3414604 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2015.06.14
XML
カテゴリ:映画
シンデレラ:あらすじ

本当の魔法は、あなたの勇気。

幼くして母(ヘイリー・アトウェル)を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、悲しみにくれながらも母の「辛いことがあっても勇気と優しさを忘れないで」という教えを守り、ピュアな心を持つ女性へと成長していた。
ある日、仕事で家を留守にすることが多い貿易商の父(ベン・チャップリン)はエラのためを思い再婚を決意。
エラは継母(ケイト・ブランシェット)とその連れ子の娘、ドリゼラ(ソフィー・マクシェラ)とアナスタシア(ホリデイ・グレインジャー)を快く迎え入れる。
だが継母は夫がエラにかける愛情に嫉妬し、エラの若さや美しさを不愉快に思っていた。
そんな折、エラの父が事故で突然帰らぬ人となる。
継母と娘姉妹はエラに山のような仕事を言いつけ、屋根裏部屋に追いやられたエラは召使い同然の扱いを受ける。
寒さに耐えきれず居間の暖炉の前で眠り、翌朝、顔に灰をつけたまま働くエラを姉妹は“灰まみれのエラ=シンデレラ”と呼んで大笑い。
それまでじっと耐えてきたエラは溢れる涙を抑えきれず、家を飛び出し、森へと馬を走らせる。
そんなエラに声をかけたのは“キット”と名乗る青年(リチャード・マッデン)だった。

 「シンデレラ」を見ると、■アナよ雪の女王■の続編で■アナと雪の女王/エルサのサプライズ★短編■がもれなく見られる。
セッション■の原題は、『WHIPLASH(ウィップラッシュ)』でこの方が似合っていると思うが、
「アナと雪の女王」の原題は、「Frozen(凍った)」。
これは、タイトルを変えてよかった例。
これまでのは、「シンデレラ」は継母や義理の姉たちにいじめられるところから始まる。
今回、見た、「シンデレラ」は、これまでのと違って幼い頃、幸せに暮らしていたところから始まる。
しかし、母親は死に、父親は新しく妻を迎える。
シンデレラにとっては継母だ。
金遣いが荒い感じ。
何人もの男と結婚し、もしくは結婚すると言って、毒殺した京都の女性を思い出した。
男は再婚したがるが、一度、よく考えてから再婚するといい。
映画を見ながら考えた。
若い男女の出会いがないから結婚できないということをよく聞く。
しかし、それは、間違いだ。
みんな等しく、沢山の人に会っているはずだ。
しかし、「この人!」と思わなかったり、「この人!」と思われなかったりするのは、自分の感性や魅力がないからではないだろうか?
シンデレラは、森の中で王子と偶然会っている。
その時の彼女の毅然とした、優しさに「この人!」と王子は思った。

出会いを逃さないことが大事というのは、男女間だけでなく、会社や近所でも同じことが言える。
   昔から気になっていたことがある。
それは、12時になったら魔法が解けて、馬車はカボチャになり、シンデレラの身なりも、ボロボロになる。
しかし、なぜ、ガラスの靴はそのままなのか、謎だ・・・。
■おまけ■
私が若い頃、「シンデレラ・コンプレックス」という本が流行って、共感した。
・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

・・・・・・・・・・・・
      






Last updated  2015.06.16 14:45:12
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事

PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

the minimal room is… New! ARK.styleさん

【ガイド諸活動】歴… New! ワルディー・ヨーリョさん

背高泡立草 New! あみたん7289さん

トマトの酸味!?3辛… New! nana's7さん

港区郷土歴史館 ガ… New! コーデ0117さん

Freepage List

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.