3818873 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2014.12.16
XML
カテゴリ:国内旅行
koujiya■12月9日
和歌山県の湯浅町■を見て回る。
古い町、湯浅には色々な民具があった。
はじめて見るものがあったので、紹介しておこう。
kippu
■甚風呂の切符のようなもの。
木で出来ていて、これがかつての入場料の代わりだった。
買って、お返しなどとして相手に送ったそうだ。
いわば、湯浅の地域通貨のようなもの。
muteki
これは?
始めて見た。
ふいごかな?

湯浅は海に近く霧が出た時は、見通しが悪くなる。
そこで左のふたつを押さえると、「ぼー」となる。
名前は「霧笛」というそうだ。
ゆづは、無敵!
huigo  
ちなみに、ふいごはこれ。
よく似ている。
以上■甚風呂■にて。
bunnji
■ぶんじ
木で出来たスコップのような道具がぶんじ。
この道具の語源は、分からないのだそうだ。
この写真の道具は、すべて醤油を作るためのもののようだ。
ぶんじの手前の真四角なものは、升。
後ろの円形のものは、一斗升。
ぶんじは、醤油を作る段階でかき混ぜるのに使ったのだろう。
morobuta
■もろぶた。
これは、麹(こうじ)を入れる道具で「もろぶた」と言う。

語源は、「もろみぶた」からと聞いている。
古い大坂・河内の言葉で、もろぶたを「こーじゅーた」というが、これは
「麹蓋」からだと思う。
黒光りのする、使いこまれた「もろぶた」が美しかった。
「もろぶた」は、この他の使い方として、餅を並べて保存する。
かつては、どの家にも「もろぶた」があった。

どの道具にも湯浅の歴史が詰まっている。
・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

・・・・・・・・・・・・
      






Last updated  2014.12.17 18:50:33
コメント(0) | コメントを書く


PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

たまにはゆっくり過… New! ブルーミント5さん

バッグの替え時 New! りぃー子さん

コロナ流行で露呈、… New! h1212jpさん

期日前投票 New! はんらさん

『暦と行事の民俗誌… New! Mドングリさん

Freepage List

Comments

天地 はるな@ Re[1]:コロナ:のたをうってはるねん(04/06) 七詩さんへ >同じ心配を人類のほとんどが…
七詩@ Re:コロナ:のたをうってはるねん(04/06) それに癌闘病中、人工透析、進行性の病気…
天地 はるな@ Re[1]:月遅れの雛祭り・各地の雛祭り(04/03) maki5417さんへ 目に見えない感染者が怖…
maki5417@ Re:3月のおしゃれ手紙:コロナ渦(03/31) ウィルスをゴルフボールとするなばらマス…
maki5417@ Re:月遅れの雛祭り・各地の雛祭り(04/03) 今年はおとなり村上市での町家の人形まつ…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.