3740025 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2014.04.19
XML
カテゴリ:テレビしびれて
ごちそうさん:あらすじ
食いしん坊の東京娘が、大阪に嫁ぐことに…。
激動の大正・昭和を生きてたくましい母となり、男への愛を貫き通す半世紀をダイナミックに描き、今を生きる人々に勇気と希望を届ける。

コーヒー   NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」が終わって、悲しかったけど、「ごちそうさん」も面白かったわ。
でも、すでに終わってしまったけど・・・。

今、ヒロインの長男主演のスピンオフドラマ「ごちそうさんといわしたい」をやっている。
(私は見えないけど)(ノД`)

朝ドラ放送中に、書こうと思っていたことを、これを機に、書いておこう。
弁当 ●関西と関東ではおにぎりの形が違う
主人公の暮らした時代、関西は、おにぎりの形が俵形が一般的で、三角は、葬式の時に食べるということ。
はじめて知った!!
魚島季節(うおじまどき)の挨拶

知人や親せきと鯛をやりとりする風習、「魚島季節(うおじまどき)の挨拶」は、
江戸時代から大正時代まで続いた船場の風習。
4月末から5月、鯛は産卵のために瀬戸内海に来る。
そもそもは、この季節を「魚島季節」と呼ぶそうだ。

産卵期に入った鯛は身も肥えて、脂がのり美味しい。
この頃の鯛は、赤みが鮮やかになって別名「桜鯛」ともいわれている。

昭和初期には、この行事は、ほとんど見かけられなくなったという。
船場という地域限定だったためか、私はドラマを見るまでこの風習を知らなかった。
たまご ●「よろしゅうおあがり」
ドラマの中で、「ごちそうさん」という言葉は、毎回出てきた。
しかし、その対の言葉である「よろしゅうおあがり」は、聞かなかった。

夫の母の家で、出されたものを食べ、
「ごちそうさん」というと
「よろしゅうおあがり」と言う。
今では、私も言っている。
・・・・・・・・・・・・
バナー
ボタン

昔◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。
★2014年4月9日*四月一日さん*
・・・・・・・
      






Last updated  2017.12.16 10:32:04
コメント(0) | コメントを書く


PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

ダイニングにArtek … New! miho726さん

マスク騒動 New! はんらさん

ロード・オブ・ウォー New! おいら ^o^さん

〇 ジョーカーを観て New! sunkyuさん

クリスマスローズの… New! アトリエもこさん

Freepage List

Comments

天地 はるな@ Re[1]:思い出語り:炭窯(02/26) New! maki5417さんへ 朝ドラは、信楽焼(滋賀…
天地 はるな@ Re[1]:東京3泊4日:東京駅 by 辰野金吾(02/22) New! maki5417さんへ >向かい側のキッテのデ…
天地 はるな@ Re[1]:東京3泊4日・月島でもんじゃ焼き(02/15) New! maki5417さんへ 漫画「3月のライオン」の…
天地 はるな@ Re[1]:東京3泊4日:佃島(つくだじま)(02/17) New! maki5417さんへ もし、これがなかったら…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.