4213946 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2010.12.07
XML
カテゴリ:トリビア
 多摩川に曝(さら)す たづくり(てづくり)さらさらに

何(なに)そ この児の ここだ愛(かな)しき 


万葉集の作者不明の東歌がある。

多摩川の清流に 愛しい娘が税として都に送る手織の布を曝している。
サラサラと流れる澄んだ水に、布はアクがとれて  さらさらに(新しく新しく 白く)なる。  
どうして この娘は こんなにこんなに(さらにさらに)可愛いのだろうか!!

というような意味だ。

高校時代に習ったこの歌が、いつも頭にあった。

先日、東京の里山のある公園、■岡本公園民家園■に行った時のこと。

近くに「砧(きぬた)」という地名があった。

砧(きぬた)とは、布や藁をたたいて柔らかくするための道具。

木綿や絹を纏えたのは■ごく一部の特権階級の人々に過ぎませんでした。
それでは一般 民衆の衣は、というと長いこと麻や楮(こうぞ)、藤、葛(かずら)など、 樹皮からとった繊維を織ったものでした。
それらを蒸し、さらに川で晒し、紡いで織ります。

こうして繊維の太く、布目も粗いごわごわした布が出来上がります。

これを打ち柔らげるためにとんとんと叩くことを総して砧といいました


砧という地名を見て、ここは、大昔、布の産地ではなかったのだろうか?

という疑問が浮かんだ。

万葉集が書かれた時代、武蔵野の南部を流れる多摩川べりでは、税として納める手織りの麻布づくりが盛んであった

砧地域の地形を調べて見ると、南には多摩川が流れ、その支流が幾つか流れるとある。

やっぱり、砧(きぬた)という地名は、東歌、「多摩川にさらす・・・」に関係あったに違いない。


ところで、砧(きぬた)とは、衣板(きぬいた)に由来するという
衣を打つのに用いた石の台。
また草を打つのに用いる石のこと。

*たたく棒のことを「砧:きぬた」*とされがちだが「杵:きね」との混同であり、棒の呼称は「砧杵(チンショ):きぬたのきね」である。

私もたたく棒をもって砧というと思っていたが、なるほど・・・。

ところで、棒でたたくというのは、布を作る時だけではなく、洗濯にも使われていたようだ。
砧きね  何気なく開いた、絵本「桃太郎」の中で、川で洗濯をするお婆さんが持っているのが、砧のきね。

洗濯物を乗せている石が、砧(きぬた)ということになる。

なるほど、砧という字は、石編だ・・・。

・・・・・・・・・・・・・
バナー
ボタン

昔◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。
★2010年12月4日*「ジャンク・スタイル」/守護聖女バルブの日の小麦 *
・・・・・・・・・・・・・・
    
    






Last updated  2010.12.08 22:44:55
コメント(0) | コメントを書く


PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

ほとぼりは、冷める… New! Leadcoreさん

バラの見ごろは?ジ… New! dekotan1さん

New! 桐山陶子さん

『漱石のパリ日記』2 New! Mドングリさん

気になる物 New! yasu07270207さん

Freepage List

Comments

七詩@ Re:世宗(せじょん)大王 星を追う者たち★王と奴婢(09/16) 面白そうですね。 ただチェミンシクの風貌…
天地 はるな@ Re[1]:いつの間にか北海道に核のゴミが!!(09/16) maki5417さんへ 手を上げさせるように金…
maki5417@ Re:いつの間にか北海道に核のゴミが!!(09/16) 北海道では、ゴミ捨て場に手をあげるとこ…
天地 はるな@ Re[1]:いつの間にか北海道に核のゴミが!!(09/16) 脱国民洗脳はベンジャミン・フルフォード…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.