくれたら、どんなに暖かい会話が出来たでしょう・・・。

26日は、2002年2月26日に亡くなった父の命日です。
■2003.10.26

・・・・・・・・・・・・・
バナー
ボタン

◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。
★2010年10月24日*道普請/公園づくりの仲間になって下さい!*
・・・・・・・・・・・・・・
   
     






Last updated  2010.10.26 19:42:17
コメント(2) | コメントを書く
[父の麦わら帽子] カテゴリの最新記事


PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

わたしね、決めたん… New! すずひ hd-09さん

9月の読書メモ ♪ New! コーデ0117さん

アイ・フィール・プ… New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

【セリア】快感すぎ… New! maya502さん

◇ イタチと萩の続き New! sunkyuさん

Freepage List

Comments

七詩@ Re:世宗(せじょん)大王 星を追う者たち★王と奴婢(09/16) 面白そうですね。 ただチェミンシクの風貌…
天地 はるな@ Re[1]:いつの間にか北海道に核のゴミが!!(09/16) maki5417さんへ 手を上げさせるように金…
maki5417@ Re:いつの間にか北海道に核のゴミが!!(09/16) 北海道では、ゴミ捨て場に手をあげるとこ…
天地 はるな@ Re[1]:いつの間にか北海道に核のゴミが!!(09/16) 脱国民洗脳はベンジャミン・フルフォード…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.