2566893 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2018.02.19
XML
カテゴリ:雑記
四季をめぐる - 源氏絵とともに - 重文 源氏物語手鑑

所蔵品の中から、四季をテーマとして制作された絵画作品を選び紹介します。
重要文化財「源氏物語手鑑」は、桃山時代の土佐派を代表する土佐光吉が描いた絵と、12名の公家が分担執筆した詞、各80枚からなる作品です。
例年は物語の章段順に展示していますが、今回は初の試みとして、
春・夏・秋・冬、それぞれの季節が描かれている場面を選び、季節ごとにわけて展示します。
そのほか、江戸時代の屏風絵や浮世絵作品と合わせて、日本の四季を楽しんでいただける展覧会です。

 国の重要文化財「源氏物語手鑑(げんじものがたりてかがみ)」展が、解説付きであるので見に行った。
桃山時代の土佐派を代表する土佐光吉が描いた絵と、12名の公家が分担執筆した詞、各80枚のこの作品は、誰がいつ注文したのだろう?
 この作品を注文したのは、
大坂の陣で活躍した武将で「石川忠総(ただふさ)」。
彼が、「源氏物語」の学者で、将軍にも講義したという、中院道村(なかのいんみちむら)に話を持っていき、
道村の指導の元、土佐派が絵を書き、公家が詞書を書いたという。

大坂の陣で活躍した、
石川という姓の武将で
趣味人とくれば、これはもう、あの石川丈山しかない!!と思った。
 元武士であり漢詩の大家、煎茶の開祖と言われる
石川丈山だと私は思った。

石川丈山■は、武士をすて、文化人となり庭造りに才能を見せた。
石川丈山が詩仙道や蓮華寺を作ったことは有名。


帰ってから、ネットで調べたら、石川忠総(ただふさ)は、石川丈山にあらず!!
_| ̄|○

石川忠総(ただふさ)■は、今の滋賀県の膳所藩主だった。
「石川忠総(ただふさ)」とは、丈山の武士の時の名前だと、勝手に思い込んだ私は、一緒に行った夫にもそう言った。

ああ、早とちり!!。。・゚(´□`)゚・。

ちなみに、この「源氏物語手鑑(てかがみ)」が重要文化財になったのは、

詞書を担当した18人の公家の1人、山科言緒(やましなときお)が制作の経緯を日記に残しており、背景がたどれる点
と、全80枚が全て残っているというところにある。

靴和泉市久保惣記念美術館新館
しの源氏絵─土佐光吉の細密画─
<期間>2月8日~3月30日 *会期中展示替えあり
<会場>大阪府和泉市・和泉市久保惣記念美術館(泉北高速鉄道和泉中央駅からバス)
<問>☎0725(54)0001
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2018.02.19 14:16:47
コメント(0) | コメントを書く

PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

『言葉はこうして生… New! Mドングリさん

ゴーヤのゴーちゃん… New! ブルーミント5さん

どんな病気も治る魔… New! hoshiochiさん

日本が外国人労働者5… New! h1212jpさん

7月の比良山上で♪♪♪♪ New! snowrun29さん

Freepage List

Comments

天地 はるな@ Re[1]:南イングランドを車でまわる。(07/19) maki5417さんへ スコットランドでは、7月…
maki5417@ Re:南イングランドを車でまわる。(07/19) 南イングランドという言い方もあるんです…
天地はるな@ Re[1]:6月のおしゃれ手紙:枇杷と葡萄(06/30) maki5417さんへ 今一番日が長い季節。 10…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.