3498055 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2018.09.03
XML
カテゴリ:お出かけ
舞台:コーラスライン

幾つもの涙の先に、輝くひとつの夢がある。

N.Y.ブロードウェイ。
幕が上がると、新作のためのオーディションの真っ最中。
新進演出家ザックの元に集まった大勢のダンサーの中には、ザックの元恋人・キャシーの姿もあった。
彼女はかつてスポットライトを浴びたこともあるもののハリウッドに進出して挫折、一からやり直すつもりで再びブロードウェイに戻ったのだった。

厳しいオーディションに合格したとしても手に入るのは「コーラス」、つまり無名の脇役。
「君たちはスターを彩る額縁、誰も僕の目を惹いてはいけない」とザックに宣告され、それでもダンサーたちはたった8人の採用枠に残るために自分のすべてを賭ける。
「君たち自身を知りたい」というザックの問いかけに、躊躇しながらも赤裸々に自分の人生について語り始める。

 ミュージカルといえば、「ライオンキング」、■「美女と野獣」、
キャッツ■など、背景や役者のメイクなど華やかなものが多い。

「コーラスライン」は、「ライオンキング」や「美女と野獣」と違って、豪華なセットはない。

内容も主役ではなく”その他大勢のキャスト”のオーディション会場での物語。

なんにもないただ、白い線が一本だけの舞台と稽古着の出演者たち。
コーラスラインというのは、舞台後方に引いてある”線”のこと。

主役と違って”そのた大勢”の出演者は、コーラスラインから前に出てはいけない。
 冒頭のダンスシーンが終わると、長い単調な舞台が続く。
音楽も、聞き覚えのあるのは、「ワン」のみ。

この作品は、舞台上では目立たない、その他大勢組のダンサーたちの物語。
仕事を得るために整形した人、 同性愛者、
身長が低い悩みの人、バレエだけが自分の支えだという人、
さまざまな悩みや不安を持って、オーディションに集まってきた
ダンサーたちが自分の人生を赤裸々に語っていきます。

いろんな悩みがあるが、思春期の悩みは共通。

地味な舞台だけに、
フィナーレの、金色のえんび服とシルクハット姿が華やかで素晴らしい!!

英語の舞台だったので、舞台のそでの両側に字幕がついていた。

オリックス劇場のそばの公園で娘のレイと待っていたら舞台の役者さんたちと見られる人が数人歩いていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
 






Last updated  2018.09.03 00:10:39
コメント(2) | コメントを書く

PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

出会ってしまったの… New! yasu07270207さん

満たされたい。 New! memiko.sさん

沖縄旅1-1 辺野古ゲ… New! KUMA0504さん

アナと雪の女王 New! おいら♪♪さん

きんいろてん New! はんらさん

Freepage List

Comments

天地 はるな@ Re[1]:昔語り:マツミドリが食べたい(12/26) miekoさんへ マツミドリ、知っている人が…
mieko@ Re:昔語り:マツミドリが食べたい(12/26) 私は岡山の総社市というところで育ちまし…
maki5417@ Re:3泊4日北陸旅行:美男におわす高岡大仏(11/04) 高岡の名前の由来は知りませんでした。 三…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.