3811530 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2020.02.14
XML
テーマ:ニュース(83254)
カテゴリ:雑記

この写真は、■スコットランドのエディンバラで見たペスト医師の衣装。
 ペスト医者の衣装。
できるだけ肌を露出させないよう全身を覆う、表面に蝋を引いた重布か革製のガウン、つば広帽子、嘴状をした円錐状の筒に強い香りのするハーブや香料、藁などをつめた鳥の嘴のようなマスク(ペストマスク)、木の杖のひと揃いがその典型であった。
これは1619年にシャルル・ド・ロルム(英語版)が考案した一種の保護衣で、始めパリで用いられていたが、その後ヨーロッパ全土に広がった。
マスクの嘴に詰めた香りの良いものとは、例えばアンバーグリス、バームミント、ショウノウ、クローブ、 アヘンチンキ、没薬、バラの花びら、エゴノキなどである。
これらが瘴気を発する「悪性の空気」から身を守ってくれると考えられていた。
木の杖は患者に触れることなく診察するための道具であり、古来こうしたワンドは治療者のシンボルであったが、ペスト医者も職業がすぐ分かるように携帯することが求められていた。

 スコットランドでトップの写真を見た時、異様な服装にビックリ。
それだけ、当時の人は、ペストを恐れていたのだろう。
 新型コロナウイルスの大流行でマスクの品切れがニュースになっている。
先日、長女がマスクが買えないと電話してきたので送った。
2月6日、生協のチラシもマスクが売り切れと書いてあった。
近所のスーパーにも「売り切れ」の張り紙が・・・。
他のスーパーには、売られているものの、「ひとり2つまでにして下さい」という貼り紙が・・・。

やはり、マスクが品薄というのは本当のようだ。
マスクによって自分がウイルス感染を予防する効果はかなり限定的なのに・・・。

マスクをかけても予防にならない新型コロナウイルスで、観光業界は、大ピンチ。
みんな、出かけるのを控えているそんな中、娘と3泊4日で東京に行ってきた。

この旅行を決めたのは、昨年、12月31日。
1か月半前には、「新型コロナウイルス」という名前さえ知らなかったのに、大変なことになった。
まさに「一寸先は闇」。
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2020.02.14 00:28:11
コメント(0) | コメントを書く
[雑記] カテゴリの最新記事


PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

リーマン・ショック? New! はんらさん

さあ後半はダーシー… New! hoshiochiさん

人手不足の海上保安… New! h1212jpさん

デジカメ持参でのお… New! マックス爺さん

最低の内閣支持率 4… New! maki5417さん

Freepage List

Comments

天地 はるな@ Re[1]:コロナ:のたをうってはるねん(04/06) New! 七詩さんへ >同じ心配を人類のほとんどが…
七詩@ Re:コロナ:のたをうってはるねん(04/06) それに癌闘病中、人工透析、進行性の病気…
天地 はるな@ Re[1]:月遅れの雛祭り・各地の雛祭り(04/03) maki5417さんへ 目に見えない感染者が怖…
maki5417@ Re:3月のおしゃれ手紙:コロナ渦(03/31) ウィルスをゴルフボールとするなばらマス…
maki5417@ Re:月遅れの雛祭り・各地の雛祭り(04/03) 今年はおとなり村上市での町家の人形まつ…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.