4295842 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2011.11.19
XML
テーマ:京都。(5298)
カテゴリ:京都
寂光院参道
▲寂光院の参道。

寂光院階段
京都・大原■は、戦争・政争による京都からの脱出のルートとしても用いられ、出家・隠遁の地としても古くから知られていた。
寂光院(じゃっこういん)は、京都市左京区大原にある天台宗の寺院。
山号を清香山と称する。寺号は玉泉寺。
本尊は地蔵菩薩、開基(創立者)は聖徳太子と伝える。
平清盛の娘・建礼門院が、平家滅亡後隠棲した所であり、『平家物語』ゆかりの寺として知られる。
寂光院50
源平最後の合戦「壇ノ浦海戦」■が展開されます。
前半は潮の流れから平家方が優勢でした。
しかし、潮の流れが変わると平家は劣勢になり、平家の敗色は濃厚になっていきます。
二位の尼は安徳天皇を抱いて入水し、一門もことごとく身を投げます。
猛将、能登守教経は獅子奮迅の働きをしますが、義経を取り逃がし壮絶な最期を遂げます。
知盛も、「見るべき程の事は見つ」と、入水します。

諸行無常の鐘

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす

おごれる人も久しからず
ただ春の世の夢のごとし

たけき者も遂には滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ



この鐘を「祇園精舎の鐘」というのも、この寺が平家物語に由来するからか・・・?

寂光院42
建礼門院徳子は平清盛の娘、高倉天皇の中宮で、安徳天皇の生母である。
寿永4年(1185年)、壇ノ浦で入水するも、助けられ平家一族が滅亡した後も生き残り、侍女の阿波内侍とともに尼となって寂光院で余生を送った。
朧の清水
寂光院に行く途中にある▲朧(おぼろ)の清水。

平家物語(建礼門院)縁(ゆかり)の泉。
建礼門院が、京都から寂光院へ隠棲の旅をする途中、朧(おぼろ)月夜の泉に映るやつれた自分の姿を見て、おかれた身の上を嘆いたといわれる泉。

この土地には、そこここに「平家物語」がある。
靴京都・大原 寂光院

◆京都駅前から17番(18番) 〔C3のりばから〕
◆京阪電車「出町柳駅」前から10番・16番・17番
◆市営地下鉄「国際会館駅」から19番
●京都バス「大原」下車 徒歩15分

お問合せは TEL.075-744-3341   
〒601-1248 京都市左京区大原草生町676 (午前9時~午後5時)
・・・・・・・・・・・・・
バナー
ボタン

昔◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。
★2011年11月19日*トリビアの井戸:おくどさんの語源/「昭和恋々」と「芋たこなんきん」*
・・・・・・・・・・・・・・
      
      






Last updated  2011.11.19 14:17:07
コメント(4) | コメントを書く


PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

古本屋さんの聖地「… New! KUMA0504さん

【美術・博物館】§京… New! ワルディー・ヨーリョさん

◇ 久し振りの1万歩… New! sunkyuさん

イン・アメリカ 三… New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

のびのびーーるのド… New! miho726さん

Freepage List

Comments

天地 はるな@ Re[1]:昔語り:ゴム跳び歌「鐘の鳴る丘」(10/26) New! maki5417さんへ ちょっと悲しいことは、…
maki5417@ Re:昔語り:ゴム跳び歌「鐘の鳴る丘」(10/26) New! 近年、戦争孤児はようやく自身のことを語…
天地 はるな@ Re[1]:大阪都構想と地名(10/19) 七詩さんへ 公務員は一部を除いて、普通…
七詩@ Re:大阪都構想と地名(10/19) 風土記を読むとすでに今にのこる地名があ…
天地 はるな@ Re:この記事を改めて読み直しましたが・・・(09/28) 雑草Zさんへ リンクを貼っているからと思…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.