3427867 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2013.10.11
XML
カテゴリ:映画
そして父になる:あらすじ■♪音が出ます!

6年間育てた息子は、他人の子でした

学歴、仕事、家庭といった自分の望むものを自分の手で掴み取ってきたエリート会社員・良多(福山雅治)。
自分は成功者だと思っていた彼のもとに、病院から連絡が入る。
それは、良多とみどり(尾野真千子)との間の子が取り違えられていたというものだった。
6年間愛情を注いできた息子が他人の子だったと知り、愕然とする良多とみどり。
取り違えられた先の雄大(リリー・フランキー)とゆかり(真木よう子)ら一家と会うようになる。血のつながりか、愛情をかけ一緒に過ごしてきた時間か。
良多らの心は揺らぐ……。

6年間愛情を注ぎ、育ててきたわが子が、もし他人の子だったら?
突然、過酷な現実にさらされた2組の夫婦の姿を映し出すヒューマンドラマ。
『誰も知らない』の是枝裕和監督が、福山雅治を主演に迎えた深遠なドラマは、第66回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されるや、審査員賞に輝いた。

自分の血を継いだ方を選ぶか、産まれてから過ごした時間を選ぶか・・・。
どちらも、無理なことだ。

辛いだろうな、当事者は・・・。
中でも、わけも分からず6年間育った家や両親と思っていた人たちと別れる2人の子どもの不安さは
いかばかりかと思う。

リリー・フランキー夫婦の家はどこの設定なのだろうか?
「病院から新幹線代が出るから・・・」というセリフや関西のなまりが入っているが・・・。

野々宮慶多役の子、普段からおとなしい役どころで、不安気な表情が痛々しい。
でも、この子、芸歴が長い。
2006年生まれで2011年には福山雅治のPVに出ているとか。
おとなしすぎるほど、おとなしい性格の子の役だけれど、素顔は社交的だそうな。

だから、あの不安気な表情は、役になりきっていたのかとビックリ!

リリー・フランキー夫婦に育てられた琉晴役の子もすごい。
今回が俳優デビュー作なのに堂々として自然は演技。
琉晴の弟役の子も、自然過ぎるわ。

映画の最後の方に、慶多を追いかける福山雅治。
途中で道が2つに別れる。
すると、福山は、下の道から追いかける。
これまでは、上からものを言っていた父親が、子ども目線に立とうとするかのように・・・。

別れていた道がまた一つの道になる。

われても末に逢はむとぞ思ふ

という短歌のような道・・・。

■私が見た是枝監督作品■

花よりもなほ
歩いても、歩いても
・・・・・・・・・・・・・
バナー
ボタン

昔◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。
★2013年10月8日*「大大阪モダン建築」*
・・・・・・・・・・・・・・
      






Last updated  2013.10.12 09:09:58
コメント(0) | コメントを書く

PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

『漢字の字形』2 New! Mドングリさん

熱低の浄化の後のつ… New! トミタメゾンさん

ラグ・敷物・絨毯・… New! memiko.sさん

コバルトセージが咲… New! アトリエもこさん

前回買って良かった… New! maya502さん

Freepage List

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.