3725868 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2015.11.22
XML
カテゴリ:お出かけ
hiyosi■2015.11.21(土)
比叡山から坂本ケーブルで■坂本に降りるともう日が暮れていた。

坂本にある■日吉大社■は滋賀県屈指のもみじの名所だとか・・・。
しかし、紅葉には遅かった。
その代わり、境内の中で「大津絵展」をやっていたので、見たがこれがよかった。
大津絵(おおつえ)とは、

滋賀県大津市で江戸時代初期から名産としてきた民俗絵画で、さまざまな画題を扱っており、東海道を旅する旅人たちの間の土産物・護符として知られていた。
江戸時代には、
当時は「東の浮世絵、西の大津絵」と二大民画と流行しました。
現在は絶滅の危機に瀕しています。

松尾芭蕉の俳句「大津絵の筆のはじめは何佛」には、仏画が多かった初期の大津絵の特徴が表れている。
また、江戸時代初期のキリシタン弾圧に際して「自分は仏教徒である」という隠れ蓑的役割も有していたと言われる。

江戸時代を通じ、東海道大津宿の名物となった。
文化・文政期(1804- 1829年)には「大津絵十種」と呼ばれる代表的画題が確定し、一方で護符としての効能も唱えられるようになった(「藤娘」は良縁、「鬼の寒念仏」は子供の夜泣き、「雷公」は雷除けなど)。
画題は増え続け、幕末には最盛期を迎えたが、画題の簡略化に伴って減少し、現在では百余種とされる。
<鬼の念仏:夜泣き止め、魔除け>
神仏や人物、動物がユーモラスなタッチで描かれ、道歌が添えられている
多くの絵画・道歌には、人間関係や社会に関する教訓が風刺を込めて表されている。

その画題によって厄よけや無病安全など庶民の願いが込められ、 旅のみやげものとして持ち帰った大津絵はふすまや柱、障子に貼ったと云われています。


江戸庶民が、貧しいながら、旅の記念に買い、家に飾ったという話は、ほほえましい
hiyosi2
ほどなく、日吉神社は、闇につつまれた。
足元を照らすのは、
oni様々な大津絵の灯り。
今は、知る人も少ない大津絵。
なんとものびやかな筆の大津絵がこれからも、残ってほしいと思う。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
大津絵の画像
大津絵
藤娘:良縁を得る
鬼三味線:商売繁盛
長頭翁:福徳長寿
鷹匠:五穀豊穣
槍持ち奴:
などいろいろな、願いやお守りの意味もある。

・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・
      






Last updated  2015.11.24 10:38:11
コメント(0) | コメントを書く


PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

正しい情報、いい情… New! maki5417さん

【短いブログを。ラ… New! すずひ hd-09さん

雨水の陽眩しくない… New! トミタメゾンさん

〇 楽しんで孫と過… New! sunkyuさん

どこまで思い込みを… New! memiko.sさん

Freepage List

Comments

天地 はるな@ Re[1]:東京3泊4日・月島でもんじゃ焼き(02/15) 七詩さんへ もんじゃ焼き、美味しかったで…
七詩@ Re:東京3泊4日・月島でもんじゃ焼き(02/15) 東京に暮らしているのに月島はまだ行った…
天地 はるな@ Re[1]:老前整理:年末買ったもの(01/27) maki5417さんへ 刃と柄が一体になったも…
天地 はるな@ Re[1]:脱プラスチック:まな板(01/25) maki5417さんへ 木のまな板は、包丁のあ…
maki5417@ Re:老前整理:年末買ったもの(01/27) 錆びないのは、切れない・・・。 うちは…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.