3417905 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2013.04.21
XML
カテゴリ:映画
リンカーン:あらすじ■♪音が出ます!!

世界を変えた、夢がある


貧しい家に生まれ、学校にもろくに通えない中、苦学を重ねてアメリカ合衆国第16代大統領となったエイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)。
当時アメリカ南部ではまだ奴隷制が認められていたが、リンカーンはこれに反対していた。
リンカーンの大統領当選を受けて、奴隷制存続を訴える南部の複数の州が合衆国から離脱しアメリカは分裂、さらに南北戦争へと発展する。
自らの理想のために戦火が広がり若い命が散っていくことに苦悩するリンカーン。
しかしついに彼は、合衆国大統領として、そして一人の父親として、ある決断をくだす……。

 一番有名なアメリカ大統領、リンカーンと一番有名な映画監督スティーブン・スピルバーグ、名優・ダニエル・デイ=ルイスの作品だから面白くないわけがないと思って見に行ったが、
それは間違いだった。
面白くないというより、私にとって難解だったのだ。
150分という長い映画の中で、延々と続く政治的な駆け引き。
この映画は、南北戦争の政治の裏側を描いたもので、当時の政治家が実名で出てくるが、
リンカーン以外は、まったく知らない。

でも、家庭的な夫、リンカーンを見たのはよかった。
執務室で末っ子を遊ばせたり、妻にくってかかられたりと優しい普通の家庭人として描かれていた。

白人にあらずば人にあらずという白人至上主義の中で、奴隷解放のために戦うことは、
白人たちにとって不本意だったに違いない。

しかしそれを成し遂げたのは、ユーモアたっぷりで愛情深い彼の人柄だ。



★おまけ★
リンカーンにはケネディという名の秘書がいた。
ケネディにはリンカーンという名の秘書がいた。

第85回アカデミー賞

★受賞★

★主演男優賞(ダニエル・デイ=ルイス)

★美術賞 

★ノミネート★

作品賞/監督賞/助演女優賞/助演男優賞/脚色賞

撮影賞/作曲賞/編集賞/録音賞/衣装デザイン賞

・・・・・・・・・・・・・
バナー
ボタン

昔◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。
★2012年4月18日*十三参り(じゅさんまいり)*
・・・・・・・・・・・・・・






Last updated  2013.04.23 21:02:52
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事

PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

【常駐ガイド】§事務… New! ワルディー・ヨーリョさん

『知られざる弥生ラ… New! Mドングリさん

どうしよう!やっぱ… New! hoshiochiさん

100歳まで病気でも貧… New! h1212jpさん

情婦  Witness for… New! maki5417さん

Freepage List

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.